えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
AREA :

石の家

『石の家』で聞けるクエスト外NPCの台詞

メインクエスト第七星暦ストーリー

石の家へ

Lv
50
patch2.1
石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
砂の家のウリエンジェさんの勧めで、
「暁」に加わることになりました。
はやく皆さんに馴染むことができるよう、がんばります。
石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
シャーレアンから、新しい資料を取り寄せたの。
今後は私たちの活動範囲も広がるでしょうから、
しっかり知識を身につけておかないとね。
石の家
[ 6.1 , 5.6 ]
今後、「暁」は表立った組織として活動していく。
いろいろ忙しくなるだろう。
君にも期待しているよ。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
少しでも皆さんの役に立てるよう、
ここでお手伝いをさせてもらうことになったの。
何かあれば声をかけてね。
石の家
[ 6.3 , 6.0 ]
……やはり美しい。
さて、どうやって声をかけたら良いものか……。
……っと、なんだお前か。
何か用かい?
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ハァ……ハァ……。
イ、イダさんの体力は底無しなのか……。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
新しいところは、なんだかウキウキするね!
特訓もはかどるよ!
石の家
[ 6.7 , 6.2 ]
独立した中立の組織ってことは、
責任も自分たちにあるってことだ。
……はぁ、まったく、イダは気楽でいいよ。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
「石の家」に、ようこそでっす!
今日もお疲れさまでっす!
受付のヒマをみては、資格を勉強しているでっす。
何でもできるようになって、
みなさんを支えていきたいでっす!
メインクエスト第七星暦ストーリー

クリスタル消失事件

Lv
50
patch2.2
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
難民船は、ボロボロの状態だったみたい。
沈まずにエオルゼアにたどり着けて良かった……。
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ベスパーベイに、異邦からの難民が流れ着いたそうね。
彼らに提供できそうなものを、かき集めているところよ。
石の家
[ 6.4 , 5.9 ]
なんのこれしき!
日ごろの特訓を思えば、
この程度の箱で、重みなどは感じません!
石の家
[ 6.0 , 6.1 ]
難民たちの祖国は、はるか東方だと聞きます。
彼の地にも、独自の魔法があるのでしょうか……。
石の家
[ 6.0 , 6.1 ]
ドマがある東州オサード大陸は、
エオルゼアとは、ずいぶん異なる文化を持っているね。
当然、戦い方だって異なるだろう。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
東方でも紅茶は飲むのでっすか?
皆さんが喜ぶおもてなしを考えないとでっす。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
ベスパーベイに難民が上陸したそうね。
それも、ガレマール帝国支配下の属州から……
いったい、現地では何が起こっているのかしら。
メインクエスト第七星暦ストーリー

新たな開拓者

Lv
50
patch2.2
石の家
[ 6.1 , 5.3 ]
帝国内の情報について、
我々が掴んでいる事実は、すべてお伝えしよう。
ガレマール帝国は共通の敵でもあるのだから。

キキョウ

石の家
[ 6.1 , 5.3 ]
ミンフィリア殿が、私たちに理解ある方で安心しました。
これで、ユウギリ様の心労が軽減されるといいのですが……。

カササギ

石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
冒険者ギルドの方々といい、ミンフィリア殿といい、
見ず知らずの我々に、手を差し伸べてくださるとは……。
石の家
[ 6.1 , 5.8 ]
控え目でありながら、芯の強さも持ち合わせている……。
東方の女性というのも、魅力的だな……。
……っと、なんだお前か。
何か用かい?
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
暇そうに見えるかもしれないけど、アタシも忙しいよ。
ドマの人々への質問が、どんどん湧いてきてるんだから!
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
「暁」からも物資を提供したいのはやまやまでっすが、
こちらも移転したばかりで、備蓄が少ないのでっす。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
ふむ……クラフターの心得のある冒険者を募って、
必要なものを製作したほうが早いかもしれないな。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
パパリモさんたちも、難民の対応で忙しそうです。
東方独自の魔法について聞き出してほしいものですが、
皆さんに、そんな余裕はなさそうです……。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
人が増えるということは、いざこざも増えるということだ。
有事に備えて、体力作りに励んでおこう。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ドマの皆さん……さぞや辛い逃避行だったでしょう。
皆さんの気持ちが少しでも和らぐよう、
歓迎の準備を進めましょう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

フ・ラミンとアリス

Lv
50
patch2.2
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
カウンターの「ローマニのワイン」全部持ったら、
セブンスヘブンの「アリス」に声をかけてね。
届け先は、彼女が知っているわよ。

キキョウ

石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
悲願であった安住の地が、ようやく見つかりました。
……ですが、ユウギリ様のことです。
次の動きを視野に入れ始めたことでしょう。

カササギ

石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
郷土を守るため戦い続けてきたエオルゼアは、
帝国支配下の属州で暮らす者にとっては希望なのです。
だからこそ、我々はこの地を目指して来たのですよ。
石の家
[ 6.1 , 5.3 ]
エオルゼアも、ガレマール帝国の侵攻を防いだとはいえ、
部族間の抗争など、多くの問題を抱えているようだな……。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
帝国が内乱に力を割かれている今こそ、
蛮神問題に取り組む好機……。
わたしは、そう考えています。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
リムサ・ロミンサに向かったヤ・シュトラの調査は、
どうなっているだろうか……。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
ドマの方々を統括するのは、冒険者ギルドでっす。
「暁」にも、人員の情報を知らせていただけるよう、
頼んでみるでっす!
石の家
[ 6.0 , 5.2 ]
仲間が増えるのは歓迎だけど、
その分、不穏分子が紛れ込みやすくなるだろう。
警戒を強めた方がいいかもしれないね。
石の家
[ 6.0 , 5.2 ]
ヤ・シュトラが戻ったら、
レヴナンツトールに人が増えてて、ビックリするだろうね!
メインクエスト第七星暦ストーリー

サハギン族の暗躍

Lv
50
patch2.2
石の家
[ 6.2 , 6.1 ]
サンクレッドさんがついているとはいえ、
ミンフィリアさんが蛮神討伐に同行するなんて……。
……やっぱり心配でっす。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
ミンフィリアが蛮神討伐に同行するなんて……。
指導者が使命のため、危険を顧みず行動するところは、
育ての親としても誇りに思うけど、やっぱり心配だわ……。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
蛮神「リヴァイアサン」の討伐で、みんな浮足立ってるね。
不安に押しつぶされそうな時こそ、余裕が大事だよ。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
イダさんがいない間、励みに励んだ鍛錬の成果!
見ていてくださいよ!
うぉぉぉぉぉ!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
しっかりと鍛えてくれよ!
今回みたいに、任務に多くの人員が駆り出された時に、
留守を守ることも、重要な責務なんだから。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ご心配は無用です……。
皆さんの力になれるよう鍛えているところですから。
メインクエスト第七星暦ストーリー

決戦、リムサ・ロミンサ沖

Lv
50
patch2.2
石の家
[ 7.0 , 6.3 ]
開拓団の有志を募って、戦闘の稽古をすることになりましてね。
指南役として、彼らが使いやすい装備品を
見繕っているんですよ。
石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
おい、君、危ないぞ!
降りなさい!
石の家
[ 6.6 , 6.2 ]
ヘイキ、ヘイキ!
ドマでは、木の枝を走る「シュギョー」もしてたんだから!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
パパリモは、過保護すぎだよー。
あの子、抜群の平衡感覚だからダイジョーブだよ。
……まだ子どもなのに、どうやって鍛えたんだろ!?
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
実は15年前、ウルダハに仕事で行ったとき、
ラミンさんを見かけたんですよ。
あまりの美しさに、目が釘付けでした。
あの頃は、俺も未熟だったし、
こうやってラミンさんとお近づきになる日がくるなんて、
想像もしてなかったなぁ、はっはっはっ。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
フフフ、お上手ね。
でも、ちょっと飲みすぎなんじゃなくて?
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
冒険者というのは、権力に屈することなく、
己の意思で己の生きる道を切り開く存在なんです。

ドウワレ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ドマでいうところの、「士道」のようなものだろうか。
……だが、仕えるべき主なくして、
どうして正しき道が解るのだ?

ヒギリ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ここで、お手伝いさせてもらえることになりました。
いずれは、ドマのお料理も出せたらなって思ってます。
石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
「石の家」という名のとおり、見事な石造りをしているな。
しかし、ほかの建物も石造りのようだったが……
すべてが「石の家」なのか?
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
ドマのみなさん、いらっしゃいませでっす。
石の家は、いつでも歓迎するでっす。
[player]さんも、おかえりなさいでっす。
わたし、本格的に採掘師のベンキョウを始めようと思いまっす。
石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
問題の解決法は、歴史の中に隠れていることが多いもの。
時には過去を探ることも大切よ。

コハル

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
歴史って、凄いんだね!
私も歴史を勉強してれば、ドマを捨てずにすんだのかな……。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
ようやく、「超える力」の真実が見え始めてきたわ。
でも、考えを整理するにはもう少し時間がかかりそうね。
メインクエスト第七星暦ストーリー

災厄の報せ

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
「暁」だけでは、難民問題は解決できない……
難民の彼に伝えたことは、まぎれもない事実よ。
盟主として、判断を間違ったとは思っていないわ。
それでも、悔しくないわけではないの。
だから、わたしにできる働きかけは、全部しようと思う。
……あなたも調査をよろしくね。
メインクエスト第七星暦ストーリー

雷神ラムウ

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.7 , 6.2 ]
ねえちゃん、今度はどんな敵と戦うんだ!?
すげぇなー! いいなー! カッコイー!
石の家
[ 6.7 , 6.2 ]
賢人のみなさんが不在の間、石の家は私が守ります。
こちらのことは、どうぞお任せください!

ドウワレ

石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
異郷の者との話は、まこと興味深い……。
ドマに居ては、知るよしもなかった知識に触れられる。
日々、見聞を広めているよ。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
石の家の警備は、私とホーリー・ボルダーにお任せを。
あなたの活躍を拝見できないのは残念ですが……
我々の役目、しかと果たしましょう。

ヒギリ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
みなさんに、私の得意なドマの郷土料理を……
と思っているのですが、なかなか材料がそろいません。
土地が違うと、採れる作物も違うのですね。

コハル

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ねぇねぇ、「ラムー」って強い?
でも、お姉ちゃんの方が強いんでしょ?
だったら心配ないね、いってらっしゃい!
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
場所が変われば、生活様式も異なる……。
郷に入りては郷に従えと言うが、
いやはや、新しい土地に慣れるのは骨が折れるよ。
石の家
[ 6.0 , 6.1 ]
また、大きな任務なのね……。
それがあなたの使命なら、止めたりしないわ。
だけど、くれぐれも気をつけて。
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
[player]さん、行ってらっしゃいまっせ!
無事のお帰りを、お待ちしてまっす!
メインクエスト第七星暦ストーリー

還りし神、巡りし魂

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
みなさんが帰ってきて、賑やかになりまっした!
砂の家にいっぱい人がいたときのこと、
ちょっとだけ、思い出してまっす……。
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
今回もお手柄だったな、[player]!
奢ってやるから、あっちのカウンターで一杯どうだ?
どうせなら、フ・ラミンさんとヒギリさんのそばで……
あっ、いや……何でもないさ、はははっ!
と、とにかく、お前の勝利に乾杯!
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
ご苦労さま、今はゆっくり休むといいわ。
でも、あまり気を緩めちゃダメよ。
……お隣の誰かさんみたいにね。
石の家
[ 5.9 , 6.1 ]
…………ンハッ!
ち、違うよ! 寝てないよ!?
ちょっと目を瞑って、考え事をしてただけだから!
石の家
[ 6.0 , 6.1 ]
油断大敵って言葉があるだろう?
ひと仕事終えた後だからこそ、気を引き締める必要があるんだ。
……って、イダ? ちゃんと聞いてるか!?

ドウワレ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
仲間たちと、意見交換をしているところだ。
我々のドマは滅びたが、この地で学んだことを生かし、
故郷のためにできることはないだろうか?
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ヒギリさんのお料理の腕は、素晴らしいのよ。
目にも止まらぬ素早さで、野菜を切るんだから!
彼女も、ただ者ではなさそうね。

ヒギリ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
本格的なドマの郷土料理を作るには、
ここにある食材や香辛料では足りないんです。
でも、それをどう補うかが、腕の見せどころですよね!
石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
冒険者というのは、自由に見えてなかなか大変みたいだな。
主君を持たず、己の心のままに従い大事を成す……。
ただの「風来坊」とは言えないようだ。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
ホーリー・ボルダーの奴が、いつになく張り切ってましてね。
熱心になりすぎて、あの巨体で、
子どもたちを押しつぶさないといいのですが……。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
子どもたちを相手にした稽古だからこそ、気は抜けません。
彼らドマの民には、この先も苦労が多いはず……。
決してくじけぬよう、心身ともに鍛えねば!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ホーリー・ボルダーの稽古は厳しいけど、
オレはドマでも「シュギョー」してたからなっ!
これくらいじゃ降参しないぜ!

シウン

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
先生の鎧、白くてピカピカしてカッコイイなぁ。
でも、剣はもっと大きいヤツが好きだな!

コハル

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
あたしも、お姉ちゃんくらい強くなりたいんだ。
そしたら、帝国が攻めてきても、みんなを守れるもん!

ロッカ

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
わたし、戦うのは嫌い……。
ホーリー・ボルダーが言ってることも、
難しくてよくわかんないや……。
メインクエスト第七星暦ストーリー

憧れの英雄

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
ウルダハで君と別れた後、再び難民たちを見てきた。
根本的な解決にはいたっていないが、
あの様子では、当面の間、武装蜂起は起きないだろう。
そちらも、無事に蛮神「ラムウ」の件を収めたようだね。
詳細はミンフィリアから聞いておこう。
おつかれさま、[player]。
メインクエスト第七星暦ストーリー

タタル頑張ル

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
フ・ラミンに、シルフ領で起きたことを話してたんだ。
サンクレッドの偽者のこととかさ~。
……あっ、本人には内緒だよ!
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
タタルは暇を見つけて、熱心に勉強しているようね。
私も彼女を見習って、探究にいそしみたいわ。
嵐が鎮まって一時の凪が訪れた、こんなときこそね……。
石の家
[ 6.0 , 6.1 ]
ドマの子どもたちが来てから、
なかなか静かに落ち着けなくてさ……。
まあ、イダとふたりでも、落ち着けないんだけどね……。

コハル

石の家
[ 6.3 , 6.0 ]
あっ、お姉ちゃんも休憩中?
いつかまた、お姉ちゃんと一緒に遊びたいな。
港町でやったかくれんぼ、とっても面白かったもん!
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
ホーリー・ボルダーの稽古がないときも、
ジシュ的に活動しなきゃな!
レヴナンツトールの見回りに行くぞ!

シウン

石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
ヨウザンはすごいんだよ。
ドマにいたときから「シュギョー」も一番進んでたんだ。
……でも、怒ったコハルにはかなわないかも。

ロッカ

石の家
[ 6.3 , 6.0 ]
お稽古は嫌いだけど、ホーリー・ボルダーは好き……。
ルガディン族って、お山みたいに大きくて、
ちょっとクマさんみたい……。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
鍛錬を続けることは、いつか自信に繋がります。
微力ですが、ドマの人々が生きる自信を取り戻すため、
私も尽力していきましょう。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
どうです、[player]さん。
たまには稽古の様子を見ていきませんか?

ドウワレ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
最近は、子どもたちも積極的に稽古に励んでいるらしい。
私たち大人こそ、手本になるよう励まねば……。
石の家
[ 6.9 , 6.4 ]
懸命に働く女性の姿は、凛として美しいね。
風雪に耐えてけなげに咲きそめる、可憐な野花のようだよ。

ヒギリ

石の家
[ 6.9 , 6.4 ]
物資の管理をお手伝いすることになりました。
間違いのないよう、しっかり数えないと……!
石の家
[ 6.6 , 6.4 ]
仲間の多くは、レヴナンツトール開拓団の一員として、
物資の輸送や、街の工事に従事しはじめたんだ。
私も、今日は用具の点検から頑張るよ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

立ち上がる意志

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.5 , 6.3 ]
なんだか急に、静かになったな……。
ひとが懸命に点検を進めてるっていうのに、
みんなどこへ行ったんだ?
メインクエスト第七星暦ストーリー

先行統一組織

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
かつて私の祖父は、「救世詩盟」という組織を率いて、
予言詩に記された霊災から、エオルゼアを守ろうとした。
「救世詩盟」は、知の集積によって、
よりよい未来を導こうという組織だったらしい。
方法こそ違えど、統一組織にも通じるものがあるだろう?
メインクエスト第七星暦ストーリー

エオルゼアの守護者

Lv
50
patch2.3
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
先行統一組織「クリスタルブレイブ」。
マザークリスタルに導かれた勇士たち、といった意味さ。
制服の青は、穢れなきクリスタルの色。
そこに掲げる「クリスタルの剣」の印は、
苦難と戦う者の証だ。
いつか、この組織そのものが、人々を導く光となるように……
私もまた、戦い続けよう。

ドウワレ

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
エオルゼアの練兵法を学んでいるところだ。
新組織を迎えるにあたって、
知っておくべきこともあるだろうからな。

エフェミ

石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
すべては、エオルゼアのために!
……このモットー、気に入ったよ。
最初は気恥ずかしかったが、今は誇らしく感じるね。
石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
お前の名前で集まった奴、結構いるんだな。
リトルアラミゴだけじゃなくて、
エオルゼア中で活躍してたのか……。
……尊敬するよ、素直にさ。
オレももっと見識を広めて、強くなりたい。
もちろん、クリスタルブレイブの一員としてな!
石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
どうだい、制服姿も見れたものだろ?
ここにくるまでいろいろあったけど、心機一転だ。
バスカロンの親父に名が届くように活躍してみせるよ。
石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
おつかれさまです。
とっととクリスタルブレイブの名を上げて、
実入りのいい仕事が集まってくるようにしたいです。
石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
……どいつも、組織の設立が、よほど嬉しいらしい。
俺も感慨深くはあるが、最初の任務を果たしてこそ、
クリスタルブレイブの存在が認められるというものだ……。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
クリスタルブレイブの設立宣言、ちょっと感動しちゃった。
今までたくさん冒険してきたエオルゼア……
それを守るため、わたしにできることがあるなんて!
石の家
[ 6.2 , 6.1 ]
志のある者と話していると、自然と背筋も伸びますな。
私は「暁」側に属する身ですが、
彼らの力になれることがあれば、是非やらせていただきたい。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
そういえば、子どもたちの姿が見えませんね。
何かよからぬことを考えていなければいいのですが……。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
サンクレッドさんったら、
最近すっかり、ヒギリさんにぞっこんみたい。
うふふ……お若いことね……。
でも私、悔恨と復讐に生きる女性を増やさぬように……って、
ウリエンジェさんから監視を頼まれているのよ。
これは、そろそろ……。

エルグムス

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
お呼びですか、[player]殿!
自分、すでに気合ばっちりであります!
すべては、エオルゼアのためにッ!
石の家
[ 6.5 , 5.9 ]
パパリモが、アタシとの勝負を受けてくれない!
負けるのが怖いんだよ、絶対!
石の家
[ 6.5 , 5.9 ]
クリスタルブレイブの隊員の名前を挙げていく勝負……
悪い考えじゃないと思うけど、
その前に、タタルの名簿作りを手伝うべきじゃないかな。

ヒギリ

石の家
[ 6.6 , 5.9 ]
サンクレッドさんが、ドマ料理の感想を、
とても熱心に語ってくださるんです。
お口に合ったようで嬉しいです!
石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
ヒギリさんの手料理を食べるようになってから、
体調がすこぶるよくなったんだ。
ドマの料理が体に良いというのもあるだろうが、
決め手はやはり、料理に込められた愛だろうね。
ヒギリさん……なんて優しい女性なんだ……!
石の家
[ 7.0 , 6.1 ]
新たな組織が結成されたそうだな。
微力ながら、俺も手伝うつもりだ。
石の家
[ 6.9 , 6.3 ]
懐かしいねーちゃんを見つけたから、
ナイショの情報交換をしてるのさ。
仲間同士に秘密はなし……だろ?
石の家
[ 6.9 , 6.3 ]
リオルの話を聞くにつけ、コボルド族について、
知らないことが多いのだと思い知らされるわ。
海雄旅団の知識、頼りにさせてもらいましょう。

ロッカ

石の家
[ 7.0 , 5.9 ]
あ、あのね……。
「ドマ冒険者団」の改名をケントーしてるの……。
石の家
[ 7.0 , 5.9 ]
クリスタルブレイブって、かっこいいよな!
オレたちも「ドマブレイブ」にしようかな……?

コハル

石の家
[ 7.0 , 5.9 ]
「ドマブレイブ」のソースイは、ヨウザンで決まりね!

シウン

石の家
[ 7.0 , 5.9 ]
すべては、エオルゼアのために!
……だよね!
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
「暁の血盟」が「クリスタルブレイブ」という力を得たことは、
同時に、大きな責任を負ったということでもある……。
その覚悟をすることは、簡単ではなかったわ。
でも、こうして設立された今は、とても心強く思っているの。
わたしたちも、気を引き締めて頑張りましょう!
メインクエスト第七星暦ストーリー

写本師の影

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
彫金師ギルドからの請求書に、
各都市から届いた「暁」への嘆願書……。
受付戦線は、今日も激戦でっす。

ドウワレ

石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
ドマの民の中から、武の心得がある者を集めている。
クリスタルブレイブの任務に協力するためにな。
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
黒衣森に流れた、ウルダハからの難民については、
計画どおりにリトルアラミゴに誘導するぞ。
……って、イダ、ちゃんと聞いてるのか!
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
聞いてるってばさ。
パパリモも、もう若くないんだし、
怒ってばっかりだと老けちゃうよ?

ヒギリ

石の家
[ 6.4 , 5.9 ]
ドマに伝わる薬膳という料理では、
味や香りはもちろん、食材の効能も大切なんです。
何事も、健康あってこそですから。
石の家
[ 6.4 , 5.9 ]
ヒギリさんとお料理していると、
日々、新しい発見があって楽しいわよ。
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
薬効を活かした料理という訳ね。
確かに、食事は心身の基礎となるもの……
これは参考になるわ。
石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
咲き乱れる美しい花々を、
遠くから愛でるのもまた良いものさ。
……話題に入れなかった訳じゃないぞ?
石の家
[ 7.0 , 6.2 ]
実直に直向きに……
今できることを、精一杯に務める。
ドマの皆さんから学んだことですよ。
石の家
[ 7.0 , 6.1 ]
華やかな青い制服をまとうより、
「暁」の一員であることの方が性に合っています。
ホーリー・ボルダーも、そう思っているのでしょう。
石の家
[ 7.0 , 5.9 ]
子どもたちの姿が見えないようだが……。
また何かを企んでいるのだろうな。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
アルフィノは、ずいぶんと張り切っている様子ね。
今は夢中で走り続ける時……
だからこそ、あなたの力を貸してあげてほしいの。
メインクエスト第七星暦ストーリー

皇都の特使

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
タタルさんに、採掘作業の護衛を頼まれたのですが、
大蛇を見たとたん、すぐに逃げ帰ってしまいました。
そんなに私は、頼りないのでしょうかね。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
失礼……。
内なるエーテルを高めるために、
瞑想していたのです。

ドウワレ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
我々の技は、民が己を守るために培ってきたもの。
エオルゼアにあっても、ドマの民を守るためなら、
よろこんで戦いもしよう。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
クリスタルブレイブとの共闘か……。
相手が仇でもある帝国ともなれば、
奮起するのも解るがな。

ヒギリ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
彼らの腕は信じているわ。
諜報にかけては、すごく優秀だもの。
……でも、心配なのよ。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
やっぱり、歌姫っていうのは、儲かるでっすか?
ここは採掘よりも、歌で一発当てるほうが……。
悩ましいでっす。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
それは富豪のパトロンが付けば、
良い暮らしができるでしょうけど……。
タタルさん、あなたは何を目指しているのかしら?
石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
イシュガルドの高貴なご婦人方は、
やはり、勇猛な詩を好むのだろうか……。
愛を語る言葉も、土地それぞれということさ。
石の家
[ 5.8 , 5.9 ]
イシュガルドとの会談が実現した今だからこそ、
彼の国の歴史を、あらためて復習しているところよ。
相手を知らなくては、対話は成り立たないもの。
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
こんな報告書じゃ、カヌ・エ様には送れないぞ。
移送した難民の人数やリトルアラミゴの状況を、
もっと詳しく書いてくれ。
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
報告書なんて、パパリモが書けばいいじゃん!
こういうの苦手なんだよね~。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
皇都「イシュガルド」……
固く閉じられてきたその扉が、
開かれることになるといいのだけれど。
メインクエスト第七星暦ストーリー

潜入スノークローク大氷壁

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 6.5 , 5.9 ]
賢人の皆さんは、任務中でっす。
居残り組みは、訓練中でっす。
受付は、休憩中でっす。

ドウワレ

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
ホーリー・ボルダー殿とクルトゥネ殿に、
我々の稽古に、付き合っていただいているのだ。
さぁ……双方、構えっ!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
実戦形式の稽古は久方ぶり……
勘を取り戻すのに精一杯さ。

ヒギリ

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
ふふ、短刀を扱えるのが意外ですか?
相手の意表を突くことも、忍びにとっては大切な才ですよ。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
速いっ!
これがドマに伝わる、忍びの技……
目まぐるしい攻めの連続に、翻弄されます。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
訓練の相手を頼まれたのですが、冷や汗ものです。
彼らは、相当な手練れですよ……。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
業を背負う覚悟……
若かった私たちには、それが足りなかった。
……いえ、ただの昔話よ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

雪上の追撃

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ドマの忍びが使う「忍術」は、実に興味深い。
彼らが結ぶ「印」は、一種の魔法陣と解釈できます。
その一面では、魔法のようなものといえるでしょう。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ドマの方々との模擬戦は、実に良い刺激になりました。
負けてはおれませんよ!
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ほかの船でドマを脱した者たちが、
無事でいてくれるといいのだが……。

ドウワレ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ドマの刃は、折れてはおらぬということを、
帝国に見せつけねばならん。
それが散り散りになった、仲間を集めることにも繋がろう。

ヒギリ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
そうね、私たちが、
決して屈していないことを伝えることは、
大切だって思うわ。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
歌には自信があったのですが、
歌姫の道は厳しそうでっす。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
ウルダハで歌姫と呼ばれるようになるには、
たゆまぬ努力と情熱が必要よ。
一度はミンフィリアに歌と踊りを、
教え込もうとしたこともあったんだけど……。
あの子は、すぐに止めてしまったわ。
石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
貴族のご婦人は、なかなかに手強い。
勇猛な詩がダメなら、次は優美な聖歌か……
……イシュガルド正教の聖歌集は、どこだったかな。
石の家
[ 5.8 , 5.9 ]
イシュガルド正教の聖典を紐解いて、
「シヴァ」について調べているの……。
ドラゴン族と交わった忌むべき魔女にして、
すべての異端の母……罵詈雑言の嵐ね……。
でも、それ以外の記述は、余りに少ないわ。
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
こんな汚い字の報告書なんて、
イシュガルドの神殿騎士団に送れないぞ。
……イダ、書き直し!
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
ねぇ、パパリモ……
何枚同じ報告書を書かせるつもり?
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
かつて、エオルゼア同盟軍もまた、
「神降ろし」に頼ったことがある……。
そう「カルテノーの戦い」のときにね。
そして今、氷の巫女が、神を呼ぼうとしている。
果たして彼女に、あの時のルイゾワ様と同じように、
業を背負う覚悟があるのかしら……。
メインクエスト第七星暦ストーリー

写本師捕縛作戦

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
ウルダハの歌姫になる野望は、諦めたそうよ。
今度は、大道芸で一攫千金ですって。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
はははっ、見事なもんだね。
……でも、大道芸って、そんなに儲かるのか?
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
よっ、ほっ、えいっ、やっ!
この芸で、ウルダハの豪商から、
お金を巻き上げてみせるでっす!
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
行く手を阻むは、水神「リヴァイアサン」のテンパード。
その斧が、うなりを上げて襲ってきたわけです。
これを避けつつ、投刃で仕留めたのは……。

ヒギリ

石の家
[ 6.2 , 6.1 ]
さすがは、ユウギリ様!
改めて憧れてしまいます。
石の家
[ 6.2 , 6.1 ]
ふふっ、彼は話題の選択を間違えたようね。
そういうところは、まだまだ未熟といったところかしら。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
へっへーん!
書類仕事は苦手だけど、
こういう勝負なら、負けないんだな!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
さぁ、ホーリー・ボルダー、
負けてはいられませんよ!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ぜぇっ、はぁっ、ぜぇっ、はぁっ……
ぬおおおおおっ、まだまだぁっ!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
いつみても、この運動の動きは珍妙だな。
足腰を鍛えられるらしいが……。

ドウワレ

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
意地と意地のぶつかり合い。
大陸の東と西、場所は変われど、
武人に必要なものは変わらぬものよな。
メインクエスト第七星暦ストーリー

賢人ムーンブリダ

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
賢人の皆さんと、[player]さん、
みんなの無事をお祈りしてまっす……。

ドウワレ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
準備は整った……。
ホウザン、覚悟は良いな?
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ヨウザンの面倒は、父ホウメイに任せてきた。
あの子たちの規範となるため、成すべきことを成そう。

ヒギリ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ドウワレさんと、ホウザンさんは、
これから任務に向かうことになったんです。
子どもたちも、ようやく落ち着いてきましたからね。
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
みんなが出払うと、急に静かになるわね……。
私に出来るのは、無事の帰りを待ちながら、
温かい料理と飲み物を用意しておくことよ。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
かつての本部……砂の家は、帝国軍の襲撃を受けた。
あの惨劇を繰り返さぬために、私たちがいる。
そうだろ、クルトゥネよ。
石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
この石の家が、何者かに襲撃されたら……。
確かに有事に備えて、脱出計画を検討しておくことは、
無駄ではないかもしれませんね。
メインクエスト第七星暦ストーリー

氷神シヴァの輝き

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
人が人の身体に神を呼び降ろす……。
そんなことが可能だなんて、考えたことすらなかったわ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

白き女神殿騎士

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
大道芸人の収入を調べて、愕然としたでっす。
夢は見ないで、地道に資金のやりくり……
それが「暁」の金庫番としての結論でっす。
石の家
[ 6.0 , 6.1 ]
アイメリク卿っていう神殿騎士団の総長は、
若いけど、かなりのやり手みたいだね。
同盟相手として、悪くないと思うな。
石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
イシュガルド内での若手の台頭は、
エオルゼア同盟にとっても歓迎すべきね。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
任務帰りの賢人さんたちに振る舞ったら、
用意していた料理があっという間に消えたわ。
気持ちいい食べっぷりを見るのは、嬉しいものね。

ヒギリ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ワインの在庫が一気に目減りしました。
新しいルガディン族の賢人さん、
すごい飲みっぷりですね。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
ううっ……うえっぷ……
ダメだ、今は……話しかけないで……くれ……。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
ははは、だらしないな色男!
そんなんじゃ、女のひとりも酔わせられないぞ?
石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
だからさぁ、ムーンブリダと飲み比べなんて、
絶対に止めた方がいいって言ったんだよ。
彼女って、シャーレアン随一の酒豪なんだし。
石の家
[ 6.7 , 6.2 ]
おいおい、ホーリー・ボルダー、
ムーンブリダ殿に影響されて、飲み過ぎるなよ。
石の家
[ 6.6 , 6.2 ]
訓練後の一杯……
身に染み渡るというものです。
メインクエスト第七星暦ストーリー

氷結の幻想

Lv
50
patch2.4
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
幻龍「ミドガルズオルム」に「絶対の神」……
そして、聞こえなくなった「ハイデリン」の声……。
人知の及ばない相手ばかりで、頭が痛いところね。
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
クリスタルブレイブには、
さまざまな場所から人材が集っているからな……。
内部が落ち着くまで、しばらく時間がかかるだろう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

3本の柱

Lv
50
patch2.5
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
[player]さん、
今日もお仕事、ご苦労さまでっす!
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ムーンブリダさんが来てから、
石の家も、活気が出てきたわね。
この調子で、研究も上手くいくといいのだけれど。

ヒギリ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
北洋の料理って、どういうものなんでしょうね?
研究が落ち着いたらムーンブリダさんに、
教えてもらおうと思っているんです。
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ムーンブリダに頼まれていた資料だけど、
これが、中々どうして見つからないんだ。
まったく参ったよ。
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
……シャーレアンの「大撤収」により、
散逸してしまった文献も、少なくないものね。
在りし日の幻想図書館なら、調べ事も楽にいくでしょうけど。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
白聖石の調整に使う珍しい鉱石を、
あっさり、サンクレッドが見つけてきてさぁ。
でも、人に頼んだだけって、なんかズルくない?
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
貴重な物資が必要なとき、物を言うのが人脈さ。
ウルダハ在住のさるご令嬢が、
求めていた品を、特別に融通してくれることになってね。
石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
覚えているだろう、クルトゥネよ。
あの日、駆け出しの冒険者だった私たちが見た光景を。
荒野に墜ちる火の玉、そして夜空を焦がす光の柱……。
石の家
[ 6.7 , 6.2 ]
ダラガブの破片が地脈を貫き、
大量のエーテルが放出し、結晶化したのです。
私たちは東ザナラーンで、その光景を目撃したのですよ。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
研究の一環として、ふたりから話を聞いてるんだ。
第七霊災直後にエオルゼア各地で発生した、
偏属性クリスタルについてね。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
賢人のみんなには、
アシエン消滅法の研究の手伝いに回ってもらっているの。
クリスタルブレイブのサポートは、任せるわね。
メインクエスト第七星暦ストーリー

押収された武器

Lv
50
patch2.5
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
石の家に、イシュガルドからの使者を迎えるなんて、
最初は思ってもみなかったことね。
それだけ、時代が動いているということかしら。
石の家
[ 6.0 , 5.3 ]
銀色の鎧の彼女、イシュガルドの騎士なんだって?
あの眼光……結構、できるっぽいじゃないのさ。
ひとつ手合わせ願いたくなるね。
石の家
[ 6.0 , 5.2 ]
クルザスより来る客人なれば、勝負を挑むなど論外……。
慎みなさい、ムーンブリダ……。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
イシュガルドの女騎士さん……
ずいぶんと凜々しい方ね。

ヒギリ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
急な来客にも対応できるように、
日頃から準備しておかないといけませんね。
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
探していた資料は、呪術士ギルドの書庫で見つかったよ。
あそこの新しいギルドマスターは、融通がきくね。
同じララフェル族だし、話が合うんだ。
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
資料の収集も、私たちの大切な役目よ。
地味な作業だけれど、情報不足で物事を進めるのは、
決していいことではないもの。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
サンクレッドの知り合いが、必要な鉱石をくれるって言うから、
わざわざウルダハまで、会いに行ってきたんだよね。
そしたら、滅茶苦茶怒られた……意味わかんない。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
女性に受け取りに行かせたのが、マズかったか……。
……いやなに、こっちの話さ。
石の家
[ 6.7 , 6.2 ]
偏属性クリスタルについては、
ランベルタン師が優れた研究を発表されています。
ムーンブリダさんも、ぜひ目を通すべきでしょう。
石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
しかし、エオルゼア各地のクリスタルと、
アシエン消滅法の研究に、いったいどんな関係が?
メインクエスト第七星暦ストーリー

黙約の塔へ

Lv
50
patch2.5
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
こっちはこっちで、アシエン消滅法の研究を進めるよ。
あんたが次にアシエンと対峙したときに、
武器を用意してやりたいからね。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
来客対応も、しっかりばっちり!
これがデキる受付の姿でっす。
メインクエスト第七星暦ストーリー

ムーンブリダの秘策

Lv
50
patch2.5
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
アシエン消滅法を巡る実験……
成功を祈っているわ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

犠牲と誓い

Lv
50
patch2.5
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
見てくれよ、イダの様子……。
はげましてやりたくても、何て言ったらいいかわからない。
自分でも嫌になるよ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

イダの決意

Lv
50
patch2.55
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
モードゥナにも、ドラゴン族が飛来したそうね。
開拓団の人たちの何人かが目撃したって、報告がきているわ。
石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
さっきはありがと……。
あたしは、もう大丈夫だから……。
メインクエスト第七星暦ストーリー

イシュガルドの救援要請

Lv
50
patch2.55
石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
賢人のみなさんなら、
それぞれの担当国に向かいまっした。
イシュガルドは、大丈夫でしょうか……。
石の家
[ 6.2 , 6.1 ]
これまで同盟への参加を拒んできたイシュガルドに、
手を差し伸べる国があるのか……。
難しい交渉になるでしょうね。

ヒギリ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
東方でも、辺境にいけば竜が棲まうといいます。
もっとも私も、見たことはないのですが……。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
今はまだ、騒ぎにはなっていないが、
ドラゴン族がレヴナンツトールにまで来れば、
大きなパニックになりましょう。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
救いなのは、この地に集う者の多くが、
手練れの冒険者ということですね。
メインクエスト第七星暦ストーリー

立てよ義勇兵!

Lv
50
patch2.55
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
そう、ミンフィリアは、
イシュガルド防衛への協力を決めたのね。
あっさりと受け入れたように見えて、
きっと重い決断だったと思うわ。
多くの命が関わることだもの。

ヒギリ

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
大きな戦いが迫っているからこそ、
普段の仕事をおろそかにはできません。
備蓄物資の確認をしなくっちゃ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

それぞれの思惑

Lv
50
patch2.55
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
迫る大量の事務仕事!
この戦いに、打ち勝ってみせるでっす!
メインクエスト第七星暦ストーリー

タタルの決意

Lv
50
patch2.55

ヒギリ

石の家
[ 6.4 , 5.9 ]
誠実さが美徳とされるドマでは、
ちょっと考えられない光景ですね……。
「文化の差」では、割り切れない思いがあります。
石の家
[ 6.5 , 5.9 ]
呆れた……。
それ以外に言うべきことがあって?
石の家
[ 6.4 , 5.9 ]
テンパードだったら、信仰は永遠に続くけど、
ただの愛人ならそうはいかない。
彼女たちの心のリミットが、
ブレイクしないことを祈るよ。
石の家
[ 6.5 , 5.9 ]
ウヒヒヒヒヒ……
も、もうダメ、面白すぎて、
お腹がよじれちゃいそうだよ!
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
おいおい、みんな落ち着いてくれよ……。
って、うわっ! [player]じゃないか!
これはだな、その……
ちょっとばかり、複雑な事情があるんだ。
ハ、ハハハハ……。
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
嵐が過ぎ去り、
ようやく静かになってくれたわね。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

真の友

Lv
54
patch3.0

ホウザン

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
忍びの者を使って、銅刃団に探りを入れてみたが、
イダさんとパパリモさんは、相当派手に暴れたようだね。
ともかく、彼らの遺体は確認されていないという話だ。

エルグムス

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
まずは、この散らかりきった石の家を片付けます!
賢人の皆さんが帰還された時に備えてね!
石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ずいぶんと荒らされてしまいましたね……。
さて、どこから手をつけましょう。

ドウワレ

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
「暁の血盟」の記録を丹念に辿れば、
逃げ延びた皆が、身を隠しそうな場所も推測できるだろう。
任せてくれ、この手の仕事は忍びの得意とするところだ。

エフェミ

石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
英雄[player]!
私はあんたに憧れて、クリスタルブレイブに参加したこと、
これっぽっちも後悔なんてしてないよ。
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
どうやら、一区切りがついたようだな。
では、私も賢人たちの捜索を続けよう。
それではな……。

リオル

石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
フ・ラミンさんは、リムサ・ロミンサで、
第三分隊の兵に襲われたが、上手く逃げ延びたようだ。
外洋交易船にでも身を隠したんじゃないかと……。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

ただ盟友のため

Lv
57
patch3.0

ヴァ・マハ・ティア

石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
「暁」の賢者に勧誘されて、
イシュガルド防衛戦に義勇兵として参加したんだ。
コイツとも、その時に知り合ってね……。
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
行方不明者に関する情報を、幅広く集めるために、
熟練の冒険者たちの力を借りることにしたの。
冒険者時代の人脈が、今ごろ役立つなんてね。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
リオルやユウギリさんたちは、
情報収集のために出払っているよ。
私もグリダニア方面に向かうつもりさ。

ブルオムウィダ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
あの時は悪かったね……義勇兵の勧誘を断ってさ。
危険を感じたってのもあるけど、クリスタルブレイブってのが、
どうにも信用できなかったもんでね。

エルグムス

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ぷはぁ……!
労働の後の一杯に勝るものなし!

クレメンス

石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
ちょっとお姉ちゃん……
なんで、あんなダサい大男がいいわけ?
それに癒し手なら、アタシがいるでしょ!?

エノル

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
最近出来た彼氏が、お兄さんを探してるみたいなの。
ここで働いてたらしいんだけど、知らないかしら?

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
故郷の北アバラシアの火口にて、
千日の間、火渡りの修行を続けてきました。
すべては、ホーリー兄様の横で戦える漢になるため。
ようやく厳しい修行を終えて、兄様を訪ねてきたというのに……。
……まさか行方不明だなんて!

イジルドール

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
アリアヌが囚われたと知り、故郷を飛び出しての。
急いだものの、レヴナンツトールに辿り着いたのは、
すべてが終わった後じゃったわい。

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
孫娘さんの窮地を知り、斧を手にはせ参じるとは、
いやはや見上げた気力……感服しましたぞ!
良い茶飲み友達になれそうじゃ。
クロニクルクエスト古の神々

古の神

Lv
60
patch3.0
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
フフフ……。
僕に、何かご用でしょうか?

僕の名は、ウヌクアルハイ……。
貴方もよく知る人物の使いの者です。
蛮神の思考を読み取ることができる……。
それが、僕にあたえられた異能。
フフフ、この力を理解する必要はありません。
貴方も「超える力」とは何なのかを知らないまま、
その力を利用しているでしょう……それと同じことです。

「闘神」……。
それは、古代アラグ帝国における「蛮神」の呼び名……。
彼らは、僕たちの知る蛮神とは、異なる典則で存在しています。
誰の願いで召喚され、誰の想いで物質界に留まっているのか。
すべては、闇に包まれたまま……。
この地にも、黒衣森を彷徨う古の蛮神「オーディン」をはじめ、
数多くの闘神がいたと云われています。
その中でも、強大な力を持っていた、三体の蛮神……
すなわち「三闘神」は、古代アラグ帝国によって捉えられ、
「魔大陸アジス・ラー」の動力源にも使われていた。
「三闘神」が生み出す、無限の力……。
彼らの覚醒は、世界の滅びを招く。
たとえ、約束された運命だったとしても、
僕たちは、それを止めなければならないのです。
星の運命に抗うために……。
光の戦士よ……特に貴方の戦いは、後世に至るまで、
蛮神に抗う者たちへの模範となるべきもの。
ゆえに僕は、「三闘神」との戦いの記録を、
書き留めてゆくことにしました……。
そこに置かれた書を紐解くことで、いつでもご覧になれます。

序説

石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
「三闘神」とは、いずれも第三星暦末期に、
南方大陸「メラシディア」の先住種族たちが、
アラグの軍勢に対抗すべく召喚した三柱の蛮神である。
蛮神は信者の「願い」を反映した力を持つ。
「侵略者の排除」という願いが、強大な戦闘能力として、
顕現したのだとすれば、その力は計り知れない。
こうした存在を、アラグの軍勢は捕獲したのである。
蛮神の力を封じる「拘束具」の技術と、捕らえた信者を利用し、
顕現を維持しつづける禁忌の技術によって……。
しかしながら、5000年の永きに渡り、
魔大陸アジス・ラーの奥地に封じられてきた三闘神が、
覚醒の徴候を示しはじめた。
三闘神を吸収することで、さらなる力を得んとした、
イシュガルド教皇トールダン7世による介入のためだ。
さいわい教皇の野望は、光の戦士たちによって阻止されたが、
蛮神制御技術を欲するガレマール帝国が、侵入の機を窺っている。
致命的な事態に到る前に、三柱の闘神を討滅せねばならない……。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

光と闇の境界

Lv
60
patch3.1
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ミンフィリアの捜索の件で、
ちょっと頼みたいことがあってね。
サンクレッドさんに、お願いしていたところなの。
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
俺にできることがあれば、何でも言ってくれ。
帝国の基地だろうが、どこだろうが、
しっかり案内させてもらうぜ。

ヴァ・マハ・ティア

石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
最近、コイツと組んで仕事をすることが多いんだ。
各地の蛮族の動向やクリスタル流通を洗ったりな……。
蛮神召喚の予兆を掴むためには、地道な調査が必要なのさ。
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
リオルさんなら、捜査で外に出ているわ。
私はここで、協力してくれる冒険者たちの、
統括を担当しているの。
クリスタルブレイブ時代に分隊長として任務に就いてきた経験が、
こんなところで活きるとはね。
何事にもムダな経験なんてないってことかしら。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 6.0 ]
ドマの忍びたちの働きぶりには驚かされるよ。
あの独特の忍術ってやつも、学んでみたいもんだね。

ブルオムウィダ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
行方不明者の捜索を手伝ってほしいって言われてね。
そこのエルグムスといっしょに、ウルダハに行ったのさ。
クリスタルブレイブ出身らしいけど、なかなかやる男だよ。

エルグムス

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
ウルダハでの捜査中に、イダさんたちの物と思われる、
バラバラになったリンクパールの破片を見つけましてね。
彼らの無事を願って、一杯やっているところです。

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
リオルさんから、嬉しい情報を聞きました。
ホーリー兄様の行方がわかったようなのです。
なんでも、フ・ラミンさんという方を守るため、
追っ手を振り切るべく、サベネアに向かったのだとか。
淑女を守るために戦うとは、さすがは兄様です!

エノル

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
彼氏がお兄さんと再会できたら、一区切りよね。
ところであなた、腕のいい彫金師を知らない?
特別な指輪の製作を依頼したいんだけど……。

クレメンス

石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
ちょっとお姉ちゃん!
まさか、あんなダサい大男と?
冗談よね……ま、まさか本気だっていうの!?

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
いやはや、イジルドール殿と話していると、
まるで50年来の友であるかのように感じますな。
異郷にて、このように気の合う仲間を見つけられるとは!

イジルドール

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
ホウメイ殿から東方の話を聞いておると、
年甲斐もなく、フツフツと冒険心が沸き立ってくるわい。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

遠海からの報せ

Lv
60
patch3.2
石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
ミンフィリアさんも、イダさんとパパリモさんも、
絶対に無事でいらっしゃいまっす!

ヴァ・マハ・ティア

石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
さぁて、次はどの仕事に取り掛かるかな。
アンタが仲間探しとイシュガルド方面のことに専念できるよう、
オレたち新入りも気張ってくぜ!
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
ミンフィリアのことは心配だけれど、
調査については、深く聞かないことにするわ。
……聞いたら、きっと飛び出したくなってしまうもの。
いつだって、祈って待つのが私の役目。
あるべきものを、あるべき場所へ……
彼女がどうか、ここへ帰ってきますように。
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
イダさんとパパリモさんは、どこへ逃げたのかしら……。
引き続き、パールレーンから先の足跡を追ってみるわ。
大丈夫、フ・ラミンさんたちも見つかったんだから!

エフェミ

石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
ヒギリはしばらく出ずっぱりだから、
フ・ラミンたちの帰還をまだ知らないんだ。
次に石の家へ帰ってきたら、きっと目を丸くするだろうな!

ブルオムウィダ

石の家
[ 6.3 , 5.9 ]
エルグムスは、ずいぶん酔いがまわってるみたいだ。
大丈夫、もう少ししたら氷水でもぶっかけて、
責任もって任務に連れてくよ。

エルグムス

石の家
[ 6.4 , 5.9 ]
ひっく……ところで、ブルオムウィダ……
まだ、帰ってこない仲間がいるのだ……。
ウィルレッドという、まじめな青年でな…………

ホーリー・ボルダー

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
ときに、我が弟オーカーよ。
そちらの女性は、どちら様かな?
先ほどから、ずっとお前に寄り添っているが、もしや……。

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
さすが、ホーリー兄様は何でもお見通しですね!
こちらのエノルとは、数多くの任務をともにこなしてきました。
今では、一番の相棒だと思っています!

エノル

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
……ああ…………ふたりに挟まれたい………………。

クレメンス

石の家
[ 6.5 , 6.1 ]
わああああんっ……!
エノルお姉ちゃんが、すっかり恋愛ボケしてるぅ……!
というか、オーカーさんもひどくない!?
任務中、彼の役に立ってたのは、
むしろ癒し手のアタシだと思うんですけどー!?

クルトゥネ

石の家
[ 6.7 , 6.2 ]
さて……。
賑やかなのをホーリー・ボルダーが引き受けているうちに、
レヴナンツトールの人々に、挨拶してくるとしましょう。
ついでに、最近の冒険者の動向も知りたいところです。
どんな「石」が流行っているかなどね……。

イジルドール

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
今日は、足腰がすこぶる軽やかじゃ……。
も、もしや、完全に現役復帰を遂げている……ッ!?

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
ドマにおったときは、岩の如く黙することこそ良しと、
息子たちに、よく言い聞かせたものじゃ。
しかし、こうして若者たちの活気に触れると、
どこからか、力が満ち溢れてくる……。
いずれ故郷の復活に必要となるのは、この力かもしれんの。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

星の呼び声

Lv
60
patch3.2
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
石の家が、再び賑やかになってきたということは……
また、たくさんの活動資金がいりそうでっす。
「忘れられた騎士亭」で培ったノウハウと、
ウルダハの歌姫たるフ・ラミンさんの指導があれば、
歌って踊れて稼げる受付……いけちゃうでっす?
クロニクルクエスト古の神々

昏き微睡みの果つる刻

Lv
60
patch3.2

「魔神」の章

石の家
光の戦士たちの働きにより、魔神「セフィロト」が討滅された。
セフィロトは、南方大陸の樹状種族が崇めた主神とされているが、
討滅時に発見されたアラグの記録により、新たな事実が判明した。
「世界で最初の聖樹」を神格化した「生命」を司るセフィロトは、
環境エーテルを操り、生命体を自在に「成長」させたという。
そして、この能力は自分自身にまでおよんだと記録されている。
セフィロトは自己を巨大化させ、その質量自体を武器として、
アラグの軍勢に甚大な損耗を強いたというのだ……。
だが、結局はアラグの手により捕獲され、封印されてしまった。
アラグは、捕獲したセフィロトの「生命操作能力」を、
数々の禍々しいキメラ生物の「培養」に利用したという。
世界の理を蝕む、蛮神の歪んだ力をもちいて……。
しかし、完璧と思われた制御技術にほころびが生じたとき、
破局は必ず訪れる。
僕はそのような過程を経て滅びた文明を、ひとつ知っている……。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

最期の咆哮

Lv
60
patch3.3

ヴァ・マハ・ティア

石の家
[ 6.0 , 6.3 ]
次の任務は、ちょいと厄介そうなモンでな。
新しい面子を加えることにしたんだ。

クルトゥネ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ラザハンというのは、錬金術の発達した都でしてね。
実に不可思議な術や薬を、多く見かけましたよ。
ドマともまた異なる文化のようですね。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
任務に出ているリオルたちが帰ってきたときのために、
フ・ラミンと、料理を用意をしておこうと思ってね。
その相談をしていたところさ。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
潜伏先でのサベネア島では、
近東風の料理を覚える機会があったのよ。
独特のスパイスを使ったものでね……。

イジルドール

石の家
[ 6.6 , 5.9 ]
わしとて、その気になれば、
若いモンに負けんというところを見せねばの!
フン……ハァ……フン……ハァ!

ホウメイ

石の家
[ 6.6 , 5.9 ]
若い者らが戻ってきてからというもの、
イジルドール殿は、ますます張り切っておられる。
足腰を痛めんものかと、ハラハラしておるのじゃ。

ホーリー・ボルダー

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
我が弟、オーカーよ、腕を上げたな!
よし、もう一度、連携を試してみるぞ!

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
さすがホーリー兄様!
支援魔法の特性を理解した動き、見事です!

エノル

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
攻める兄……癒やしの弟……
いいわね、兄弟愛って……。

クレメンス

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
えっ、攻めって……
剣術士の役目は攻撃を受けることでしょ?
お姉ちゃんが考えること、ぜんぜんわからないわ!
クロニクルクエスト古の神々

星の命運を懸けて

Lv
60
patch3.3

「仇敵」の章

石の家
アジス・ラーの魔科学研究所に、ガレマール帝国軍第VI軍団が侵入。
光の戦士を中心とする「暁の血盟」の精鋭がこれを追い、
蛮神制御技術の最重要機密である「変換式」を守りきった。
帝国軍がアラグの技術を欲する理由は、蛮神を封じるためだという。
これは至極もっともな主張に聞こえるが、「制御」とはすなわち、
蛮神の力をごく少数の管理下に置くことである。
しかしその権限を持つ者が、世界の破滅を望んだとしたら……?
あるいは偶発事が重なり、蛮神が制御不能に陥ったら……?
世界は、蛮神が「覚醒」「暴走」する危険を常に抱えることになる。
「封じる」とは、蛮神の強大な力を「凝縮」することでもある。
永きにわたって抑圧された蛮神は、解き放たれた瞬間、
積もり積もった怨嗟とともに、恐るべき力を爆発させるだろう。
そうなれば、討滅は困難をきわめる……。
それは一蛮族が降ろした「蛮神」とは、桁違いの力を有する。
「毒をもって毒を制す」……さらなる力をもって滅するしかない。
……その戦いは、もはや無意味だ。
そのような力がぶつかりあえば、莫大なエーテルが蕩尽される。
勝敗が決する前に星の命数が尽き……世界は破滅を迎えるからだ。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

絡み合う宿命

Lv
60
patch3.4
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
……おかえりなさい。

ホーリー・ボルダー

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
我々も、そろそろ次の任務について考えねばな。

クルトゥネ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
さて、どうしたものか……。

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
イジルドール殿なら、ここにはおらんぞ。
あの御仁は………………残念なことになったものじゃ。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

魂を継ぐ者

Lv
60
patch3.4
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
時間がとれたら、アリゼーとともに、
ガ・ブの見舞いにいってみるよ。
イゼルや、彼女の信者たちと対話ができたように、
蛮神に心囚われたことがすべての終わりではない……
いつか、胸を張ってそう言えたらいいのだが。
石の家
[ 6.0 , 6.1 ]
あ、ああ、どうかした?
こうして戻ってきてみると、石の家って快適だねー。
座ってると、つい眠くなっちゃうよ、アハハ。
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
「暁」を離れていた間のことを聞いてるんだ。
想像以上に、それぞれが決断を要する出来事を、
乗り越えてきたようだね。
次は、イダの番であってくれるといいけど……。
君に事情を伝えようにも、本人が意を決しないかぎり、
僕から言えることはないんだ。

ホーリー・ボルダー

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
そのとき、アルフィノさんは、
クリスタルブレイブの解散を宣言されたそうです。
しかし、心ある同士は「暁」として残り…………

クルトゥネ

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
私たちも概要を伝え聞いただけの事件も多いですが、
特にイシュガルド絡みの変革については、
どこから語るべきか……と迷うほどに壮大ですよ。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
フ・ラミンさんには、ミンフィリアのことについて、
俺から伝えさせてもらうことにしたんだ。
長年、憧れるばかりだった歌姫と、
こんな形で、ゆっくり話をすることになるなんてな。
……思い出話は尽きないよ。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
アシリアが消えてしまっただなんて思わないわ。
まるで吹き抜けていく風みたいに、
私に大事な言葉を届けて、遠くへ旅立っていっただけ……。
あの子、穏やかな顔をしていたのでしょう?
だったら私も寂しがっていないで、前を向かないと。
悲しみも希望もわかちあう、大事な家族なんだから。

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
若者が活気づくのは良いことじゃ。
しかし、この場にイジルドール殿がいないことは、
むしろ幸いだったかもしれん。
彼は、周囲に影響されて訓練をした結果、
張り切りすぎて、足腰をいためてしまってな……。
今はアリアヌ殿に付き添われて療養中じゃ。

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
お会いできて光栄です、アリゼーさん!
素晴らしい兄を持つ者同士、よろしくおねがいします。
よろしければ今度、兄談義でもいかがですか?

エノル

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
うらやましい……私にも兄がいれば……ッ!
でもいいの、私は兄弟愛を傍らで見守る一輪のバラ……!!

クレメンス

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
お姉ちゃん、任務中もずっとその調子だったよね!?
アタシとオーカーさん、2人がかりで回復したもんね!?
たまにはカワイイ妹のことも思い出してッ!
石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
ひとり旅をしていたからこそ、こうやって囲まれるのも、
まあ……悪くはないって思えるわ。
私なりに、いろいろ学ぶことの多い旅だったのよ。
己のエーテルで剣を形成するという戦い方も、
旅の中で、ある人からヒントをもらって会得したの。
様々な流派の魔法の知識と、技術としての実践……
まだまだ突き詰めていく余地がありそうだわ。
……目標とする人も、近くにいることだしね。
石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
今は任務に出ているみなさんにも、
後ほど、新しいお仲間を紹介しておくでっす!
クロニクルクエスト古の神々

黄金色の災禍

Lv
60
patch3.4

「女神」の章

石の家
女神「ソフィア」が討滅され、三闘神は残り一柱となった。
その過程において、女神ソフィアがテンパードへの神託を通じて、
古代アラグ帝国の転覆を図っていたことが明らかになった。
アラグ側に遺された記録を洗ったところ、女神の信奉者は、
当時、南方へと版図を拡げつつあったアラグ帝国の増長を、
「世界の均衡の崩壊」と捉えていたようだ。
女神ソフィアは「均衡」をつかさどる神性と考えられており、
信徒は傾いた天秤を正常に戻すべく、アラグの侵攻に徹底抗戦した。
それは「蛮神」という、新たな崩壊の種を撒いてしまったのだが。
「均衡」を是とする考え方は、我が主のそれに通じる部分がある。
「光」も「闇」も世界の存続に欠かせぬものであり、
いずれかの急激な増大は、世界の存在そのものを無と化す。
初めて出会ったとき、我が主はこう言った。
私は光の使徒ではない、だが「今」は、光に与する……と。
機に応じて立場を変えられねば、調停者の使いは務まらない。
我々の正義は、「闇」にも「光」にも「均衡」にもない。
その時々で形を変える正義を追究し、破滅を回避する。
勝利なき不毛な戦いを「調停」する……それが我らの使命なのだ。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

ギラバニアからの報せ

Lv
60
patch3.5
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
アラミゴ解放軍のお嬢さんなら、
タタルさんとクルルさんが別室に案内したわ。

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
怪我人と言えば、イジルドール殿のことが心配じゃ。
茶飲み友だちがおらんと、張り合いもでんのう。

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
クルルさんとヤ・シュトラさんの治癒魔法……
実にすばらしい手際と技術でした。
戦いで傷ついたホーリー兄様を癒やすためにも、
あの高みに少しでも近づかなければ……。

クレメンス

石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
私たちにも、多少は治癒魔法の心得があるから、
クルルさんたちと交代で、怪我人さんを看ておきます。
それにしてもオーカーさん……真剣なんだ……。

クルトゥネ

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
同じ種類の魔法でも、術者が違えば、
詠唱速度や効果の具合は変わりますからね……。
ふたりとも、いい刺激を受けているようです。

ホーリー・ボルダー

石の家
[ 6.8 , 6.2 ]
メ・ナーゴさんとおっしゃいましたか……
大怪我を負われた彼女が転がり込んできた時は、
さすがに警備を担う者として、緊張しましたよ。

エノル

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
彼ったら、緊急事態だと見抜いて、
特例で使者さんを石の家に招き入れたの。
でも、罠である可能性も捨てず、
いつでも動ける態勢を整えていたわ……。
やっぱり、弟より兄よね!
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

悲しみ背負って

Lv
60
patch3.5
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
封印魔法がいつまで保つかはわからないわ。
だから、あなたは有事に備えて、身体を休めておいて。
いざという時に動けるようにね……。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
……この気持ち、今はぐっとこらえて、
ふんばる時だと思うのでっす……。
石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
イダのことを考えると、悲しみに沈んでばかりもいられない。
パパリモが繋いでくれた希望を活かすための方策、
必ず見つけなくては……。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
イダさんが帰ってきたときのために、
彼女が好きな料理を用意してあげるつもりよ。
それくらいしか、してあげられることがないから……。

クルトゥネ

石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
聞きました……パパリモさんのこと……。
くっ……すみません、今はまだ……。

ホーリー・ボルダー

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
クルトゥネにとって、パパリモさんは尊敬する魔道士であり、
目標にしていた人物のひとりだったのです。
こんな時、友である私にできることは……。

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.8 , 6.2 ]
やはり、ホーリー兄様は優しい方です。
親友であるクルトゥネさんの落ち込みぶりが、
気になるのでしょう……。

エノル

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
私たちの実力は、賢人には遠く及ばないけど、
それでも悲しみに沈む人たちを、助けることはできるはず。
何か……できることがあるはずよ!

クレメンス

石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
こんなとき、自分の力の限界を思い知らされます。
悲しんでいる人の心までは、魔法じゃ癒やせないから……。

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
使命のため命を賭す……
そのような話を聞くと、散っていったドマの武士や忍びのこと、
どうしても思い出してしまうのう……。
クロニクルクエスト古の神々

永き冥路の果てに

Lv
60
patch3.5

「鬼神」の章

石の家
魔科学研究所にて、鬼神「ズルワーン」の信者が目覚め、
彼らの主神を完全覚醒させようと、活動を開始。
我々は帝国軍第VI軍団とともに、覚醒を止めるべく突入した。
帝国軍は第VI軍団長レグラ・ヴァン・ヒュドルスをはじめとする、
多大な犠牲を出しつつも、完全覚醒の阻止に尽力。
後に続いた光の戦士と精鋭たちによって、鬼神は討滅された。
ヒュドルス軍団長は、アラグの蛮神制御技術の欠陥を確信するや、
潔く奪取を断念し、我々と共闘する英断を下した。
皇帝への忠誠と友誼をつらぬき、蛮神討滅を優先したのだ。
「三闘神」討滅計画における、最大の障害と目された帝国軍にすら、
星の危機にあって、正しい決断をした将がいた……。
このことは、我らの戦いにおいて大きな意味を持つ。
僕の生まれた次元……現在では「ヴォイド」と呼ばれる世界では、
英雄たちは、たがいに争うことをやめず、自滅の道を歩んだ。
それぞれの目的に拘泥し、最後はみな「無」に呑まれたのだ……。
一方、ハイデリンと呼ばれるこの星にはすでに力強い「光」がある。
「光」と「闇」が均衡を保てば、世界は崩壊をまぬがれるが、
警戒すべきは、「光」の伸張もまた、均衡を崩しうること……。
だが、「光」とともに戦い、時には誤りを正す仲間がいれば、
破滅を回避し、星を救済へと導くこともできるだろう。
ヒュドルス軍団長の英断は、その希望を示すものであった……。
石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
僕の素性については、すでに明かしたとおりです。
貴方に、「仲間」として認めてもらうためにも……
これからは、何事も隠し立てしないつもりでいます。
僕の心に、嘘いつわりがないことを示すために……
この仮面を外して、お話させていただきます。

僕の生まれ故郷は、この次元ではありません。
今は「ヴォイド」と呼ばれる、すでに滅びた世界です。
そこでは英雄たちが、蛮神の力を封じた「聖石」に魂を奪われ、
「闇」の化身となっていきました。
それに抗するべき「光」は、幾人(いくたり)かの幼子のみ……。
歳若かった僕たち異能者は、おたがいの存在を知ることもなく敗れ、
ついには「闇の氾濫」……真の破滅を招くに到りました。
あとに残ったのは、闇の使徒すらも見捨てた……無の世界です。

……すでにお話ししたことを、こうしてもう一度、語ったわけは、
貴方がたに、同じ過ちを繰り返してほしくないからです。
さいわい、ここには僕の世界になかったものがそろっています。
貴方という「光」があり、僕が持たなかった力、
「暁」という智慧、そして仲間……すべてが、光とともにある。
……そして今では、確信しています。
僕をこの次元に招き入れ、貴方と引き合わせためぐりあわせもまた、
貴方という「光」をめぐる、運命の導きなのだと。

焔神、嵐神、岩神、水神、雷神、そして氷神……。
貴方は、これまで数々の蛮神を討滅し、
この地を救済してきました。
気づいていましたか?
武神「ラーヴァナ」と、雲神「ビスマルク」……彼らの力に。
ラーヴァナは、火と土を。
ビスマルクは、風と水を。
これまでとは異なり、複数の属性を兼ね備えていた。
蛮神は、願いの強さとエーテルの量によって力を増す……。
ですが、此度戦った蛮神は、
蛮神そのものが強くなっていたように思えます。
ここから先、さらなる蛮神が現れたとき、
エオルゼアの民は、光の戦士である貴方は、
戦い抜くことができるのでしょうか……。
それにしても、此度の極まりし蛮神たち……。
その陰に、闇の使徒アシエンの介在をみることはなかった。
では、いったい誰が……。
神々に愛されし地エオルゼア……。
その神々とは、善なるものか悪なるものか。
……フフフ、果たしてどちらなのでしょうかね。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

想定外の協力者

Lv
60
patch3.56

ホウメイ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
各々が使命に燃えておったわい。
志ある若者の眼ほど、まぶしいものはないのう。
石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
ホーリー・ボルダーさんたちなら、
蛮族がらみの調査任務で、出払っているわよ。
黒衣森の「光の繭」に関して、
賢人のみんなが対応に追われている状況だからこそ、
通常の任務を肩代わりしたいんだって、はりきっていたわ。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

珍客来る

Lv
60
patch3.56
石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
「シュワシュワケトルXIV世」だぁ?
このオレ様の手にかかれば、そんなガラクタより、
よほど素早く簡単に湯を沸かす魔導機械が出来上がるぜ。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
絶対、あのネロという人には、
衣装を作って、あげないのでっす……。
石の家
[ 6.1 , 6.0 ]
やれやれ、今日は本当に妙な客ばかりが現れる日だな。
いずれも心強い協力者だ……と思いたいのだが……。
石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
どうしてお前の下には、こうも特徴的なヤツが集まるんだ?
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
まさかエオルゼアの地で、
ゴウセツと再会することになろうとは……。
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
帝国軍の雑兵など一刀両断!
我が大刀で斬り伏せてくれるわ!
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
あれが東方風の装束なのかしら……。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

オメガ起動

Lv
60
patch3.56
石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
顔を見せにきてくれたのね?
でも、今はグリダニアの方をお願い。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
ご無事で何よりでっす!
ブラッドパールのお守りの効果があったみたいでっす!
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

宿命の果て

Lv
60
patch3.56

ホウメイ

石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
東方では、腰痛には温泉というのが定番!
どうですかな、ここはひとつ温泉旅行にでも行かれてみては!

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
どうにか起き上がれるようにはなったものの、
斧もまともにふるえぬ始末……。
なんと情けない……。

クルトゥネ

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
落ち込んでばかりもいられませんから、
私も魔法の研究を再開しました。
パパリモさんの助言を思い出しながらね……。

ホーリー・ボルダー

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
「暁」のギラバニア遠征が決まれば、
ますます留守を預かる我らの責務が増しますからね。
こうして訓練をしている次第なのです! フンハァ!

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
さあ、その調子ですよ、ホーリー兄様!
エノルも負けてはいませんね!

エノル

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
前の任務で、ヘバっちゃったから……
次は絶対に……彼に……いいところを……
こんちくしょー!! まだまだやんぞ、こらぁ!

クレメンス

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
ち、ちょっと……
お姉ちゃんのキャラがブレていくよぉ……。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
フ・ラミンなら、外にお茶しにいってるよ。
色々あって、思い詰めてるような表情をしてたから、
少し休むようにって説得したんだ。

リオル

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
アラミゴがらみの動きが活発化してるからな……
蛮族はもちろん、帝国軍にも警戒を強める必要がある。
裏方として、情報収集なんかでしっかり支えるつもりさ。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
遺志を継ぐために、姉の名を名乗る……か。
それだけ英雄の娘としての「イダ」という名が、
アラミゴ解放軍にとって特別だったのだろうね……。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
バエサルの長城周辺の確保が完了した段階で、
エオルゼア同盟軍から連絡が入る手はずになっているわ。
今は準備を整えつつ、吉報を待つだけよ……。
石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ますます「暁」は忙しくなりそうでっす。
今のうちに、リオルさんたちと連携して、
人員配置を見直しておくでっす!
メインクエスト紅蓮のリベレーター

長城を越えて

Lv
60
patch4.0
石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
故郷ドマが、今後どのようになってゆくのか……
気が気ではありませんのう。

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
わしが、あと10歳……いや5歳若ければ、
友の故郷を救うため、立ち上がったものを……!

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
タタルだけじゃ、手が回らないからって、
しばらく「石の家」で情報の伝達役を手伝うことになったの。
リオルたち外回りの連中との繋ぎは、しっかりやらないとね。

クルトゥネ

石の家
[ 6.8 , 6.3 ]
パパリモさんが抜けた穴を埋めることはできなくとも、
その助けくらいには、なってみせます……。
石の家
[ 6.8 , 6.3 ]
クルトゥネよ、その意気だ。
我々は、我々にできることに力を尽くし、
賢人方や[player]さんを支えていこう!

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.8 , 6.2 ]
さすがは兄様!
弟として、微力ながら支えさせていただきます!

エノル

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
ふぅ…………。
共通の使命に燃える男たち……
その中で、友情と固い絆が育まれていくのね……。

クレメンス

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ちょっと、お姉ちゃん!
アタシたちの任務もあるんだから、
いつまでも、妄想の世界に浸っていないで!
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ドマの語り部たち

Lv
61
patch4.0

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
ホウメイ殿の故郷が平和になったら、
ともに温泉巡りでもしたいものじゃ。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
タタルが留守の間は、私が連絡役を務めることになってね。
責任重大だから、自然と力が入るってものさ。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
私も東方での戦いに参加したい。
だが、ユウギリ様は開拓団の皆を護るようにと、
そう命じられたのだ……。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
どうかお気を付けて……。
石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
ふたたび故郷で戦いが……
そう考えるだけで、心がざわめくのです。
石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
東方遠征の成功を祈っておるよ……。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

待っていた者、いない者

Lv
67
patch4.0
石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
ドマが……ドマが……
この日が来ることを、どれほど待ちわびていたことか……!

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
親友であるホウメイ殿の喜び様を見ると……
わしも……うっ……ううっ……
涙がこみあげて……。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ユウギリ様から聞きました!
[player]さん、本当に……
本当に、ありがとうございます!

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ユウギリさんから、ドマ奪還についての報告は受けたんだ。
城を沈める大作戦……聞いているだけで、心が震えちまったよ。
石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
まさか、こんな日が来るなんて……
命からがら落ち延びてきた日のことを思えば、
信じられない気持ちでいっぱいですよ。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
……うおおおおおお!
ドマ万歳! ヒエン様万歳! 暁万歳!
そして、[player]殿も万歳だ!!
メインクエスト解放戦争 戦後編

英雄の帰還

Lv
70
patch4.1
石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
ヒエン様がいらっしゃるかぎり、
ドマの将来に、案ずるべきことはなし!
……と信じてはおるのじゃが、
アラミゴの話を聞くにつれ、故郷に駆けつけ、
お国再建のために働きたい気持ちは募るのう。

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.2 ]
[player]殿……。
ホウメイ殿たちを、ドマに帰してやれぬものじゃろうか?
直接は口に出さずとも、さぞ寂しかろうと思えてなぁ……。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
イダさん……いえ、リセさんまでいなくなって、
石の家はまた少し、寂しくなってしまいました……。
でも、たとえ遠く離れても、みなさん自分の役目を果たすべく、
がんばっていらっしゃるんですよね……!
うん、私も負けないようにしないと!

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ホーリー・ボルダーたちなら、
各地の蛮族を調査するために出払っているよ。
美神召喚の一件があったばかりだからね……。
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
この地で受けた恩に、少しでも多く報いねば、
胸を張ってドマに帰ることはできない。
今日も今日とて、鍛錬ッ! 労働ッ!
石の家
[ 6.8 , 6.1 ]
今までは、先も見えぬまま、
こちらに厄介になっているばかりだった……。
しかし、我々もそろそろ、道を選ばねばならないようです。
メインクエスト解放戦争 戦後編

喜ぶ者と、慄く者

Lv
70
patch4.2

リオル

石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
せいぜい海雄旅団流の諜報術を活かして、
アルフィノやお前の後方支援に励むとするさ。
お前たちが、憂いなく脅威に立ち向かっていけるようにな。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
任務に出ていた皆が、戻ってきてね。
久しぶりに、石の家も賑やかになっているよ。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
此度も、ずいぶんな激務でしたから……。
生きて戻り、こうして何気ない会話を楽しめる、
私には、この時間がなによりの報酬ですよ。

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
皆で、蛮神再召喚の動きがないか探っていたんです。
私は兄様と、ザハラクの様子を窺いに向かったのですが、
道中、アマルジャ族の斥候に見つかってしまいましてね。
とっさに兄様が、アマルジャ族の攻撃を華麗にいなし、
盾による一撃で、みごと敵を食い止めてくれたんです。
我が兄ながら、惚れ惚れする立ち振舞いでした!

クルトゥネ

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
ホーリー・ボルダーのやつ。
任務の積み重ねにより、ずいぶんと腕をあげたようですね。
これは、私もうかうかしていられないな……。

アリアヌ

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
お爺ちゃんたら、まだ具体的な話も出てないのに……。
ドマの人たちが、近いうちに帰郷するだろうって想像して、
落ち込んじゃってるみたいなの。

エノル

石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
流石に、今のイジルドールさんの前ではしゃげないわね。
背後のオーカーから、熱い兄弟愛の気配を感じるけど……
くうっ、私、ガマンよ……!

クレメンス

石の家
[ 6.6 , 5.9 ]
私たちは、どうしても任務でここを空けることも多いですから。
新しいお話し相手が、誰か見つかるといいんですけど……。

イジルドール

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
ホウメイ殿が、笑顔ではたらく姿を見ていると、
何故か、喜びと共に、妙に目尻が熱くなっての……。
近しい未来、別れが待っているかと思うと……。
サブストーリークエストドマ町人地復興記

君臣の義を以って

Lv
70
patch4.2
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
ドマの皆さんとは、ここで苦楽を共にした仲。
彼らの出立前に任務を終わらせられて良かったですよ。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
イジルドールさん、大丈夫だろうか……。
ホウメイさんがドマへと帰郷することで落ち込んでしまって。
いくつ歳を重ねようと、別れは寂しいものだからね……。

イジルドール

石の家
[ 6.7 , 5.9 ]
ようやくドマへの帰還が叶ったのだ。
ホウメイ殿の悲願を思えば、これほど喜ばしいことはない。
そう、何も悲しむ必要など……うっうううう……。

アリアヌ

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
お爺ちゃんのことなら心配いらないわよ。
会いたくなれば、ドマだろうと何処だろうと、
すぐ飛び出していっちゃうんだから!
メインクエスト解放戦争 戦後編

十六夜の月

Lv
70
patch4.3

リオル

石の家
[ 6.0 , 6.2 ]
俺はエオルゼア側から、アルフィノは東方から、
帝国の内情を探ってみたんだが、特に成果がなくてな……。
外からの情報収集に、限界を感じていたところだ。
だからって、帝国本国へ向かうなんて暴挙に出るとは、
無鉄砲が過ぎるってもんだぜ……。
そういうところ、嫌いじゃないがな。

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.6 , 6.1 ]
単身で帝国へ乗り込むなんて、アルフィノさんも、
ホーリー兄様に負けず劣らずの「漢」ですね!

クルトゥネ

石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
アルフィノさんは、大胆なご決断をされたようですね。
私も「暁」の一員として、やれることを、
探してみようかと思います。
メインクエスト解放戦争 戦後編

月下の華

Lv
70
patch4.3
石の家
[ 6.1 , 5.9 ]
アルフィノも無茶したものね……。
それが若さ……ということかしら?
メインクエスト解放戦争 戦後編

「暁」の少年

Lv
70
patch4.3
石の家
[ 6.1 , 5.8 ]
帝国へ向かったアルフィノからは、まだ連絡がないわ。
こんなとき、じっとしているのは苦手だけれど、
無事を信じて待つしかないわね……。
メインクエスト解放戦争 戦後編

狂乱の前奏曲

Lv
70
patch4.4

アリアヌ

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
別件の調査で出ているクルルにも、
賢人の件を伝えるよう、タタルに頼んでおくわ。
彼女だって、件の声を聞いていないともかぎらないしね……。

クルトゥネ

石の家
[ 6.7 , 6.0 ]
アリゼーさんだけに、荷を背負わせたりはしません。
私も魔道士として、多少のツテもありますからね。
知人の研究者にあたってみるつもりです。

クレメンス

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
癒し手として、姉やオーカーさんと交代で、
賢人の皆さんの容態を、かかさず見守っていこうと思います……。

イジルドール

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
ぬう……老骨の身が口惜しいわい。
みなに貢献できず、なにが「暁」か……。
石の家
[ 6.1 , 5.8 ]
エリックやランベルタンといったエーテル学の権威、
各種ギルドの代表に聖コイナク財団、賢人会……。
ミンフィリアが「暁」の盟主として、書状を交わしていた組織よ。
おかげで、賢人のみんなの調査を、
沢山の組織に要請することができたわ。
今更だけど、彼女のそうした働きを私も見習わなきゃね。
メインクエスト解放戦争 戦後編

亡命者からの凶報

Lv
70
patch4.5

アリアヌ

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
<「魂の行方」コンプリート後に変わっているかも?>
クルルやマトーヤ老でさえも、
賢人の昏倒の謎は解明できなかったのね。
いったい、何が起きているというのかしら……。
メインクエスト解放戦争 戦後編

開戦のとき

Lv
70
patch4.5
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
倒れた賢人の皆さんは、相変わらずです。
我らも調査を進めていますので、進展をお待ちください。

クルトゥネ

石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
アルフィノさんや、アリゼーさんまで倒れてしまうなんてね。
何とかして治療法を探そうと、足掻いてはいるんですが……
自分の無力さを思い知るばかりです。
メインクエスト解放戦争 戦後編

英雄への鎮魂歌

Lv
70
patch4.56

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.1 ]
老骨の身で戦ったところで、若いモンには及ばん。
わしが「暁」のためにできること、すべきこととは……?

アリアヌ

石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
お爺ちゃんが、自分は「暁」に貢献できてないって、悩んでいるの。
こういうときはいつも、ドマのホウメイさんが、
話し相手になってくれてたんだけどね……。

クルトゥネ

石の家
[ 5.9 , 5.9 ]
倒れた賢人方の治療法は、依然として見つかっていません。
例のクリスタルタワーの装置が発見されることで、
昏倒の原因解明にも繋がればいいのですが……。
石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
賢人方がことごとく倒れてしまったいまこそ、
我々が「暁」を支えねばなりません。
皆さんの分まで、精一杯、務めを果たします!

オーカー・ボルダー

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
アルフィノさん、アリゼーさんのルヴェユール兄妹だけでなく、
「暁」には我らボルダー兄弟がいることもお忘れなく。
兄とともに、微力ながら支えさせていただきます!

クレメンス

石の家
[ 6.6 , 6.0 ]
賢人の皆さんの容態に特に変化はありません。
姉やオーカーさんと交代で、かかさず見守っていますので、
どうか心配なさらず、私たちにお任せください。

エノル

石の家
[ 6.6 , 5.9 ]
今更ながら、「暁」を引っ張ってきた賢人たちの大きさを感じるわ。
私たちも少しでも追いつけるよう、精進しないとね。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
「暁」の一大事だから、任務に出ていたリオルも戻ってきた。
こんなときこそ、皆が一丸となって事に当たらないとね。

リオル

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
潜入していた帝国属州がきな臭くなってきて、戦争がおっ始まり、
「暁」の危機だと聞いて戻ってきたら、賢人の昏倒とはな……。
とにかく、いまは諜報よりも、例の装置を探すのが先決だな。
石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
クリスタルタワーの装置探しは、聖コイナク財団と、
ガーロンド社の協力のもと、現在、進行中でっす。
進展があるまで、冒険者さんは英気を養っていてくだっさい!
ところで、新しい旅装束は気に入ってもらえまっしたか?
染料にクガネの最高級の黒漆をふんだんに使って、
黒を基調にシックに仕上げてみたのでっす。

ウヌクアルハイ

石の家
[ 6.1 , 5.2 ]
僕の素性については、すでに明かしたとおりです。
貴方に、「仲間」として認めてもらうためにも……
これからは、何事も隠し立てしないつもりでいます。
僕の心に、嘘いつわりがないことを示すために……
この仮面を外して、お話させていただきます。
僕の生まれ故郷は、この次元ではありません。
今は「ヴォイド」と呼ばれる、すでに滅びた世界です。
そこでは英雄たちが、蛮神の力を封じた「聖石」に魂を奪われ、
「闇」の化身となっていきました。
それに抗するべき「光」は、幾人(いくたり)かの幼子のみ……。
歳若かった僕たち異能者は、おたがいの存在を知ることもなく敗れ、
ついには「闇の氾濫」……真の破滅を招くに到りました。
あとに残ったのは、闇の使徒すらも見捨てた……無の世界です。
……すでにお話ししたことを、こうしてもう一度、語ったわけは、
貴方がたに、同じ過ちを繰り返してほしくないからです。
さいわい、ここには僕の世界になかったものがそろっています。
貴方という「光」があり、僕が持たなかった力、
「暁」という智慧、そして仲間……すべてが、光とともにある。
……そして今では、確信しています。
僕をこの次元に招き入れ、貴方と引き合わせためぐりあわせもまた、
貴方という「光」をめぐる、運命の導きなのだと。
……ところで。
どうやら今度は、貴方が別の次元に招かれているようだ……。
その世界は僕の故郷とは裏腹に、「光」に満ちている。
しかし、強すぎる光もまた破滅を招きます。
そんな地に、なぜ「光の戦士」たる貴方が呼ばれたのか……
僕にもわかりませんが、これもまた運命の導きなのでしょう……。
メインクエスト漆黒のヴィランズ

予感

Lv
70
patch5.0

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.1 ]
石の家の留守を預かること。
それが、いまのわしができる精一杯じゃ……。

アリアヌ

石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
装置を発見することで、
賢人を目覚めさせる糸口が掴めるといいわね。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
皆、例の装置を探しにいったよ。
君は行かないのかい?

リオル

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
俺は居残り組さ。
帝国との戦局も気になるところだからな。
ここで、同盟軍との連絡役をさせてもらうさ。

タタル

石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
ぼぼぼぼ、冒険者さん!?
もう戻ってきたのでっすか……?
その様子だと、まだやるべきことがあるようですね。
きっと、また装置に触れることで、
「第一世界」へ行けるはずでっす……!

イジルドール

石の家
[ 5.9 , 6.1 ]
これは、[player]殿。
今の所、石の家はいつも通り……
安心してくだされ。

アリアヌ

石の家
[ 5.9 , 6.0 ]
既知の蛮神対策は、
アレンヴァルドが中心になって進めてくれているよ。
彼ったら、あなたが前だけを向けるようにって、
すごい張り切り様でね。
補佐する私たちも気合が入ってしまうわ。

エフェミ

石の家
[ 6.2 , 5.9 ]
おや?
もしかして賢人たちの肉体が心配なのかい?
大丈夫、皆で交代しながら看病しているさ。

リオル

石の家
[ 6.2 , 6.2 ]
同盟軍や東方連合と連携して、
帝国属州での諜報戦を展開していてね。
ま、サンクレッドが抜けた分は、埋めて見せないとな。
メインクエスト漆黒のヴィランズ

ノルヴラントを渡る者たち

Lv
70
patch5.0

タタル

石の家
[ 6.0 , 5.9 ]
冒険者さん!
突然、不思議な妖精さんが現れて、
ひととおり、ご報告を頂きまっした……!
こちらのことは、このタタルに任せて、
冒険者さんは、第一世界でなすべきことをなしてくだっさい!