えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

光風院セイゲツ

patch 4.x
理知的な声
ナマズオ族ストーリークエスト

潤えナマズ

Lv
60
ヤンサ
そう考えるのは、早計というものだよ……。
ヤンサ
碩学(せきがく)の徒……
人呼んで光風院セイゲツ、ここに在り!
ヤンサ
うぺぺぺぺぺっ!
その名は、とうに忘却の彼方へと捨て去ったっぺな!
魂の名は、光風院セイゲツ……何度言ったらわかるっぺよ!
ヤンサ
クッ……これだから、気の回らない粗忽者(そこつもの)は……。
まあよい……俺がしたいのは、祭の話だ!
ヤンサ
以前、俺が読んだ古文書『ガンエン公記』の中に、
その昔、「大鯰大祭(おおなまずおおまつり)」という祭が、
無二江上流で催されたと書かれていたのを思い出してな。
そこには、大祭を境としてナマズオたちが、
文明化への道を歩み出したとも記されていた……。
いわゆるひとつの文明開化と云うやつだよ、わかるかね?
ヤンサ
夢のお告げと云うのは眉唾だが、祭はよい!
脳内まで泥まみれの愚鈍なナマズオたちを、文明化できる好機だ!
ギョシン君よ、今こそ咲かせるぞ、文明という名の華を!
ヤンサ
よろしくお願いするっぺな!
ヤンサ
[ 15.8 , 31.7 ]
俺の顔付きが、ほかのナマズオと違うのが気になるのか?
よしてくれたまえ、ほとばしる知性が顔に出てしまっただけだ。
いうなれば文明開化の証だよ。
ヤンサ
[ 15.8 , 31.7 ]
ほう、貴君はアジムステップに長く滞在していたばかりか、
モル族に協力し、「終節の合戦」の勝利にも貢献したというのかね!
これは好都合というものだ!
ヤンサ
[ 15.8 , 31.7 ]
やれやれ、その無知さには哀れみを覚えるよ。
よいかね、アジムステップは勇猛なるアウラ・ゼラの土地だ。
そんな場所に入り込み、無断で祭など催そうものなら、
あっという間に捕まって、三枚おろしにされること間違いなしだ!
いや、彼らの食文化なら、蒸し包子の具にされると表現すべきか?
ヤンサ
[ 15.8 , 31.7 ]
だが、幸運にも俺たちは、[player]君と知り合った。
草原を統べるモル族の長老に取り次いでもらい、
祭の許可を求めるべきであろう。
アジムステップ
……驚いた。
これが名高きモル族の神託と云うやつか……!
名著『草之海紀行』に記されていたとおりだ!
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
偉大なる旅人、ホエルンによる『草之海紀行』によれば、
ドーロ族は他者との接触を極端に嫌う、孤高の民であると云う。
この居留地を引き払った原因も、その辺りにあるのだろうな。
ナマズオ族ストーリークエスト

祭れよナマズ

Lv
60
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
さて、祭場の準備は、ギョシンがいればどうにかなりそうだな。
問題は、祭装束をどうするかだが……。
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
やれやれ、清々しいほどの無知っぷりだな。
いいか、祭とはすなわち神事であり、非日常なのだよ。
普段と同じ前掛けで執り行うなどもってのほかであろう!
かのヒバリサイが記した『雲雀偶筆』によれば、
ひんがしの国では、祭に際してハッピという衣装を着るそうだ。
色鮮やかな羽織のようなものだと云う。
俺の知識で、図面を引くことはできるが……
ヒレ先が不器用なもので、イチから作るとなるとな……。
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
貴君には「ハッピ部材」として、仕上げ用の染料を頼むとしよう。
天幕横の荷箱から必要なだけ素材を取って、製作してくれたまえ。
もしも素材が足りなくなったら、何度でも取るがよい。
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
貴君には「ハッピ部材」として、丈夫な裏地を頼むとしよう。
天幕横の荷箱から必要なだけ素材を取って、製作してくれたまえ。
もしも素材が足りなくなったら、何度でも取るがよい。
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
集めて来てほしいのは、顔料に使う「紅孔雀石」を3つだ。
キオルエンの西辺りで採れるだろうよ。
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
残りは、俺たちに任せておけばよい。
貴君は担当分の調達に専念し、頼んだ品が用意できたら、
「ギョレイ」君に渡してくれたまえ。
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
貴君、もしや素材が足りなくなったのかね?
ならば天幕横の荷箱から、必要なだけ取るがよい。
さあ、製作を頼むよ。
アジムステップ
[ 6.1 , 23.3 ]
どうやら依頼した品を準備できたようだな。
「ギョレイ」に渡してやってくれ。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
ここが全ナマズオ文明開化の拠点となるのだな。
うむ、気を引き締めてかからねばなるまい!
ナマズオ族ストーリークエスト

捧げよナマズ

Lv
60
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
文明開化しているかね?
こちらも、日々の雑務の合間を縫って、
書を紐解き、祭について学んでいるところだよ。
アジムステップ
で……始めるとして、
大鯰大祭とは何をする祭なのだね?
アジムステップ
やれやれ、そんなことだろうと思って、
この俺が各種文献を漁って、調べておいたぞ。
アジムステップ
…………まあよい。
調査結果として判明した事実を、端的に説明するとだな、
大鯰大祭とは…………
アジムステップ
まったく不明だ……!
アジムステップ
いかんせん、ナマズオは文字という文化を持たなかったのでな。
数百年前に開かれた祭の内容など、記録が残っておらんのだよ!
アジムステップ
ギ……ギョシン君だけには、役立たずなどと言われたくはない!
祭の内容までは、調べきることができなかったが、
俺には俺の考えというものがあるのだ!
アジムステップ
よいかね、伝統文化研究の先駆、『諸国風俗問状答』によれば、
そもそも祭とは、感謝や祈りを示すものであり、
先祖や神仏を祀る行為とされている。
大鯰大祭と云うからには、ナマズオの祖先である、
「オオナマズ」様を祀るものと考えて、間違いはないであろう。
アジムステップ
ええい、ひとの話は最後まで聞くがよい!
世界各地には、さまざまな祭が存在しているが、
もっとも原始的な形態として、供物を捧げる儀式がある!
文明化以前のナマズオたちの暮らしぶりから推察するに、
供物は、川や川辺で採れるものであった可能性が高いであろう。
ここまでくれば、何をすべきかわかるな?
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
『諸国風俗問状答』とは、ひんがしの国の御用学者が、
各地の知識人に宛て質問状を送り、その返答をまとめた書物だ。
さまざまな地域の伝統文化について、知ることができるぞ。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
まだまだ改善の余地はあるが、
転魂塔がある祭場とは、なかなかに文明的ではないか。
貴君も、そう思うであろう?
ナマズオ族ストーリークエスト

担げよナマズ

Lv
60
アジムステップ
夢がどうのというギョシンの戯言はともかく、
祭には、いろいろな形態があるからな。
……ここらで、より文明的な祭をやってみるのも悪くない。
アジムステップ
よいかね、祭とは原初の時代、素朴なものであったが、
次第に祈りは占いに発展し、儀式から魔法が編み出されていった。
そして、魔法の力を操るシャーマンや祭司たちは、
族長や王と並び立つ、あるいは入れ替わるような権力者となる。
やがて祭は、彼らの権力を誇示する手段になっていったのだよ。
なればこそ、装束や祭具は時代が下るにつれ豪奢になり、
多くの者を惹き付けるため、大がかりなものとなっていった。
そして生まれたのが、練り歩きを伴う祭だ!
アジムステップ
クッ……かの『諸国風俗問状答』によると、ひんがしの国では、
「御輿(みこし)」なるものを担ぎ、練り歩く祭があるという。
それを真似て実践するのがよかろう!
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
クガネでいい書物を見つけたら、土産に頼むよ。
貴君に、書物の善し悪しがわかればの話であるがな。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
やれやれ、どうやら御輿は完成したようであるな?
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
引き続き、祭に関する各種文献を漁っているところだ。
いやがおうにも、俺の頭脳がさらに文明開化してしまうな。
ナマズオ族ストーリークエスト

競えよナマズ

Lv
60
アジムステップ
どうせまた一族滅亡の危機だのと言い出すつもりだろう?
進歩がない……なさすぎる……前回と展開が丸かぶりではないか!
これが伝奇小説であれば、陳腐すぎて破り捨てたくなるほどだ!
だが、この光風院セイゲツ、
二度あることは三度あると見抜いていたぞ!
アジムステップ
よいかね、かの『文明興亡論』でも指摘されているとおり、
祭とは文化であり、文化とは伝播するものだ。
移住や交易などを通じて、
文化の種となる知識は伝わり、広まってゆくと云うことだ。
そして伝わった知識は形を変え、別の文化に取り込まれてゆく。
アジムステップ
おっと、口を挟んでくれるなよ、ギョシン君!
今からわかりやすく丁寧に、概ね三行で結論を述べるぞ!
黙って聞くがよい!
アジムステップ
数百年前に、ここアジムステップで大鯰大祭が行われた!
アジムステップ
それを見た遊牧民が、大祭の知識を受け継いだ可能性もあろう!
アジムステップ
つまり大祭が彼らの文化に取り込まれていても不思議はないのだ!
アジムステップ
さあ、行け、ギョシン君!
アウラ・ゼラの集落を巡り、遊牧民たちから、
祭に関する知識を、あらん限り集めて来るがよい!
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
アウラ・ゼラの文化は、実に興味深い。
だが、文明的かつ知的な存在である俺からすると、
野蛮に感じられもするのだがな。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
遊牧民たちから情報を集めることができたかね?
アジムステップ
だからこその「終節の合戦」なのだろうよ。
争いを限定しなければ、たちまち同士討ちで全滅するに違いない。
ともかく彼らの祭について情報が得られたのだ。
さっそく、準備を始めようではないか。
アジムステップ
承知した、ぬかりなく準備を進めるとしよう。
俺は天幕の方に戻るが、くれぐれもサボるなよ、ギョシン君。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
アジム・ブフのルールについて記した書物があったはずだ。
確か『朝焼けの青龍』という題名だったか……
さっそく読み込まなければなるまい。
アジムステップ
ギョシン君、自業自得と云うやつだよ。
そのまま貴君が的を持つ役目を務めるがよい。
アジムステップ
なぁに、大丈夫だよ。
[player]君に射手を頼めば、
きっと百発百中に違いない……ぺっぺっぺっ!
アジムステップ
処刑場……ではなく、弓射場は天幕の裏手がよかろう。
[player]君、準備ができたら、
「ギョレイ」君から祭儀弓と矢を受け取るのだよ?
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
よいかね、弓射は矢を的に当てることを目的とするが、
外れたとて誰も文句はいうまい。
そういうことだよ、貴君。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
アウラ・ゼラの文化について学びたければ、
名著『草之海紀行』は必読の書と言えるだろう。
ただし、初版には誤記が多いので読むなら第四版以降にしたまえ。
ナマズオ族ストーリークエスト

燃えよナマズ

Lv
60
アジムステップ
どうせ、またお告げの夢だか何だかを見たのであろう?
ギョシン君よ……貴君、まさか妙なキノコでも、
食べているのであるまいな?
アジムステップ
まあ、どうでもよい。
俺の目的は、大鯰大祭による全ナマズオの文明化だけなのでな。
ともかく次の祭については、すでに検討しておいたぞ。
アジムステップ
よいかね、文化とは日々変わりゆくものだ。
独自の文化が先鋭化した結果、余人では思いつかないような、
奇妙な形態に変貌を遂げることもある……。
それが祭において起こったら、どうなるか……。
ヒト、これを「奇祭」と呼ぶなり!
アジムステップ
まったく不明だ……!
なにせ神聖な儀式ほど、秘密にされることが多いのでな。
アジムステップ
待て、待て、待てい!
俺にも俺なりの考え方というものがあるのだ!
不明ならば調べればよいであろうが!
エオルゼアの文物について記した『西学記』によれば、
かの地には、シャーレアンなる知を求める人々がいると云う。
彼らの助けを借りて、知られざる奇祭の知識を持ち帰るのだ!
アジムステップ
貴君には、シャーレアン人の知り合いはいるかね?
なるべく儀式や魔法に詳しい、老齢な賢者がよいのだが……。
アジムステップ
低地ドラヴァニアの隠者、マトーヤ老……?
すばらしい、ぜひその御方に学ぶべきであろう!
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
低地ドラヴァニアといえば、
かの有名な「グブラ幻想図書館」があるはずだな。
いつか俺も行ってみたいものだよ。
アジムステップ
ほう、知の都シャーレアンの隠者が、自ら書き記した書物とは!
さっそく読ませてくれたまえ!
アジムステップ
ええい、早く……早く俺に読ませるのだ!
アジムステップ
俺に貸せ……!
その本を俺に貸すっぺよぉぉぉぉ!
アジムステップ
ホッ……。
アジムステップ
ギョシン君の心に、何かマズそうな火が灯ってしまったようだ。
こ、ここは、逆らわない方がよさそうであるな……。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
奇祭を提案したのは、
間違いだったのかもしれないな。
アジムステップ
さて、ギョシン君、
イチバン大切なことを忘れていないかね?
アジムステップ
生贄だよ、生贄……
マトーヤ老の書物によれば、奇祭「ウィッカーマン」には、
生きた家畜やヒトを入れて焼き殺すと記されていたはずだぞ?
アジムステップ
お願いされてたまるか!
こういうときは、製作者自ら率先してヒレを上げるべきであろう!
アジムステップ
フッ……いったいぜんたい、
この奇祭にどんな意味があるのか、わからない……。
だが、それが文明ってものだ……そうだろう?
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
それにしてもマトーヤ老が記した書は、
興味深い知識が満載だよ。
俺も、このような書をいつか……。
ナマズオ族ストーリークエスト

祝えよナマズ

Lv
60
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
『諸国風俗問状答』によれば、祭の祝儀というのは、
非日常である「ハレ」を演出してくれた者たちへの謝礼だと云う。
日常の「ケ」を忘れ、楽しませてくれたお礼ってわけだな。
アジムステップ
まったくだ。
巨大建造物こそ、文明の華といえよう。
アジムステップ
よくぞ言った、ギョシン君!
かの『大鯰大祭記』にも、こう書かれているぞ。
「心のまま楽しむ先にこそ、自由と平和あり」とな!
アジムステップ
何を言うのかね。
『大鯰大祭記』は俺が書く、初めての書物の題名なのだぞ!
俺も、俺で、書きたいものを書き尽くしてやるのだ!
アジムステップ
ありがとっぺな!
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
ただいま絶賛、大書『大鯰大祭記』を執筆中だ。
脱稿した際には、謝辞に貴君の名を記そうと思う。
楽しみにしていたまえよ?
ナマズオ族デイリークエスト

祭の定番装束

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
やれやれ……いったい、どこで何をしているというのか。
ハッピの材料の調達を任せた者が、一向に帰ってこないのだ。
俺は、文明的な仕事が山積みで手が離せん。
すまんが、様子を確認しがてら、問題が発生しているようなら、
解決のため力を貸してやってはくれんか?
材料調達役の「真面目なナマズオ」はモル族の居留地に向かった。
モル・イロー辺りで奴を見つけ、事情を聞いてみてくれ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
奴は見つかっただろうか?
やれやれ……そんなことだろうと思ったぞ。
俺の見立てどおりだったというわけだな。
あいつは真面目だが、極度に運が無い奴なのだよ。
あの運の無さは、一族を破滅に導くやもしれないな。
貴君が様子を見てきたお陰で、事無きを得たことは、
一族の未来にとって良いことだったに違いない。
……恐らく、な。
ナマズオ族デイリークエスト

ナマズオの聖地巡礼

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
今回は、事前の準備がなくともできる、
聖地巡礼の儀式を、執り行いたいと思っている。
貴君も、作業の合間の息抜きがてら、ぜひ参加したまえ。
知ってのとおり、ここアジムステップは、
我らナマズオ発祥の地であり、先祖の痕跡が今なお残っている。
そうした「聖地」を、巡ってきてほしいのだよ。
刃の海に注ぐハク・カールの滝と、古の祠チャカ・ゾーにて、
一族に口伝されてきた神秘なる祝詞、
「おおなまずのまにまに」を唱えてきてくれたまえ!
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ご苦労、無事に巡礼を終えてきたようだな。
いやはや、貴君のおかげで、でっち上げの聖地にハクがついたぞ!
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ご苦労、無事に巡礼を終えてきたようだな。
貴君のおかげで、でっち上げの聖地に、さらにハクがついたぞ!
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
そんな目付きをしないでくれたまえ。
ナマズオは文字を持たなかったゆえ、記録に乏しい。
巡礼をするにも、聖地を創る必要があるのだよ。
よいかね、真偽は重要ではないのだ。
『ひんがし諺語録』によれば、「ナマズの頭も信心から」と云う。
信じよ、しからば救われん、ということだよ。
ナマズオ族デイリークエスト

清めの儀式

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君、祭を始めるにあたって大事なことはなにか、わかるかね?
『諸国風俗問状答』によれば、祭場を清めることらしい。
ならば、清めの儀式を行わねばなるまい。
必要なものの工面は、タオ・カール上流部にいる、
「雇われのナマズオ」にさせている。
貴君は奴を手伝い、儀式に必要なものを用意してくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
必要なものは集まったか?

ありがたい、これで清めの儀式ができるぞ。
『諸国風俗問状答』によると、清らかな水と純白な布で清掃し、
塩を撒き、玉串を振り、枝に魚を刺して飾ればよいらしい。
意味がわからないだと?
案ずるな、俺もだ。
しかし、このように意味の定かでないことに、
労力を割くことこそ祭であり、文明的ということなのだ!
それだけ、その社会に労働力の余剰があることを示すのだからな!
文明化のためにも、
今後も意味のわからぬことに、死力を尽くしてゆかねばならん。
また助力を頼むぞ。
ナマズオ族デイリークエスト

大鯰大祭は夜通しで

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
[player]君は、昼の祭場の雰囲気と、
夜の祭場の雰囲気、いったいどちらが好きかね?
……まあよい、別にどちらでも構わない。
大切なのは、夜通し祭を続けるための光源だ。
そこで、篝火台を増産するための部材を用意しているのだが、
どうにもヒレが足りずに困っていてな。
一足先に「キオルエン」に向かった、
「頑固なナマズオ」と共に、部材確保に取り組んでくれたまえ。
[player]君に任せた私の期待を、裏切らんでくれよ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
さて、篝火台の部材は確保できたかね?

ほう……流石は[player]君、
私が見込んだだけのことはある。
これで、不眠不休で、夜通し祭を行えるな。
夜は休むべき……などと、考えているのではあるまいな?
よいかね、[player]君。
明かりを灯し、夜の闇を遠ざけてきたからこそ、
文明は発展してきたのだ。
つまり、夜通し祭を続けることこそ、文明的ということなのだよ!
ナマズオ族デイリークエスト

うぺぺな土産物

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
愚鈍なナマズオたちをまとめるのは、至極骨が折れる……。
すぐに楽をしたがる上、飽きっぽい奴らを、
7年間も続く祭に参加させることは、至難の業だな。
しかし! 魅力的な土産物があれば話は違うはずだ!
ということで、[player]君の出番なのだよ。
ぜひ、その職人技を貸してくれたまえ。
詳しい話は、アジム・カートの北西のほとりにいる、
「ぼんやりナマズオ」に聞くがよい。
では、よろしく頼んだぞ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
土産物にできそうなものは集まったか?
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ご苦労だった、感謝するぞ。
単純な奴らのこと……魅力的な土産物さえあれば、
どんなにくだらない祭でも、延々と参加するであろう。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ご苦労だった、この素材は他の者に加工させよう。
そして完成した土産物をちらつかせ、
単純な奴らを、祭に延々と参加させるのだよ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
名著『大君主論』によると、為政者たる者、
愚かな民を導くには飴と鞭を使い分けよ、ということだ。
やれやれ、ナマズオの上に立つというのも、苦労が絶えんな。
ナマズオ族デイリークエスト

文明的な近所付き合い

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
[player]君、文明とは何かわかるかね?
文明とは文化であると同時に、高度な社会を示すのだ。
社会……それは、ヒトとヒトとのお付き合い!
名著『渡る世間は鬼だらけ』で示されたように、
ご近所付き合いを怠れば、破滅的な事象に発展するであろう。
それゆえ、近くの洞穴に居を構えるウヤギル族に、
貢ぎ物を捧げるのがよいと考えたのだ。
[player]君には、その手伝いを頼みたい。
「愛想のいいナマズオ」が「キオルエン」で、
改めて準備をすると言っていたから、様子を確認してきてくれ。
どうも嫌な予感がするのだよ……任せたぞ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
愛想のいいナマズオの様子はどうだった?
なるほど、事情は理解した。
ウヤギル族とは、中々にこだわりの強いご近所さんのようだな。
名著『草之海紀行』の記述以上に、質素を好むらしい……。
ともあれ、[player]君の働きにより、
贈り物を受け取ってもらえぬという事態は避けられたようだ。
文明的な近所付き合いを成立させてくれたこと、感謝するぞ!
ナマズオ族デイリークエスト

伝説の巨大ナマズ

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
よいかね、栄養豊富な水を湛えるアジム・カートには、
巨大ナマズが生息しているという伝説があるのだ。
貴君も供物として捧げるため、是が非でも釣り上げたいだろう?
そうだろうとも、誰しも釣り上げたいに決まっている!
巨大な供物は、それを入手できるだけの力があることを示し、
より文明的であることの証左となるのだからな。
巨大ナマズに挑むため、アジム・カート南東のほとりへ向かった、
「釣り道楽のナマズオ」がいるのだが、帰りが遅い。
おおかた、なかなか釣れずに困ってでもいるのだろう。
貴君には、あやつに協力してやってほしい。
よろしく頼んだぞ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
釣り道楽のナマズオの件だが、
奴はどうしていたかね?
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
やれやれ、はたしてあいつが、
巨大ナマズを釣り上げることができるか見ものだな。
過度な期待は、よしておくとしよう。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
奴がそんなに悔しがるほどの、
巨大ナマズを見事釣り上げるとは……。
さすがは熟練の漁師、恐れ入る。
それにしても、そのような巨大魚にナマズオが挑もうものなら、
釣り上げるどころか、逆に水中に引きずり込まれそうだ……。
まあ、文明化に犠牲は付きものゆえ、構わぬがな!
ナマズオ族デイリークエスト

成金屋との商談

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
やれやれ……祭の準備のためには、
木材が大量に必要だというのに、ここアジムステップは、
自生している樹木が少なく、資材調達も一苦労だ。
どう工面するか悩んでいたところ、
なんでも再会の市に、ヤンサから木材を売りに来ている、
ナマズオの商人がいるという情報を掴んでな。
すでに先方とは、商談の約束を取り付けてある。
「再会の市」へ赴き、件の商人「ギョリン」と交渉し、
その望みを叶えることで、木材を持ち帰ってきてくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ギョリンとの商談は上手くまとまったかね?

ふむ、無事に木材を調達できたようで何よりだ。
貴君に任せて正解だったようだな。
それにしても、独力で交易を行うとは、
ギョリンとやらも、なかなかに文明的と感心せざるを得ないな。
もっとも、この光風院セイゲツの文明度には到底及ばないがね。
ナマズオ族デイリークエスト

ご先祖様のおもてなし

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
『諸国風俗問状答』によれば、ひんがしの国の奧地では、
豊作を祈願して、田の神を家に招いて接待するという、
奇妙な祭があるらしい。
そこで俺たちも、一族の繁栄を祈願して、
その祭を真似たいと思っているのだ。
貴君も、ぜひ協力してくれたまえ。
具体的には、先祖の霊をもてなすための品の調達を頼みたい。
詳細については、準備のために「オンサル・ハカイル」へ向かった、
「接待ナマズオ」から聞いてくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
もてなしに必要な品の調達は順調かね?

ふむ、確かに受け取った。
これで奇祭の準備が、また一歩進んだことになるな。
感謝しよう。
この奇祭の最大の問題は、目に見えない先祖の霊が、
あたかも眼前にいるかのように、
接待を演じ続けなくてはならないという点だ。
その役目を、この俺が務めることになると思うと……
なかなか気が重いな。
ナマズオ族デイリークエスト

元気の源、蒸しボーズ

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
近頃、ナマズオたちの仕事の能率が下がっていてな。
どうやら働かせすぎて、疲労で参っているらしい。
やれやれ、軟弱な奴らよ。
そこで、やむを得ず解決策を検討してやってな。
名著『草之海紀行』によれば、アジムステップでは、
ボーズという滋養のつく蒸し包子を食す習慣があるのだ。
それをたらふく食わせてやれば、
愚鈍なナマズオたちを、再び精力的に働かせられるだろう。
まったく、世話が焼けるな。
貴君は、再会の市の南西にて素材の調達をしている、
「調理担当のナマズオ」に協力してやってくれたまえ!
よろしく頼むぞ!
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
戻ってきたのは貴君だけか?
ひとまず、報告を聞かせてくれたまえ。
ふむ、ボーズ作りのコツをヒトに尋ねにいったと……。
その心意気だけは褒めてやらんでもないが、
奴のことだ、ここに戻ってくるまでに忘れているに違いない。
まあよい、味はともかく滋養がつけばよいのだ。
今後もボーズ作りは続けていくつもりゆえ、
貴君も引き続きの助力を頼むぞ。
ナマズオ族デイリークエスト

特製の御神茶

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君は、御神酒というものを知っているかね?
祭などにおいて、神前に供える酒のことだよ。
これを試してみようかと思ったのだが、
よくよく考えてみれば、ナマズオは酒ではなく茶に酔う。
ならば、御神酒ではなく御神茶を供えるべきと考え直したのだ。
そんな折、モル族から今度行われる茶の席に招かれてな……。
これ幸いと茶を作らせに仲間を送り出したのだが、
どうにも帰りが遅い。
そこで、決して茶に酔わぬ貴君に「オンサル・ハカイル」へと赴き、
「お茶好きナマズオ」が困っているようなら助けてもらいたいのだ。
よろしく頼んだぞ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
さて、お茶好きナマズオの様子はどうだったかね?
なにより、神前に捧げるための茶は……?

ほう、モル族の豆茶とな。
あいつはただの酔っ払いナマズだと思っていたが、
少しはやるようだな、どれどれ……。
…………むむむっ!
やはり、ヤンサの茶葉で淹れた茶とは根本的に違う、
芳醇かつ野性味溢れる香りがするぞ!
少しばかり神前に供えたあと、
しっかりと味の方も確かめてみよう。
……念のため言っておくが、罰当たりな行為ではないぞ?
物を粗末にするほうが、よほど非文明的なのだから、
これは正当な行いにほかならないのだ!
ナマズオ族デイリークエスト

特別な供物

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
[player]君、少し頼まれてはくれないか。
捧げるべき供物が不足しているゆえ、調達を手伝ってほしいのだ。
ただし、単純な供物ではない……。
依頼の詳細については「供物調達係のナマズオ」に聞いてくれ。
「臆病者の吊り橋」付近で、作業に着手しているはずだ。
くれぐれも隠密に……頼んだぞ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
供物の準備は、順調だったかね?

わざわざ届けてくれたのか、ご苦労だった。
供物の減りが早いのは、わけがあってな。
聞いてくれるかね。
実は、供物に惹かれて、
一部の不届き者なナマズオたちが、盗み食いをしているのだ。
それゆえ、貴君たちには口に入れたが最後、
悲惨な結末に至る、特別な供物を調達してもらったのだよ。
実に文明的な盗み食いへの対抗措置であろう?
だが、ナマズオの食い意地を甘く見てはならん。
一匹を仕留めても、どこからともなく新たな一匹が現れる。
この終わりなき闘争に完全勝利するため、今後も協力を頼むぞ!
ナマズオ族デイリークエスト

優美な御輿作り

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
優美な御輿を造り上げるには、
細かい加工をするための工具がさらに必要と思われる。
俺の試算では、クガネで譲ってもらえた分では全く足りないのだ。
だが、ナマズオのヒレでも使える工具となると、
アジムステップはもちろん、ヤンサでも調達は難しい。
となれば、自前で製作するしかないということだ。
そこで、貴君に協力を頼みたいのだよ。
といっても工具そのものを製作する仕事ではないぞ。
その材料とするケナガウシの大角を、集めてきてほしいのだ。
取引相手は「明けの玉座」にいる、
「ケナガウシを育てる遊牧民」だ。
彼から取引の条件を聞き、是が非でも角を手に入れてきてくれ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
どうだろう?
ケナガウシの大角は手に入ったか?

貴君ならやってくれると見込んだ俺は正しかったようだな。
これで工具を作れば、御輿の生産速度も増すであろう。
量産してどうするのか、だと?
やれやれ……御輿をどんどん増産して、
御輿同士をぶつけて競わせる「喧嘩祭」をやるのだよ。
そのような闘争を行うことで、やがてナマズオは、
滅亡を乗り越える強さをも手に入れることができるというわけだ。
……恐らくな。
ナマズオ族デイリークエスト

わっしょいでご挨拶

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
よいかね、文明と文明の邂逅は、常に幸福であるとは限らない。
時に異文明の接触が、戦を招くこともある。
アウラ・ゼラの民と我らナマズオも、例外ではないのだ。
勇猛なアウラ・ゼラの民と争うなんてことになれば、
我々など一族郎党、蒸し包子の具材にされてしまうぞ。
文明の華を咲かせるためにも、それだけは避けねばならん。
そこで考えを巡らせたところ、妙案を思いついたのだ。
このアジムステップの土着の神々に参拝し、
敵意がないことを示せばよいのだとな!
さあ「ギョタク」に声をかけ、オオナマズ御輿に乗り、
まずは「暮れの玉座」に向かってくれたまえ。
そこで、敬意を込めて「わっしょいわっしょい」するのだ!
ヒトとナマズオの架け橋たる貴君が、御輿を導くことに、
大きな意味があるゆえ……頼んだぞ!
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
御輿の先導役、ご苦労だったな。
貴君は大丈夫だろうが、ナマズオたちは、
アウラ・ゼラと波風立てずに交流できていたかね?
うむ、君のおかげでつつがなく済んだようだな。
文化交流による相互理解とは、いかにも文明的で素晴らしい。
今後も、ぜひ続けていこうではないか。
ナマズオ族デイリークエスト

付きまとう光と影

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
よいかね、『諸国風俗問状答』によれば、
古来より祭と音楽とは、不可分なものとされている。
そして、音を奏でるには当然ながら、楽器が必須となろう。
だが、聡明な俺はこう思うのだ。
楽器を購入するのは簡単だが、この土地の素材で自作した方が、
草原の川で暮らしていた祖先の御霊に響くのではないか、とな。
楽器の最終的な製造は、ギョシンに任せるつもりだ。
ゆえに貴君は「チャカ・ゾー」へと赴き、
素材集めを任せた「職人のナマズオ」と部品作りに励んでくれ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
職人のナマズオの様子はどうだったかね?
呑気に鼻歌でも歌って、サボっていなかったか?
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ほう、このような太鼓部材を用意するとはな。
貴君に手伝いを依頼した俺の判断は、正解だったようだな。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ほう、皮をなめすのに使う扁平な石材を用意するとはな。
貴君に手伝いを依頼した俺の判断は、正解だったようだな。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ほう、皮をなめすのに使う草原の茶葉を用意するとはな。
貴君に手伝いを依頼した俺の判断は、正解だったようだな。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ほう、太鼓の皮として利用する牛皮魚を用意するとはな。
貴君に手伝いを依頼した俺の判断は、正解だったようだな。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
[player]君の協力によって、
大鯰大祭は、ますます賑やかになること間違いなしだろう。
問題は、ここ最近は、
賑やかさを超えて騒々しくなってきており、
書を読む時の妨げとなることだが……。
やれやれ、文明の発達には、
常に光と影が付きまとうということの証明だな。
ナマズオ族デイリークエスト

御輿のための紙吹雪

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
参ったな、御輿を作ってからというもの、
にぎやかしに使う紙吹雪の消費が激しいのだ。
貴君、担当のナマズオとともに、紙吹雪を製作してくれまいか。
「紙すきナマズオ」は、
「カコール・イロー」付近へ、材料を調達しにいっている。
詳しい話は、向こうで奴に聞くとよい。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ご苦労だった。
貴君が助力してくれたなら、
さぞ紙吹雪の在庫も増えただろうな。
なに、作ったばかりの紙吹雪を、その場でばら撒いただと?
やれやれ……奴の愚かさには……ほとほと参るな……。
すまないが、今後も手伝ってやってくれたまえ……。
ナマズオ族デイリークエスト

わっしょい、しませんか

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君の助力のおかげで完成した御輿は、評判が上々でな。
現在、多くの者の目につくよう増産を進めているのだが、
困ったことに、肝心の担ぎ手が不足しているのだ。
しかし単純なナマズオたちのことだ。
御輿の華々しくも文明的な威容を目撃すれば、
我先にと担ぎたいと騒ぎ出すに違いない。
貴君は「ギョタク」に声をかけて、御輿に乗り、
ナーマ砂漠北端の「採集中のナマズオ」たちの元へと急ぐのだ。
そして、奴らに渾身の「わっしょいわっしょい」を披露したまえ!
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君のおかげで、ナマズオたちがさっそく、
担ぎ手になりたいと申し出てきたぞ。
こんなときばかりは、影響を受けやすい連中ばかりで助かるな。
だが、御輿の担ぎ手は想像以上に過酷なのだと聞く。
なまけたナマズオたちのことだ、
どうせまた脱落者が出るだろうから、そのときは再度頼むぞ。
ナマズオ族デイリークエスト

新名物ナマズオ焼き

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君、ひんがしの国で書かれた『味三昧料理帖』によれば、
各地の祭では、見物客に名物料理を振る舞うらしいではないか。
そのような文明的な行い、ぜひ模倣せねばなるまい。
この祭独自の名物料理を作り、祭に参加した者に振る舞うのだよ!
ヒトにも振る舞うものゆえ、貴君も試作の作業に加わりたまえ。
さあ、そうとわかれば迅速に、「再会の市」に赴くのだ。
「料理好きのナマズオ」が、周辺で待っているはずなのでな。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
試作のナマズオ焼きは、上手くできたかね?
そうか、味に加えて見た目も大事とは……。
ヒトの好みは、難しいものだな。
だがよい、試行錯誤こそが文明発展の礎なのだ!
そして、いつの日か名物が完成した暁には、
祭に訪れるヒトが増え、金銭的な成功をもヒレにできるであろう。
貴君も革命的文明開化のため、引き続き助力を頼むぞ。
ナマズオ族デイリークエスト

文明的な荒療治

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
[player]君、助けてくれたまえ。
祭を手伝いにきたはずのナマズオたちの中に、
何かに取り憑かれたかのように、怠けている連中がいるのだ。
そこでこの俺が、対処せんと調べてやってな。
ヤンサの風物について記されている『延夏西域記』によれば、
その昔、爆竹の音と光で魔を祓うという祭があったらしい。
この前例に倣い、ナマズオたちに向かって爆竹を投げ、
奴らの目を覚まさせてやってくれまいか。
件の「惚けたナマズオ」たちは、ふらふらした足取りで、
「刃の海」の方面へ向かっていったようだぞ。
この「魔除けの爆竹」を持って、追いかけるがよい。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
惚けたナマズオたちが帰ってきたぞ、ご苦労だった。
爆竹の効果はあったようだな。
一部、何かに目覚めたような者もいたが……。
まあ、悪霊がついていたなんていうのは迷信だろうがね。
大方、供物の御神茶を盗み飲みして、
酔っぱらっていたのだろうよ。
それでも、
脳内まで泥のつまったナマズオたちの、酔いが覚めれば本望。
これぞ、文明的荒療治と云うやつだよ!
ナマズオ族デイリークエスト

馬を飼うために

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君に頼まれてほしいことがあるのだ。
モル族が行うという、競馬なる祭を始めたのだが、
肝心の馬を飼育するために必要な物が、不足しているのだ。
そこで「馬番のナマズオ」に必要品を集めるよう任せたのだが、
帰りが遅いということは、何か問題でも起きているのだろう。
「キオルエン」付近にいるはずだから、様子を見てきてくれたまえ。
文明的な種族なら、家畜の飼育ぐらい、
できて当然なことは、自明であろう?
任せたぞ、[player]君。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
馬番のナマズオの調子はどうだったかね?
責務を果たしていただろうか?

貴君の力を借りないといけないとは、
馬番として、まだまだ奴は半人前だな。
戻ってきたら、俺から苦言を呈しておくとしよう。
このまま順当にいけば、馬を飼育していくことは可能だろう。
問題はナマズオは手足が短く、馬の背にしがみつくのがやっとで、
思うように駆けさせることができないという点だ。
そこで今、ナマズオの手足を伸ばすことにより、
八頭身へと進化させることができないか、模索していてな。
古今東西の書物を読み漁り、方法を調べているところだ。
もし進化が実現した暁には、文明的な偉業として、
必ずやナマズオ史に、俺の名が残ることだろう……!
貴君も、その日が来るのを心待ちにしているとよい。
ナマズオ族デイリークエスト

馬と共にいざ行かん

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
競馬のために一時的に借りていた馬を返すと、
勢いよく出ていった「馬好きナマズオ」がいるのだが、
はたして無事に目的地に着いているのか、どうにも不安でな……。
何を隠そう、奴は、ろくに乗馬もできないのだ……。
そこで、[player]君に様子を見てきてもらいたい。
まだ、さほど遠くへは行ってないと思われる。
恐らく集落周辺にいるはずだから、探してみてくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
やれやれ……どうせ乗りこなせるわけないだろうと思っていたら、
案の定、[player]君を頼る結果となったか。
あれほど止めておけと言ったのに……。
だが、それを見越して貴君を派遣した俺は、
我ながら見事な洞察力を持っていると言えよう。
いくら言っても聞かない奴だから、
また同じようなことが起こるかもしれないが、
そのときは任せたぞ。
ナマズオ族デイリークエスト

矢を射るもの

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君は、遊牧民から教わった弓射のことを覚えているかね?
俺はあの祭を、ナマズオの文明に沿った形に、
改良してみたのだよ。
ただ、ひとつだけ問題があってな……。
ヒレの短い、俺たちナマズオは、
弓の腕が一向に上達しないのだ。
そこで長い腕を持つ貴君に、
手本として弓射を披露してもらいたいのだ。
弓射場にいる「ギョビ」に話は通してあるからな。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
騒いでいるナマズオの声からも、
貴君は見事な腕前の持ち主なのだと、察することは容易だよ。
その腕前を、惜しみなく披露してくれたことに感謝しよう。
あとは、どうにかして強制的に、
ナマズオのヒレを文明的な長さに伸長する方法を、
見つけることができれば、よいのだが……。
……待てよ、発想を変え、
ここはいっそのこと、片ヒレだけでも撃てそうな、
銃の導入を視野に入れた方が、よいのかもしれぬな。
ナマズオ族デイリークエスト

礼には礼を

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ドタール族から、弓射を習い始めたので、
世話になっている礼をすべく、料理を振る舞うことにした。
そこで、「料理上手なナマズオ」を派遣したのだが……。
熱意もあり、腕もある奴なのだが、悪運の持ち主で、
今回も何か問題が起きていないかと不安でな……。
そこで貴君に、補佐をお願いしたいのだ。
武器も持たずに、「ナーマ砂漠北端」に準備へ向かった、
「料理上手なナマズオ」の様子を見てきてくれたまえ。
問題が起きているようだったら、手伝ってやってくれ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
料理上手なナマズオは無事だったかね?
やれやれ、やはり問題が起きていたか。
それを見抜いた俺は見事だと、貴君も思わないかね?
料理の腕は確かだから、
きっとドタール族も喜んでくれるに違いないだろう。
あの悪運を払う方法がないか、書物で調べてみてやるとするか。
それよりも問題なのは、弓射を教わってはいるものの、
俺たちナマズオの腕が短すぎて、
矢をまともに射れたためしがないということだ……。
一向に上達する気配がないだけに、
きっとまた、お礼の品が必要になるだろう。
そのときは、再び頼むぞ。
ナマズオ族デイリークエスト

荒々しいアジム・ブフ

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
貴君とギョシン君の調査でも判明したとおり、
アジムステップの遊牧民たちは、様々な祭を行っている。
その中でも、もっとも荒々しいのがアジム・ブフだ。
この闘争的な祭を行うため、何名かのナマズオを、
明けの玉座に派遣し、戦い方の基本を学ばせている。
そこで、今回は指導役のオロニル族に謝礼をしたいと思う。
親切には親切で返すのが、文明的というものだろう?
そこで[player]君には、
お礼作りの手伝いを頼むとしよう。
「明けの玉座」に「心優しきナマズオ」がいるはずだ。
奴から話を聞き、お礼の品を用意して、
世話になっているオロニル族の者に渡してやってくれ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
お礼の品は、用意できたかね?
オロニル族に喜んでもらえたようで、一安心だ。
理由はどうあれ、贈答品が受け入れられたのであれば、
アジム・ブフを学び続けることができるだろう。
さすれば、いつの日かアジム・ブフを極めたナマズオを、
オロニル族の兄弟闘技に出場させることも夢ではあるまい。
さらに兄弟闘技でナマズオが優勝すれば、
長兄としてオロニル族の実権を、まるっと握ることも……
などと、文明的侵略術を考えたりはしていないぞ、本当にな。
ナマズオ族デイリークエスト

戦前の舞い

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
オロニル族から伝え聞いたのだが、
彼らは、アジム・ブフで戦う前には必ず、
神々の前に踊りを奉納するそうだ。
そこで、ナマズオたちに舞いの練習をさせているのだが、
3日前に始めさせたまま、終了を命じるのを忘れていてな。
きっと今頃、疲れ果て倒れていることだろう。
そこで、職人である貴君に差し入れの準備を手伝ってもらいたい。
「薬師ナマズオ」に話はつけてあるので、
必要な物など、詳細については奴から聞いてくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
ナマズオたちの様子はどうだっただろう?
やはり、疲れ果ててしまっていたか?
やれやれ……どうにか問題を処理できたようだな。
3日間連続というのは、やり過ぎた感がなくもないが、
物覚えの悪い奴らにとっては、むしろよかったはずだ。
ともかく、踊りはアジム・ブフに限らず、
さまざまな祭と密接に関係しているからな。
この調子で、仲間にどんどん覚えさせるつもりだ。
また、同じような依頼をするかもしれぬが、
懲りずに頼まれてくれたまえ。
ナマズオ族デイリークエスト

豊穣の奇祭

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
『北国巡礼行記』という書物に、面白い記述があってな。
イルサバード大陸の辺境では、
山車に乗り、特産品を投げ合う奇祭があるらしい。
余るほどの恵みに感謝する、収穫祭の一種のようだ。
こんな文明的な奇祭、模倣しないわけにはいかん。
そして、ナマズオの文明に取り入れるのだ!

<旧テキスト>
貴君には、投げ合う特産品の調達を頼みたい。
用意は「意地汚いナマズオ」に任せているゆえ、
「刃の海」に赴き、必要なものを訪ねてくれたまえ。

<新テキスト>
貴君には、投げ合う特産品の調達を頼みたい。
用意は「意地汚いナマズオ」に任せているゆえ、
「刃の海」に赴き、必要なものを尋ねてくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
投げ合うための特産品は、用意できたかね?

うむ、これだよこれ。
奇祭を行うにはまだ数が足りないが、
大量に集まったら、盛大に祭を執り行おう。
山車に乗った者と、地上にいる者が、
上から下からアジムステップの特産品を投げ合うのだ。
血沸き肉躍る、熱狂の祭典となるだろうよ!
……ケガをするのは必至ゆえ、俺は参加しないがな。
ナマズオ族デイリークエスト

度胸試しの奇祭

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
『新大陸見聞録』によると、遥か西方の新大陸に棲む部族の中には、
自らに紐をくくりつけ、高い所から飛び降りて度胸試しをする、
無謀なる奇祭「ナゴール」というものがあるらしい。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
この話を伝えたところ、いつも臆病者と揶揄されている、
「気弱なナマズオ」が「明けの玉座」でおこなって、
見返してやる、と言って飛び出ていってな。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
この話が広まってからというもの、
例の「気弱なナマズオ」が再挑戦の機会を待っていてな。
もう一度、「明けの玉座」で実行すると息巻いているのだ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
面倒だとは思うが、これも一種の通過儀礼……。
奴が恐怖を克服して文明的に成長するためにも、
ナゴールの準備を手伝ってやってくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
奴の様子はどうだったかね?
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
落ちた、とな……。
その場合、祭は成功なのだろうか、それとも失敗なのだろうか?
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
またしても落ちた、とな……。
その場合、祭は成功なのだろうか、それとも失敗なのだろうか?
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
恐怖心を克服し、飛ぶことに意義があるなら成功なのだろうが、
命綱によって墜落を免れる、という意味では失敗と言える。
何を基準に考えるかで、結果が異なるといえよう。
実に興味深い題材で、研究の余地があるだろう。
奴が、またこの祭を行うと言った暁には、
協力を頼むかもしれぬが、再び引き受けてくれたまえ。
ナマズオ族デイリークエスト

鳥猿の奇祭

Lv
60
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
オノロワ・バンラルドワ著『雲海紀行』によれば、
西方の獣人バヌバヌ族は、
「闘パイッサ」なる奇祭を行うらしいな。
我々も真似てみようと、さっそくクガネで鳥猿を仕入れてきた。
しかしだな、問題があるのだよ……。
この鳥猿ども、
やる気がないとすぐ小屋にこもり、動かなくなってしまうのだ。
これでは、闘パイッサどころか、動パイッサにもならん。
そこでだ、奴らの興味を持ちそうな品を目の前でちらつかせ、
闘争心を煽ろうと思うのだよ。
聞けば貴君も、雲海に行ったことがあるというではないか。
ぜひ「採集中のナマズオ」を手伝ってやってくれたまえよ。
「キオルエン」にて、品の用意をしているのだ。
アジムステップ
[ 5.8 , 23.4 ]
闘パイッサのための品を、ギョカに渡してくれたようだな。
ここから見えていたぞ、ご苦労だった。
おかげで、闘パイッサが執り行えるな。
かなり先鋭化した儀式らしいので、貴君も手空きの際に、
ギョカに声をかけ、見ていくとよいぞ。
サブストーリークエスト蛮族エクストラストーリー 紅蓮編

賢者のヒレ

Lv
70
patch4.56
アジムステップ
ふむ、詳しい説明が必要なようだな。
この程、古典『東方三賢録』に記されていた、
文明的な祭を模倣して、開催することになっているのだよ。
そこで集客のため、クガネやヤンサで、
大いに喧伝して回っていたのだ。
アジムステップ
ところで、そちらはコウジン族と見受けるが……?
アジムステップ
それは、かの歴史的資料『新古語拾遺』にも記されている、
三種の至宝のひとつ、「賢者のヒレ」のことかね?
なぜ、そのような代物がここにあると?
アジムステップ
なるほど……[player]君が、
この光風院セイゲツを、賢者のヒレの持ち主であると、
そう考えたことも無理からぬことと言えような!
アジムステップ
クッ……次に催す予定の奇祭は、かつて西方へと旅した、
大賢者の旅程を現した、実に文化的な祭でな……。
その仮装行列の「賢者役」にギョレイ君が選ばれたのだよ。
本来ならば、ナマズオ随一の読書家であり愛書家、
歴史的名著『大鯰大祭記』の執筆者としても知られる、
この俺、光風院セイゲツが選ばれるところを、ギョシン君が……
アジムステップ
確か、奇祭で必要な神饌(しんせん)……供物を分けてもらいに、
明けの玉座のオロニル族の下へと向かったはずだが……。
アジムステップ
……全員で動くのは得策ではなかろう。
俺は、ギョレイ君が戻ってくるのをここで待とう。
貴君たちは「明けの玉座」へ向かってくれたまえ。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
俺は、ここでギョレイ君の帰りを待つ。
何事もなければよいのだが……。
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
戻ったようだな、[player]君。
ところで、ギョシン君はどうしたのかね?
アジムステップ
コトのあらましは、ギョシン君から聞いている。
大変なことになったものだ。
それで、貴君たちは、どう動くつもりだね?
アジムステップ
待ちたまえ、ギョシン君。
[player]君を出し抜くような輩を相手に、
職人や文人である俺たちが、無策で挑むのは愚の骨頂と言えよう。
[player]君たちには先行してもらい、
貴君は秘策を用意してから、クガネに乗り込むのだ。
今こそ、兵法書『万戦奇略』で学んだ知略を活かしてみせよう!
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
事情はギョシンから聞いている。
俺たちも、秘策の仕込みをしてからクガネに向かおう。
サブストーリークエスト蛮族エクストラストーリー 紅蓮編

三種の至宝

Lv
70
patch4.56
アジムステップ
[ 5.9 , 23.4 ]
ギョレイ救出に奔走してくれたこと、礼を言おう。
愚鈍なナマズオどもを導き、大鯰大祭を続行するには、
几帳面な彼女の存在は、必要不可欠であるからな!