えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ミンフィリア

patch 3.x
????
星の代弁者
メインクエスト竜詩戦争 完結編

星の呼び声

Lv
60
patch3.2
星の海
……聞いて……感じて……考えて…………
星の海
あなたならば、必ずや辿りつくと信じていた……。
よくぞ、ここまで来てくれました。
星の海
あなたならば、必ずや辿りつくと信じていた……。
よくぞ、ここまで来てくれました。
わたしは「星の代弁者」。
あなたにとっては、ミンフィリアだった者……。
そちらの時間では、もう久しい過去になるのでしょうか……。
裏切りの祝宴から逃げる最中、
「わたし」は星の……ハイデリンの声を聞きました。
「わたし」は声に導かれるまま、
自ら仲間のエンシェント・テレポに巻き込まれることで、
エーテルの流れに身を投じ、星の海に辿りついたのです。
けれど、星の声はすでに消えかけていた……。
失われゆく訴えのすべてを知るため、
「わたし」は、ハイデリンの一部となることを望みました。
そして、今のわたしとなったのです。
わたしの声は、星の声……。
ずっと、あなたに世界の真実を伝えたかった。
だから、お願い。
聞いて……感じて……考えて…………。
星の海
すべての命が生まれるより前、星の海の底では、
光たる「ハイデリン」と闇たる「ゾディアーク」とが、
ひとところにありました……。
しかし、闇が力をつけ、光との均衡が崩壊したのです……。
そこでハイデリンは、ゾディアークを星の海より放逐し、
遠い天に封じることとしました……。
こうして、月が生まれた……。
しかし、星をふたつに割く痛みは、
次元の境界をも傷つけてしまったのです……。
あなたがたが生きる「原初世界」のほかに、
十と三もの鏡像の世界が、このときに生じました……。
そして、光と闇の力も、それぞれの世界に分かたれたのです。
星の海
……月に追放されたゾディアークは、
使徒たるアシエンを使わし、世界を統合しようとしています。
闇の力をより合わせ、完全なる復活を成そうというのです。
そのためには、ここ「原初世界」の側から、
「世界を分かつ壁」を破壊しなければならない。
これこそが「次元圧壊」であり、
アシエンたちが「アーダー」と呼ぶ現象なのです。
そして、人の歴史では、これに伴う災厄を「霊災」と呼ぶ……。
過去七度の霊災により、
すでに七つの世界が統合されてしまった……。
強まった闇の力に、光の力は押されるばかりです……。
どうかアシエンを止めて、世界の統合を阻止してください。
それが……「わたし」の……最後、の…………
星の海
あなたのクリスタルから借りた力も、これ以上は、もう……。
残った力で、あなたを星の渚まで送りましょう……。
光の加護を受けし、ハイデリンの子らよ……。
どうか、世界を…………
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

絡み合う宿命

Lv
60
patch3.4
????
嘆きが聞こえる……
愛しい子らの……悲しい嘆きが……
????
そう わたしは聞いた……
悲しい決意……心裂く嘆きを……
わたしたちは 救いたい
「わたし」は今度こそみんなを救いたい ━━
????
第一世界の、光の加護を受けし者たちよ。
わたしは、ハイデリンの使徒……
いわば、光の調停者です。
わたしが第一世界に渡り、強まりすぎた光を正しましょう。
「光の氾濫」も、避けることができるはずです。
????
ごめんなさい……。
ゾディアークがアシエンを介さなければ干渉できないように、
ハイデリンも、直接「光の氾濫」を止めることはできないの。
だけど、あなたたちが弱り切ったハイデリンに力をくれて、
その一部となっていたわたしが、
こうして使徒として切り離された……。
あなたの嘆きも、祈りも、ハイデリンとして聞いていたわ。
大丈夫……第一世界は、決して滅ぼさせない。
????
ウリエンジェさん……
ここまでみんなを導いてくれて、ありがとうございました。
????
わたしは、あなたたちとともに歩むことで、
世界の強さや悲しさを、聞いて、感じて、考えた……。
だからこそ、今度は私自身の命をかけて、役目を果たしたいの。
????
サンクレッド……いつもそばにいてくれて、ありがとう。
父も、ずっと見守ってくれていたあなたに、
とても感謝しているはずよ。
あなたにもらった、あふれるほどの愛情を、
今度はわたしが、誰かにわけにいかないと。
……離れていても、心はそうして繋がるわ。
????
あなたたちも……
ハイデリンの中から、ずっと見ていたわ。
「暁」の灯火を、希望の火を、繋いでくれてありがとう。
預かっていた、ルイゾワ様の名杖トゥプシマティよ……。
世界の真相も、闇の脅威も、まだすべてが暴かれてはいない。
くれぐれも気を付けて……信じた道を進んでいって。
????
送り出される側になるのは、なんだか不思議な気持ちね。
でも、あなたはいつも、困難な壁を乗り越え、
未来を拓いて帰ってきてくれた……。
だからわたしも、役目を果たしてきます。
いつか、この星を、本当の意味で悲しみから解き放つ……
その方法を見つけたときに、きっとまた会いましょう。
石の家
愛してくれて ありがとう
大好きよ ラミン……