えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ツラヌキ

patch 4.x
????
聞きおぼえのある声
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ドマ民一揆

Lv
67
patch4.0
ヤンサ
[ 28.2 , 25.6 ]
あひゃひゃひゃひゃ……!
若ぇモンがそろって、なんでぇなんでぇ!
ドマ奪還? 反乱軍?
はーっ、こいつはおったまげたねぇ!
まだそんな無意味なことを言ってる奴がいたのかい!
あひゃ、あひゃ!
いいぜぇ、話くらいは聞いてやらぁ!
だが、あんまり笑かすと、ぽっくり逝くから注意しなぁ!
メインクエスト紅蓮のリベレーター

生き続けるために

Lv
67
patch4.0
ヤンサ
[ 28.2 , 25.6 ]
で……なんでぇ?
帝国兵と戦うために、村人が鎧う防具がほしいってぇ?
あひゃひゃひゃひゃ!
死ににいくのに防具がほしいたぁ、阿呆かい!?
どうしてもってんなら、鉄板でも腹に仕込んでな!
おうおう、男ツラヌキ、鉄材を持ってきてくれりゃ、
腹巻みたいな鉄板をこさえてやんよぉ!
あひゃひゃっ!
ヤンサ
[ 28.2 , 25.6 ]
この阿呆! とんちき! 大うつけ!
帝国の魔導兵器の残骸が、そこかしこにあるじゃねぇか!
そぉれ、じじい特製の爆弾をくれてやらぁ!
帝国兵を殺すために作ったもんだから、威力は折り紙つき!
こいつで兵器を爆破して、「剥がれた装甲板」をとってきな!
ヤンサ
[ 28.2 , 25.6 ]
ま、どこに鉄板を仕込もうが、死ぬときゃ死ぬがねぇ!
あひゃひゃひゃひゃ!
ヤンサ
[ 28.2 , 25.6 ]
ひゃーっ! なんてぇこった!
おめぇまで、本気で装甲板を集めてきたのかい!?
ヤンサ
あひゃひゃひゃ!
なんでぇ、本気で村人どもを引き連れて、
戦いに行く気だってのかい!
やめとけ、やめとけ!
ドマは死んだ、みんな死んだ!
カイエン様だって、若様だって……
このじじいたちが殺したんだ……。
ヤンサ
ドマはなぁ、この25年間、確かに帝国の属州だった……。
それでもこの国の色が残っているのは、カイエン様のおかげよ。
帝国の連中は、思想の違うオレたちを支配するため、
ドマを属州としてから数年後に、カイエン様を復権させた。
実際は何の権限も持たない、仮初の殿君としてな……。
あの方は、それを承知の上で、
少しでもドマを残すために、根気よく働きかけ続けた。
……オレたちは、それが辛くてねぇ。
ヤンサ
カイエン様の奥方様が、
長年の心労で亡くなられたのをきっかけに、
ここぞとばかり、反乱の計画を持ちかけたのさ。
以後、約10年……
念入りに準備を重ねたが、最後は知ってのとおりの惨敗だ。
ヤンサ
カイエン様は、こんなじじいたちを生かすため、
業火に煙る町人地で討たれた。
そのときドマは終わった、ああ、終わっちまったんだ……ッ!
ヤンサ
ヒエン様を……!?
そんな……おい、冗談じゃねぇだろうなッ!?
ヤンサ
ああ……ああ……!
なんてこった……本当に、そんなことが……!
ヤンサ
なら、こうしちゃいられねぇ!
皆を守る黒金の腹当、打たせてもらおうじゃねぇか!
必要なのは、10か? 100か?
いくつでもかまわねぇ、このツラヌキのじじいが打つッ!
若ぇの、ちょいと手伝いな!
ヤンサ
[ 28.2 , 25.6 ]
若様のこと、何と礼を言ったらいいか……。
この恩は仕事で返す、だから最後まで若様を頼むぜ……!
メインクエスト紅蓮のリベレーター

ドマという国

Lv
67
patch4.0
ドマ町人地
[ 4.9 , 5.4 ]
1年前に、ここでカイエン様は討たれた。
忘れもしねぇ……ドマが終わった場所だったのよ。
だが、若様が、また造ると……そうおっしゃるなら仕方ねぇ!
このじじいも、死ぬまで仕事が尽きねぇな!
ひゃひゃっ!
ドマ町人地
[ 5.6 , 7.1 ]
オレの店も、隣にあった鍛冶屋も、
すっかり更地になっちまってる……。
せめて雨避けがありゃ、仕事道具を運び入れられるんだが……。
メインクエスト解放戦争 戦後編

英雄の帰還

Lv
70
patch4.1
ドマ町人地
[ 5.7 , 7.1 ]
道の瓦礫は大分片付いたが、ここらはまだまだだ。
ボロ屋でいいから、早く仕事場をこしらえねぇとな……。
クサカリの仮宿と行き来してちゃ、非効率ってもんだ!
メインクエスト解放戦争 戦後編

さらなる暗雲

Lv
70
patch4.2
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.2 ]
どうでぇ、ここらもずいぶん片づいただろう!
ようやっと仕事場づくりにとっかかれると思うと、
男ツラヌキ、がぜん気合が入るってもんよ!
サブストーリークエストドマ町人地復興記

町人地は根気よく

Lv
70
patch4.3
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.6 ]
本気で町人地を直そうってんなら、
こっちに工房がほしいとこだが……どうかねぇ……。
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.6 ]
聞いた話じゃ、まず万市場から直すらしいな。
少しばかり悔しいが、納得だ。
オレたちだって、腹がへっちゃ金槌を振るえねぇ!
ドマ町人地
カーーーーッ!
なぁに弱気なことを言ってんだ、コザクラの嬢ちゃんよぉ!
そんなもん、「つくる」方に決まってんだろ!
ドマ町人地
よぉ、コザクラに、[player]の姉ちゃん。
オレだよ、ドマ城攻め作戦に加えてもらった、
鉄打ちのツラヌキだ!
ドマ町人地
いい市場が建ったんで、一杯ひっかけにきたら、
どうにも無視できねぇ話が聞こえてきたもんでな。
……おかげで、余計な男にもぶつかっちまったが。
ドマ町人地
カーッ、もっともそうな理屈こねやがって!
おめぇ、よそへ売る品として、紙を推すつもりだろ!?
魂胆みえみえなんだよ狐ぇ!
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.6 ]
次に直すべきは、そう、ここ職人町だろ!?
そしたら、大抵の道具はてめぇらで作れることだしな!
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.6 ]
いよぅ、[player]の姉ちゃん!
聞いてくれ、ついにオレたちの工房が戻ってくる!
車前会が動いてくれたんだ!
ドマ町人地
まったく……こんな日がくるなんてなぁ。
この町でカイエン様を失ったときには、
二度と来るまいとすら思ってたのによ。
燻ってたオレに声をかけてくれた、おめぇとイッセ……
それからあの、リセって嬢ちゃんにも感謝しないとな。
ありがとうよ、本当に……。
ドマ町人地
……なんて、今更こっぱずかしいなぁオイ!
やめだやめ、オレの話より、工房の話を聞いていけ!
ドマ町人地
あそこには、木工細工の作業場ができることになってる。
オレの専門は鉄打ちだが、
この国のものづくりには、まず木が欠かせねぇからな。
なにせ、大河と一緒に栄えてきた国だ。
湿気とうまく付き合うために、木の扱いが磨かれてきたのさ。
ドマ町人地
んで、こっちがオレの鍛冶場になる予定よ!
炉に金床……入用なものが多いもんで、
完成まで、ちょいと時間がかかりそうだがな。
鉄も、ドマとは深い関係にある素材だ。
なんてったって、領地から鉄鉱石が出る。
言ったとおりの水の国なもんで、主役は木に譲るが、
武具はもちろん、農具に鍋……身近さなら負けてないぜ!
ドマ町人地
……だが、帝国属州になってからは、
鉄鉱石を掘ったぶんだけ持っていかれるようになった。
民が使う鉄製品は、別の属州で作られた、
粗悪な大量生産品に変わったのさ。
あんなもの……オレは認めねぇ!
ドマの民が使うにふさわしい鍋でもお玉でも、
今に作ってやろうじゃあねえか!
ドマ町人地
ってことで、じじいの余生をかけるからよ。
おめぇも、また手を貸してくれるとありがてぇ。
よろしく頼むな!
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.6 ]
こんな年になって、新しい出発点に立つなんざ、
考えてもみなかったことだ。
おめぇも、この町の発展を楽しんでくれてるか?
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.6 ]
……何か変わったのかって?
ばっか、よく見ろ!
建物の骨組みが、いよいよ完成間近じゃねぇか!
ドマ町人地
[ 5.8 , 7.6 ]
カーッ!
あの狐、いつのまに工房づくりを進めてやがった!?
こうなったら競争するしかねぇ!
ドマ町人地
[ 5.9 , 7.6 ]
[player]の姉ちゃんじゃねぇか!
おめぇ、職人町の発展を、また後押ししてくれたらしいな。
ありがてぇ……恩に着るぜ!
おかげで、どうだ!
なかなかナリが整ってきたと思わねぇか?
ドマ町人地
生憎と、オレの鍛冶場はまだまだだが、
木工の作業場は、ずいぶん整ってきてる。
間もなく、本格的に稼働できるだろう。
ドマ町人地
なっ、おめぇは……!
ドマ町人地
ホウメイさんとこの、せがれじゃねぇか!
待て待て……おめぇら、西の大陸に逃げてたはずじゃ……!?
ドマ町人地
するってぇと……
まずは住む場所を確保してやらなきゃな。
せっかく帰ってきたおめぇらを、路地では寝かせられねぇや。
ドマ町人地
コザクラの嬢ちゃん、職人町の発展用の物資を、
少し民家の補修にまわしてやってもらえるか?
ドマ町人地
[ 5.9 , 7.6 ]
逃げ延びてた奴らが戻ってくるなんて、嬉しいこった!
しかし、となるとますます家も道具も必要だ。
また頼むぜ、[player]の姉ちゃん!
ドマ町人地
[ 5.9 , 7.6 ]
見てくれ、木工の方は、ほぼほぼ作業場が完成した!
あとはこっち……俺たちが鉄を打つための、
立派な炉を仕上げねぇとな!
ドマ町人地
[ 5.9 , 7.6 ]
っと、[player]の姉ちゃんか!
悪いが、ちょいとばかし待ってろ!
ドマ町人地
おい、昨日預かった鉄瓶はどうした?
持ち手が千切れて、口がひしゃげてたやつ……来てただろ!
ドマ町人地
そいつはもう柄つけに入ってる!
お前は大鍋の修理をはじめてくれ。
いっとう古くてデカいやつは、あとでオレが…………
ドマ町人地
あっ、てめぇ、紙漉き狐!
オレたちの仕事場に何しに来た! しっし!!
ドマ町人地
へっへーんだ!
言ってろ言ってろ、負け惜しみ!
ドマ町人地
当然よ。
仲間と、恩人の力を借りてできあがった工房だぞ?
百の鍋でも、千のクワでもつくってやらぁ!
ドマ町人地
人の営みってのはな、道具と一緒に始まるのさ。
桶から水が漏れず、振るったクワが折れなけりゃ、
荒れ野だって田畑になる!
ドマ町人地
応ッ!
おめぇがコウゾを長々と煮てる間に仕上げてやるから、
覚悟して待ってな!
ドマ町人地
[ 5.9 , 7.6 ]
おかげさまで、オレたちの工房は大忙しだ!
これで職人町は完成だって言われても、違和感ないくらいにな!
ドマ町人地
ケッ、いちいち恨みがましいんだよ、おめぇは!
陰気が祟って、おっ死ぬぞ!
ドマ町人地
げえっ!?
なんでコザクラの嬢ちゃんが泣く!?
ドマ町人地
そうだぜ!
嬢ちゃんたちには、これからさらに気合を入れて、
町人地を発展させてもらわなきゃならねぇ。
ドマ町人地
さしあたって、急いで改修すべき場所が、ひとつある。
[player]の姉ちゃん、もう一息、手伝ってくれ!
ドマ町人地
[ 5.9 , 7.6 ]
職人町の次は、どこを改修するつもりかって?
任せておけ、悪いようにはしねぇからよ!
ドマ町人地
どうだ、気に入ったか!
万市場と職人町が完成した記念に、
車前会所も、ちょいとばかし改修したぜ!
ドマ町人地
[ 5.9 , 7.6 ]
おお、[player]の姉ちゃんか!
大したもてなしはできねぇが、好きに見学してってくれ。
こっちは余命も尽きそうな忙しさで、愉快ったらねぇや!
ドマ町人地
[ 7.6 , 9.2 ]
この間、ホウザンとこの坊主どもが来てよ、
なんとまぁ、自分たちで勉強道具を調達するって言うもんだ。
今どきの子どもってのは、殊勝なもんだなぁ!
ドマ町人地
[ 7.6 , 9.2 ]
この町ぁ、どんどん人が増えてきてるぜ!
おかげで次から次へと、仕事が入ってきやがる!
この目の回りそうな忙しさ、たまんねぇなぁ!
サブストーリークエストドマ町人地復興記

慰霊の送り火

Lv
70
patch4.4
ドマ町人地
おいおい、「天燈送り」とは、
ずいぶんと懐かしい言葉が聞こえてくるじゃねぇか!
ドマ町人地
カーーーーッ!
馬鹿いっちゃいけねぇよ、
先に睨んできたのはてめぇだろうが!
ドマ町人地
飛ばす天燈の数が多いほど、そして天高く昇るほどに、
先に逝っちまった奴らが、安心して旅立てる。
そう信じられてんのさ。
ドマ町人地
あたぼうよ!
無二庭園あたりには、天燈を飛ばすのに最適な東屋があるし、
あとは、天燈さえあれば……。
ドマ町人地
ふん、ちったぁやるじゃねぇの。
そうとわかれば、さっそく天燈送りの準備だ!
オレたちゃ、ちんたらしてると送られる側になっちまうからな!
ドマ町人地
コザクラちゃん、きりのいいところで仕事を切り上げて、
町人に声をかけることはできるかい?
みんなにも、参加してもらわねぇとな。
ドマ町人地
コザクラちゃんだけじゃ足りねぇな。
[player]の姉ちゃんも、
ミツバの嬢ちゃんと、ミナヅキ先生あたりに声をかけてきてくれ。
ふたりに声をかけたら、「無二庭園」に来てくんな!
それまでには、こっちも準備を整えておくからよ。
よろしく頼むぜ!
ドマ町人地
[ 7.6 , 9.2 ]
オレも準備ができたら、「無二庭園」に向かうぜ!
姉ちゃんは、ミツバの嬢ちゃんとミナヅキ先生に、
声をかけてきてくれな!
ドマ町人地
ど、どうしたよコザクラちゃん!
いつぞやみたいに、また感極まっちまったか!?
ドマ町人地
そうさな……。
けどよコザクラちゃん、あいつらが笑顔なら、
なおさら、生きてるオレたちが泣いてるわけにはいかねぇよ。
オレたちも笑顔で、送りだしてやろうぜ。
先に逝っちまった奴らを、安心させてやるためによ。
ドマ町人地
それになにより、
涙で紙が湿っちまったら、天燈が飛ばなくなっちまう!
だからほれ、もうめそめそしなさんな!
ドマ町人地
[ 7.6 , 9.2 ]
まったく、見違えるほど賑やかになったもんだよなぁ!
老体に鞭打ってでも、しゃかりきになって働くしかねぇ!
こんなに楽しいことはねぇや!