えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ナシュメラ

patch 5.x
指導者らしき女性
ファイター踊り子クエスト

踊り子の到来

Lv
60
patch5.0
リムサ・ロミンサ:下甲板層
そう、そのまま……
緊張を見せないで、ラナー……。
最後まで踊りきってこそ、観衆の心を動かすことができるのよ。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
あら、ごめんなさい。
せっかくご覧いただいているのに、気を散らすようなことを……。
どうぞ、彼女の舞に目を向けてくださいな。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
ところで…………あなた、素敵ね。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
先ほどは突然、失礼。
私はファルシャム一座の座長、ナシュメラ。
舞いを披露していた踊り子、ラナー・ミーゴの師匠でもあるわ。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
さて、あなたにひとつ質問……。
うちのラナーと一緒に、
「踊り子」として、舞台に立ってみる気はない?
リムサ・ロミンサ:下甲板層
戸惑うのも当然よね……でも、あなたを見た瞬間、感じたの。
数多の戦闘をこなし、身につけたであろうその立ち振る舞い。
きっと、いい舞を踊るんだろうな、って。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
もう少し、詳しく説明するわ……。
私たちは、近東地域の自由民から生まれた武の舞踏、
「クリークタンツ」を継承している一座なの。
その特徴は、大きくふたつ……。
ひとつは、武の舞踏という名のとおり、
各地を旅する上で身につけた、投擲武器を振るう戦いの術。
そして、もうひとつは「舞」そのもの……。
クリークタンツの舞には、ある魔法的な力が宿っているの。
観る者の心を鼓舞し、己の内に抱える不安を追い出す力が、ね。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
エオルゼアは、霊災以後めざましい速度で復興を遂げているわ。
けれど、未だに災厄の爪痕は残り、戦乱が人々を脅かしている。
私たち一座は、今回の巡業で各国の民に舞を披露することで、
人々が抱える不安を、少しでも和らげていきたいと思っているの。
ただ、私が怪我で引退して以来、一座の踊り子はラナーだけ。
エオルゼア諸国をまわる間だけでも、手を貸してくれたら助かるわ。
それに……あなたにもメリットのある話だと思う。
さっきも言ったように、
私たちのクリークタンツは、戦うための力にもなる……。
冒険者として、新たな戦闘術の修得には興味があるんじゃない?
リムサ・ロミンサ:下甲板層
さて、私は座員たちに今の公演の講評をしなくちゃ。
しばらくは、この広場にいるだろうから、
「踊り子」の件、興味が出たら私に話しかけてね。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
[ 9.1 , 15.1 ]
あら、声をかけてくれたということは……
「踊り子」になることを了承してくれるのかしら?
リムサ・ロミンサ:下甲板層
[ 9.1 , 15.1 ]
►いいえ
それは残念……。
私たちは、ここでしばらく次の公演の題材を検討しているから、
気が変わったら、また声をかけて。

►はい
ありがとう! 実は断られたらどうしようかと思っていたの。
これから一緒に、一座を盛り立てていきましょう。
リムサ・ロミンサ:下甲板層
[ 9.1 , 15.1 ]
一座の座長としては、
切磋琢磨して、ふたりともに成長していってほしいものね。
さあ、あなたの名前を教えてくれるかしら?
[player]……それじゃあ、これを受け取って。
武の舞踏「クリークタンツ」の技と知識が込められた、
「踊り子の証」よ。
それと、初歩的な装備一式も渡しておくわ。
これらを身につければ、あなたも立派な「踊り子」よ!
さあ、さっそく身につけてみてちょうだい!