えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ミコト

patch 4.x
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

踊りたい、踊らなきゃ

Lv
70
patch4.3
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
はじめまして、私はジンバのミコト。
貴女がこの地の解放者にしてエオルゼアの英雄、
「超える力を持つ者」……ですね。
早速ですが、私の見解をご説明しましょう。
この聖石…………
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
この聖石オティスと呼ばれるクリスタルですが、
特定周波であるNRレイデール振動をエーテルごと吸収し、
クリスタル内で増幅し続けるという特性があります。
すぐに拡散するはずのシプレス波が固定されているのも珍しく、
バリアーテスを数百年単位でレンドしているのは驚愕ものです。
おそらく、これを作った何者かは……
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
スミマセン、私、興奮するとつい専門的になっちゃうんですよね。
教授からも注意するようにきつく言われているのですが。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
こ、この聖石オティスですが、え~と、なんて言えばいいのか、
……そう、人の感情や意思といったエーテルを吸収し増幅、
そしてそれを外部からの刺激で再生するという特性があります。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
え~と、強い意志を……「切なる願い」を吸収し、それを保存、
そして、外部からの刺激があると、その保存された意志を、
物理的に具現化する……と言えばおわかりになりますか?
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
神降ろしを行うのと、さしたる違いはないですね。
ただ、「神降ろし」はクリスタルをそのエネルギー源としますが、
「聖石」は、利用者の願いをこのクリスタルそのものが、
能動的に具現化しようとする点で大きく異なります。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
貴女がルザリアで聞いたという、
まるで王であるかのようなアルガス氏の言葉や不遜な態度は、
氏自身の願望……「切なる願い」なのでしょう。
まるで壊れた蓄音機のように同じ言葉を繰り返すのは、
聖石ドゥマに取り込まれたアルガス氏の「切なる願い」だけを、
ひたすら再生してるにすぎないからだと推測されます。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
シドさんの推測どおりです。
このクリスタルは自然にできたものではありません。
何者かが意思を持って人工的に作り出したシロモノです……!
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
ご安心を……調べたところ、その聖石は空です。
わずかなエーテルの残滓があったので調べることが
できましたけど、おおむね空といって間違いありません。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
……綿菓子を食べたくなりました。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
ダルマスカ王国ではヒューランなどのヒトだけでなく、
バンガ族やシーク族、ヴィエラ族らが「蛮族」として扱われず、
生活を共にしていたと聞きますが……。
モーグリ族がいたというのは初耳ですね……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
モーグリ族にとって「毛玉」呼ばわりされるのは、
最大の侮辱のはず……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
私、甘いものに目がないんです……。
ほら、頭をフル回転させる時って糖分が欲しくなりますよね?
ところで何か聞きたいことはございます?
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
あくまでも推測でしかありませんが、使用した者の意志を吸収し、
それを物理的に再現する能力があると考えられます。
吸収されたエーテルが切れるまで繰り返し再生するようですね。
イヴァリース史で「聖石」と呼ばれるこのクリスタルですが、
何者かが意思をもって人工的に創り出したモノと考えられます。
誰が何のために創ったのか、それはまったくわかりません。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
聖石オティスの所有者はジェノミスさんということになりますが、
調べたかぎり、そのオティスに特定波長、
つまりジェノミスさんのエーテルが取り込まれた形跡はありません。
つまり、空っぽの初期状態ということになります。
どうやったらエーテルを取り込ませることができるのか、
いわばスイッチとしての機能が何かは不明です。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
聖石ドゥマには最後の所有者だったアルガス氏の「切なる願い」が、
取り込まれ、誰かがあの王都ルザリアの遺跡を訪れるたびに、
その「切なる願い」が再生されていたようです。
前回、ドゥマに取り込まれたアルガスのエーテルをすべて、
貴女が発散させたことで、
オティス同様に空っぽの初期状態に戻ったと推測されます。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
封印されたアルガスのエーテルを吐き出した聖石ドゥマが、
その「容れ物」を満たすべく、
バッガモナン氏に狙いを定めた……ということでしょう。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
聖石と呼ばれるあのクリスタルは、
常に誰かの、「特定」のエーテルを欲しがっているんです。
ドゥマはバッガモナン氏の魂を食べようとしている……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
なるほど、バッガモナン氏の「切なる願い」とはすなわち、
己の不甲斐なさを責め続ける自責の念と、
祖国を滅亡に追いやった帝国に対する遺恨……ですね。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
アルガス氏と差異があったとしても基本は同じ。
聖石は似たエーテルを取り込もうとする傾向を持つという推測、
やはり当たっているようですね。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
ラバナスタから遥か南、バルナード海の海上に、
地獄へ続くと言われている巨大な穴「リドルアナ」があります。
周囲の海水は巨大な瀑布となって穴に流れ込んでおり、
その海水がどうなるのかは誰も知りません。
幾人もの勇気ある探検家が飛空艇を駆り、穴底を目指しましたが、
瀑布が起こす乱気流と、落下する大量の海水の「圧」により、
またたくまに墜落、帰還した者はひとりもいないそうです。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
リドルアナ大灯台……文献で読んだことはあるのですが、
見たことはもちろんありません。
……イヴァリースとどんな関係があるのでしょう?
ところで何か聞きたいことはございます?
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
ラバナスタから遥か南、バルナード海の海上に、
地獄へ続くと言われている巨大な穴「リドルアナ」があります。
周囲の海水は巨大な瀑布となって穴に流れ込んでおり、
その海水がどうなるのかは誰も知りません。
幾人もの勇気ある探検家が飛空艇を駆り、穴底を目指しましたが、
瀑布が起こす乱気流と、落下する大量の海水の「圧」により、
またたくまに墜落、帰還した者はひとりもいないそうです。
この大穴の縁に小島があり、そこに大きな灯台が建設されました。
リドルアナ近海を航行する船舶が落ちないようにと、
注意を促すために建設されたと伝えられています。
ただ、その大灯台を誰がいつ建てたのか、一切、不明です。
ダルマスカ王国が大灯台を管理・運営していましたが、
建設自体ははるか昔だとか。
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

怪奇と幻想の島

Lv
70
patch4.3
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
あくまでも推測でしかありませんが、使用した者の意思を吸収し、
それを物理的に再現する能力があると考えられます。
吸収されたエーテルが切れるまで繰り返し再生するようですね。
イヴァリース史で「聖石」と呼ばれるこのクリスタルですが、
何者かが意思をもって人工的に創り出したモノと考えられます。
誰が何のために創ったのか、それはまったくわかりません。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.0 ]
ラバナスタから遥か南、バルナード海の海上に、
地獄へ続くと言われている巨大な穴「リドルアナ」があります。
周囲の海水は巨大な瀑布となって穴に流れ込んでおり、
その海水がどうなるのかは誰も知りません。
幾人もの勇気ある探検家が飛空艇を駆り、穴底を目指しましたが、
瀑布が起こす乱気流と、落下する大量の海水の「圧」により、
またたくまに墜落、帰還したものは一人もいないそうです。
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
[ 6.1 , 5.9 ]
仕事を途中で放り投げて逃げ出したいこともありますよね。
私には理解できませんが理解するふりはできます。
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
[ 6.1 , 5.9 ]
想定外といえば想定外の結果ではありますね。
やはり持ち主の意志が強いほど……
聖石との相性とでもいうべき仕組みがあるのでしょうね。
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
[ 6.1 , 5.9 ]
聖石ドゥマには最後の所有者だったアルガス氏の「切なる願い」が、
取り込まれ、誰かがあの王都ルザリアの遺跡を訪れるたびに、
その「切なる願い」が再生されていたようです。
前回、ドゥマに取り込まれたアルガスのエーテルをすべて、
貴女が発散させたことで、
オティス同様に空っぽの初期状態に戻ったと推測されます。
ですが、聖石ドゥマに魅せられたバッガモナン氏は、
結果としてドゥマに、
その「切なる願い」ごと取り込まれてしまったようですね。
ドゥマの波長と相性がよかったのか、
それともドゥマがバッガモナン氏に合わせたのか、
そのメカニズムは不明ですが、やはり意志を感じます。
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
[ 6.1 , 5.9 ]
聖石ドゥマには最後の所有者だったアルガス氏の「切なる願い」が、
取り込まれ、誰かがあの王都ルザリアの遺跡を訪れるたびに、
その「切なる願い」が再生されていたようです。
前回、ドゥマに取り込まれたアルガスのエーテルをすべて、
貴女が発散させたことで、
オティス同様に空っぽの初期状態に戻ったと推測されます。
ですが、聖石ドゥマに魅せられたバッガモナン氏は、
結果としてドゥマに、
その「切なる願い」ごと取り込まれてしまったようですね。
ドゥマの波長と相性がよかったのか、
それともドゥマがバッガモナン氏に合わせたのか、
そのメカニズムは不明ですが、やはり意思を感じます。
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

封じられた聖塔 リドルアナ

Lv
70
patch4.3
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
イヴァリース伝説に登場する都ですね。
飛空艇や機工兵器等の発明が最初になされたとされる伝説の都で、
その位置はもとより存在も実証されていない、まさに幻の都。
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
放棄された機工都市ゴーグの「下半分」を、
後世のダルマスカ王国が大灯台として再利用した……。
なるほど、辻褄が合いますね。
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
[ 6.1 , 5.9 ]
好奇心の神が貴女について行けと言っているのですが、
非力な私ではなんのお役にも立てないのは明白ですからね。
ご武運を……。
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
[ 6.1 , 5.9 ]
ラバナスタからはるか南、バルナード海の海上に、
地獄へ続くと言われている巨大な穴「リドルアナ」があります。
周囲の海水は巨大な瀑布となって穴に流れ込んでおり、
その海水がどうなるのかは誰も知りません。
幾人もの勇気ある探検家が飛空艇を駆り、穴底を目指しましたが、
瀑布が起こす乱気流と、落下する大量の海水の「圧」により、
またたくまに墜落、帰還した者はひとりもいないそうです。
この大穴の縁に小島があり、そこに大きな灯台が建設されました。
リドルアナ近海を航行する船舶が落ちないようにと、
注意を促すために建設されたと伝えられています。
ただ、その大灯台を誰がいつ建てたのか、一切、不明です。
ダルマスカ王国が大灯台を管理・運営していましたが、
建設自体ははるか昔だとか。
ジェノミスさんの仮説によると、イヴァリース時代、
ここには隆盛を極めた幻の機工都市ゴーグが存在したとか。
謎の爆発事故で「上半分」が消失とのこと。
放棄された機工都市ゴーグの「下半分」を、
後世のダルマスカ王国が大灯台として再利用したらしいです。
ああ、今度の遠征で消失していたと考えていた上層部が、
天空に存在していたことから、
実際に消失したのは、中層部のようですね。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
もう少し調べてみないとわかりませんが、
同じ材質のクリスタルのようですね。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
なるほど、その砕かれたクリスタルは聖石……。
その聖石の持ち主が「イヴァリースへの帰還」を、
「切なる願い」として聖石に託したのでは?
劇場艇プリマビスタ・ブリッジ
[ 6.1 , 5.9 ]
リドルアナ大灯台への遠征、本当にお疲れ様でした。
バッガモナン氏は残念でしたね……。
ですが、これで聖石の研究も進むかと思います。
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

ダルマスカのレジスタンス

Lv
70
patch4.5
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
やはり、「聖石」は何者かが、
明確な意志を持って作り出していた……ということですね。
それは、いったい何者ですか?
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
魔導城プラエトリウムで貴女が目撃した古代魔法「アルテマ」……
それらは古代アラグ帝国が研究の末、アレンジしたものでしょう。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
古代魔法「アルテマ」については、
シャーレアンでも研究が進められていて耳にしたことがあります。
あれは既存の魔法学の範疇に収まらない別次元の魔法だと。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
古代アラグ帝国に「アルテマ」をもたらしたのは、
その「聖天使アルテマ」なる者ではないでしょうか?
古代アラグ帝国はなんらかの手段でその魔法を会得した……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
シドさん、わざわざありがとうございます!
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
ありがとうございます。
シドさんたちの腕ならきっと大丈夫。
うまくいかなかったら、それは私の設計が原因でしょうね。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 6.3 ]
シドさんに調達していただいたものですか?
その前に……貴女にお伝えしておきたいことがございます。
アルマさんの容態についてです。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
私の推測になりますが、アルマさんが体調を崩しているのは、
何かの病気ではなく聖石オティスの影響だと考えられます。
ジェノミスさんがラバナスタへ向かう以前、時折、
聖石オティスと会話していたとアルマさんから聞きましたが、
おそらく、オティスによるアルマさんの幻視だと考えられます。
オティスの持つNRレイデール波長が……あっ!
えっと……オティスが好むエーテルといえばおわかりになります?
その波長がジェノミスさんとはマッチしなかったんです。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
ジェノミスさんたちがイヴァリースに執着しているのは、
奥様の形見のネックレス……聖石ヴァルゴの影響が強いかと。
オティスの求める波長は、むしろアルマさんが近いのです……!
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
聖石オティスはアルマさんのエーテルを取り込もうとしています。
彼女の胸の内に秘められた「切なる願い」……
それが何かはわかりませんが、聖石が求めるものなのでしょう。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
今まで聖石オティスの力が発現しなかったのは、
その「切なる願い」がバッガモナンさんほど強くないのと、
ネックレスの聖石が干渉しているからだと推測されます。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
なお、アルマさんにはすべて説明してありますが、
ジェノミスさんたちには話さないようにと口止めされました。
……私は聖石オティスを早く処分するべきだと考えますが。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
この装置は、万が一のための保険……といったところでしょうか。
ネックレスの聖石がふたつあるので、そのひとつを利用して、
オティスに対する干渉を一時的に強化しようという装置です。
もちろん、完成しているわけではありません。
これからネックレスを使って、色々と実験しないと……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 6.3 ]
早速、ネックレスの聖石「ヴァルゴ」の一片を使って、
装置を調整してみますね。
今しばらくお時間をください……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 6.3 ]
バッガモナンさんのネックレスを使うことにしました。
聖石「ヴァルゴ」を装置に組み込んで調整しています。
今しばらくお時間をください……。
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

ゴルモア大密林の古代遺跡

Lv
70
patch4.5
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 6.3 ]
組み立てはうまくいってるんですが、
出力が予想より若干下回っているようですね……。
もう少し調整したほうがよいようです。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
騙されてはいけませんッ!
それは聖石オティスの言葉……オティスが言わせているのです!
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
これを、これを持って、早くオーボンヌ修道院へ!
アルマさんを……アルマさんを助け出してくださいッ!!
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 6.0 ]
まさかアルテマ自らが魔力を行使するなんて……想定外でした。
ですが、聖石オティスを触媒としてゲートを開いたということは、
この魔道具が役に立つはずです……!
この魔道具はムーンブリダ先輩が残した設計図……
エーテルエクストラクターの原理を利用して作った妨害装置です。
特定のエーテル波長に対して反対の位相をぶつけることで……。
こ、細かい原理はともかく、
このエーテルジャマーはオティスに波長を合わせてあります。
アルテマがオティスを利用している限り有効なはず……!
これを持って、早くオーボンヌ修道院へ!
アルマさんを……アルマさんを助け出してくださいッ!!
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 5.9 ]
そんな……エーテルジャマーが役に立たなかっただなんて!
なんという……なんという……失敗を……。
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

楽欲の僧院 オーボンヌ

Lv
70
patch4.5
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
申し訳ございません……。
私の設計が間違っていたのですね……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
ああ!?
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
もしや……「超える力」が発動したのでは……?
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
血脈ではなく、ハイデリンが認めた勇者……ということですか。
なるほど、すべての辻褄は合いますね。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 5.9 ]
違いますよ、アルマさん。
以前、ご説明したとおり、聖石に興味を持つのと、
聖石自体が操るのとは別なんです!
貴女の責任じゃないんです……。
気にするのはもうやめにしましょう。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.9 , 5.9 ]
過去のゾディアックブレイブ……いえ、光の戦士ですら、
聖天使アルテマを討滅することは叶わなかったようです……。
何が待ち受けているかわかりませんが、ご用心を……!
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.1 ]
おかえりなさいませ。
……ようやく胸をなで下ろすことができますね。
そして、この冒険の旅もいよいよ……。
劇場艇プリマビスタ・大道具部屋
[ 5.8 , 6.1 ]
お噂どおりに貴女様は勇敢、そして慈愛に満ちあふれた方……。
こうやって共に成し遂げたことは私にとって誇り……
これからの生き方を見つめ直す機会をいただきました。
実は、学問を追究する余り、部屋から出ない日々も多く、
私にとって研究とは、本や教授からいただく知識がすべてでした。
ですが、やはり実体験に勝るものはありませんね……。
劇場艇の皆様との出会い、そして貴方様との邂逅……
すべてが私にとっては初体験で、何よりも勉強になりました。
これからも外へ出て研究にいそしみたいと考えています。
それでは、勇者様、ご機嫌よう……!