えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
AREA :

ギラバニア辺境地帯

『ギラバニア辺境地帯』で聞けるクエスト外NPCの台詞

サブクエストザナラーン

いざ、魅惑の遊技場へ

Lv
15
patch2.51

ガリマ

ギラバニア辺境地帯
[ 28.2 , 19.9 ]
シュー……我には成し遂げなければならぬ使命がある。
お前と遊んでいる時間はないのだ。

ガリマ

ギラバニア辺境地帯
[ 28.2 , 19.9 ]
シュー……トリプルトライアドなら、
アラミゴ解放軍の姉妹から教わったことがある。
つまり、我と勝負がしたいのか?
ファイター吟遊詩人クエスト

ふたりと、もうひとり

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.4 , 11.0 ]
ふふふ、私もお役に立てるようがんばりますね。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

長城を越えて

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.1 , 10.8 ]
バエサルの長城を越えて行けば、
黒衣森の「アマリセ監視哨」に出られますよ。

ソンストゥロー少牙士

ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 11.0 ]
おや、[player][グランドカンパニー階級]殿ではありませんか。
私に何か御用ですか?

私は、双蛇党に所属する将校です。
エオルゼア同盟軍が占拠した、ここカストルム・オリエンスに、
駐留するため、グリダニア本国から派遣されてきました。
エオルゼア同盟軍には、私たち双蛇党に加え、
リムサ・ロミンサの黒渦団、ウルダハの不滅隊……
そして新たに、イシュガルドの神殿騎士団が参加しています。
各国の流儀も軍規も異なるため、問題が起きることもありますが、
その都度、話し合いを重ねて、どうにか上手くやっています。
さらに団結を深めていきたいものですね。

ここ、カストルム・オリエンスは、ガレマール帝国が、
バエサルの長城を守る防衛隊の駐留拠点として、建造した基地です。
元々はグリダニア領である、このイーストエンド混交林には、
複数の小さな集落が存在していたようです。
住民の多くは、帝国の侵略時に本国へと避難したようですが。
さらに、イーストエンド混交林は紅葉戦争の舞台でもあります。
100年ほど前に、アラミゴがグリダニアに対して、
ティノルカ東部の領有権を主張したことで勃発した戦いですね。
当時、グリダニアは、イシュガルド、リムサ・ロミンサ、
ウルダハの三国に協力を要請し、アラミゴに応戦しました。
奇しくも、現在のエオルゼア同盟軍と同じ顔ぶれですね。
それが、今度はアラミゴを救うために再び手を取り合うとは……
歴史とは、わからないものですね。

双蛇党の衛兵

ギラバニア辺境地帯
[ 9.5 , 12.1 ]
この辺りには、身を隠す場所が多いため、
バエサルの長城で敗走した帝国兵が潜伏しているかもしれません。
出歩くときは注意してください。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
早急にベロジナ川を渡りたいところだが、
主要ルートの「ベロジナ大橋」は帝国軍の拠点になっている。
アラミゴを目指すなら、戦いは避けられないということだ。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 11.3 ]
バハムートを捕らえし者、オメガ……。
アラグ帝国の遺物とは、何かにつけ因縁があるわね。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 11.4 ]
ひとまず、オメガの捜索は、
専門家のシドたちに任せておきましょう。
どちらにせよ、アラミゴ解放軍との連携が先決よ。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 11.4 ]
ベロジナ大橋は戦略的要衝だ。
帝国軍としても、それを理解しているからこそ、
橋を拠点化するという選択を採ったのだろう。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 11.3 ]
すべての問題を、一度に解決することはできないわ。
今の私たちにできることを、ひとつずつこなしていきましょう。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

親書を届けて

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
こうしてギラバニアの地で、
轡(くつわ)を並べて戦うことになろうとは……。
人生、何があるかわからぬな。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.4 , 11.3 ]
新兵器が相手か……。
腕がなるわね。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

新型魔導兵器を撃破せよ

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
久方ぶりの共闘、たぎるものがあったぞ。
この勝利を確かな一歩として、前進せねばならないな。
サブクエストギラバニア

魔導兵器は暴走する

Lv
60
patch4.0

ルーツキルツ大甲士

ギラバニア辺境地帯
[ 8.4 , 11.2 ]
我々は、長城に残されていた魔導兵器を分析、研究している。
そこで得た知識によって、今後の帝国との戦いがグッと楽に……
なるといいのだがな。

グ・ニブニパ少甲士

ギラバニア辺境地帯
[ 9.0 , 11.8 ]
ここには、鹵獲した帝国軍の魔導兵器が格納されています。
まだ分析が終わっておらず、暴走でもしたら危険です。
無闇に近づくことは、おすすめしません。
サブクエストギラバニア

巨大モルボルを追え

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 10.8 ]
このように、四国の軍勢が一堂に会するなど、
少し前までは考えられなかったことだ。
皆がエオルゼアを守るという大義の下に集ったのだよ!
ギラバニア辺境地帯
[ 24.1 , 18.5 ]
ひとりきりの見張りも、嫌いじゃない。
見たくもないものを、見なくていいからね。
なにごとも、距離が近すぎないほうがいいのさ。
ギラバニア辺境地帯
さっきまでそこにいたはずなんだけど、移動しちゃったかな。

<[x:22.3-y:14.0][x:22.3-y:11.3]>
待って、そこから「東」にいる!

<[x:24.6-y:13.0]>
待って、そこから「北」にいる!
サブクエストギラバニア

同盟軍の台所事情

Lv
60
patch4.0

カンコンペー二等牙兵

ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 10.9 ]
これだけの人数が参加する大規模な同盟軍ともなると、
兵站が機能しなくなれば、すぐに瓦解してしまうでしょう。
とはいえ、物資の数は限られていますから……こっちも必死ですよ。

ピップ

ギラバニア辺境地帯
[ 8.9 , 11.6 ]
エオルゼアを守る戦いという大義に、
思わず、剣を握る手にも力が入ります!
……そのせいか、手がマメだらけになってしまいましたが……。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.4 , 11.7 ]
基地の外に出るときは気をつけてください。
ララフェルを丸呑みできそうなぐらい、
大きな獣がうろついていますから……。
サブクエストギラバニア

戦火の爪痕

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.5 , 10.4 ]
我々は、帝国軍とは違い、侵略者ではありませんから、
できるだけ、森や川などの自然を汚さないように気をつけています。
それが、私なりの「エオルゼアを守る」ということです。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ラウバーンの決断

Lv
61
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 11.4 ]
偵察隊を率いるのは、ピピン少闘将よね。
どこに向かうべきか、話を聞いてみなくちゃ……。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

その声に押されて

Lv
61
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 11.4 ]
人と人とを結びつけること……。
ルイゾワお祖父様がやったことも、まさにそれだと思うんだ。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
東方遠征の成果、期待しているぞ。
吾輩は、コンラッド殿の手助けをしながら、
同盟軍の戦力を使って、帝国軍を撹乱していくつもりだ。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ウルダハ商館へようこそ

Lv
61
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 11.7 ]
……俺は、エオルゼア同盟軍の一員じゃあないぜ。
まぁ、許可を得て、ここに来ているわけだがな。
サブクエストギラバニア

記憶喪失の男

Lv
61
patch4.0

封鎖された扉

ギラバニア辺境地帯
[ 13.1 , 19.5 ]
閉じた扉の隙間から、何かが腐敗したような、
鼻をつく臭いが漏れ出ているが、その原因はわからない……。

無数の足跡

ギラバニア辺境地帯
[ 13.2 , 19.7 ]
地面に、無数の足跡が残されている。
中には、比較的新しいものもあるようだ……。

小ぎれいな廃屋

ギラバニア辺境地帯
[ 13.0 , 20.8 ]
廃屋は、20年間放置されたとは思えないほど綺麗だ……。
サブクエストギラバニア

悪逆無道

Lv
61
patch4.0

汚染された土壌

ギラバニア辺境地帯
[ 12.7 , 20.9 ]
ここには何も埋まっていないようだ。

汚染された土壌

ギラバニア辺境地帯
[ 13.5 , 19.3 ]
地面を掘り進めると、金属製の容器が埋まっていた。
……無闇に触れるのはやめたほうがよさそうだ。
ファイター吟遊詩人クエスト

覆面の男たち

Lv
63
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.4 , 11.0 ]
ヌールヴァルの野郎の尻尾をつかむのは、
サンソンに……あ~、いや、俺たちふたりに任せときな。
ソーサラー白魔道士クエスト

荒れ狂う魔力

Lv
65
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.1 , 28.7 ]
あ、[player]……。
私、シルフィーとお勉強、がんばってるよ。
あなたとも、お勉強したいな。
ギラバニア辺境地帯
[ 8.1 , 28.7 ]
[player]様、よく来てくれました。
娘は、いつもあなたに会いたがっているんですよ。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ラールガーの軍星

Lv
67
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 10.8 ]
ベロジナ大橋の確保により、
「ラールガーの軍星」は大きく前進したと言っていい。
今後、当基地は物資補給の要となるだろう。

ピップ

ギラバニア辺境地帯
[ 8.9 , 11.6 ]
カステッルム・ベロジナを落としたそうですね。
我ら神殿騎士団も、負けてはいられません!
メインクエスト紅蓮のリベレーター

残敵を蹴散らせ

Lv
67
patch4.0

アラミゴ解放軍の衛兵

ギラバニア辺境地帯
[ 19.6 , 25.6 ]
現在、解放軍と同盟軍の兵士たちで、
最終的な拠点内の安全確保を行っております!
メインクエスト紅蓮のリベレーター

メ族の里へ

Lv
67
patch4.0

アラミゴ解放軍の衛兵

ギラバニア辺境地帯
[ 20.0 , 25.6 ]
大橋を渡って、「パイクフォールズ」方面に戻りたいのか?
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
この橋は、もともと「ベロジナ大橋」という石橋だったが、
帝国軍が補給部隊の拠点として改築し、このような姿になったのだ。
バエサルの長城に物資を輸送するための補給線であるのと同時に、
巨大な監視塔としての役割も兼ね備えていたのだそうだ。
……まったく、やることがいちいち大仰なんだよな。

メ族の狩人

ギラバニア辺境地帯
[ 29.6 , 25.5 ]
メ族のサンシーカーの集落、ピーリングストーンズへようこそ。
友好的な旅人は大歓迎……そうじゃない不埒者は、
メ族の弓の腕前を知ることになるだろうね。

メ・ザムコ

ギラバニア辺境地帯
[ 30.3 , 26.3 ]
メ・ラツは、女たちを等しく愛してくれる。
だから女たちもまた、彼の愛に応えるのさ。

メ・ラエポリ

ギラバニア辺境地帯
[ 30.8 , 27.0 ]
この方角の先には、カリヤナ派のアナンタ族の集落があるんだ。
ウィルラ派のようにアラミゴ解放軍に参加したりせず、
帝国に対しても弱腰で、受け身な連中さ。

ハモー

ギラバニア辺境地帯
[ 34.1 , 30.4 ]
ハァ……ハァ……この辺りには、地中に潜る魔物がいましてね。
奴らは、暗い土の中で、獲物が通りがかるのを待っているんですよ。
だから……こうして……俊敏性を……鍛えているのですッ!

チャンダニ

ギラバニア辺境地帯
[ 34.7 , 30.8 ]
シュー……カリヤナ派め、まったく忌々しい連中だ!
一族の誇りを守るため、剣を振るうのが我々の使命!
だというのに、自らの集落に引き籠もって震えているだけとは!
ギラバニア辺境地帯
[ 28.4 , 21.3 ]
シュー……ヒトの子よ。
ここはアナンタ族ウィルラ派の巣、ウィルラ・ニリヤだ。
共に戦う者ならば、歓迎しよう……。

ニシャ

ギラバニア辺境地帯
[ 28.0 , 21.1 ]
シュー……ヒトの子よ。
どのような用件で、この「ウィルラ・ニリヤ」へと参った……?

シュー……我は、誇り高きウィルラの闘士だ。
ウィルラとは……そうだな、アナンタ族の派閥とでも考えればいい。
アナンタ族は、美神ラクシュミ様によって創られた存在。
美の神であり、豊穣の神でもある母は、
我々を創造する際に、三種の特質を与えてくださった。
第一に美の力を以て、美しい鱗を。
第ニに豊穣の力を以て、女のみで子を宿す法を。
第三に癒しの力を以て、稀代の生命力を。
よって我らアナンタ族は、ひとりの母より卵として産まれ、
脱皮を繰り返し、美しきままに齢を重ねるのだ。

シュー……ここは「ウィルラ・ニリヤ」。
我らアナンタ族、ウィルラ派の安住の巣だ。
ウィルラ派とは、自由を好む美神の気質を色濃く受け継ぎ、
自由のためならば、脅威に立ち向かう勇気を持った者らを指す。
一方、アナンタにはもうひとつの群れが存在する。
不届きにも、美神ラクシュミ様の神殿に砦を構えている、
カリヤナ派と名乗る連中だ。
その実態は、美神信仰と称して、派手な装飾具を身につけ、
自身を着飾ることに溺れているだけの、醜悪な愚物に過ぎない。
本来ならば、母の寝所をお守りすべきは我らのはず。
神殿を奪い返したいが、我らの指導者である姉妹サリーシャは、
カリヤナ派との共存を望んでいるきらいがあるのだ……。
信念のために戦うこともできぬ臆病者と、どうわかりあえと……?
ギラバニア辺境地帯
[ 28.4 , 21.3 ]
シュー……あまりこの辺りをウロチョロするでない。
でなければ、獣と間違えて毒矢で射てしまうかもしれぬぞ……?
ギラバニア辺境地帯
[ 30.5 , 26.2 ]
帝国の存在が、また新たな蛮神を生んだ……。
蛮神討滅を国是として掲げる国の行動によって、
蛮神が生じるなんて、あまりにも悪い冗談だわ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 30.5 , 26.2 ]
あのとき、フォルドラを取り逃がしていなければ……!
ギラバニア辺境地帯
[ 30.5 , 26.1 ]
私の故郷のすぐ側で、蛮神が召喚されたなんて……
下手をしたら、親族たちがテンパードになっていたかと思うと、
ゾッとしてしまいます。
ギラバニア辺境地帯
[ 30.5 , 26.2 ]
シュー……神狩りの英雄とは、お前のことか?
すまないが、その力を我らに貸してもらえぬだろうか……。

アラミゴ解放軍の衛兵

ギラバニア辺境地帯
[ 19.6 , 25.6 ]
この先は「ヴィルジャラの涸れ谷」……。
危険な魔物や、非友好的なアナンタ族の集落があり、危険です。
それでも行くというのですか?
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ウィルラの神、カリヤナの神

Lv
67
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 28.0 , 19.4 ]
シュー……帝国は、我らから自由を奪った。
自由とは、美神ラクシュミ様が、もっとも愛したもの。
美神の子である我々が、守らなければならないものなのです。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

美神ラクシュミ

Lv
67
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 31.6 , 16.6 ]
アタシにも、蛮神と戦える力があればいいんだけど……。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

温かな歓待

Lv
67
patch4.0

メ・ハトア

ギラバニア辺境地帯
[ 30.3 , 25.7 ]
大義のために戦う娘を、誇らしくも思いますが、
本当は、家族と共に平穏な日々を過ごしてもらいたいのです。
でも、彼女が何かを成そうとしているとき、
それを止めるのではなく、支えてあげたい……。
だから、今は信じて待つことにしたんです。
ギラバニア辺境地帯
[ 30.2 , 25.7 ]
ギラバニアを懸けた戦いが、いよいよ始まるな。
解放軍と帝国の衝突により発生する火の粉が、
集落の女たちに降りかからなければよいが……。
もし、そんなことになっても、
私はメ族の「ヌン」として、命に代えても家族を守ってみせるがな。

メ・ハトア

ギラバニア辺境地帯
[ 30.3 , 25.7 ]
あの……娘のことを……
ナーゴのことを、どうかよろしく頼みます。
ギラバニア辺境地帯
[ 30.2 , 25.7 ]
これから、ますます戦いは厳しくなるだろう。
我らメ族としても、解放軍への協力は惜しまぬつもりだ。
お前の行く先に、アーゼマの祝福あれ。
ギラバニア辺境地帯
[ 28.1 , 19.4 ]
シュー……よくぞ美神を打ち払ってくれた。
ウィルラ派は、この恩を忘れることはないだろう。
サブクエストギラバニア

縄張り交渉人

Lv
67
patch4.0

プラプティ

ギラバニア辺境地帯
[ 27.0 , 21.0 ]
シュー……我々は、母であるラクシュミ様より、
女のみで子を宿す力を与えられて生まれてきた。
男がおらねば、子も成せんとは……ヒトとは不便よな。
サブクエストギラバニア

母の寵愛

Lv
67
patch4.0

ガリマ

ギラバニア辺境地帯
[ 28.2 , 19.9 ]
シュー……美神を母に持つ我々は、
常に美しくあることが求められている。
くれぐれも、我らの寝所を埃で汚さぬようにな。
サブクエストギラバニア

ヌメヌメでウネウネ

Lv
67
patch4.0

ジャナンティ

ギラバニア辺境地帯
[ 26.9 , 20.5 ]
シュー……貴様らは、我々と異なる姿でありながら、
驚くほど器用に体勢を維持することができるのだな。
とても、信じがたいことだ。
サブクエストギラバニア

魂宿りし岩石

Lv
67
patch4.0

メ・リンボ

ギラバニア辺境地帯
[ 29.3 , 27.0 ]
この辺りには、空を飛べる魔物が多いから……
こうして見張りに立たないと、いつ襲われるかわからないのよ。
脅威は、帝国だけじゃないってことね。
サブクエストギラバニア

嬉しい置き土産

Lv
67
patch4.0

メ・ジンジジ

ギラバニア辺境地帯
[ 30.1 , 26.1 ]
私たち3人は、狩りの時は常に行動を共にする。
母は違えど、同じ父を持つ家族だからな。
お互いの気持ちが手に取るようにわかるんだ。
サブクエストギラバニア

アナンタマーケティング

Lv
67
patch4.0

メ・セプサ

ギラバニア辺境地帯
[ 30.6 , 25.9 ]
帝国の侵略によって、私たちの縄張りは狭くなり、
たくさんの仲間が死んでしまった。
生きるためには、アナンタ族とも上手く付き合っていかなきゃね。

ナンディナ

ギラバニア辺境地帯
[ 27.8 , 20.3 ]
シュー……「脱皮せぬ者」たちの中には、
我らが脱ぎ捨てた皮を欲しがる好事家がいると聞く。
それは誠か……誠なのかっ!?

マニク

ギラバニア辺境地帯
[ 27.1 , 19.9 ]
シュー……ヒトは火を用いねば、金属を錬れぬと聞く。
なぜそんな、回りくどいことをするのだ?
魔力を使えば、容易に錬れるというのに……。

指定地点

ギラバニア辺境地帯
[ 13.2 , 23.9 ]
[ 13.1 , 24.7 ]
この木から採取できそうな樹脂はないようだ……。
サブクエストギラバニア

さまよう魂

Lv
67
patch4.0

ロチャナ

ギラバニア辺境地帯
[ 27.3 , 19.2 ]
シュー……我らの指導者、姉妹サリーシャは慈悲深い御方だ。
未だに、カリヤナ派の下へ使者を送り、
奴らのことを理解しようと努めているのだから……。

メ・ギゾ

ギラバニア辺境地帯
[ 29.1 , 26.4 ]
この子たちはね、今度、初めての狩りを経験するんだ。
だから、しっかりと弓の稽古をつけてあげないとね!
サブクエストギラバニア

大精霊が宿る木

Lv
67
patch4.0

賢者の木

ギラバニア辺境地帯
[ 9.1 , 25.8 ]
木の幹から、鼻をつくような刺激臭が漂ってくる……。

賢者の木

ギラバニア辺境地帯
[ 8.7 , 26.4 ]
枝葉の先に、毒々しい色の実をつけている。
とても食べる気にはなれない……。
アナンタ族ストーリークエスト

新たな仲間は光の戦士

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.2 ]
しゅ~……母上が脱皮を終えるより早く、
この橋を立派な関所へと変えてみせるのじゃ!
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.1 ]
オレひとりでアルパを支えきれるか、不安だったが……
アンタが協力してくれると聞いて、安心したよ。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……アルパ隊長からの命令で、
冒険者へ発行する任務の窓口を担当することとなった。
今後とも、よろしく頼むぞ。

マドゥラ

ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……こちらでは、
国境警備に貢献した者に対して、報酬を用意している。
自由に見ていくといい……。

アヌラガ

ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.6 ]
シュー……警備隊専属の調理師、アヌラガと言う。
ヒトの口に合う料理は、まだ練習中だ。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
よう、オレに何か用かい?
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
オレに与えられた任務は、
帝国軍から奪還したベロジナ大橋の見張り……のはずだった。
だが、ベロジナ大橋を関所として再利用することが決まり、
気づいたら、オレは国境警備隊に編入されていたんだ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
この橋は、もともと「ベロジナ大橋」という石橋だったが、
帝国軍が補給部隊の拠点として改築し、このような姿になったのだ。
アンタも知ってのとおり、帝国軍から奪還した後は、
アラミゴと他国を結ぶ関所として再利用されていてな。
アルパ隊長が率いる、国境警備隊が守っているんだ。
発足したばかりの我が隊は、
人員不足ゆえ、任務の一部を冒険者に委託していてな。
仕事を探しているなら、「エシャナ」に声をかけてみるといい。
アナンタ族ストーリークエスト

戦史課士官と頑固な獣牧士

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.2 ]
しゅ~……ギッフのグリフィン騎兵隊が隊に加わったことで、
我が隊の警備範囲が大きく広がったぞ。
この調子で、立派な関所へと造り変えてみせるのじゃ。
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.1 ]
帝国製の巨大橋なんて爆破しろと騒いでた連中は、
番いのグリフィン像を見るなり、黙って帰って行ったよ。
これで、面倒ごとがひとつ片付いた……。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.7 , 25.7 ]
オレの育てたグリフィンが、辺境地帯の人々の助けとなる……
これほど喜ばしいことはない。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……グリフィンを乗りこなし、
自由に空を翔るヒトを見ると、憧憬の念を抱きもする。
だが、なぜか奴らは、我らアナンタを背に乗せたがらんのだ。

ノッテッド・パイン

ギラバニア辺境地帯
[ 20.1 , 26.2 ]
はぁ~、立派なグリフィン像だなぁ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
この橋は、もともと「ベロジナ大橋」という石橋だったが、
帝国軍が補給部隊の拠点として改築し、このような姿になったのだ。
アンタも知ってのとおり、帝国軍から奪還した後は、
アラミゴと他国を結ぶ関所として再利用されていてな。
アルパ隊長が率いる、国境警備隊が守っているんだ。
西門に飾られている番いのグリフィン像は見たか?
あれは、アルパ隊長が自ら率先して造り上げた物でな。
二羽のグリフィンの力強い躍動感が、見事に再現されている。

アラミゴ解放軍の衛兵

ギラバニア辺境地帯
[ 19.6 , 25.6 ]
ここはアラミゴの関所、ベロジナ大橋だ。
「ヴィルジャラの涸れ谷」方面に行きたいのかい?
アナンタ族ストーリークエスト

炎のアドバイザー

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.1 ]
ゲイルスがやってきて、
この隊にまたおかしなヤツが増えた……。
アルパだけで十分だってのに……。
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.2 ]
しゅ~……ゲイルスは、仕事のこととなるとヒトが変わるのう。
あれぞ、まさに職人気質というやつじゃな。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.1 , 26.8 ]
たまに、仕事中に記憶がなくなることがあるんです……。
やはり、寄る年波には勝てませんなぁ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……アナンタ用の寝台が、ヒトには合わぬことなど、
ここへ来なければ、一生知ることがなかっただろう。
しかし、とぐろを巻けぬとは、ヒトの体も不自由なものよな。
あれほど落ち着く体勢はないというのに……。

アヌラガ

ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.6 ]
シュー……ヒトとともに生活することで、
新たな得意料理が増え続けているぞ。
宿泊施設に、大きな調理場まで作ってもらえたのだ。
今後さらに、料理の腕に磨きがかかろう。

カイラサ

ギラバニア辺境地帯
[ 21.9 , 26.8 ]
シュー……疲れたなら、休んでいくか?
と、言いたいところだが、
あいにく、ここは関所を通過する者のための簡易宿泊所なのだ。

ダクシャナ

ギラバニア辺境地帯
[ 20.6 , 25.7 ]
シュー……どうだ、たくましい獣であろう?
マーリドは、共に戦い、力仕事を担ってくれる、
我らアナンタにとって、まさしく相棒と呼べる存在なのだ。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
この橋は、もともと「ベロジナ大橋」という石橋だったが、
帝国軍が補給部隊の拠点として改築し、このような姿になったのだ。
アンタも知ってのとおり、帝国軍から奪還した後は、
アラミゴと他国を結ぶ関所として再利用されていてな。
アルパ隊長が率いる、国境警備隊が守っているんだ。
国境警備隊が、簡易宿泊所を開放してからは、
辺境地帯を一夜で越えようとする無謀なヤツも減ったよ。
おかげで、今後は死体拾いをしなくて済みそうだ。
アナンタ族ストーリークエスト

恋愛のエキスパート

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.2 ]
しゅ~……時々、愚かな自分を恥じることがあるのじゃが、
メ・ゼトを見ていると、そんな気分も吹き飛ぶのう。
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.1 ]
メ・ゼトなら、オレに殴られた後、
すぐに立ち上がってどこかへ立ち去って行ったよ。
バカな男だけど、頑丈さだけは一人前だねぇ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……恋の病か……。
君は、罹患したことがあるのだろうか?
……いや、やはりやめておこう。
我らアナンタの言葉には、愛はあれど、恋はない。
きっと、我らには理解できぬ概念なのだろうな。

ジャグラティ

ギラバニア辺境地帯
[ 21.4 , 26.3 ]
シュー……ヒトの医術からは、学ぶことが多いな。
我らでは対処できない病さえ、たちどころに治してしまう。
しかし、周囲にある材料で、すぐに対応できるところは、
我らの医術のほうが優れているようだ。
どちらも使い分け、適切な処置をしていくとしよう。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
この橋は、もともと「ベロジナ大橋」という石橋だったが、
帝国軍が補給部隊の拠点として改築し、このような姿になったのだ。
アンタも知ってのとおり、帝国軍から奪還した後は、
アラミゴと他国を結ぶ関所として再利用されていてな。
アルパ隊長が率いる、国境警備隊が守っているんだ。
診療所が増設されたことで、辺境地帯を歩く人々が、
怪我や風土病に悩まされることもなくなった。
それだけでなく、この橋を守る国境警備隊の隊士が、
訓練中や任務で負った怪我が原因で、命を落とすことも減った。
とても喜ばしいことだ。
アナンタ族ストーリークエスト

カリヤナの敵対者

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.2 ]
しゅ~……カリヤナからの脱走者を受け入れることに対して、
隊士たちが反発すると思っておったが、杞憂に終わった。
つくづく、わらわは仲間に恵まれておるようじゃな。
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.1 ]
国境警備隊も、設立当初と比べて、
ずいぶんな大所帯になってきたねぇ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.7 , 25.7 ]
よもや、カリヤナ派の者まで懐柔してしまうとは、
アルパ隊長の人徳たるや、だな……。

ギティカ

ギラバニア辺境地帯
[ 20.7 , 26.3 ]
シュー……
ここは、アナンタの隊士が休むための兵舎です。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.1 , 26.8 ]
アナンタ族兵舎の建設に関わらせていただいたんですが、
所々に、ヒトとは違う文化を感じて、興味深かったです。
ぐふふふふふ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……この関所も、だいぶ賑やかになってきたな。
アルパ隊長たちの活躍もあるが、君の尽力もあってのもの。
今後とも、依頼を受けてもらえると助かる。

マドゥラ

ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……「マーリド」が報酬項目に追加されたぞ。
我らアナンタの相棒であるマーリドを譲るのは、
それだけ国境警備の貢献に、感謝しているということ。
アナンタの象使いたちが、
満場一致で譲ることに賛成したのだ。
乗り手に選ばれたことを、誇りに思うといい……。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
この橋は、もともと「ベロジナ大橋」という石橋だったが、
帝国軍が補給部隊の拠点として改築し、このような姿になったのだ。
アンタも知ってのとおり、帝国軍から奪還した後は、
アラミゴと他国を結ぶ関所として再利用されていてな。
アルパ隊長が率いる、国境警備隊が守っているんだ。
カリヤナ派を抜けてきた者たちが、国境警備隊に合流し、
新たにアナンタ族用の兵舎が増築された。
かつては弓を向け合った者たちを、
許し、受け入れることができるのが、アルパ隊長のすごいところだ。
ギラバニア辺境地帯
[ 28.0 , 19.4 ]
シュー……少し会わぬ間に、
アルパがああまで成長するとは……。
そなたが手本となってくれたこと、感謝していますよ。
アナンタ族ストーリークエスト

種の架け橋

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.2 ]
しゅ~……宴を終えて、ひと区切りついたが、
わらわたちの任務に終わりはない。
これからも、この地を守り続けていくだけじゃ。
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.1 ]
アルパが一人前になったら、隊を抜けようとも思ったが、やめたよ。
ここにいたら面倒なことばかり起こるってのに、
どうやら、オレは国境警備隊を気に入ってるらしい。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.7 , 25.7 ]
オレたちグリフィン騎兵隊は、
これからも国境警備隊の一員として、この空を守り続けていく。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.1 , 26.8 ]
こんな僕を受け入れてくれたのは、国境警備隊が初めてです。
やっと、自分の居場所を見つけることができました……。
ぐふふふふふ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……アルパ隊長の成長の様……
幼きころより見てきた我らとしては、涙が溢れんばかりだ。
アルパ隊長の友としてだけではなく、
我ら、国境警備隊隊員すべての友として、今後もよろしく頼む。
君のこと、心から信頼しているぞ。

マドゥラ

ギラバニア辺境地帯
[ 20.9 , 26.1 ]
シュー……ギッフたち獣牧士から提言があってな、
お前になら、「グリフィン」を譲ってもいいとのことだ。
驚きはしたが、報酬項目に追加させてもらったぞ……。
アルパ隊長や、エシャナからの依頼を遂行する姿に、
ヒトたちも心を動かされていたのだな……。
お前の活躍、今後も期待しているぞ。

ノッテッド・パイン

ギラバニア辺境地帯
[ 20.1 , 26.2 ]
シュー……ヒトは、マーリドの背に乗るのだな……。
いや、我らアナンタは、あの長い鼻に下半身をからめ、
互いを結びつけて操るもので……いつ見ても不思議だ。

ダクシャナ

ギラバニア辺境地帯
[ 20.6 , 25.7 ]
シュー……ヒトは、マーリドの背に乗るのだな……。
いや、我らアナンタは、あの長い鼻に下半身をからめ、
互いを結びつけて操るもので……いつ見ても不思議だ。

アヌラガ

ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.6 ]
シュー……そなたの働きのおかげで、
宿泊施設にも多くのヒトが訪れ、私の料理を食べていった。
みな、顔をほころばせていたのが、心に残っているぞ。
このような機会、警備隊へ入らなければなかっただろう。
すでにアルパ隊長たちから、労いの言葉をもらっているだろうが、
私からも礼を言わせてくれ……ありがとう。

カイラサ

ギラバニア辺境地帯
[ 21.9 , 26.8 ]
シュー……簡易宿泊所を利用する者も、日に日に増えている。
それだけ、この地が平和へと近づいているということかもしれない。

ジャグラティ

ギラバニア辺境地帯
[ 21.4 , 26.4 ]
シュー……この関所を通る者が増えるにつれ、
対処せねばならない症状も増えていってな……。
ヒトの薬師とともに、毎日頭を悩ませているぞ。
しかし、多くの者から頼られ、感謝されるのは悪くない。
隊士や、お前の活躍を支えるため、今後とも尽力しよう。

ギティカ

ギラバニア辺境地帯
[ 20.7 , 26.3 ]
シュー……まさか、私が生きている内に、
ウィルラとカリヤナが一堂に会する所を見られるとは。
アルパ隊長でなければ、成し得なかったであろう……。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.4 , 26.9 ]
この橋は、もともと「ベロジナ大橋」という石橋だったが、
帝国軍が補給部隊の拠点として改築し、このような姿になったのだ。
アンタも知ってのとおり、帝国軍から奪還した後は、
アラミゴと他国を結ぶ関所として再利用されていてな。
アルパ隊長が率いる、国境警備隊が守っているんだ。
国境警備隊は、アラミゴの国境を守る隊だが、
所属する隊士たちの人種に境界はない。
ヒトもアナンタも、全員が幸福に暮らせるよう、日々奮闘している。
アナンタ族デイリークエスト

大物狙いのアントリオン

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
地中深くから、何かが迫りくる地響きの音が聞こえる……!
アナンタ族デイリークエスト

汚れたシーツ討滅戦

Lv
60
ギラバニア辺境地帯
持てる力のすべてを込めて洗った結果、
絶望的な汚れが緩和された。
しかし、まだ極めて汚れているようだ。
ギラバニア辺境地帯
精一杯、力を込めて洗った結果、
極まった汚れが緩和された。
しかし、まだ真に汚れているようだ。
ソーサラー白魔道士クエスト

厳格なる角尊の掟

Lv
68
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.1 , 28.7 ]
お勉強をがんばっているのに、お母さんの元気がないの……。
もっともっと、がんばらないと……!
ギラバニア辺境地帯
[ 8.1 , 28.6 ]
[player]様……。
猟に出れない日が……増えています……。
もしものときは……娘をお願いします……。
サブクエストギラバニア

戦下に咲く花

Lv
69
patch4.0

アサラ

ギラバニア辺境地帯
[ 34.9 , 31.5 ]
憎悪に身を任せて戦ったところで、
また新たな憎悪が心に芽生える……ずっと、この繰り返しです。
でも、すべてを忘れることは、考えるよりも難しい……。
サブクエストギラバニア

戻るべき場所

Lv
69
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.1 , 10.9 ]
……だから、駄目だと言っているだろう。
ひとりで行かせるわけには、いかないんだ。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

紅蓮のリベレーター

Lv
70
patch4.0

ルーツキルツ大甲士

ギラバニア辺境地帯
[ 8.4 , 11.2 ]
アラミゴを奪還したとて、すぐに日常に戻れるわけではない。
我々には、まだ戦後処理が残っている。
それが、戦に参加した者の責任だ。

カンコンペー二等牙兵

ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 10.9 ]
ひとまず、戦いが落ち着いて安心しました。
兵站を担う者としては、気苦労が絶えませんでしたから。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.2 , 10.8 ]
帝国による支配が終焉したことで、
グリダニアとアラミゴの交流が増していくはずだ。
当基地は、その交わりを支える役目を担うだろう。

ピップ

ギラバニア辺境地帯
[ 8.9 , 11.5 ]
私は、しばらくここに残ることになりそうです。
イシュガルド本国からアラミゴに送る支援物資の管理を、
担うことになりましたので……。

メ・リンボ

ギラバニア辺境地帯
[ 29.3 , 27.0 ]
帝国がいなくなっても、見張りは続けるよ。
この辺りには、空を飛べる魔物が多いからね。

メ・セプサ

ギラバニア辺境地帯
[ 30.6 , 25.9 ]
ギラバニアから、帝国を追い出してくれたんだってね……。
ありがとう、犠牲になった仲間たちも浮かばれるよ。

メ・ハトア

ギラバニア辺境地帯
[ 30.3 , 25.7 ]
帝国軍が追い出されたことは、もちろん嬉しいのですが、
母親としては、何よりも娘の生還が嬉しいのです。
ありがとうございました……。
ギラバニア辺境地帯
[ 30.2 , 25.7 ]
我が娘、ナーゴが、
悲願を成し遂げたこと、父としてヌンとして誇りに思う。
そして、お前にもギラバニアの民のひとりとして感謝するぞ。

ジャナンティ

ギラバニア辺境地帯
[ 26.9 , 20.5 ]
シュー……帝国軍を追い払うことができたようだな。
我は、戦いに身を投じた姉妹たちを誇りに思うぞ。
もちろん、共に戦った、お前に対してもな。
ギラバニア辺境地帯
[ 28.0 , 19.4 ]
シュー……ついに自由を取り戻しました。
美神ラクシュミ様が、もっとも愛したこの賜物を、
我々は、大切に守ってゆかねばなりませんね。
サブクエストギラバニア

心を映す鏡

Lv
70
patch4.0

傷だらけの偉丈夫

ギラバニア辺境地帯
[ 30.0 , 11.3 ]
力が欲しい……アラミゴに迫る巨悪を打ち破り、
意中のあの子から、ちやほやされる力が……欲しい!!
サブクエストひんがしの国

ベテラン・モブハント(リスキー)

Lv
70
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 11.7 ]
……ほう、クランの仲間かい?
俺は、ここら一帯のリスキーモブを追っていてね。
情報が必要なら、提供してやってもいいぜ……。
ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 11.7 ]
カリヤナ派のアナンタ族に、「ヤミニ」という名の少女がいた。
生まれながらに、豊かな魔力を持っていた彼女は、
やがて帝国軍に徴用され、連れ去られてしまう。
同盟軍が放った諜報員からの報告によれば、
彼女は、アラミゴ市街地の一角に築かれた、
怪しげな実験施設に収容されたらしい。
その中で、いったい何が行われたのかはわからない。
だが、ふたたび戻ってきたとき、彼女の自我は失われ、
ただ無差別に人を襲う、おぞましき存在となっていたのだ。
ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 11.7 ]
「オゼルム」は、鎌のように鋭利なクチバシを持つ怪鳥さ。
翼が未発達なため飛行はできないが、驚異的な脚力による跳躍は、
岩山を一蹴りで飛び越えるほどだとか。
獰猛で肉食を好むオゼルムは、
辺境地帯に住むアナンタ族やメ族のミコッテにとって、
大きな脅威となっているようだ。
事実、数年前にピーリングストーンズにて、
メ族の子どもが、次々と行方不明になる事件が起こっている。
その容疑者の筆頭格が、オゼルムということだ。
ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 11.7 ]
アントリオンには、猛禽類などの天敵が多く、
本来は、地中に潜んで狩りを行うのだが、「オルクス」は違う。
自ら地表に姿を晒し、獲物を求めて探し回るのだ。
それも当然のこと……。
ヤツは鋼も溶かすという、強力な分泌液を体内で生成し、
噴射する能力を有しているのだよ。
噂では、ヤツが、そのような能力を発揮しはじめたのは、
賢者の木周辺で、狩りをするようになってからだという。
何か、突然変異を起こす要因でもあったのだろうか?
ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 11.7 ]
「アール」と呼ばれる巨大蜂について知りたいのか?
ヤツの特徴は、熊をも即死させる強力な毒針と、
羽ばたきによって巻き起こる、ハリケーンのような衝撃波さ。
これは、アナンタ族から聞いた話だ。
かつて、メ族の「ヌン」が一族を守るためにヤツと戦い、
毒に冒されながらも、命と引き換えに洞窟へと封じ込めたらしい。
だが、ヤーンの大穴が開いたときの衝撃で洞窟が崩れたのか、
最近になって、封印したはずのヤツが姿を現したようだ。
ギラバニア辺境地帯
[ 8.8 , 11.7 ]
神出鬼没の巨大食人植物、それが「ウドンゲ」だ。
普段は、地中に身を隠して、獲物を待っているらしく、
発見が容易じゃあない。
ラールガー星導教の古い経典に記された、
3000年に一度だけ、花を咲かせる伝説の植物、
ウドンゲの名で呼ばれているのも、発見の難しさに由来するんだ。
一説では、ほかの植物の声なき悲鳴を聞いて、
活きの良い獲物が近づいてくるのを、感じ取るんだとか。
ヤツを上手く、地中から誘き出せればいいんだが……。
メインクエスト解放戦争 戦後編

英雄の帰還

Lv
70
patch4.1
ギラバニア辺境地帯
[ 30.2 , 25.7 ]
よく来てくれた、友よ。
代表者会議での一件以来、一族の狩人たちにも、
カリヤナ派の動向を、さらに厳しく監視させている。
一族の者たちが、美神の虜になるところなど、
見たくはないからな……。
ギラバニア辺境地帯
[ 28.0 , 19.4 ]
シュー……代表者会議では助けられました。
あの紛い物の美神を、一度ならず二度までも、
消し去ってくれたこと……感謝してもしきれません。
そして、カリヤナ派がふたたび蛮神を喚び、
ギラバニアの地に、恐るべき混沌をもたらしたこと……
同族として、謝罪せねばならないとも思うのです。
サブクエストギラバニア

遺された人々

Lv
60

メ・ジレッコ

ギラバニア辺境地帯
[ 29.8 , 26.1 ]
やあ、キミは同盟軍に協力している冒険者だね?
ボクに、何か聞きたいことでもあるのかい?

ボクは、メ・ジレッコ。
ピーリングストーンズに棲むメ族の「ヌン」である、
メ・ラツの娘のひとりで、ナーゴ姉さんのふたつ下の妹だよ。
ほかの種族にとっては、夫婦といえば番(つが)いなんだろうけど、
ボクたちサンシーカーは、多くの女がひとりの「ヌン」を愛すんだ。
ボクの母さんも、今でもラツ父さんにゾッコンでさぁ……。
ちなみに男の子が生まれた場合は、「ティア」と名付けられる。
「ティア」は、「ヌン」との勝負に勝利して次の「ヌン」になるか、
生まれ育った集落を出て、新しいコミュニティを築くしかない。
だから、ひとつの集落にはひとりの「ヌン」しか存在しないんだ。
昔、縄張りが広かった頃は、ふたりの「ヌン」がいたらしいけどね。

ここはメ族の集落、ピーリングストーンズ。
キミたちがベロジナ大橋の帝国軍を退けてくれたおかげで、
晴れて自由の身になることができたよ。
帝国に支配されてる間は、辛い日々だったよ。
でも、ボクたちにはメ・ラツがいたから……
父さんが勇気づけてくれたから、今日まで生きてこられたんだ。
だから、ここの女の子たちは、ほかのサンシーカーの一族よりも、
「ヌン」を強く心酔しているんだよ。
メ・ラツに救われた命は、メ・ラツのために使う……
それが、ボクたちにできる恩返しだからね。
クロニクルクエストオメガ

再び次元の狭間へ

Lv
70
patch4.2

ガーロンド社の調査員

ギラバニア辺境地帯
[ 31.0 , 32.0 ]
「次元の狭間」での戦い、おつかれさまです!
大穴の中に降りますか?
クロニクルクエストオメガ

未完成な美術品

Lv
70
patch4.2
ギラバニア辺境地帯
[ 30.7 , 31.8 ]
上がってきてくれて、ありがとうな。
お前たちの無事な姿に、元気をもらったよ。
怪我だって、ササッと治せるさ!
クロニクルクエストオメガ

最後の闘い

Lv
70
patch4.4
ギラバニア辺境地帯
[ 30.7 , 31.8 ]
ついに、おわったんだな……。
サブストーリークエスト蛮族エクストラストーリー 紅蓮編

三種の至宝

Lv
70
patch4.56
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.2 ]
しゅ~……
コウジン族にナマズオ族……実に面白い連中だったのう。
また東方に行ってみたいのじゃ。
ギラバニア辺境地帯
[ 21.7 , 26.1 ]
無事に奪還できたからいいようなものの、
視察の場で、隊長であるアルパを誘拐されるなんて……。
今後は、要人護衛の訓練もしないとだねぇ。

ノッテッド・パイン

ギラバニア辺境地帯
[ 20.1 , 26.2 ]
無事に奪還できたからいいようなものの、
視察の場で、隊長であるアルパを誘拐されるなんて……。
今後は、要人護衛の訓練もしないとだねぇ。
ギラバニア辺境地帯
[ 30.4 , 26.1 ]
ナザを相手にして、オレはまだまだ弱いんだなって実感しました。
こんなんじゃ、メ族どころか、
ひとりの女すら守れないっす……。
……うおおおおおおおおお!
オレ、ぜってぇ強くなってやるっす!!
偉大なる父、メ・アト・ヌンのように!!
ギラバニア辺境地帯
[ 8.6 , 10.7 ]
アルパさんとお友達になって、気づいたことがあるのですが……
もしや、隊長になれば、前線に出る必要はなくなるのでは……?
なんとしても、スウェスリク大牙将を蹴落とさなければ。

FATE

ギラバニア辺境地帯

アラミゴ解放軍の闘士

[ 28.6 , 12.0 ]
遅い…
遅すぎるぞ…!

アラミゴ解放軍の闘士

[ 28.6 , 12.0 ]
君はアラミゴ解放軍の協力者か?
ならば、周辺地域の安全確保のために、
巡回に同行してほしいのだが……。
実は、同行するはずの仲間が遅れていてね。
予定どおりに任務を終えるためにも、そろそろ出発したいのだ。
どうだ、やってくれるか?

►いいえ
そうか……残念だが、仕方ない。
もう少しだけ、仲間の到着をここで待ってみよう……。

►はい
さあ、出発だ!

アラミゴ解放軍の闘士

[ 23.7 , 14.0 ]
む…仲間はどこだ?

アラミゴ解放軍の闘士

[ 23.7 , 14.0 ]
君はアラミゴ解放軍の協力者か?
ならば、周辺地域の安全確保のために、
巡回に同行してほしいのだが……。
実は、同行するはずの仲間が遅れていてね。
予定どおりに任務を終えるためにも、そろそろ出発したいのだ。
どうだ、やってくれるか?

►いいえ
そうか……残念だが、仕方ない。
もう少しだけ、仲間の到着をここで待ってみよう……。

►はい
さあ、出発だ!

フレーラク少甲佐

[ 9.4 , 16.6 ]
[player][グランドカンパニー階級] !
これより、同盟軍の各隊が合同で演習を行うのですが、
貴官も参加されてはいかがですかな?
ちょうど、どの部隊に敵役を務めてもらおうかと、
思案していたところなのです。
貴官の腕前なら、仮想敵として十分だ。

►いいえ
うむ……貴官も忙しい身でしょうからな。
致し方ありません、またの機会に胸を貸してください。

►はい
冒険者部隊の英雄殿が、敵役を務めてくださることになった!

このような機会は、滅多にあることではない!
噂の英雄を相手に、自分たちの実力を示してみせろ!

さあ、準備はいいな!?
総員抜刀……模擬戦開始ぃぃぃぃっ!!!

フレーラク少甲佐

[ 8.8 , 16.5 ]
エオルゼア同盟軍の合同演習である!
冒険者諸君も、敵役として参加されたし!

神殿騎士団の正騎士

[ 9.4 , 16.2 ]
強気で攻めろ!

不滅隊の下士官

[ 8.3 , 16.6 ]
いけ!
気合いを入れろ!

神殿騎士団の正騎士

[ 8.5 , 15.8 ]
オラオラ!
どこを見ている!

フレーラク少甲佐

[ 8.8 , 16.5 ]
さすがは噂の英雄!
兵卒たちよ、己の未熟さを知ったことだろう!

さあ、次は下士官諸君の出番だ!
兵卒たちの手本となるよう、各員奮戦するように!

では、準備はいいな?
総員抜刀……模擬戦開始ぃぃぃぃっ!!!

フレーラク少甲佐

[ 8.8 , 16.5 ]
いやはや、お見事!
実戦経験豊富な下士官たちでも相手にならないとは!

ですが、模擬戦を見ていたら、血が騒ぎましてな……。
ここはひとつ、我々のお相手もお願いできますかな?

さあ、いきますぞ!
総員抜刀……模擬戦開始ぃぃぃぃっ!!!

フレーラク少甲佐

[ 8.8 , 16.5 ]
ぐっ……まず癒し手を倒すとは……
常道の戦い方……お見事です……。

こちらの戦力が半減しただと!?
ええい、だがここから盛り返して見せるッ!

ついに、ひとりだけになったか……
だが、まだ勝負は決まっていないッ!

フレーラク少甲佐

[ 8.8 , 16.5 ]
そ、そこまで……!
ハァ、ハァ、ハァ……こちらの負けを認めましょう……。

しかし、いい経験になりました。
この模擬戦で学んだことを、しっかり活かさねば……。

さあ、お前たち、訓練に戻るぞ!
英雄殿を目指して、ただ訓練あるのみだッ!

アラミゴ解放軍の闘士

[ 23.7 , 11.2 ]
ハァ…ハァ…

アラミゴ解放軍の闘士

[ 23.7 , 11.2 ]
振り切れないか?

アラミゴ解放軍の闘士

[ 23.7 , 11.2 ]
おぉ、こんなところで冒険者に出会うとは!
妖精綱の魔物、ダラの群れに囲まれてしまってね……。
切り抜けるために手を貸してくれないか?

►いいえ
そうか、戦う意志がないなら、すぐに逃げ出すといい。
ここは俺が、どうにかしてみせる!

►はい
<チェック漏れ>

不滅隊の斥候

[ 11.8 , 16.6 ]
だ、だれか…
助けてくれないか?

不滅隊の斥候

[ 11.8 , 16.6 ]
て、偵察任務中にグリズリーに出くわしたんだが、
目を離したが最後……襲われそうなんだ……。
た、助けてくれないか……?

►いいえ
えっ……そんな……俺はどうしたら……?

►はい
あ、ありがとう……。
見るからに手強そうなグリズリーだ……。
き、気を付けてくれよな!

メ族の少女

[ 27.3 , 25.3 ]
冒険者さん!
お手伝いいただけませんか?

メ族の少女

[ 27.3 , 25.3 ]
冒険者さん、ちょうどいいところに……。
矢尻の材料になる「鋭い石片」を集めるのを、
手伝ってはもらえませんか?

►いいえ
そうですか……
もし気が変わったら声をかけてくださいね

►はい
ありがとうございます!
「鋭い石片」は、この辺りに落ちていますし、
ハイランド・ダラを倒しても手に入りますよ。

メ族の少女

[ 27.3 , 25.3 ]
鋭い石片を
集めてくださいね!

メ族の少女

[ 27.3 , 25.3 ]
「鋭い石片」を集めてきてください。
この辺りに落ちていますし、
ハイランド・ダラを倒しても手に入りますよ。

メ族の少女

[ 27.3 , 25.3 ]
「鋭い石片」は集まりましたか?
お持ちでしたら受け取りますよ。

ありがとうございます!
この辺りの石は、矢尻を作るのに最適なんです。
きっといい狩り用の矢が作れますよ!

メ族の少女

[ 27.3 , 25.3 ]
「鋭い石片」は、いくらあっても困りません。
お持ちでしたら受け取りますよ。

こんなにたくさん集めていただけるなんて!
ありがとうございました!

メ族の狩人

[ 31.6 , 29.6 ]
はぁ、はぁ、はぁ…
危なかった…

メ族の狩人

[ 31.6 , 29.6 ]
狩りの最中に、大物のアントリオンに襲われたの。
どうにか逃げてきたんだけど……。
あんなのを放置していたら、
きっと私たちの仲間が、いつか大きな被害に遭うはず……。
冒険者さん、討伐に協力してくれませんか?

►いいえ
そうですか……。
誰でも怖いですよね、あんなのと戦うのは……。

►はい
で、出たな!
コイツです!

助かりました!
ありがとうございます!

ウィルラの職人

[ 34.4 , 26.0 ]
シュー……臆病者のカリヤナ派の連中が、
卑怯にも、私が造り上げた装飾具を盗んでいった!
手間と魔力をかけて、姉妹のために作ったというのに!
だが、私は職人に過ぎず、力で取り戻すことはできない。
ヒトの子の友よ、もしも私を哀れに思うなら、
カリヤナ派に「奪われた装飾具」を奪還してきてくれぬか?

►いいえ
シュー……確かにこれは、アナンタ族の問題だ。
ヒトの子の友には関係のないことだったな。
強欲な申し出、忘れてくれ。

►はい
シュー……なんという慈悲深さ!
「奪われた装飾具」は、カリヤナ派の拠点に、
保管されているはず……見張りに注意してくれよ。

ウィルラの職人

[ 34.4 , 26.0 ]
シュー……
「奪われた装飾具」は、カリヤナ派の拠点に、
保管されているはず……見張りに注意してくれよ。

ウィルラの職人

[ 34.4 , 26.0 ]
シュー……その輝き!
まさしく私が姉妹のために作った品に違いない!

<キャンセル>
シュー……疑いたくはないが、
その品を持ち逃げする気ではあるまいな?

<トレード>
シュー……これで我が姉妹を、
美しく飾ってやることができるというもの……。
慈悲深きヒトの子の友に、感謝の念を捧げよう。

ウィルラの職人

[ 34.4 , 26.0 ]
シュー……ありがとう、感謝するぞ。
しかし、これほどの数の装飾具を盗むとは……
カリヤナ派のなんと強欲なことか!

<トレード>
シュー……かなりの数が取り戻せた。
だが、「奪われた装飾具」は、まだあるはず……。
もしも取り戻せたなら、持って来てくれ。

ウィルラの職人

[ 34.4 , 26.0 ]
シュー…これで
姉妹を飾ってやれる!

太陽の娘 ドリサナ

シュー…
何の騒ぎだ?

シュー…
片付きそうだな

太陽の娘 ドリサナ

シュー…今の戦い
見させてもらった

その腕前…
ヒトの子の英雄と見た!

最大の敬意として
手合わせを願いたい!

ヒトの子の英雄よ!
勝負といこうぞ!

果しなき河よ我を誘え
Lv61

黒渦団の伝令

[ 11.4 , 21.9 ]
むっ!?

黒渦団の伝令

[ 11.4 , 21.9 ]
怪魚の群れが!

黒渦団の伝令

[ 11.4 , 21.9 ]
だ、誰かッ!
助けて!

黒渦団の伝令

[ 11.4 , 21.9 ]
アラミゴ解放軍に密書を届けるため、
川を渡りたいのですが、怪魚の群れが行く手を阻んでいるのです。
かといって、ひとりで相手できる数では……。
すみませんが、援護してくださいませんか?
重要な密書だけに、確実に届けたいのです。
どうか、よろしくお願いします。

►いいえ
そ、そうですか……。
では、怪魚の群れが去るのを待ってみることにします。

►はい
<台詞なし>