えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ユウギリ

patch 2.x
異邦の民の指導者
霧隠のユウギリ
????
メインクエスト第七星暦ストーリー

「暁」の役目

Lv
50
patch2.2
西ザナラーン
我々は、東方の「ドマ」からやってきたものだ。
どなたか、この国の王が何処におわすか、
教えてはいただけぬか?
メインクエスト第七星暦ストーリー

異邦からの来訪者

Lv
50
patch2.2
ウルダハ:ザル回廊
そこを何とかできないだろうか!
この国の王に、我々の話を聞いていただくだけでよいのだ。
時間を取らせるつもりもない。
ウルダハ:ザル回廊
……くっ!
ウルダハ:ザル回廊
王への謁見を願いでたのだが、にべもなく断られてな……。
……何としても、直談判の機会を得ねば!
ウルダハ:ナル回廊
[ 11.9 , 9.3 ]
……アルフィノ殿のお仲間か?
気が急くあまり、無様なところを見せてしまったな……。
ウルダハ:ナル回廊
我が名は「ユウギリ」。
我らは、東州オサード小大陸の辺境都市「ドマ」から、
海を越えて逃れてきた。
ウルダハ:ナル回廊
我らの故郷ドマは、ガレマール帝国の属州だった。
……無論、望んでそうなったわけではない。
少し前の話だ……。
帝国内で次期皇帝の座を巡り、内乱が勃発した。
我らは、それを好機と考え反乱を起こしたのだが……。
……そう、敗れたのだ。
私はドマにいた同族を隠れ里へ逃がした後、
残った者たちを先導し、エオルゼアへと落ち延びてきた。
ウルダハ:ナル回廊
ああ、ご想像のとおり。
この世には、すでにドマという都市は存在せぬ。
帝国による粛清により、文字どおり滅亡したのだ。
ウルダハ:ナル回廊
そうだ。
先ほどの港街……ベスパーベイといったか。
あの港の沖に、商船に擬装した大型船を停泊させている。
難民たちの多くは、帝国への反乱に参加した者とその家族。
我らは、その代表として交渉にきたのだ。
どうにか、この国の王、あるいは権力者に談判できればと思い、
このウルダハまでやってきたのだが……
門前払いを食らっていたところだったのだ。
ウルダハ:ナル回廊
だろうな、そこは浅はかだったよ。
ドマを脱出してからというもの、ろくに食事も取れず、
船の中には大勢の子どもたちもいる……焦っていたのだ。
それに、ここに来るまでの間、
我らと同じような難民らしき群衆をみた。
……どうやら、この国もいろいろと複雑な事情らしい。
ウルダハ:ナル回廊
それは本当か!?
ウルダハ:ナル回廊
かたじけない、助かる。
ウルダハ:ナル回廊
この格好については、無礼を許してほしい。
姿形が異なる者が現れれば、いらぬ騒ぎを呼び兼ねない。
……そうした経験があるのでね。
我らは助けをこう身……
この地に不要な波風を立てたい訳ではないのだ。
ウルダハ:ナル回廊
理解と心遣いに感謝する。
ウルダハ:ナル回廊
[ 11.9 , 9.3 ]
……心遣い、感謝する。
我らは、東州オサード小大陸の辺境都市「ドマ」から
数ヶ月をかけて、この地までたどり着いた。
準備を整える間もない逃避行でな……
すぐさま食料は底を突き、多くの犠牲を出した。
ここしばらくは、ろくな食事も摂れていない。
せめて船に残してきた子どもたちだけにでも、
腹にたまるものを食わせてやりたい……。
どうか、この店の店主に、頼んでみてはもらえぬだろうか?
ウルダハ:ナル回廊
[ 11.9 , 9.3 ]
せめて、船に残してきた子どもたちだけにでも、
腹にたまるものを食わせてやりたいのだ……。
ウルダハ:ナル回廊
[ 11.9 , 9.3 ]
食料をベスパーベイへ送っていただいただと!?
……かたじけない、この恩は決して忘れはせぬ。
後ほど、私からも店主に礼を伝えなければ……。
ウルダハ:ナル回廊
では……!
ウルダハ:ナル回廊
……かたじけない、恩に着る。
ウルダハ:ナル回廊
……心得ている。
場を用意していただけただけで、ありがたい。
ウルダハ:ザル回廊
[ 10.8 , 12.3 ]
このウルダハは、実利を重んじる都市と聞いた。
我々に利用価値があると示せば、あるいは……。
香煙の間
会談に応じていただき感謝いたす、砂の女王よ。
本来ならば、東方ゆかりの品々を持参し、
礼を尽くすべきところ……
しかし、落ち人たる我らには、富も時間もありませぬ。
無礼を承知で、嘆願させていただきたい……
我らドマの民を、ウルダハに受け入れてくださらぬか。
香煙の間
左様です、陛下。
……帝国は現在、次期皇帝争いを機とした内乱の渦中。
内乱の影響は帝都をもちろん、辺境にまで及んでおります。
我々ドマの民は、その混乱に乗じ、
ガレマール帝国からの独立戦争に挑んだものの敗北。
従属か滅亡か……帝国は見せしめに我らの都を焼いたのです。
香煙の間
商船に擬装した大型船が一隻……。
その船倉には二百を超える同胞が、身を寄せ合っております。
……ただし我らも、ドマから逃れた船の一隻に過ぎませぬ。
こちらで受け入れていただけるようなら、
可能な限り同胞を呼び寄せたいと願っております。
無論、タダでなどと都合の良いことは思っておらぬ。
我らを兵や働き手として使って構わない。
香煙の間
いえ、ナナモ・ウル・ナモ陛下。
ご検討いただいただけでも、有難き幸せ。
ウルダハ:ザル回廊
[ 10.8 , 12.3 ]
……船で待つ同胞が、心安らかに居られる地を、
なんとかして探し出さねば……。
メインクエスト第七星暦ストーリー

安息できる場所

Lv
50
patch2.2
ウルダハ:ナル回廊
我らのために尽力していただき、感謝する。
……わかっていたつもりだが、
やはり、放浪の民は忌むべき存在なのだな。
……しかし、我らも戻る故郷はない。
せめて、一時の宿でもあればよいのだが……。
ウルダハ:ナル回廊
……わ、我らを受け入れてくれるというのか!?
も、もちろん、承諾させていただく!
皆々の誠意に、心より感謝する……。
ウルダハ:ナル回廊
……何から何まで、かたじけない。
メインクエスト第七星暦ストーリー

ドマの民、ウルダハへ

Lv
50
patch2.2
ウルダハ:ナル回廊
[ 11.7 , 9.6 ]
同胞は、しばらくウルダハに滞在することになる。
ドマとは異なる雰囲気の地……。
なじめるといいのだがな。
ウルダハ:ナル回廊
[ 11.7 , 9.6 ]
レヴナンツトールは、これから拓かれていく地だという。
祖国を失った我々にとっては、願ってもない土地だ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

新たな開拓者

Lv
50
patch2.2
モードゥナ
さよう、我が名はユウギリ。
すでに事情は聞き及んでいるようだが、ドマの民だ。
我々を受け入れてくださり、感謝の言葉もない。
モードゥナ
スラフボーン殿……ありがとう。
我らドマの民は、誠心誠意、
このレヴナンツトールのために尽力することを誓おう。
モードゥナ
[ 21.9 , 7.9 ]
ここには、「暁の血盟」の本部もあるそうだな。
貴殿が属しているという組織の代表「ミンフィリア」殿へ
お目通りを願いたいのだが……。
あなたや、アルフィノ殿……
「暁」の支援のおかげで、ここまで来ることができた。
どうしても直接、謝意を伝えたいのだ。
石の家
我々は、ドマから逃れた者の一部に過ぎない。
……この先、しばらくは流入が続くだろう。
それに、このエオルゼアに安住の地ができれば、
散り散りになった同胞たちを、呼び寄せたいとも思っている。
石の家
[ 6.1 , 5.3 ]
帝国内の情報について、
我々が掴んでいる事実は、すべてお伝えしよう。
ガレマール帝国は共通の敵でもあるのだから。
メインクエスト第七星暦ストーリー

フ・ラミンとアリス

Lv
50
patch2.2
石の家
[ 6.1 , 5.3 ]
エオルゼアも、ガレマール帝国の侵攻を防いだとはいえ、
部族間の抗争など、多くの問題を抱えているようだな……。
メインクエスト第七星暦ストーリー

サハギン族の暗躍

Lv
50
patch2.2
石の家
……何か、起きたようだな。
石の家
蛮神……。
石の家
……ならば、私も力を貸そう。
皆には世話になっている……少しでも恩を返したい。
幸い、腕には少し自信がある。
メインクエスト第七星暦ストーリー

ふたりの盟主

Lv
50
patch2.2
西ラノシア
[ 22.6 , 22.5 ]
敵地となるサプサ産卵地の地形については、
黒渦団の方に説明を受け、おおかた把握したところだ。
これで、同行しても荷物になることはなかろう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

超える力、不滅なる者

Lv
50
patch2.2
西ラノシア
ほう……。
西ラノシア
こ、これは……。
西ラノシア
[ 13.0 , 13.4 ]
エオルゼアの「神」とは、
なんという荒々しい存在なのか……。
ガレマール帝国が「神」を目の敵にするのも、
頷けるというものだ……。
メインクエスト第七星暦ストーリー

リヴァイアサン掃討作戦

Lv
50
patch2.2
アドミラルブリッジ:提督室
[ 3.5 , 3.4 ]
リヴァイアサン……。
あのような異形が存在するとは……。
この地の「神」は、なんと強大で荒々しいのだ……。
アドミラルブリッジ:提督室
[ 3.5 , 3.4 ]
リヴァイアサン……。
あのような異形が存在するとは……。
……東方にも「神」はいる。
かつて呼び降ろされたとも伝わるが、
まさか、この目で見ることになろうとは……。
ガレマール帝国が警戒するのも頷ける……。
低地ラノシア
[ 24.7 , 33.2 ]
なんと巨大な造船所だ……。
船大工たちも、みないい顔で働いている……。
彼らの顔を曇らせぬため、私もできる限りのことをしよう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

決戦、リムサ・ロミンサ沖

Lv
50
patch2.2
低地ラノシア
その陽動作戦、私も行こう。
敵の注意を引くなら、こちらの数は多い方がいい。
アドミラルブリッジ:提督室
[ 3.5 , 3.4 ]
あれほど強大な存在を討伐してのけるとは……。
その力と使命感は、どこから湧いてくるのだ……。
アドミラルブリッジ:提督室
蛮神といったか……。
エオルゼアの民が、まさか、あのように強大な魔物と
戦っているとは思いもよらなかった。
そして、それを討伐せし冒険者の力。
実に見事だった……!
アドミラルブリッジ:提督室
ドマの難民である自分に協力できることは少ないが、
この地に、我らの戦闘術を伝授したいと思う。
少しばかりクセのある戦い方だが……。
エオルゼアに生きる冒険者になら、
きっと使いこなせるだろう。
アドミラルブリッジ:提督室
貴殿の戦いぶり、私も共通点を感じていたのだ。
なるほど、面白い戦闘術になるかもしれないな。
……しかし、直前まで見せていた技とは違うようだが?
アドミラルブリッジ:提督室
フフフ、本性を隠していたってわけか。
面白い男だな、サンクレッド殿は。
アドミラルブリッジ:提督室
ありがとうございます、メルウィブ提督。
準備に時間がかかるやもしれませんが、
きっと、我々の戦闘術を根付かせてみせましょう。
リムサ・ロミンサ
自分たちの行いこそが正義と信じる……。
人は世界中どこでも同じなのだな。
人は、自分の行いに意味を持たねば、
生きていくことはできない。
そういう観点では、帝国もドマも同じかもしれないな……。
メインクエスト第七星暦ストーリー

海都の地下組織

Lv
50
patch2.2
リムサ・ロミンサ:下甲板層
ユウギリと言う。
……よろしく頼む。
「地下組織」というからには、
汚れ仕事を担う隠密を想像していたのだが……。
案外に鷹揚なのだな。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
なるほど……我らの戦闘術は、
影と共に生きる者たちのために編み出されたもの。
その過程は同じなのかも知れぬな。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
[player]殿……。
私は、彼らと行動をともにし、
この者たちの流儀を学んでみるつもりだ。
しばらくは、リムサ・ロミンサで軒先を借りるとしよう。
ドマの民には、後ほど私から連絡を入れておくゆえ、
心配する必要はない。
貴殿には、何から何まで世話になった。
感謝の言葉も無い。
いつか、我が東方の戦闘術を、
教え広める時が来るやもしれない。
その時は、貴殿にその技を伝えることで礼とさせてくれ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

混沌の渦動

Lv
50
patch2.2
リムサ・ロミンサ:下甲板層
[ 8.9 , 14.3 ]
我らの戦闘術と、地下組織の者らの技……
その融合が成し得るかを見極めるつもりだ。
それには、しばらくの時が必要となる。
……思えば、祖国ドマを逃れ、ずいぶんと遠くまで来たものだ。
貴殿たちには、本当に世話になった。
「暁」のミンフィリア殿にも、感謝の意を伝えてほしい。
また会おう、勇敢な冒険者……。
いや、光の戦士よ!
メインクエスト第七星暦ストーリー

雪上の追撃

Lv
50
patch2.4
クルザス中央高地
一面の雪景色……
故郷の霊峰を思い出すよ。
……ところで、商人殿。
暖を取るための道具を、ひとつ売ってはもらえんだろうか?
クルザス中央高地
久しぶりだな、冒険者。
開拓団に加わっていたドマの民に乞われて、
帝国の密偵がらみの調査に協力していてな。
大方、どこかの御仁に焚きつけられたのだろうが、
確かに帝国は、ドマの民にとって仇敵でもある。
協力するのはやぶさかではない。
それに、我ら忍びの技は、この手の仕事にうってつけだ……。
しばらく、ともに動かせてもらうぞ。
クルザス中央高地
フフ……ともかく、こちらの処理はお任せした。
私の方は、内偵調査に戻るとしよう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

忍びの者たち

Lv
50
patch2.4
黒衣森:東部森林
……お二方、こちらだ。
黒衣森:東部森林
例のロアユという女だが、
この先の「ホウソーン家の山塞」に向かっている。
黒衣森:東部森林
待たれよ、イルベルド殿。
ロアユの尾行に関しては、今しばらく、
ドマの民に任せてはもらえぬだろうか。
彼女がガレマール帝国の者と接触し、
動かぬ証拠を掴むまでは、泳がせておきたい。
黒衣森:東部森林
別件で力を借りたい。
つい先ほど、帝国軍の歩兵小隊が、
「カストルム・オリエンス」を出て、南部森林に向かった。
黒衣森:東部森林
左様……。
帝国軍の目的は、妨害雷波装置の排除と思われる。
黒衣森:東部森林
しかし、妨害雷波装置を帝国軍に破壊されれば話は別だ。
自由に通信が可能な状態となり、直接の接触が不要となる。
黒衣森:東部森林
そういうことだ。
ロアユの監視は、我らドマの民に任せ、
貴君らには、妨害雷波装置の防衛に協力してもらいたい。
黒衣森:東部森林
すでに、ドマの民が数名、南部森林に向かっている。
「クォーリーミル」で「忍びの者」と合流し、
作戦の詳細を相談するとよかろう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

写本師捕縛作戦

Lv
50
patch2.4
黒衣森:東部森林
[ 15.4 , 26.8 ]
帝国兵は、すべて片付けたようだな。
黒衣森:東部森林
つい今し方、山塞を出て「茨の森」へと向かった。
手の者に追跡させているが、おそらくは……。
黒衣森:東部森林
心得た、私が先導しよう。
……くれぐれも、慎重にな。
黒衣森:東部森林
[ 18.0 , 24.4 ]
「写本師」は、この先で冒険者風の男と密会している。
おそらく、そやつが帝国兵だ。
黒衣森:東部森林
[ 17.3 , 23.4 ]
エリヌ・ロアユは、槍術の達人と聞いていたからな、
抵抗されるかとも思ったが……。
思いの外、大人しく捕まってくれたものだ。
密偵を束ねる「写本師」が拘束されたとなれば、
不滅隊に張り巡らされた諜報網も、綺麗に掃除できよう。
……ところで、これからどうなされるおつもりか?
……ほう、「氷の巫女」を追う方法を。
そうとなれば、一度、「石の家」に戻るのがよろしかろう。
「ミンフィリア」殿も、帰りを待っているだろうからな。
なに、こちらの事は任せてもらって構わない。
イルベルド殿には私から伝えておこう。
貴殿は、苦労が絶えない性分のようだ。
捕虜の引き渡しやら何やら、面倒な後始末くらいは、
私たちにやらせてくれ。
この手の役目には、忍びの術が何かと役立つ。
貴殿も興味があるようなら、いつか学んでみるといい。
……十分な才を持っているようだからな。
メインクエスト第七星暦ストーリー

峻烈のエリヌ・ロアユ

Lv
50
patch2.4
北ザナラーン
すまぬ、遅れた!
ドマの忍衆、これより義によって助太刀いたす!
北ザナラーン
金縛りの術で、敵の動きを縛る!
術式の陣内に誘き寄せるのだ!
メインクエスト第七星暦ストーリー

希望の灯火

Lv
50
patch2.55
応接室
何やら、クリスタルブレイブの連中が、
慌ただしく動いていたのでな。
警戒していたのだ。
応接室
あぁ、そういえば、素顔は初めてだったか……。
戦闘の混乱で、頭巾を失ってしまってな。
応接室
ただし、石の家は、クリスタルブレイブに占領された。
手の者にも探らせてはいるが
ほかの「暁」関係者の行方は、未だに不明でな……。
さて、お二方と無事に再会できたことだし、
私は、この辺りで失礼させてもらおう……。
情報収集の指揮を執らねばならんのでな。
案ずるな……ドマの民にとって、「暁」は恩人そのもの。
協力は惜しまぬし、掴んだ情報は、随時共有させてもらおう。
それではな……。