えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ヤドヴ・ガー

patch 2.x
逃亡中のアマルジャ族
アマルジャ族ストーリークエスト

灰燼を成す者

Lv
43
patch2.1
南ザナラーン
我が長ハムジ・ガー、焦眉之急!
「炎牙衆(えんがしゅう)」、凶行に及びたる模様!
直ちに征討に赴かれたし!
アマルジャ族ストーリークエスト

反逆の焔

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
戦士ルーン・ガー!
しばし待たれよ! どうするつもりだ!
南ザナラーン
ハムジ・ガー! 同胞の恥は己の恥!
ルーン・ガーを援け、戦うことをお許し頂きたい。
一党の全戦力を挙げ、今こそ「炎牙衆」に反撃の嚆矢を!
アマルジャ族ストーリークエスト

至強への道

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ヒトとアマルジャ族、異種の壁を超え心と心が通じ合う。
貴公は、それが可能と思うか?
管鮑之交……我はできると信じておる。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
き、き、危急存亡! 一大事!
ルーン・ガーが行方不明であり申すっ!
おそらくザゴズ・テーへの復讐を果たすべく、
「ザハラク戦陣」に単騎突進、赴いたに相違なし!
我が長、ハムジ・ガーに報告をしてもらえぬか!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
な、な、な、なっ! そんなあああっ!
我が長ハムジ・ガー、薄情至極! 悲痛絶望!
嗚呼、ルーン・ガーよ……哀れなり!
冒険者殿!
誇り高きアマルジャ族にあるまじきことなれど、
恥を忍んでお願いし申す!
どうか、ルーン・ガーをお助けくだされ!
彼女を追って「ザハラク戦陣」に赴いてもらえぬか!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿! 貴公はまさに一心これ肝なり!
お陰で、同志ルーン・ガーの仇も討て申した。
一党を代表し、熱く御礼し申す!
アマルジャ族デイリークエスト

炎牙衆精鋭の誅滅

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿。
「炎牙衆」の動きについて、御相談があり申す。
どうにも近頃、炎牙衆も必死と見えまする。
頭目ザゴズ・テーを守る侍衛の一部までをも、
人拐いの隊列に参加させているほどゆえ。
これは、まさに好機!
今こそ攻め立て、奴らの戦力を削る時でありましょう。
今、この周辺で暗躍するのは「ザハラク・ランサー」と
「ザハラク・アーチャー」……。
こやつらを倒せば、炎牙衆の力を削ぐことができましょうぞ。
各々3名も討てば、十分でありましょう。
御役目、よろしくお頼み申す。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
炎牙衆の精鋭、「ザハラク・ランサー」と
「ザハラク・アーチャー」を討ってくだされ。
御役目、よろしくお頼み申す。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
見事なお手並み、さすがは冒険者殿。
これでしばらくは「炎牙衆」どもの動きも鈍くなりましょう。
されど油断大敵、決して気を緩めてはなりませぬな。
百錬成鋼、自分も冒険者殿を見習い、
「灰の一党」として恥じぬよう、己を磨く所存でありまする。
アマルジャ族デイリークエスト

高位祈祷師の誅滅

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ザハラク戦陣の者どもと戦い続けて幾星霜。
近頃は、ザハラク戦陣に属する祈祷師どもまで、
この近くに姿を見せるようになり申した。
祈祷師どもは、陣内にて祭事を執り行うのが務め。
それが前線に出たとなれば、いよいよ本気ということ。
しかし、一気に奴らを仕留める好機とも言えまする。
敵陣に切り込み、祈祷師「ザハラク・サーマタージ」を、
護衛の「ザハラク・ピュージャリスト」もろとも
屠り去ってしまいましょうぞ!
包蔵禍心、奴らが何を企んでいるにせよ、
各々3名ずつも討てば、策謀を潰すことができましょう。
貴殿の御武運をお祈り申す!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿、ザハラク戦陣の祈祷師ども……
すなわち「ザハラク・サーマタージ」と、
護衛の「ザハラク・ピュージャリスト」を討たれよ!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
戻られたか……さすがは冒険者殿。
大信不約、その強さには無条件の信頼が置け申す。
冒険者殿の助力があるのは、
我ら「灰の一党」にとって真に心強きこと。
それがしには、前途は明るいと見えまする。
此の上は助力くださる貴殿の心意気に恥じぬよう、
それがし自身もより一層の武を重ね、
志を貫き通す所存であり申す。
アマルジャ族デイリークエスト

焼かれし武具の収奪

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿、頼みがあり申す。
己が心身を鍛えず、容易く神の加護に頼ろうとする、
軟弱者に鉄槌を下すこと、手を貸していただきたい!
軟弱者めらの掲げる「聖火」には焔神の力が宿っており、
これにて鍛えた武具は、滅法鋭き得物となりまする。
かような武具が敵の一兵卒に至るまで配備されれば、
我ら「灰の一党」にとっても、大きな脅威となりましょう。
神にすがりつく軟弱者どもは、
鍛えし武具を本陣に持ち込み、厳重に保管している模様。
ならば今こそ、武具を奪取し滅する好機であり申す!
冒険者殿、ザハラク戦陣に忍び込み、
「聖火に焼かれし武具」を奪って頂きたい!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿、ザハラク戦陣の奥深くにある
「聖火に焼かれし武具」の奪取、お任せ申した。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
「聖火に焼かれし武具」の奪取の任、
その後、如何であり申すか?

ほう、これが「聖火に焼かれし武具」……
伝家宝刀、なるほど焔神の猛る力を感じまする。
かような武器に頼っていては、
唾棄すべき輩は堕ちるところまで堕ちましょうぞ。
早急に始末をつけねば……!
アマルジャ族デイリークエスト

炎牙の首飾りの収奪

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ザハラク戦陣の人拐い集団「炎牙衆」には、
強力なる精鋭部隊がおり申す。
特に「フレイム・エリート」に「フレイム・コマンダー」と
呼ばれる兵らは、敵陣営の中でも屈指の強敵……。
我ら「灰の一党」でも、一筋縄ではいかぬ相手。
それゆえに、奴らと対決し、
兵の証である「炎牙の首飾り」を奪いとれば、
敵陣の士気は下がり、我ら一党の皆が奮い立つは必定。
さらにその勲功は、貴殿の武を轟かす名声となり申そう。
手に入れた「炎牙の首飾り」は、我にお見せ頂きたい。
……貴殿の実力、試してみては如何かな?
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
「フレイム・エリート」と「フレイム・コマンダー」に対決し、
その証となる「炎牙の首飾り」を奪うことができれば、
敵陣の士気は下がり、我ら一党の皆が奮い立つは必定であろう。

おお! これはまさしく「炎牙の首飾り」!
奴らが身体に突き刺し、闘争心を高める装飾具にして、
奴らが命よりも大事にしておる炎牙衆の証!
八面六臂、敵陣に切り込み、めざましい活躍を見せるとは……
いやはや御見それ申した、冒険者殿。
アマルジャ族デイリークエスト

ザハラク武具蔵の爆砕

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ザハラク戦陣の各所にある「アマルジャ軍の蔵」には、
焔神の炎で鍛えた武器や、ドレイクの飼料が備蓄されておる。
この物資を滅すれば、奴らに痛手を与えることができ申す。
物資を焼き払うには、ドレイクの炎がもってこいであり申す。
キャバルリー・ドレイクを駆って、その炎の息により、
アマルジャ軍の蔵もろとも、物資を灰燼と化す!
冒険者殿、お頼み申す。
すでに灰の獣牧士へ、話は通しており申す。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ドレイクに乗り「アマルジャ軍の蔵」に備蓄された物資を灰燼と帰さん。
冒険者よ、お頼み申す。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
おお、「アマルジャ軍の蔵」の物資を焼き払ってくださったか!
冒険者殿こそ、まさしく一世之雄。
百戦百勝とは貴殿のためにある言葉であり申す。
これで奴らの力も、大いに削げたはず。
いずれ、目にもの見せてくれようぞ!
アマルジャ族デイリークエスト

焔神像の滅却

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ザハラク戦陣の占星術師の愛用する祭器に、
「焔神のトーテム像」と呼ばれる物があり申す。
これは聖火で焼き鍛えた鉄製の偶像で、
強大な焔神の加護の効果をもつ物品。
しかも魔力により、易々とは傷つかぬ代物であり申す。
しかし焔神のトーテム像を奪い、破壊すれば、
敵に与えられる加護を弱めることができる!
ゆえにそれがし、一計を案じ申した。
奴らが焔神の加護を得るために用いている祭壇。
この祭壇に「焔神のトーテム像」を投げこめば、
過剰なる魔力の奔流により、双方を破壊できるやもしれぬ。
冒険者殿、ザハラク戦陣に赴き、
「ザハラク・フォーチュンテラー」を倒し、
「焔神のトーテム像」を奪い取って頂きたい。
しかる後「焔神の祭壇」に「焔神のトーテム像」を投げ入れよ。
蛮神の加護を放つ二つを叩き合わせ、破壊する!
まさに毒を以て毒を制す、一粒万倍!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ザハラク戦陣に赴き、
「ザハラク・フォーチュンテラー」を倒し、
「焔神のトーテム像」を奪い取って頂きたい。
しかる後「焔神の祭壇」に「焔神のトーテム像」を投げ入れよ。
焔神の魔力を放つ二つを叩き合わせ、双方を破壊する!
目には目を、歯には歯を、焔には焔を!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿!
「焔神のトーテム像」と「焔神の祭壇」の破壊、
首尾よくいき申したな!
暗中模索ではありましたが、成功して何より。
占星術師どもも、目にものを見たに違いありませぬ!
アマルジャ族デイリークエスト

屈辱の塗付と鼓舞

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ザハラク戦陣のアマルジャ族の虎の子、「炎牙衆」。
不倶戴天の敵なれど、相手に不足なし!
我らが武を思い知らし、その高慢な牙をへし折ってやり申す!
よろしいか、冒険者殿。
「戦利品の武具」を、
ザハラク戦陣の「指定地点」に突き刺すべし!
アマルジャにとって、得物は命の次に大事な宝であり申す。
その遺品を野に捨て晒すは、すなわち最大の羞恥にして屈辱。
さらにこれを妨害するものあれば、叩き伏せていただきたい!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
「戦利品の武具」を、
戦陣の「指定地点」に突き刺すべし!
炎牙衆にとって、これ以上の屈辱はありますまい!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
戻られたか、冒険者殿。
危なげない足取りは、万事うまくいったと見える。
奴らめ、今ごろ切歯扼腕しているに違いない。円転滑脱!
戦わずして敵を屈するは善の善なる者なり。
敵の士気を挫き、戦わずして勝つ、これこそが至強の武。
我らが「灰の一党」の兵法であり申す!
アマルジャ族デイリークエスト

残されし虜囚の解放

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿のお力添えもあり、
我ら「灰の一党」の力もずいぶんと増し申した。
我らが本気となれば、「炎牙衆」など
鎧袖一触に伏すこと難くないと自負しておりまするが……
されどそれがし、ひとつ懸念があり申す。
炎牙衆によって連れ去られた者たちは、
いまだ少なからず、奴らの牢に繋がれていると聞きまする。
これを助け出さねば、後顧の憂いとなるは必定。
冒険者殿……敵地にある、
「堅固な鉄檻」と「頑丈な鉄檻」より、
虜囚を解放してはもらえぬか。
牢を開く「鉄檻の鍵」は、ザハラク戦陣にいる、
炎牙衆「ザハラク・ガード」が持っておる。
まずは鍵を預かる戦陣の敵を倒し、その後に牢を探すが肝要。
いかんせん、我らの巨躯は目立ちすぎ申す。
それにかような隠密行動は、貴殿の得意分野ではあるまいか。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
「ザハラク・ガード」より「鉄檻の鍵」を奪い、
「堅固な鉄檻」と「頑丈な鉄檻」より虜囚を解放してはもらえぬか。
お頼み申す!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
虜囚の解放は、上手くいったようでありまするな!
これでそれがしらも、心残りなく戦にのぞめるというもの!
貴殿にこの任を授けた、それがしの目は、
どうやら間違いではなかったようであり申す。
汗馬之労……ご助力、感謝いたす。
アマルジャ族デイリークエスト

軟弱なる新兵への屈辱

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
我ら「灰の一党」、常勝不敗の噂が広まり、
その名声も日に日に高まっており申す。
一部の若きアマルジャが、炎牙衆を裏切り、
我らの陣営に味方しようと集まりつつある模様。
これぞ、まさに我が陣営の増強の好機……とは言えませぬ。
旗色を見て主義主張を変える日和見な奴など、
我らが誇り高き陣営には不要なりし者!
有害無益、そんな腑抜けた輩には水でもぶっかけて、
性根を叩き直すべきでありましょう!
若造を叩きのめし、その無防備になった体に
「重い水瓶」に満たされた水をぶっかけられよ!
根性なしどもに、アマルジャ族の魂を叩きこまれい!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
若造を叩きのめし、その無防備になった体に
「重い水瓶」に満たされた水をぶっかけられよ!
根性なしどもに、アマルジャの魂を叩きこまれい!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
若造どもに、たっぷりと冷や水を馳走してくださったか!
まったく、最近の若造どもの腑抜けぶりには、
目を覆うばかり……嗚呼、嘆かわしや!
アマルジャ族デイリークエスト

焔神イフリートの聖火台の滅却

Lv
48
patch2.1
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
「炎牙衆」め、懲りぬ奴らなり!
ザハラク戦陣の奥深くに、いまだ焔神の炎の種を隠し、
「焔神イフリートの聖火台」を掲げている様子。
画竜点睛、敵地の奥まで攻め込んで破壊し、
完全なる勝利を我が手に掴みとるのであり申す!
冒険者殿、お頼み申す。
ザハラク戦陣の奥に攻め入り、
そこにある「焔神イフリートの聖火台」を破壊されよ。
なれど、聖火台には強力な「まじない」あり。
敵対者に牙を剥く、罠のごとき卑劣な魔法よ。
そして聖火台を守る宿敵、「炎牙衆」も侮りがたし!
聖火台は数あれど、2基ほど打ち壊せば充分!
敵は強大なれど、貴殿は我らが認めた武人。
信じておりますぞ、任せてし損じることなしと!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ザハラク戦陣の奥に攻め入り、
そこにある「焔神イフリートの聖火台」を破壊されよ。
目標たる聖火台は2基なり!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
まさしく勇往邁進。
聖火台を見事、破壊されたようにお見受けいたす。
ここまで追い詰めれば、
ザハラク戦陣の者どもを打ち破るのは
いずれ時間の問題となりましょうぞ!
サブストーリークエスト蛮族エクストラストーリー

そして事件は荒野へ

Lv
50
patch2.35
ウルダハ:ナル回廊
[ 11.3 , 8.5 ]
ぬぬっ! おのれ看破されたか!
進退維谷(しんたいいこく)!
止むをえぬ……ここは、一戦交え難局打開せん!
……っと! ま、まさか貴殿は……冒険者殿ではござらんか!?
おお! 合縁奇縁、天佑神助!
憶えておいでか?
それがし「灰の一党」が戦士、ヤドヴ・ガーであり申す!
先だっては、大変世話になり申した!
実はそれがし、我が長ハムジ・ガーより密命を受け、
誘拐された若輩のアマルジャ族を探し、
白羽の矢立ちて、此の地ウルダハにまかり来た次第。
されど我らは見てのとおり、ヒトに比べ異形。
たちまちにして衆目に晒され、追われる羽目となり申した。
ううむ、我ながら軽挙妄動……。
……なぬ? 破壊活動? 滅相もない!
其は街談巷説、流言飛語!
それがし、無辜の民に傷ひとつつけてはおり申さぬ。
しかし、一難去ってまた一難。
果たして此の状況を、如何にして打破し申すか……。
暗雲低迷、青息吐息……。
ウルダハ:ナル回廊
ぬ、貴殿は……いったい!?
ウルダハ:ナル回廊
即決即断!
憶えなき縁なれど、ここは温情甘んじて受け申す。
この恩、戦士ヤドヴ・ガー、深く胸に刻み申した!
冒険者殿、是非とも「灰の陣営」へ赴き、
我らが長、ハムジ・ガーと再び邂逅していただきたい。
折り入って、話したき事案があり申す……しからば御免!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ようこそ、冒険者殿! お陰で無事、帰還でき申した。
積年の武勇譚、とくと語り合いたきは山々なれど、
まずは我らが長、ハムジ・ガーの話を聞いていただきたい!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿!
お陰で無事、敵地ウルダハより帰還でき申した。
合縁奇縁、貴君の武勲、いずれとくと語り合いましょうぞ!
サブストーリークエスト蛮族エクストラストーリー

集うは我ら、信頼の絆

Lv
50
patch2.35
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
冒険者殿、先程は大変お世話になり申した!
聞けばウルダハは獣人排斥を是とする社会の様子。
真、君子危うきに近寄らず、であり申した。
それがしの潜入、拐われし子の奪還に至らねども、
千載一遇、「シルビア」殿という協力者を得たり。
彼女より冒険者殿に託を承っており申す。
何か重要な用件がある様子、会って是非とも話をしたいとの由。
ウルダハの主門にて、お待ち申しておるとのこと。
早速、伺ってみては如何か?
南ザナラーン
ルーン・ガー! 勝手な行動は慎むべし!
ヒトの世界は伏魔殿、垂堂之戒(すいどうのいましめ)!
未熟なお主には、荷が重い任務であり申す!
南ザナラーン
……跳ねっ返りの未熟者め。
我が長、ハムジ・ガーに知れたら怒髪衝天……
後でキツく折檻されても知らぬぞ。
「シルビア」殿は、ウルダハの「ナル大門」前で、
お待ちしていると言っており申した。
捲土重来、離合集散……よろしくお願いし申す!
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
ルーン・ガーめ……喜色満面、またまだ子供であり申す。
しかし、あやつは元来、我らとは異なる種族……
故郷の空気を味わわせることも、親心なのかもしれぬ……。
南ザナラーン
[ 23.1 , 14.3 ]
荒野に吹きすさぶ騒擾も、これにて一件落着。
されど、我ら一党の戦いは、果てしなく続き申す。
用意周到、事にあたるべし!