えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

誘導システム

patch 3.x
メインクエスト蒼天のイシュガルド

アラグの遺産

Lv
59
patch3.0
アジス・ラー
ピピ……「誘導システム」起動……。
……初回セットアップを行いマス……。
ライセンス条項を確認してくだサイ。
アジス・ラー
►同意する!►同意する・・・
ライセンス条項への同意を確認……。
新規アカウントを登録しマス。
お客様のお名前を、音声で入力してくだサイ。
アジス・ラー
ピピ……新規アカウントの登録が完了しまシタ。
ウェッジ様、[player]様……。
ようこそ「アジス・ラー」へ! ガイドをスタートしマス!
アジス・ラー
[ 9.6 , 10.9 ]
ピピ……何か、お調べいたしましょウカ?
メインクエスト蒼天のイシュガルド

誘導を信じて

Lv
59
patch3.0
アジス・ラー
[ 9.7 , 10.9 ]
[player]様。
ピピ……何か、お調べいたしましょウカ?

►旗艦島へ►魔科学研究所へ
ピピ……ピピ……。
アジス・ラー旗艦島の「魔科学研究所」に、視察を申請中……。
………………申請の承認を確認。

►何も調べない
ピピ……
では、オススメのポイントを検索しマス……。
ピピ……ピピ……。
アジス・ラー旗艦島の「魔科学研究所」に、視察を申請中……。
………………申請の承認を確認。

それでは、視察規定に基づいて、
旗艦島の「魔科学研究所」まで、ご案内しマス。
こちらの誘導に続いてくだサイ。
なお、本誘導に従わず、立入禁止区域に侵入した場合、
防衛システムによる排除行動が行われる可能性がありマス。
これに伴う損害は、免責事項となりますのでご注意くだサイ。
アジス・ラー
[ 19.2 , 12.7 ]
「魔科学研究所」の視察に先駆け、各施設をご案内しマス。
まずはランディングポイントがある、ここ「アルファ管区」から、
転送装置を利用して「ベータ管区」へ移動しまショウ。
ピピ……転送装置の再起動を行いマス……。
再起動後、転送装置にアクセスし、移動してくだサイ。
アジス・ラー
[ 19.2 , 12.7 ]
ピピ……転送装置にアクセスし、移動してくだサイ。
アジス・ラー
[ 27.2 , 10.1 ]
ピピ……転送装置の正常作動を確認……。
おめでとうございマス。
整備記録によると、過去5014年間に渡り、
定期メンテナンスが行われていなかったもヨウ。
正常作動したことは、驚くべき結果といえまショウ!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

キメラの棲む島

Lv
59
patch3.0
アジス・ラー
[ 27.2 , 10.1 ]
ピピ……奇跡的に、転送装置が正常作動しましたので、
「魔科学研究所」へのご案内を続行いたしマス。
ここ「ベータ管区」は、キメラ生物の培養施設が集中。
さまざまな生物の有用な因子を組み合わせたキメラ生物が、
軍民問わず利用されているのは、ご存知のとおりデス。
ピピ……当施設で生産されるキメラ生物は、
帝国魔科学省認定の安全基準で、三つ星を獲得しておりマス。
ただし、「ちょっとした手違い」が稀にありますので、
珍しい生き物を見かけても、近づかないようにお願いしマス。
それでは、次の転送装置に移動しまショウ。
アジス・ラー
[ 38.1 , 12.3 ]
ピピ……どうやら「ちょっとした手違い」が発生したもヨウ。
転送装置の起動に必要なエネルギーが供給されていまセン。
ピピ……エネルギー供給ラインに異常を検知……。
キメラ生物が、不正にエネルギーを取得しているようデス。
「キメラ生成ラボ」と「生体培養局」に異常源を確認。
アジス・ラー
[ 38.1 , 12.3 ]
ピピ……エネルギーの再供給を確認……。
転送装置を再起動しマス…………。
転送装置にアクセスし、移動してくだサイ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

青き鎧の猛者

Lv
59
patch3.0
アジス・ラー
[ 35.2 , 24.1 ]
ピピ……現在、ここ「ガンマ管区」に、侵入者の存在を確認……。
ライセンス条項にもあるとおり、侵入者との遭遇に伴う損害は、
保証対象外となりますのでご注意くだサイ。
それでは、次の転送装置に移動しまショウ。
「デルタ管区」には、当視察の目玉がございますので、
生存状態を維持することをオススメいたしマス。
侵入者は大部隊であることが予想されマス。
遭遇に気を付け、慎重にお進みくだサイ。
アジス・ラー
[ 27.1 , 33.6 ]
ピピ……未だに生存状態を維持できているようで、
少しばかり、驚きを禁じ得まセン。
ピピ……[player]様に追跡痕跡を確認……。
「魔科学研究所」の視察を続行するため、
侵入者を排除してくだサイ。
アジス・ラー
[ 18.6 , 31.6 ]
ピピ……さあ、視察の目玉。
「デルタ管区」……ドラゴン族制御実験区画デス。
南方大陸「メラシディア」で捕らえた活きの良いドラゴン族が、
今日も元気に、飛び回っておりマス。
アラグ帝国軍万歳! アラグ帝国軍万歳!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

翼、広げて

Lv
59
patch3.0
アジス・ラー
[ 18.6 , 31.6 ]
ピピ……残念な情報が入ってまいりまシタ。
デルタ管区管制システムからの情報によりますと、
旗艦島に通じる転送装置が、破壊されているようデス。
記録を参照したところ、2369年前の拘束具の故障に伴い、
制御下から離れたドラゴン族の仕業と判明……。
まことに申し訳ございませんが、
各自、自己責任にて移動手段を確保し、
「魔科学研究所」前まで、お越しくだサイ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

蒼天のイシュガルド

Lv
60
patch3.0
アジス・ラー
[ 16.1 , 22.4 ]
お待ちしておりました、[player]様。
アジス・ラー旗艦島へようコソ。
ご案内も、いよいよ大詰めとなりまシタ。
ですが、「魔科学研究所」の前に、
侵入者の勢力が検知されていマス。
視察を続行するため、侵入者を排除してくだサイ。
アジス・ラー
[ 21.3 , 22.4 ]
ピピ……侵入者を確認……。
ただちに排除してくだサイ。
アジス・ラー
[ 21.3 , 22.4 ]
ピピ……侵入者の排除を確認……。
「魔科学研究所」の入場ゲートをアンロック。
解錠申請……承認……ゲートオープン。
アジス・ラー
当ガイドは、これにて終了いたしマス。
ご利用、ありがとうございまシタ。
ピピ……[player]様。
「魔科学研究所」内に、未知のエネルギーを探知しておりマス。
どうか、お気をつケテ。
数千年ぶりに、誘導システムとしての責務を果たすことができ、
大変、感謝しておりマス。
ウェッジ様にも、よろしくお伝えくだサイ。
ピピ……それでは、「魔科学研究所」の視察をお楽しみくだサイ。
……誘導システム終了……シャットダウンしマス……。