えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ミドガルズオルム

patch 2.x
ミドガルズオルムの声
メインクエスト第七星暦ストーリー

黙約の塔へ

Lv
50
patch2.5
黙約の塔
不遜にも 我が臥所を侵すのは何者か……
我が眠りを妨げるのは何者か……
無知なる者よ わきまえるがよい
我こそはミドガルズオルム…… 原初の龍なるぞ!
黙約の塔
小さき者よ、その魂に帯びた光……
我が幻体にて、見極めてくれよう!

死の底に眠る子よ、
ひとときなれど、生の幻を見るがいい……。

我が力の一端、見せてやろうぞ!

ほう、人の身でありながら、よくやる……。
では、次なる子にも幻を見せるとしよう。

ぬぅ、我が幻体に一歩も退かぬとは……
これが星に選ばれし者の力か……。
黙約の塔
ほう、汝も「超える力」を持つか……。
幻体ごときでは、敵わぬのも道理よ。
然らば、我と引き合わせたのも、ハイデリンの意志か。
問おう……汝は何故、ここへ参った?
黙約の塔
確かに、北天の星を燃やすは、我が一族の猛き咆哮。
進軍を告げる、鬨(とき)の声だ。
一族が向うは、イシュガルド……。
畏れを忘れ、罪を犯したヒトの棲処……。
これは報復よ……。
イシュガルドの民は、己が罪から目を背けた。
その罪こそが、尽きることない戦の火種……。
そればかりか、あの者どもは今、再び罪を犯そうとしておる。
故に、我が一族は咆哮を轟かせたのであろう。
黙約の塔
進軍を止めろと請うか……。
超える力を宿せど、所詮はヒトよ……。
それは、叶わぬ願いであろう。
我は、先の咆哮に応え、微睡みから目覚めたに過ぎぬ。
咆哮を上げたるは我にあらず、我が七の子のいずれかよ。
イシュガルドの民が、己が罪を悔い改めぬというのに、
何故、我が子とその眷属に、報復を止めよと命じられよう。
かの地が焦土と化し、民が死に絶えようとも、因果応報に過ぎぬ。
黙約の塔
その光……光の加護か……!
ハイデリンめ、超える力を持つ者に、
さらなる力をあたえようとは……。
まさか、特異の者なのか……?
星よ……この者に力を貸せと、我に願うのか……!
よかろう……。
ならば、このミドガルズオルムが、汝を試そうではないか!
黙約の塔
汝を貫いたのは「竜の爪」。
我が力によりて、ハイデリンのあたう、
光の加護を封じる楔……。
もっとも、星の光は陰りを見せておった。
我が爪なくとも、いずれ消え失せていたやもしれぬがな……。
我は、かつてハイデリンと契りを交わした。
故に、その加護を受けたる汝を、くびり殺すのは控えよう。
だが、汝はヒト……。
イシュガルドの民のように、愚かな罪を犯すやもしれぬ。
我が汝を見限れば、拾った命はないと思え。
黙約の塔
……我が幻にして、我が化身。
今より、汝とともにゆく。
化身の目は、すなわち我が目……。
化身の耳は、すなわち我が耳……。
光の加護を失した汝が、何を為すか見届けよう。
黙約の塔
運命を拓く、特異の者よ……。
己の力で、我が楔を砕いてみせよ。
特異な力を持つ者ならば、
ヒトを裁き、戦を終焉へと導くこともできよう。
……これは、特異の者たる汝の試練。
この地に揺蕩うエーテルを受け、いつしか我が身も蘇ろう。
いずれ来たる復活のときに、汝が試練を乗り越え、
ヒトが光の意志のもとにあらんことを願う……。
だが、容易な道にはあらぬぞ。
……じきに我が一族とヒトの大きな戦が起こる。
我が子の咆哮は、すでに全天へ轟いたのだ。
石の家
不安に思うことはない……。
我が楔は、光の加護を封じただけ……汝の身体を蝕みはせぬ。
汝の力そのものは、変わらずその身に宿っている。
ひとりのヒトとして、いかなる道を切り開くか……。
傍らで見物させてもらおう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

犠牲と誓い

Lv
50
patch2.5
モードゥナ
光の加護なくして、闇の者を滅したか……。
なるほど、ヒトは愚かなだけではないようだ。
だが、脅威のひとつを掃っただけのこと……。
汝を認めるには至らぬ。
メインクエスト第七星暦ストーリー

イダの決意

Lv
50
patch2.55
モードゥナ
……ほう、奴が動いたか。
メインクエスト第七星暦ストーリー

邪竜の咆哮

Lv
50
patch2.55
応接室
……我が子ニーズヘッグは、
イシュガルドと千年の戦いを続けている。
その怨みの深さは、到底、ヒトに理解できるものではなかろうな。
メインクエスト第七星暦ストーリー

希望の灯火

Lv
50
patch2.55
クルザス中央高地
その先は、イシュガルド……。
我が一族の怨念が渦巻く不浄の大地……。
やはり、忌むべきはヒトの性……。
そうは思わぬか、ハイデリンの使徒よ。