えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

タマチャグ

patch 4.x
????
サブクエストオサード

青天白日の市へ

Lv
65
patch4.0
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
再会の市を治めるケスティル族は、
言葉を嘘の温床と考えているため、とても無口なんだ。
……そのせいで、異国から来た連中は、
オロニル族の俺にばかり、厄介事の相談を持ちかけてくる。
そんなに、愛想がいいつもりはないんだがね。
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
あんた、今ちょっと手が空いてたりしないか?
ぜひとも手伝ってほしいことがあるんだが、
話を聞いてくれるか?
この市では、売り手が自由に値を付けられる。
だがそれをいいことに、客の顔を見てから、
不当な値段をふっかける輩がいるらしい。
そんな不正をされては、市が荒れて客が寄り付かなくなる。
だから、俺ら常連の出店者が、定期的に調査をしているんだが、
顔が知られてるせいか、尻尾を出さないんだ……。
そこで、異国から来たあんたに、各店舗へ行ってもらい、
「商品」と「価格」に問題がないか、調査をしてきてほしい。
調べてほしい5つの店を、地図に記しておいた。
すべての店を回ったら、俺まで報告してくれ。
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
お、調査は終わったかい?
それじゃ、さっそく聞くが、
バイドゥルは、何をいくらで売ってたんだ?
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
おや? なんだか自信なさげな顔だな。
記憶が曖昧なら、もう一度調査に行ってくれ。
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
なるほど……次はマスグッドだ。
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
じゃあ、イェスイのとこは、どうだった?
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
ふむふむ……。
それじゃ、ボトクイの店は?
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
なるほどなぁ……。
最後に、チャンブイの店はどうだった?
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
……おおむね、事前報告どおりのようだが、
ボトクイのところは、問題があるみたいだな。
あんたが勧められた酒は、地元ではありふれたモノでな。
おそらく、異国の旅人と見て、高値をふっかけたんだろう。
そういう行為は、この市の信頼を傷つけてしまう。
彼女には、あとで厳重に注意をしておくよ。
ありがとうな、あんたが手伝ってくれて助かった。
今後も、再会の市での買い物をよろしく!
サブクエストオサード

沈黙の民

Lv
65
patch4.0
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
……あんた、この辺の部族のものじゃないね。
ちょっといいかい、「余所者」のあんたに頼みがある……。
ここ「再会の市」は、
ケスティル族という部族が仕切ってるんだがね……。
異国から来た商人が、彼らを困らせてるんだ。
ケスティル族は、沈黙の民とも呼ばれる部族。
言葉こそが嘘の温床と考える彼らは、言葉ではなく、
行動で意思を示すため、ほとんど喋ることはない……。
……だってのに、そんなケスティル族に向かって、
「言葉」を尽くして、商売の許可を得ようとしている男がいる。
それも、ひどく強引にな。
そいつの弁舌には、いい加減我々もウンザリなんだが、
どうも、ケスティル族の信念が理解できないらしい……。
我々が何を言っても、聞く耳もたん。
恐らく今も、族長の天幕で無駄な口上を述べているだろう。
その商人「ガスコット」が、どれだけ無駄なことをしてるか、
あんたからも言ってやってくれないか?
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
「ガスコット」という商人に、言って聞かせてやってくれ。
族長の天幕で、余計な言葉をまくし立てているはずだ。
サブクエストオサード

言葉がなくても

Lv
65
patch4.0
アジムステップ
くそっ……ジェベイどもめ……!
まさか本当に、こんな凶行に走ろうとするとは!!
アジムステップ
すまない、あんたには手間をかけさせたな……。
だが、おかげで再会の市に危険をもたらすのを、
食い止めることができたよ。
アジムステップ
急ぎ、事態をゲシ族の族長に伝えないとな。
先に暴走したのは、ジェベイどもだから、
あちらの族長も穏便にすませようとするだろうが……。
アジムステップ
……やつらゲシ族は、狩りや戦いにも道具を用いる部族だ。
だが、いくらゲシ族が道具の扱いに長けていようと、
アジムステップで手に入る物資には限りがある……。
草原の外には、様々な素材や技術で造られた、
強力な武器が大量にあるんだろう……?
ジェベイどもが求めたのは、それらの武器による「力」だ。
アジムステップ
ジェベイどもは、ゲシ族の中でも過激な一派でね。
アダルキム族やジュンギド族のような大規模部族を嫌っていた。
数に物を言わせるだけの能無し部族だと……。
様々な道具の扱いに長けた自分たちが「武器」を持てば、
そうしたほかの部族を、上回れると思ったんだろう……。
アジムステップ
……あんたは、やはり愚か者だ。
何故、自分がケスティル族や市の者に嫌われていたのか、
全然わかっていないのか。
アジムステップ
街道を照らしたくば、獣を狩って油をとればいいこと。
あんたが爆薬を持ち込めば、それは道ではなく、
敵対する部族を焼く炎となるんだよ……!
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
あんたが、再会の市を訪れてくれていてよかったよ。
俺たちだけじゃ、ジェベイどもの暴走を止めるのに、
相当、苦労しただろうからな。
ファイター戦士クエスト

オメを追って

Lv
68
patch4.0
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
斧を背負った大男……?
さあてな、ここは行き交う人が多いもんだから、憶えてないね。
アジムステップ
[ 32.9 , 28.3 ]
ここは行き交う人が多いもんだから、いちいち憶えてないね。