えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ブレモンデ

patch 2.x
????
気さくな同乗者
サブクエストラノシア

海の都リムサ・ロミンサへ

Lv
1
patch2.0
ロータノ海
……さん。
……なぁ、お前さん。
ロータノ海
うなされていたようだが、大丈夫か?
……ひどい汗だ。
ひょっとして船に酔ったのかい?
ふむ……吐き気は無さそうだ。
もしかしたら、エーテル酔いかもしれないな。
そろそろ陸地が近い。
この船の目的地、バイルブランド島みたいに
エーテライト網が整備されてる場所に近づくと、
ごくたまに居るんだよ。
お前さんのようにエーテル酔いするやつが。
……なぁに、すぐに慣れるさ。
ロータノ海
今日はやけに揺れるな……。
ロータノ海
そうだ、お前さん。
こんな空気の淀んだ船倉にいても仕方ねぇ。
甲板に出て、外の空気でも吸いにいこうぜ。
ついでに、少し話でもしないかい?
リムサ・ロミンサまで、まだ時間がありそうだしな。
それに、向こうの若いのは、愛想がないもんでね。
ロータノ海
へへ、俺はブレモンデ。
この辺りを流している旅商さ。
よろしくな。
ロータノ海
ふぅ……やっぱり海の風はいいねぇ!
空気がンまい!
それはそうと、お前さん。
見慣れない民族衣装を着ているな……。
見たところ、流れ者の「新人冒険者」ってところかい?
ロータノ海
やっぱりそうかい!
冒険者になって名を馳せたいってのは、
誰もが一度は憧れるものな!
ずいぶん復興が進んだとはいえ、
まだまだ戦禍は残ったままだ。
それに、近頃は魔物が凶暴になっていると聞く。
何だって、冒険者なんて危ない生業に?
ロータノ海
►力を求めて
なるほど、「力」ねぇ……。
確かに、戦いは冒険者の本分だからな。
自分の力を試すには、もってこいかもしれん。
街に着いたら、まず「冒険者ギルド」に登録をして、
腕や名声を上げることだな。
その上で、ファイターやソーサラーたちの
ギルドを訪ねて入門するといい。
リムサ・ロミンサでは、
「斧術」や「巴術」が盛んと聞くからな。

►名誉を求めて
なるほど、「名誉」ねぇ……。
確かに、冒険者として様々な依頼をこなしていけば、
金では買えない名誉を得ることができそうだ。
街に着いたら「冒険者ギルド」を訪ねてみるといい。
冒険者に必要なことを、アドバイスしてくれるだろうさ。
名誉を求めるお前さんの、役に立つかもしれないな。

►富を求めて
なるほど、「富」ねぇ……。
確かに、誰もが一度は、一攫千金の夢を追うものだからな。
戦いのうちに、職人の技を身につけるってのもありだな。
それなりに冒険者としての力がついたら、
職人たちのギルドを訪ねてみな。
リムサ・ロミンサは、「鍛冶」や「甲冑」、
それに「調理」や「漁師」も有名だ。
野蛮に武器を振るうだけが、冒険者じゃねえってことさ。
いっぱしの職人になるまでがんばりゃ、
富を求めるお前さんの、役に立つかもしれないな。

►答えない
なるほど、秘密ってわけかい……。
確かに、行きずりの商人に語るような
軽い決意じゃないのは、目を見ればわかるさ。
だが、お前さんのその目。
何か胸に秘めたものがありそうだ……。
まぁ、いいさ。
誰にでも、秘密にしたいことの
ひとつやふたつ、あるってもんさ。
ロータノ海
功を焦って、無謀な戦いだけはするなよ。
英雄になったとしても、死んじまったら、
墓石しか手に入らんのだから……。
ロータノ海
ひいぃぃ!!
ロータノ海
おいおい、海賊だと?
なんてこったい……。
ロータノ海
まったくツイてないぜ……。
リムサ・ロミンサ船籍の船は、
襲われないんじゃないのかよ。
ロータノ海
とんだ災難だったな。
しかし、さすが冒険者だ!
海賊騒ぎにも動揺しないなんて!
海賊が去ったとなりゃ、もうすぐ到着だな。
俺たちも、甲板に出てみるとするか。
ロータノ海
そういや、お前さん。
リムサ・ロミンサは初めてかい?
ロータノ海
►初めて
おや、初めてかい!
それなら、旅慣れたこの俺が、
ひとつ解説してやろうじゃないか。

►前に来たことがある
さすがは、冒険者だ。
それなら知っているんだろう?
ロータノ海
リムサ・ロミンサは、
エオルゼア随一の航海術を誇る海洋都市国家だ。
ひと昔前までは「海賊の街」って印象があったが、
今では海賊出身の首長「提督」が仕切って、
まともな国になりつつある。
とはいえ、独立独歩の気風が強い海賊どもだ。
反発の声も多く上がっている。
……さっきの海賊もそのクチだろうさ。
それに、この海に棲む蛮族、
サハギン族の侵入も増えてきているらしい。
おっと、そろそろ到着のようだぞ。
ようやく陸地だな。
ロータノ海
見ろ、あれが海に生きる者たちの港……。
海神リムレーンに愛された、荒くれどもの街。
海の都、リムサ・ロミンサだ!
ロータノ海
さて、と。
お前さん、ここでお別れだ。
旅商は街から街へってな。
商店街に荷を下ろしたら、また次の街だ。
これを受け取ってくれ。
世話になった礼と、餞別だ。
そういや、お前さんの名前を聞いてなかったな。
……まぁ、いいさ。
お前さんと出会ったことが俺の自慢になるように
立派な冒険者になっておくれよ!
メインクエスト新生エオルゼア

森の意志あらんことを

Lv
20
patch2.0
砂の家
[ 6.2 , 5.4 ]
兄貴がここに居ると聞いて、訪ねてきたんだが、
もう旅立ったあとのようだな。
第七霊災で兄弟と生き別れて、
旅の行商をしながら、2人を探しているのさ。
まったく、どこをほっつき歩いているのやら。
メインクエスト新生エオルゼア

青葉の思惑

Lv
20
patch2.0
砂の家
[ 6.1 , 5.1 ]
どうやら兄貴は、あの商人に荷を運んできたようだな。
なら、しばらく待っていれば、また来るかもしれん。
待たせてもらうとするか。
メインクエスト新生エオルゼア

十二賢者の行進

Lv
49
patch2.0
砂の家
[ 6.1 , 4.9 ]
おお、ブレモンド兄貴、それにブレモンダ!
英雄の相が集うは商機の証……
きっと2人に出会えると信じていたぜ!
メインクエスト新生エオルゼア

究極幻想アルテマウェポン

Lv
50
patch2.0
砂の家
[ 6.1 , 6.2 ]
旅のはじまりに、たったひとつの指輪を渡す。
その指輪が巡り巡って、英雄の持ち物になるんだ。
なかなか面白い巡り合わせだろ?