えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

シャマニ・ローマニ

patch 4.x
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

薔薇とワイン

Lv
70
patch4.3
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
おや、興味深い香りを纏っていますね。
この香りは……この地ではない、そう、遠く……遙か遠くの……
東方の香りでしょうか……東方からご帰還されたのですね。
薔薇の香りは、ほぼすべてのワインが持っているので、
おそらく香りではなくもっと側面的な何かではないでしょうか。
薔薇というと一般的には異性へのプレゼントですよね。
そういえば、花をあしらったおしゃれなボトルがあるって、
聞いたことありますよ。
ビルギレントさんならご存じかも。
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
花をあしらったおしゃれなボトルですか?
ビルギレントさんならご存じかもしれませんね。
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
ダルマスカワインですって?
それはまた無理難題をふっかけられましたね……。
ダルマスカワインを生産していたワイナリーはほぼすべて、
帝国軍との戦渦に巻き込まれて焼失したと聞いています。
現在、流通しているものがあるとすれば、
戦乱以前に出荷されたものだけですので、
少なくともこの30年、市場には出回っていませんよ。
コレクターは絶対に手放さないでしょうね。
あとは国外に脱出したダルマスカ人がひょっとしたら……。
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
ダルマスカ人といえばドレストさんが脱走兵でしたね。
彼に聞いてみるのはいかがでしょう?
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
何か手がかりを見つけることはできましたか?
東ラノシア
見てください。
ワインは一滴も残っていませんが、
幸いなことにコルク栓がされたままとなっています。
飲み干した後にわざわざコルク栓を戻したのか、
それとも、少し残ったワインを保管するために栓をしたものの、
蒸発してしまったのか……ただそのおかげで……。
東ラノシア
おお……おお……この香り……
わずかなカカオとシナモン、そして……ローズマリー、
なんと芳醇な……万華鏡のような艶やかさを感じる……。
東ラノシア
間違いない、これはダルマスカワイン名産地として名高い、
レアモンデの高級赤ワイン「ウァーレンス」!!
かつて一度だけ味わったことがあります!
東ラノシア
……とはいえ、この空のボトルだけでは駄目ですよね。
ゲゲルジュさんの宿題をクリアすることにはならないし。
東ラノシア
それにしてもこのボトルから漂う香りは素晴らしいですよ。
彼の地のワインを詰めたら、少しはダルマスカ風味に
なったりしませんかね……な~んて、あはははは。
東ラノシア
な、何を言ってるんですか!
そんな詐欺みたいなこと……い、いや、詐欺そのものですよ!
生産者のひとりとして断じて認めることはできませんよ!!
東ラノシア
ちょ、ちょっと、待ってくださいよ!
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
私としてはお勧めしかねますが、
そのボトルをゲゲルジュ氏へ持って行くかどうかは、
どうかご自身で判断なさってください。
クロニクルクエストリターン・トゥ・イヴァリース

お使いのエキスパート・再び

Lv
70
patch4.5
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
本物のダルマスカワインを手に入れたって本当ですか!?
たしかに、ドレストさんから入手したワインボトルと同じ、
いえ、もっと力強い……芳醇な香りがしますね!
なるほど……そんなことが……。
私もあの偽ダルマスカワインのことが気になっていたんです!
でも、これでようやく軌道修正ができますね。
……というか、ゲゲルジュ氏がそんなにふっかけていたなんて!
今思えば、「スド・ビアンニャ」とダルマスカワインを交換と、
聞いた時に疑うべきでした……私も反省します……。
であれば、私もゲゲルジュ氏のところへご一緒しましょう。
間違って保存状態の悪いワインを渡してしまったと、私が言えば、
さすがのゲゲルジュ氏も耳を貸すでしょうから。
東ラノシア
申し訳ございません、ゲゲルジュさん。
ですが、先ほど申したように、
保存状態の完璧なダルマスカワインをお持ちしました。
東ラノシア
この香りを嗅いでみてください。
わずかなカカオとシナモン、そして……ローズマリー、
なんと芳醇な……万華鏡のような艶やかさを感じる……。
これはダルマスカワイン名産地として名高い、
レアモンデの高級赤ワイン「ウァレーンス」!!
盲目の私でもこのワインのラベルが見えます!!
東ラノシア
ありがとうございます、ゲゲルジュさん。
それでは、早速……
東ラノシア
え……どうするって……そりゃ破棄しますよ!
完全に保存状態が駄目なんですから。
料理酒にも使えませんよ!
東ラノシア
え……ど、どうされるんです?
東ラノシア
さては、保存状態が悪いのを伏せて転売する気ですね!
そんなこと……絶対に……させない!
東ラノシア
無理です、駄目です!
東ラノシア
駄目だって言ってるじゃないですか!
東ラノシア
……それでは、失礼しまーす!
東ラノシア
[ 21.6 , 21.1 ]
想定外のハプニングはありましたが、
交換できたわけですから結果オーライでしょう。
それにしても、もうこんなことはこりごりですね……。
え……これを私に?
そんな、こんな高級ワインをいただくことはできませんよ。
……オーボンヌ修道院でそんなことがあったんですね。
ああ、お土産ということですか。
でしたら、ご厚意を無礙にするのも失礼ですね。

ありがとうございます!
いや、正直、本心としてはとても嬉しいです。
あの幻のダルマスカワインを再び味わうことができるんですから。
あとでビルギレントさんと一緒に楽しみましょうかね。
そして、このダルマスカワインからヒントを得て、
これに負けないような新しいワインを必ず完成させますよ!
もう1本、お持ちなんですね、どうされるんです?
ああ、そうか、ドレストさんへのお土産ですね。
ドレストさんもきっと喜ぶはずです。
少しでも心が安らぐとよいのですが……。
いつかワイン造りを手伝ってくれるといいですね。