えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ブリサエル

patch 2.x
クラフター鍛冶師クエスト

鍛冶師ブリサエル副社長

Lv
1
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.6 , 14.9 ]
ようこそ「鍛冶」師ギルドへ。
……甲冑師もいいですが、
ぜひとも「鍛冶師」の話を聞いてくださいね。

僕はこの鍛冶師ギルドの「ギルドマスター」で、
ブリサエルといいます、お見知り置きを。
ギルド員の手助けや、
新しく鍛冶師を目指す方々の指導が役割で、
組織のまとめ役……といったところですね。
それから、鍛冶師や甲冑師にとっては最大の雇用先である、
「ナルディク&ヴィメリー社」という、
造船や武具を製造する会社の副社長も務めています。
社長のハ・ナンザは、気が強いうえに甲冑師でしてね。
鍛冶師と甲冑師は、昔から何かと競い合ってますから、
本当に胃が痛くなりますよ。

鍛冶というのは、炎を用いて金属を加工する技術です。
「鍛冶師」と範囲を限定した場合は、
主に、武器や道具を製作することが中心となりますね。
鎧を切り裂く鋭い刃、兜を叩き潰す重い斧……
鉱脈を掘り明かすピックのような金属製品の多くを、
僕たちが生みだしています。
頑丈なものから繊細なものまで、
僕たちが製作するものは、非常に多岐に渡りますからね。
確かな精度を持つ製品として仕上げるために、
僕たちは常日頃から、技術の研さんに余念がありません。
日常行う仕事こそが、修行になっているんですよ。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.6 , 14.9 ]
いやいや、お待ちしていましたよ!
ランドウルフ君と話していた方ですね?
僕はブリサエル、鍛冶師ギルドのギルドマスターです。
鍛冶師を目指したいのですよね?
でしたら、この僕と鍛冶師ギルドが
キミを全面的に後押ししますとも。
なに、疑ってかかることはありませんよ?
ただいま、鍛冶師ギルドでは有望な新人を募集中です。
入門希望者は、大歓迎ですとも。
さあ、どうです?
キミも僕たちと一緒に、鍛冶師ギルドで頑張りませんか?
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.6 , 14.9 ]
►いいえ
ええええええええ……!
ほ、ホントですかぁ?
あの、考え直してみませんか?

►はい
そうですか、そうですよね!
それはそれは、素晴らしい決断です!
[player]さん、僕たち鍛冶師ギルドは、
キミの入門を全力で歓迎しますよ!
鍛冶師の素晴らしさについて
たっぷりと時間をかけて教えてあげますとも。
そう、浮気など少しも考えないほどに!
それでは、キミの入門記念として僕からの贈り物です。
これは「ウェザード・クロスペインハンマー」
僕たち鍛冶師の商売道具ですよ。
さあさあ、さっそく装備してみてください。
装備できたら、まっさきに僕に声をかけてくださいね。
新人鍛冶師が誕生した瞬間ってやつを、
僕自身の目に焼き付けておくために。
クラフター鍛冶師クエスト

鍛冶師の鍛え方

Lv
1
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.6 , 14.9 ]
お、装備してくださいましたか。
ハンマーは、鍛冶師にとって大切な相棒。
これを、しっかり肝に銘じてくださいね。
それにしても……とてもよくお似合いです。
誰もがキミのように、鍛冶師を目指してくれれば
僕の胃痛も少しは和らぐのですが……。
さあ、ハンマーを装備できたことですし、
早速、これを使って金属を鍛えてみましょう。
実作業こそ、鍛冶師の腕を鍛える近道ですから。
まずは「ブロンズインゴット」作りから始めましょう。
インゴット作りは、金属加工の基礎中の基礎。
これをおざなりには、できません。
詳しく説明しますと、「ブロンズインゴット」とは
「銅鉱」と「錫鉱」で作り上げた合金の塊です。
材料となる「銅鉱」と「錫鉱」は、
この鍛冶師ギルドにいる「スミドヘームル」から、
購入することができますよ。
そして、金属を鍛えるのに
欠かせないのが「ファイアシャード」です。
金属加工には高温が必須。
「ファイアシャード」は加工中、
炉の高温維持を助けてくれる触媒です。
これら三種類の素材を揃えて、
「ブロンズインゴット」を作るのです。
頑張ってくださいね。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.6 , 14.9 ]
「ブロンズインゴット」を作ってください。
材料である「銅鉱」と「錫鉱」は、
鍛冶師ギルドにいるスミドヘームルから買えますからね。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
おおう……やりますなぁ。
いや、驚きましたよ、これほどとは。
ええと、まったくの初心者なのですよね?
鍛冶師の初歩の初歩を、今まさに学んでいる最中の。
正直、信じられません。
ズブの素人が、これほどまでに見事な
「ブロンズインゴット」を作り上げるなんて。
僕はもしかして、とんでもない天才の誕生する瞬間に、
立ち会ってしまったのでは?
ブロンズインゴットは合金としては柔らかい部類です。
ゆえに加工しやすく、様々な武器の素材になりますが……
実用的な強度を出すことは、なかなかに難しい。
ですが、キミの作ったこれは完璧。
一流の職人が作り上げたものと、遜色ありません。
今すぐにでも、商売にできるものですよ、これは。
初めてにして、これだけの物を作れるとは。
どうやらキミは、工神ビエルゴに愛されているようです。
ふふ……これは、
実に教え甲斐のある新人が入門してくれたものですね。
キミには、もっと「上」を目指してもらいましょうか。
ですが……下積みをおろそかにはできません。
いくら天才的であっても、最後にものを言うのは経験の蓄積です。
「ブロンズインゴット」で、経験を積んでください。
重ねた経験が、そして流した汗が「自信」に変わったころ、
金属の新たな加工方法をお教えしましょう。
メインクエスト第七星暦ストーリー

タタル頑張ル

Lv
50
patch2.3
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.6 , 14.9 ]
<鍛冶クラス開放済み>
おや、キミでしたか。
こんにちは、今日はどういった用件で?
自慢の一作でも、見せてもらえるのでしょうか。

<鍛冶クラス未開放>
おや、鍛冶師ギルドにご用ですか?
入門でしたら、受付のランドウルフに……。

……えっ、注文についての問い合わせですか?
鍛冶師ギルドに頼んでいた品が届いていない?
それはおかしいですね……。
「暁」のタタルさん宛の荷物なら、しばらく前に送りました。
お花の意匠のモールなんて珍しかったから、覚えてますとも。
もしや、荷運びの途中で何かあったのでしょうか?
頼んだ荷運び人が戻ってきているのなら、
八分儀広場南の空き地にいるはずです。
今まで何の連絡もなかったあたり、
一度きちんと問い詰めた方がいいかもしれません。
うう……心配したら、急に胃が……。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.6 , 14.9 ]
荷運び人は、八分儀広場南の空き地にいるはずです。
今まで何の連絡もなかったあたり、
一度きちんと問い詰めた方がいいかもしれません。
メインクエスト第七星暦ストーリー

希望の灯火

Lv
50
patch2.55