えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ハ・ナンザ

patch 2.x
サブクエストラノシア

夢をも釣る船

Lv
3
patch2.0
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
なに、漁師ギルドが漁船を発注したいって!?
そりゃ、少々困ったね……
ナルディク&ヴィメリー社は、
目下、大型船の建造で大忙しなんだ。
漁師ギルドの注文に応じるのは、かなり厳しいな……。
でも、漁師ギルドは、昔からの上得意だからね。
なんとか期待に応えられるよう、努力すると、
シシプに伝えておくよ。
サブクエストラノシア

迷子橋落ちない

Lv
3
patch2.0
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
目の前に見えてる「テンペスト陸門」の先に、
迷子橋っていう橋があるのを知ってるかい?
橋を支えてるのが、私たち甲冑師ギルドが鍛えた金属部品さ。
だが、最近、橋がガタつくと
苦情が増えてるって、バデロンが連絡くれてね。
調べてみたら、ガタつきの原因はラットにあったのさ。
そこで、迷子橋の近くで
「ラット」を5匹ほど討伐してほしいんだ。
終わったら、溺れた海豚亭の「バデロン」に報告しといてくれ。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
よう、「甲冑」を生み出す板金加工技術に、
興味がおありかい?

私は、ハ・ナンザ。
造船や武具製造を手がける、
「ナルディク&ヴィメリー社」の社長だ。
ここ、甲冑師ギルドの「ギルドマスター」も兼務し、
若い連中への技術指導もしているよ。
5年前の霊災では、多くの職人たちが逝っちまったからね……。
リムサ・ロミンサの板金加工技術を次代に継承し、
さらに発展させるのが、私の使命だと思ってるのさ。

鉄や銅などの金属を素材にして、小手や盾、鎧兜のような、
甲冑を製作するのに必要な技が、板金加工だ。
素材となる金属を、熱して、叩いて、曲げて、
思いどおりの形や強度の製品に作り上げる……
そういう作業をするわけさ。
力強くハンマーを振り下ろす大胆さは、
鍛冶師同様に必要な資質だが、甲冑師の場合、
爪の先ほどの狂いも見逃さない繊細さも同じぐらい必要だ。
まさしく、炎と金属で作り上げる芸術さ。
私は、この甲冑師という仕事に誇りを持ってるよ。
クラフター甲冑師クエスト

甲冑師ハ・ナンザ社長

Lv
1
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
入門希望の子かい?
私がこの甲冑師ギルドのギルドマスターをやってるハ・ナンザさ。
大まかな話は、グ・ワナッコから聞いたね?
だったら、私から説明することはあんまりないが……
まぁ、楽な商売じゃないってことは理解してほしいね。
毎日毎日、炎と金属を相手にするキツい仕事さ。
好きでなきゃ続かないし、好きなだけでも続かない。
この道を究めるっていう、強い意志が必要さ。
こう言われてもなお、甲冑師ギルドに入りたいかい?
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
►いいえ
……なんだ、ビビっちまったのかい?
ま、やっぱりやめるって言うなら、この話はここまでだね。

►はい
へぇ……言いきったね。
驚いたよ、私の話を聞いても動じないなんて。
だったら、私はあんたの言葉を信じるだけだ。
甲冑師ギルドへの入門、認めるよ。
ただし、ちょっとでもへこたれたら、そんときゃクビだ。
そのくらいの気持ちで接するから、覚悟しときな。
……なんて、脅かすのはここまでにしようか。
心が折れるかなんて、やってみなけりゃ分からないしね。
それで、あんたの名は?
……じゃあ[player]、こいつを装備してみな。
「ウェザードドーミングハンマー」、甲冑師の道具さ。
装備したら、私に声をかけてくれ。
おかしいところがないか、私が確かめてやるから。
クラフター甲冑師クエスト

甲冑師の心得

Lv
1
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
うん、格好だけはいっぱしの甲冑師になったかな?
だったら、これからは中身もいっぱしにしてかないと!
見かけ倒しの職人なんて論外だ。
我がギルドの一員である以上、中途半端は許さない。
イヤでも一人前になってもらうから、そのつもりで。
とは言っても、恐れるこたぁ別にないよ。
私の言うこと聞いて、しっかり学んでいくかぎり、
あんたの腕前はかならず上達していくさ。
それじゃあ、さっそく課題でも出そうか。
努力する時間を惜しんでる場合じゃないからね。
まずは、そのハンマーを使って
「ブロンズインゴット」を1個、作ってきな。
これは、甲冑師なら誰でも通る道ってやつだ。
甲冑作り……板金加工の基本と言えば、
やっぱり青銅にかぎるのさ。
その青銅の塊が、「ブロンズインゴット」だ。
強度がそれほど高い合金じゃないけど、
その分、腕がなくとも加工がしやすい。
駆け出しの修行にゃ、もってこいだよ。
製作に必要な材料は「銅鉱」と「錫鉱」、
それから「アイスシャード」さ。
「銅鉱」と「錫鉱」なら、
ギルド内にいる「スムルウィブ」が売ってるから、
声をかけてみるといい。
さあ、さっそく製作に取り掛かってもらおうか。
あんたの作った「ブロンズインゴット」を楽しみにしてるよ。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
いいかい、作るのは「ブロンズインゴット」だ。
材料が必要なら、ギルドのスムルウィブが売ってくれるよ。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
なるほど……!
これがあんたの「ブロンズインゴット」ってわけだね?
これがあんたの今の力、今できること……か。
ふふ、悪くないね、実に悪くない。
初心者でこれだけできりゃあ、上出来ってもんさ。
青銅ってのは「銅鉱」と「錫鉱」の配分がすべてだ。
「錫鉱」が多いと、硬くはなるが脆くなって、
甲冑の材料としては使えなくなる。
だから最低限の品質を保つため、
レシピで分量が決まってるわけだが……
それでも、さじ加減をしくじる奴がいるのさ。
だが、あんたの作ったこれは上出来だ。
正直、このままでも十分に商品になるくらいだよ。
この品質を常に製作できることが、
ウチに所属する甲冑師の目標だよ。
そこのところ、よおく肝に銘じておきな。
そのためには、日々の修練は欠かせないよ。
当面は「ブロンズインゴット」でも作り続けて、
基礎固めの反復練習をするこったね。
で、そいつを飽きるほど作ったら、私に声をかけな。
新しい課題、用意してやるからさ。
メインクエスト新生エオルゼア

ブルワーズ灯台の異変

Lv
11
patch2.0
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
ブルワーズ灯台の炉が壊れたって……!?
おかしいな、修理したばっかりだってのに。
中に入れたトーチライト・ボムの活きが良すぎたかねぇ。
ともかく事情はわかった、すぐに人を送って修理させよう。
よく報告してくれたね、ご苦労さん。
メインクエスト新生エオルゼア

モラビー造船廠へ

Lv
11
patch2.0
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
お前さん、信頼のおける冒険者のようだし、
ナルディク&ヴィメリー社の手伝いをしてみないか?
うちは今、大型船を建造中で人手不足でね。
手始めに、「モラビー造船廠」へひとっぱしりして、
この「ナルディク&ヴィメリー社の封書」を
造船師筆頭の「アートビルム」に手渡してほしい。
船の部品なんかは、この工房でも制作してるが、
船の組み立ては、低地ラノシアの南にある
モラビー造船廠で行ってるのさ。
あそこは、ナルディク&ヴィメリー社の本社があるし
エーテライトもある、リムサ・ロミンサ領の中でも
重要な場所だから、行って損はないよ。
道に迷いたくないなら、「チョコボポーター」を使うといい。
ミズンマストの1階にいる係員に声をかけてみな。
徒歩で行くつもりなら、テンペスト陸門から出て、
南へ向かうことだね。それじゃ、急いで頼むよ。
サブクエストラノシア

敏腕美容師の過激なる美技

Lv
15
patch2.1
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
ジャンドゥレーヌという挙動不審な男の使いだって……?
ったく、またアレをなくして発作を起こしちまったのかい?
ヤツにとって、アレは身体の一部みたいなもんだからね。
握ってないと、どうにも不安になっちまうらしいのさ。
しかも、アレならなんでもいいってわけでもない。
ジャンドゥレーヌの華麗なアレさばきに耐えられるのは、
ウチで特別に鍛えたアレだけさ。
さあ、早いとこもってってやんな。
ヤツのことだ、アレを握ってないと、
呼吸も忘れちまいかねないからね!
メインクエスト新生エオルゼア

帝国兵なりきり装備

Lv
46
patch2.0
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
よう[player]かい?
サルク・マウルク様より、連絡を受けてるよ。
傷んだ兜を打ちなおすんだって?

……なるほどね、そういうことかい。
あの人のやりそうなこった。
安心しな、内密に処理しておくよ。
あの人は、ウルダハのとある商人のご子息なんだけどね。
冒険者ってのに異常な憧れを持っちゃってさ。
趣味が高じて、ついには本物の冒険者になっちまった。
まぁ、この「ナルディク&ヴィメリー社」が潤うなら、
私はどっちでもいいんだけどさ。
……ほらよ、こんなもんでいいだろう。
時間をかけりゃ、完璧に仕上げてみせるんだが、
とりあえず見た目だけは整えておいた。
これを持っていきな。
サルク・マウルク様に、よろしく伝えておいてね。
メインクエスト第七星暦ストーリー

先行統一組織

Lv
50
patch2.3
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.5 , 15.4 ]
先行統一組織ねぇ……。
そのバカでかい心意気は嫌いじゃないが、
社長とギルドマスターの兼任ってのは、結構忙しいのさ。
仲間に加われってのは無理な話だが、
必要なものがあれば、相談に乗らなくもない。
発注書にしたためて、いつでも持ってきな!
メインクエスト第七星暦ストーリー

希望の灯火

Lv
50
patch2.55