えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ドウワレ

patch 4.x
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ドマの語り部たち

Lv
61
patch4.0
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
私も東方での戦いに参加したい。
だが、ユウギリ様は開拓団の皆を護るようにと、
そう命じられたのだ……。
メインクエスト紅蓮のリベレーター

待っていた者、いない者

Lv
67
patch4.0
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
……うおおおおおお!
ドマ万歳! ヒエン様万歳! 暁万歳!
そして、[player]殿も万歳だ!!
メインクエスト解放戦争 戦後編

英雄の帰還

Lv
70
patch4.1
石の家
[ 6.7 , 6.1 ]
この地で受けた恩に、少しでも多く報いねば、
胸を張ってドマに帰ることはできない。
今日も今日とて、鍛錬ッ! 労働ッ!
サブストーリークエストドマ町人地復興記

君臣の義を以って

Lv
70
patch4.2
モードゥナ
[ 22.7 , 6.2 ]
この街は、かなり立派になったと思うのだが……どうか?
今後は、単に土地を開拓することよりも、
細やかな改善や気配りをしていくべきだと考えている。
モードゥナ
確かに。
主君が礼をしてくださったからといって、
急に帰り支度をするのは、あまりに薄情だろう。
モードゥナ
我々は、この街で暮らす中で、
エオルゼア諸国も困難な問題と戦っていることを知った。
漂着直後に受け入れを断られたことについても、納得できよう。
しかし、そんな状況の中でも、
我々を受け入れてくれた人が……街が、あったのだ。
それについての感謝は深い。
たとえ主君のご好意であっても、
恩返しを人任せにしてはならぬのでは……?
モードゥナ
[player]殿、少しよろしいか?
すまぬが、貴殿の知恵を貸してほしい。
モードゥナ
この街には、今や多くの人が集まっているが、
中でもロウェナ商会は、影響力の強い存在だ。
我々も、レヴナンツトール開拓団の一員として働く中で、
幾度も彼女たちと取引し、ときには援助を受けたこともあった。
ゆえに、街を去る前にきちんと挨拶をし、
今後の取引について、明らかにしておきたいと思っている……
のだが……あちらを見てほしい……。
モードゥナ
あそこにおわす黒髪の女性が、
ロウェナ商会の中でも、我々と直接やりとりをする係だ。
しかし……我ながら失礼極まりないとは思うのだが……
彼女の名前が、どうにもはっきりせぬのだ。
あの商会の者は、皆、名前が似ているゆえな……。
最後くらいは、きちんと名を踏まえて言葉を交わしたい。
さて、彼女の名前は何だったであろうか?
モードゥナ
►エリナ
ハッ、そうだ! 確かにそうであった!
間違いない、彼女は「エリナ」であるはずだ!!
さすがは、[player]殿。
ロウェナ商会の上客であるという噂は、まことだったか。
ありがとう、また忘れぬうちに話をしてこよう。

►オーリアナ►ラレナ►グ・ジュザナ►パパナ
うむ……?
そのような名前だっただろうか……。
なんだか、別人のような気が……。
ええい、ままよ!
悩んでいても解決はせぬ、あたって砕けて参る!!
サブストーリークエストドマ町人地復興記

朋友は信を示す

Lv
70
patch4.2
モードゥナ
ス、スラフボーン殿ぉ……!!
こちらこそ、まこと、感謝が尽きませぬ!
モードゥナ
[ 22.7 , 6.2 ]
よし、次の仕事に参るとしよう。
まだまだ、きっちり片づけるべきことがあるのでな。
サブストーリークエストドマ町人地復興記

町人地は根気よく

Lv
70
patch4.3
ドマ町人地
[ 4.0 , 7.2 ]
[player]殿!
おかげさまで、レヴナンツトールに身を寄せていた同朋は、
皆、無事に帰還している。
悲嘆に暮れた行きの航海と違い、
帰りの航海は、いかに穏やかで希望に満ちていたか……!
貴殿らには、どれほど感謝しても足りぬほどだ。
ドマ町人地
[ 6.9 , 8.9 ]
最近、どう町人地に貢献できるか、悩んでいるのだ……。
自分には、ツラヌキさんたちのような手につく職もないし、
ヒギリのように料理の腕が立つわけでもないからな……。
サブストーリークエストドマ町人地復興記

慰霊の送り火

Lv
70
patch4.4
ドマ町人地
[ 6.3 , 5.7 ]
ここでなら、自分の力をいかんなく発揮できる!
己の忍道に基づき、この町の治安を守っていく所存だ!