えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ナレーション

patch 3.x
メインクエスト蒼天のイシュガルド

イシュガルドへ

Lv
50
patch3.0
クルザス中央高地
その者は わずかな友を伴い やって来た
陰謀により 血で穢された祝賀会を脱した かつての英雄は
あらぬ汚名を着せられ 今や追われる身である
それでもなお 再起を信じ
失われた仲間と希望を捜し求め 彼らは歩み続けていた
堕ちた英雄が訪れたのは
北方の地クルザスを領する 山の都「イシュガルド」
国教「イシュガルド正教」の長たる教皇が王権を有し
戦神ハルオーネを主神とする 宗教都市国家である
四大名家率いる貴族たちが 剣と槍を掲げ
仇敵ドラゴン族から 都市を護り 戦い続ける
「竜詩戦争」とも呼ばれる 千年もの果て無き戦いを ━━
固く閉ざされた大審門の扉を開き
歴史ある皇都に足を踏み入れた 光の戦士たち
彼ら異邦の者たちの到来が
千年の歴史を揺るがす 変革の始まりとなることを
この時 知る者はいなかった
━━ エドモン・ド・フォルタン伯爵の回顧録
『蒼天のイシュガルド』より
ファイター暗黒騎士クエスト

悲鳴に導かれ

Lv
35
南ザナラーン
胸を焼くような思いとともに、「声」が脳裏に響いてくる……。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

鷹の巣

Lv
50
patch3.0
クルザス西部高地
第七霊災による気候変動は
クルザス西部高地を 極寒の世界へと変えた
氷壁に道を閉ざされ 一時は放棄されたこの地を
再びイシュガルドの民が 取り戻そうとしている
冒険者が降り立ったのは
正に再建の途上にある寒村「ファルコンネスト」だった
メインクエスト蒼天のイシュガルド

雲上の騎兵団

Lv
50
patch3.0
アバラシア雲海
ガレマール帝国出身の天才機工師
シドがもたらした飛空艇技術は 人々を空へと誘った
仰ぎ見ることすら難しかった 雲海の「浮島」にさえ
今やイシュガルドの騎兵たちが 降り立ち活動している
天よりドラゴン族の動きを見張るための監視所が
アバラシア雲海に築かれつつあったのである
メインクエスト蒼天のイシュガルド

対話への旅路

Lv
52
patch3.0
高地ドラヴァニア
アルデナード小大陸を東西に貫くエオルゼアの背骨
アバラシア山脈
霊峰「ソーム・アル」を仰ぎ見るこの地は
ドラゴン族の本拠地として知られる
竜がその空を支配する領域に
冒険者たちは足を踏み入れるのだった
メインクエスト蒼天のイシュガルド

霊峰を越えて

Lv
53
patch3.0
高地ドラヴァニア
声をかけても返事がない……。
すでに、息絶えているようだ……。
ドラヴァニア雲海
霊峰「ソーム・アル」を踏破し
その頂に立った 冒険者たち
彼らが目にしたのは 雲海に浮かぶ美しい浮島の数々だった
かつて人と竜とが ともに暮らしたという雲上の世界に
光の戦士たち一行は 千年ぶりの来訪者として訪れたのだ
サブクエストイシュガルド

イシュガルドのモブハント(初級)

Lv
53
patch3.0
イシュガルド:下層
これが「セントリオボード」のようだ。
討伐対象「モブ」の手配書が掲示されている……。
まずは、「初級」から挑戦していこう。
サブクエストイシュガルド

イシュガルドのモブハント(中級)

Lv
56
patch3.0
イシュガルド:下層
討伐対象「モブ」の手配書が掲示されている……。
次は、「中級」に挑戦してみよう。
サブストーリークエスト聖アンダリム神学院記

聖アンダリム神学院の消えた書物

Lv
56
patch3.0
聖アンダリム神学院
「正教法大全」の1~9巻が並んでいる。
しかし、4巻と6巻が見当たらないようだ。
聖アンダリム神学院
「正教法大全」の6巻が収められている。
聖アンダリム神学院
「正教法大全」の10巻が置いてある。
モーグリ族ストーリークエスト

友を操る修復団!

Lv
50
ドラヴァニア雲海
モグップたちが、疲れきって倒れている……。
モーグリ族ストーリークエスト

像を手がける修復団!

Lv
50
ドラヴァニア雲海
モグモグ修復団によって石像が修復されました。
しかしモグジンには、
グリンブルスティの様子が気になるようです……。
モーグリ族ストーリークエスト

岩を砕く修復団!

Lv
50
ドラヴァニア雲海
どれも無関係のガレキのようだ……。
ほかの場所を調べてみよう。
モーグリ族デイリークエスト

ヒトのモノに興味津々

Lv
50
ドラヴァニア雲海
飛空艇の模型は勢いよく落ちていき、
それを追った子竜も、共に雲海に消えた……。
モーグリ族デイリークエスト

くしゃみ大作戦

Lv
50
ドラヴァニア雲海
聖竜の眷属が気持ちよさそうに眠っている。
モーグリ族デイリークエスト

一石二鳥のヤスリ作り

Lv
50
ドラヴァニア雲海
猛々しき翼の飛竜から、「ワイバーンの古い鱗」を剥がし取った!
モーグリ族デイリークエスト

気合注入!

Lv
50
ドラヴァニア雲海
気が抜けたモーグリ族は、
ブツクサと文句を言いながら、どこかへ去っていった。
ドラヴァニア雲海
反応がない……。
プロの職人として気合を入れてもらうため、
「活を入れる」としよう。
ドラヴァニア雲海
気が抜けたモーグリ族は、
語気を荒げて文句を言いながら、どこかへ去っていった。
きついイッパツでプロの職人としての闘魂を注入して、
目覚めさせるしかないだろう。
ドラヴァニア雲海
何も反応がない……。
きついイッパツでプロの職人としての闘魂を注入して、
目覚めさせるため、「平手打ち」をしよう。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

いざ高空層へ

Lv
57
patch3.0
アバラシア雲海
アバラシア雲海の北部は
未だ多くの地域が未開のままである
「魔大陸」へと向かった教皇を追う冒険者ら一行は
この地に 足を踏み入れるのだった
新たな戦いの火種が迫っているとも知らずに
バヌバヌ族ストーリークエスト

豪猛なる太陽の舞

Lv
50
アバラシア雲海
「グンド族のトーテム像」に「太陽の舞」を踊ることで、
グンド族の先祖の英霊に力添えを頼んだ!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

イディルシャイア

Lv
58
patch3.0
低地ドラヴァニア
アバラシア山脈から流れ出た雪解け水は
無数の小川となって降り やがて集まりサリャク河となる
この大河の恵みにより 低地ドラヴァニアは
豊かな自然に恵まれ 長らくひとつの都市を養ってきた
学術都市「シャーレアン」 ━━
今や住民が北洋に去り 廃墟と化した都である
サブクエストドラヴァニア

イシュガルドのモブハント(上級)

Lv
59
patch3.0
イシュガルド:下層
討伐対象「モブ」の手配書が掲示されている……。
いよいよ、「上級」に挑戦してみよう。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

蒼天のイシュガルド

Lv
60
patch3.0
アジス・ラー
反応がない……機能を停止してしまったようだ……。
クルザス中央高地
こうして ひとつの物語の幕が閉じた
この先も イシュガルドの動揺はしばし続くだろう
千年に渡って続いた 教皇による統治の終焉は
この国の有り様を 覆したのだ
ドラゴン族との戦いも終わったわけではない
邪竜の脅威は 未だ残っている
だが ━━
若き神殿騎士団総長と頼もしき盟友たち
そして 光を取り戻した英雄がいるかぎり
いつの日か かつてそうだったように
真の平和が訪れ 人と竜との融和がなされると信じている
我々は それを紡がねばならない
次の千年に続く 新たな竜詩の始まりとして ━━
ディアデム諸島
こちらアインハルト管制、貴船の進入を確認した。
ようこそ、ディアデム諸島へ!

冒険者諸君には、「過属性クリスタル」の収集を依頼したい。
これより指定する地点に向かい、資源を確保されたし。

また、任務の過程では、「活動評価」を指針として、周辺の探索も進めてもらいたい。

こちらアインハルト管制……探索任務の達成を確認した。
引き続き、周辺を探索し、「活動評価」を高めてくれ。

こちらアインハルト管制……
探索任務の第一段階完了を確認した。

さらに、もうひとつの地点を指定させてもらう。
引き続き、「過属性クリスタル」の収集を続行してくれ。

また、任務の過程では、「活動評価」を指針として、周辺の探索も進めてもらいたい。

こちらアインハルト管制……探索任務の達成を確認した。
引き続き、周辺を探索し、「活動評価」を高めてくれ。

こちらアインハルト管制……
探索任務の第二段階完了を確認した。

最後に収集した品を、「バウンティ号の漂着地」にいる、
「アインハルト家の飛空士」に届けてくれ。

諸君たちの協力に感謝する。
報酬は、漂着地で受渡をさせてもらうぞ!
ディアデム諸島
こちらアインハルト管制……
すべての探索任務の完了を確認した。

冒険者諸君の協力に感謝する。
報酬を受け取れるよう手配しておいた。

以降は、エーテルホールを利用し、境界の向こう側へ向かうなど、
自由に探索を続けてくれたまえ……それでは、よい探索を!
サブクエストイシュガルド

イシュガルドのリスキーモブ

Lv
60
patch3.0
イシュガルド:下層
討伐対象「モブ」の手配書が掲示されている……。
ついに、「リスキーモブ」に挑戦できるようだ!
メインクエスト竜詩戦争 完結編

蒼天の未来

Lv
60
patch3.1
イシュガルド:上層
英雄の凱旋からまもなく ━━
公表された真実によって 民は混乱の渦中にあった
千年の長きに渡り 語り継がれてきた歴史と信仰
それが欺瞞に満ちたものであったと 明らかになったためである
信じるべき心のよりどころを失った人々は
ある者は怖れ ある者は嘆き ある者は怒り狂った
それでもこの皇都には 正しき道を歩もうと
戦いの輪廻から脱し 融和を実現しようとする者たちがいた
人と竜との新たな時代 ━━
蒼天の未来を信じて
ドラヴァニア雲海
だが 皇都の外には
未だ大いなる脅威が存在していた
蒼の竜騎士の肉体を奪った邪竜の影が
虎視眈々と復讐の機会を狙っていたのだ
和を望む者あれば 戦を望む者もあり
それは人も竜も変わらぬことだと 我々は後に知ることになる
メインクエスト竜詩戦争 完結編

迫り来る闇

Lv
60
patch3.1
高地ドラヴァニア
光の戦士たちが 懐かしき仲間との再会を果たしていたころ
皇都では ひとつの事件が起きていた
神殿騎士団総長アイメリク卿が暴漢に襲われたのである
神聖なる皇都で起きた流血沙汰は 人々を震撼させた
くすぶり続けていた火が炎となり 燃え広がりつつあることを
多くの民が実感したのである
メインクエスト竜詩戦争 完結編

光と闇の境界

Lv
60
patch3.1
フォルタン伯爵邸
それぞれが それぞれの胸の内に新たな決意を秘め
ゆっくりと歩き出していた
踏み出した先に 何があるのかを知らず
それでも進まねばならない
歩む先にあるのは光か闇か
その境界を創るのもまた自分なのだから
この時 皆がそう感じていたのだった ━━
フォルタン伯爵の回顧録『蒼天のイシュガルド』
第二章「光と闇の境界」より抜粋
メインクエスト竜詩戦争 完結編

運命の歯車

Lv
60
patch3.2
神殿騎士団総長室
かくして 運命の歯車はそれぞれに廻りだし
このイシュガルドをも 大きく動かさんとしていた
誰もが癒えぬ傷を抱きながら
渇望した未来へと 歩みはじめたのである
それは同時に 避けられぬ決着の訪れでもあった
邪竜ニーズヘッグによる宣戦布告
竜詩戦争の終焉にむけて 戦端が開かれようとしていた ━━
フォルタン伯爵の回顧録『蒼天のイシュガルド』
第三章「運命の歯車」より抜粋
メインクエスト竜詩戦争 完結編

ふたつの魂

Lv
60
patch3.3
クルザス西部高地
ファルコンネストでの記念式典は
人と竜との交流の再開を 言祝ぐものとなるはずだった
しかし 蒼の竜騎士の身体を奪った「邪竜の影」の介入により
式典会場は竜の血に染まってしまう
かくしてイシュガルドの民は「竜詩戦争」の終結には
ほど遠いという現実を 思い知らされたのである
恐怖を裏返した熱情に煽られ みなが口々に叫んでいた
邪竜を倒せ 邪竜を倒せ と ━━
メインクエスト竜詩戦争 完結編

最期の咆哮

Lv
60
patch3.3
イシュガルド:上層
雲廊における 邪竜の影との激戦からしばらくして
アイメリク卿は強行代行として ひとつの決断を下した
千年に渡り 歴代の教皇が受け継いできた
王権を放棄し 共和制への移行を宣言したのである
以後 イシュガルドの政治は 貴族から選出された貴族院と
平民から選出された庶民院の議員たちが 担うこととなる
政教分離を行いながらも 貴族と平民の両者を立てた改革案は
事前の根回しの甲斐あって 大きな混乱なく受け入れられた
そんな貴族院 初代議長に選出されたのは共和制移行宣言と同時に
教皇代理から退いたボーレル子爵こと アイメリク卿であった
イシュガルド:上層
当初 アイメリク卿は 議長就任を強く拒否していたが
意外なことにデュランデル伯爵が熱心に説得し承諾させたのだった
変革の風が 穏やかに吹き始めていたのである
イシュガルド:上層
後日行われた 議長就任式典には
竜までもが招かれ 新たな皇都の門出に相応しいものとなった
人々は 白竜の背に乗り 蒼天の空を舞うアイメリク卿を見て
竜を駆る「新時代の蒼の竜騎士」と呼び称賛したのだった
ドラヴァニア雲海
かくして 最後の咆哮は 雲の波間に消え
融和の竜詩が新たに紡がれることとなったのである
フォルタン伯爵の回顧録『蒼天のイシュガルド』
終章「最後の咆哮」より抜粋
サブストーリークエスト竜詩戦争 番外編

旅の果て

Lv
60
patch3.3
ドラヴァニア雲海
雲海に吹く風は、今日も冷たい。
エスティニアンの思いやり、アルフィノが灯した焚き火の温かさ、
イゼルの作ったシチューの味、モグタンの寝息……思い出が蘇る。
微かに風に乗って、聖竜の詩(うた)が聞こえた気がした。
サブストーリークエスト竜詩戦争 番外編

目に浮かびしは

Lv
60
patch3.3
ドラヴァニア雲海
邪竜ニーズヘッグの巣、「ドラゴンズエアリー」がよく見える。
エスティニアンとの共闘、そして、聖竜との再謁見で知った、
衝撃的な真実について思い出した……。
サブストーリークエスト竜詩戦争 番外編

友の微笑み

Lv
60
patch3.3
アジス・ラー
……何かを見つけた。
近づいて、確認してみよう。
アジス・ラー
ニメーヤリリーの花束がある……。
死者に手向ける、鎮魂の花として知られるものだ。
どうやら、誰かが供えていったものらしい。
一陣の冷たい風が吹き抜けた。
遠い空の彼方に、ダイアモンドダストの輝きが見えた気がした……。
アジス・ラー
魔科学研究所での戦いを思い出した。
アシエン・ラハブレアとアシエン・イゲオルム……
そして、蛮神「ナイツ・オブ・ラウンド」との激闘……。
友であるエスティニアンが、ふたつの竜の眼を取り戻したことで、
邪竜の影と化してしまったが、それも打ち払われた。
だが、救うことができた友もいれば、
自分を救うために散っていった友もいる……。
最後に訪れるべき場所は決まった。この旅の終着点に向かおう。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

戦う者たちの休息

Lv
60
patch3.4
イシュガルド:上層
ここからは かの伯爵の回顧録には綴られない物語
終わりは 始まり……
英雄と呼ばれた冒険者は こうしてまた歩み出した
彼方に広がる 新たな戦いの舞台へと
まるで 世界に導かれるように……
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

魂を継ぐ者

Lv
60
patch3.4
石の家
ともに戦った仲間 あるいはその手で挫いた敵
去りゆく者の魂を それぞれが抱いて
魂を継ぐ者たちは 歩みを続けていく
石の家
終わりは 始まり……
故に 新たな物語をはじめるには
何かを 終わらせなくてはならないのだろう ━━
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

ギラバニアからの報せ

Lv
60
patch3.5
石の家
ギラバニアからもたらされた 不穏な報せ
それは 終わりの始まりを告げる 狼煙だったのかもしれない
戦いが始まれば 誰かが犠牲という名の対価を 支払うことになる
その現実から目を背けちゃいけないってことを
ルイゾワのじっちゃんは 教えてくれた
だから 僕は選ぶ 僕自身の選択を
そして選ばせなくてはならない 彼女自身の選択を ━━