えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ブラギ

patch 5.x
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
新入りはいつだって歓迎だ。
ヒトが動けば、物流が生まれる……
巡り巡って、クリスタリウムの発展に繋がるからな……。

第一世界の街

Lv
70
patch5.0
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
ずいぶんと、物珍しそうだな……。
ということは、新入りか……。
クリスタリウム
ここは「ムジカ・ユニバーサリス」……
大仰な名前がついているが、つまりは市場だ。
俺は、ここの市場長をやっている……。
クリスタリウム
お前のような、[第一世界種族]の装備も取り扱っているから、
好きに利用するといい……。
クリスタリウム
お前は……もしや……ドワーフ族か……?
山から下りてくるなんて珍しいことだが……ふむ……
お前に合う装備も、取り扱いがあったはずだ。
クリスタリウム
►[第一世界種族]……?
うん……?
俺は何かおかしいことを言ったか……?

►[種族]の間違いでは?
うん……?
聞きなれない響きだな……どこかの方言か……?
クリスタリウム
そこの、手前で話しているふたりのうち、
背の低い方が「ヒュム族」……。
相手の、背が高い方が「エルフ族」……。
クリスタリウム
向こうにいる屈強そうなのが、
「ガルジェント族」で……
角が生えているのは、「ドラン族」だ。
クリスタリウム
そして、長い尻尾とウロコの肌を持つのが、
牧畜を得意とする「ズン族」なのだが……。
クリスタリウム
……どうやら、お前はそう呼んでいないようだな。
種族の呼び方が違うなんて、方言にしても珍しいが……
いったいどこの出だ……?
クリスタリウム
……どうやら、お前はそう呼んでいないようだな。
ドワーフ族の特別なしきたりなのか?
それとも、どこか方言のある地域に移住していたとか……?
クリスタリウム
ああ……なるほど……。
水晶公の同郷だったか……。
ならば納得だ。
ここ数年、同じように名乗る者がここに来ることがあったが、
皆とても賢い反面、妙なところで非常識でな……。
ならばお前も、そういうものなのだろう。
……これからも、わからないことがあったら聞いてくれ。
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
さっき紹介したほかに、
俊敏なミステル族や、俺のようなロンゾ族、
衛兵団のライナと同じヴィース族なんかも見かけるだろう。
クリスタリウムには、種族を問わず、
難民が集まってきているからな……。
さすがに、お前のようなドワーフ族は滅多に見かけないが……。
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
皆の喜びが、ここで見ているだけでも伝わってくる。
俺にとっては、同胞の笑顔が一番の喜びだ。
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
うん、どうした……?
お前も、急いでランプを買いに来たのか?
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
なるほど、ライナからの伝言だな。
わかった、必ずそのとおりにしておこう……。
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
……しかし、ライナとともにいたということは、
お前もホルミンスターでの戦いに赴いたんだな。
それほどの猛者なら……ふむ……
この奥にある酒場「彷徨う階段亭」に、
一度顔を出してみるといいだろう……。
店主の「グリナード」が、
うまい話を紹介してくれるかもしれないぞ……。
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
「彷徨う階段亭」は、そこの階段の上だ……。
ずいぶんと賑やかな声が聞こえるから、混んでいるかもな……。

クリスタリウムの意気

Lv
72
patch5.0
クリスタリウム
ユールモアは、いまだに世界の中心だ。
対立すれば、生きにくくなることは間違いない……。
市を預かる身から言わせてもらえば、
流通の面で、大きな制約を抱えることになる……。
だが……。
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
ユールモア軍の駐屯か……
ここで、できるかぎりの準備をしていくといい。
万全の備えがあれば、不測の事態にも対応できよう……。

運命はまた廻る

Lv
73
patch5.0
クリスタリウム
[ 10.0 , 13.6 ]
ユールモアとの対立による影響は大きいが……
悩むのは俺たちの仕事だ。
お前はいつも通り、好きに売買していくといい。