えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

シド

patch 3.x
メインクエスト蒼天のイシュガルド

雲海より現れしもの

Lv
50
patch3.0
アバラシア雲海
まったく、何がどうなってやがるんだ!?
ええい、突っ込むぞ!
アバラシア雲海
急げ、離脱する!
アバラシア雲海
[ 8.9 , 32.1 ]
やれやれ、どうなる事かと思ったが、無事で何よりだぜ。
おっと、礼なんてよしてくれよ。
俺たちは仲間だろ?
実は、イシュガルド教皇庁から、
飛空艇技術の顧問を頼まれてな。
連中が作った大型飛空艇「プロテクトゥール号」の、
問題を解決する手伝いのために来たんだ。
そうしたら、お前も来てるっていうじゃないか。
オマケに、お前の仲間が獣人に捕まったと聞いてな。
慌てて、エンタープライズに飛び乗ったってわけさ!
さてと、俺は大型飛空艇とやらの様子を見てくるとするかな。
少しは仕事をして社に金を入れろって、
部下に怒られてるんだ……。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

風壁を切り裂く秘策

Lv
54
patch3.0
イシュガルド:上層
[ 14.2 , 10.6 ]
よぉ、[player]にアルフィノじゃないか。
血相変えて、どうしたってんだ?
イシュガルド:上層
……邪竜「ニーズヘッグ」が張り巡らせた、
暴風の壁を突破する方法を探している、だと?
確かにアルフィノが言うやり方なら、
俺のエンタープライズで突破できるだろう。
……だが、いかんせん小回りが利かない。
自在に空を飛び回るドラゴン族に接近された日には、
目も当てられない事態になるぞ。
イシュガルド:上層
ふふ、そう焦りなさんな。
うってつけの秘密兵器があるんだよ。
イシュガルド:上層
ビッグス、ウェッジ!
お前たちが造っていた、例のアレの出番のようだぞ。
イシュガルド:上層
百聞は一見にしかず。
ひとまず「スカイスチール機工房」に来てくれ。
とっておきを見せてやるぜ!
イシュガルド:下層
[ 7.9 , 10.4 ]
技術交流の一環として、工房の一部を間借りしていてな。
見て驚くなよ、おふたりさん。
イシュガルド:下層
なかなか、イカしたフネだろ?
こいつらの基礎設計が、しっかりしていた証拠だ。
偏属性クリスタルを使った「属性変換機構」……。
あの機構の原理を応用して、周囲のエーテルを風属性に変換し、
特殊加工した帆布でとらえて浮力を得る……。
そのアイディアを聞いたときは、
さすがの俺も、舌を巻いたぜ。
イシュガルド:下層
それに近ごろじゃ、イシュガルドの大型飛空艇建造で、
作業が止まっていたこともあるしな。
完成には、少しばかり時間が必要だぜ。
イシュガルド:下層
よし、マナカッターの準備は、俺たちに任せておいてくれ。
なぁに、暴風の壁を突破するための機構も、
しっかり付けて準備しとくぜ。
お前たちは、牛親父たちを助けてやってくれ!
イシュガルド:下層
[ 8.0 , 10.1 ]
どうだい、なかなかイカしてるだろ?
メインクエスト蒼天のイシュガルド

血戦を前に

Lv
55
patch3.0
イシュガルド:下層
[ 8.0 , 10.1 ]
おう、ちょうどいいところに戻ってきたな。
今し方、「マナカッター」の試験飛行に成功したところだ。
ようやく、完成したぜ!
こっちは、最終調整をやっておくから、
お前さんは、「フォルタン家の屋敷」に顔を出してくれ。
「エスティニアン」とかいう竜騎士が探していたぜ。
イシュガルド:下層
[ 8.0 , 10.1 ]
こっちは最後の調整を仕上げておくから、
お前さんは、「フォルタン家の屋敷」に顔を出してくれ。
「エスティニアン」とかいう竜騎士が探していたぜ。
イシュガルド:下層
[ 8.0 , 10.1 ]
最終調整は任せておいてくれ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

邪竜狩り

Lv
55
patch3.0
イシュガルド:下層
[ 7.4 , 10.2 ]
来たな、お前たち!
最終調整も完了しているぜ。
イシュガルド:下層
[ 7.4 , 10.2 ]
ガーロンド・アイアンワークス社の新作だ!
受け取ってくれ!
イシュガルド:下層
[ 7.4 , 10.2 ]
絶対に帰ってこい!
お前たちを信じて待っているぞ!
イシュガルド:下層
[ 8.0 , 10.1 ]
さすがに、徹夜作業の連続はしんどいぜ。
俺も「オッサン」になったってことか?
……おい、少しは否定してくれよ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

新たな蛮神を追って

Lv
57
patch3.0
イシュガルド:下層
[ 8.0 , 10.1 ]
よぉ、おふたりさん。
相変わらず、活躍しているようじゃないか。
イシュガルド:下層
すまない……知らなかったとはいえ、配慮が足りなかったな。
しかし、教皇が蛮神の力に、手を出すとは……。
イシュガルド:下層
……そいつを聞いて、ガイウスを思い出したぜ。
アシエンは奴に、古代アラグ帝国が作り上げた対蛮神兵器……
「アルテマウェポン」の知識を授けていた。
ガイウスは、その力を己の理想のために使ったが、
結果として、エオルゼアを混沌の渦に叩き込んだ……。
……アシエンどもの思惑どおりにな。
イシュガルド:下層
教皇を放ってはおけないってことは、よくわかったぜ……。
よし、「エンタープライズ」を出してやる。
「イシュガルド・ランディング」に来てくれ。
「アバラシア雲海」だろうが、どこだろうが運んでやるぜ!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

いざ高空層へ

Lv
57
patch3.0
イシュガルド:上層
[ 14.1 , 10.7 ]
きたか、[player]。
ビッグスとウェッジにも声をかけておいた。
こっちは準備完了だ、いつでも出せるぜ。
後はアルフィノの到着を待てば……っと。
イシュガルド:上層
よっしゃ、お客さん方、出発するぜ。
準備ができたら、「ウェッジ」に声をかけて、
「エンタープライズ」に乗ってくれ!
アバラシア雲海
[ 6.3 , 25.7 ]
イシュガルドに戻りたいときは、
そこの社旗の側に立って連絡してくれ。
回収して送り届けてやるからよ。
それから、アバラシア雲海の高空層への移動は、
「イシュガルド・ランディング」にいる、
うちの社員に声をかければ、社用艇を出させるからな。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

教皇の行方

Lv
57
patch3.0
アバラシア雲海
[ 6.3 , 25.7 ]
なにっ、ガレマール帝国軍と遭遇しただって?
ともかく無事で何よりだが……こちらも警戒しておく。
奴らも飛空艇を使って、来ているはずだからな。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

大らかなズンド

Lv
57
patch3.0
アバラシア雲海
ここにいたか……!
聞いてくれ!
雲海の中で、帝国軍の巨大飛空戦艦が、蛮神と交戦してやがる。
例の雲海を泳ぐ、獣型の蛮神だ!
アバラシア雲海
砲撃で、傷ついてやがる……!
アバラシア雲海
[ 9.6 , 15.9 ]
帝国軍もやってくれるぜ。
蛮神相手にドンパチかましてくれるなんてよ!
アバラシア雲海
ようやく、手がかりのお出ましか!
アバラシア雲海
島ごと蛮神のエサにしちまったってことか……?
……やれやれ、やってくれるぜ。
アバラシア雲海
[ 11.7 , 14.8 ]
「魔大陸の鍵」は、
今や雲神「ビスマルク」の腹の中ときたもんだ。
良かったのやら、悪かったのやら……。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

白鯨の伝説

Lv
57
patch3.0
アバラシア雲海
[ 10.8 , 13.6 ]
まさか、雲神「ビスマルク」を、
一度ならず、二度まで目撃することになるとはな。
アバラシア雲海
そんな心優しい神が、クリスタルを得るために、
浮島を喰らう蛮神になっちまうとは、なんとも皮肉な話だぜ。
……アルフィノ、そっちは何か役立つ情報は掴めたか?
アバラシア雲海
……「浮島釣り」だと!?
そうか、その手があるじゃないか!
先ほど、雲神「ビスマルク」は、
帝国軍のアグリウス級の艦砲射撃を浴びた。
そして、傷を癒やすため、浮島を喰ったのは見たな?
だが、見たところ、その傷は完全には癒えていないようだった。
手頃な大きさの浮島を「エンタープライズ」で牽引すれば、
奴を「釣る」こともできるかもしれんぞ。
浮島には、イシュガルド製の対竜バリスタを設置する。
雲神が近づいてきたら、鉄鎖付きの銛を打ち込んで引き寄せ、
直接攻撃に打って出るんだ。
アバラシア雲海
今度は、一蓮托生だぜ。
牽引する「エンタープライズ」の操縦やら何やらで、
ついて行かざるを得ないんだからな。
アバラシア雲海
フフ、いい覚悟だぜ……!
よし、俺は浮島牽引用の準備をする。
お前たちは、どうにかして作戦に使う浮島を用立ててくれ!
こっちの準備ができ次第、北にフネを回しておくぜ。
アバラシア雲海
[ 10.8 , 13.6 ]
俺は浮島牽引の準備をする。
お前たちは、どうにかして作戦に使う浮島を用立ててくれ!
こっちの準備ができ次第、北にフネを回しておくぜ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

魔大陸の鍵

Lv
57
patch3.0
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
ルキアに頼んで、対竜バリスタを用意させた。
それに、万が一に備えて、魔導フィールド発生器も準備したぜ。
牽引に用いるのは、スカイスチール機工房製の鉄鎖。
元々、ドラゴン族を拘束するための代物で、強度も十分だ。
……あとは引っ張る「浮島」があれば、準備完了だ。
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
よっしゃ、作戦開始だ!
[player]、蛮神に挑む準備ができたら、
「ウェッジ」の奴に声をかけてくれ。
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
蛮神のエーテル放射を浴びれば、
俺たちはテンパードにされちまうからな。
奴さんが現れたら、船倉に引っ込ませてもらうぜ。
群青空域
デカい獲物が掛かりやがった! 来るぞ!

魔導フィールド発生器を活用してくれ!
浮島が崩壊しちまったら、お終いだからな!

辺りの空気が変わった!?
気を付けろ、何かしかけてくるぞ!

エーテル濃度急上昇ッ!
空気が震えていやがる……!

クソッ! なんて破壊力だ!
魔導フィールド発生器がイカれちまったぜ!
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
よく戦い抜いたな、[player]。
信じていたが相手はデカブツだ、少しハラハラしちまったぜ。
くそ、浮島さえ牽引してなきゃ、教皇たちを逃さなかったのによ。
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
教皇たちを追うための準備は、俺たちに任せてくれ。
お前さんはアルフィノと、バヌバヌ族の皆に、
雲神討伐の報告に行ってきな。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

北方より来たりし者

Lv
57
patch3.0
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
さっきのは、アグリウス級か……!?
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
無事だったか、[player]!
銃声が響いた後に、アグリウス級が降りてきたもんで、
ビッグスやウェッジと、心配していたところだ。
アバラシア雲海
……クソッ、やはり帝国軍か!
イシュガルド教皇に、アシエン、新皇帝……。
よりにもよって、面倒な連中が集まったもんだな。
アバラシア雲海
ああ、「エンタープライズ」の準備はバッチリだ。
「ソレイユ号」の行き先……「魔大陸」の位置も押さえてある。
さあ、出発しようぜ!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

己が信念を胸に

Lv
57
patch3.0
アバラシア雲海
[ 19.4 , 11.7 ]
「魔大陸の鍵」からの光が指した方向……それに、
あの時の風の流れから、「魔大陸」の位置は押さえてあるぜ。
[player]、準備はいいな?
それじゃ、「エンタープライズ」に乗ってくれ。
「魔大陸」とやらを、拝みに行こうじゃないか!
アバラシア雲海
イシュガルドで、アンタに会ったときは、
さすがの俺もビビったぜ。
なんせ、あんたはリウィアに瓜二つなんだからな。
アバラシア雲海
俺もガレアン人だ……なぁに、同族は歓迎するぜ!
しかも、対ドラゴン用に持ってきた魔導アーマーを
活躍させてくれたんだ、恩に着るってもんさ。
アバラシア雲海
よし、しっかり掴まってろよ!
アジス・ラー
……見えたぞ!
お客さん方、あれが「魔大陸」のようだぜ!
アジス・ラー
ああ、違いない。
こいつは、古代アラグ文明の遺産だ。
アジス・ラー
クソッ、魔法障壁だとでもいうのか!?
アジス・ラー
くそったれ、古代アラグ帝国ってやつには、
手を焼かされっぱなしだぜ!
イシュガルド:上層
[ 14.4 , 11.9 ]
やれやれ、どうにか帰ってこれたな……。
「エンタープライズ」も見てくれはそうでもないが、
内部機関の方に、かなりの損傷を受けちまった。
しばらくは、修理のために、
ビッグスやウェッジと徹夜生活になりそうだぜ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

機工師の見解

Lv
57
patch3.0
神殿騎士団総長室
[ 6.1 , 6.0 ]
古代アラグ文明の遺産……か。
まったく、やっかいな代物を残してくれたものだ。
神殿騎士団総長室
……つまり「魔大陸」とは、
古代アラグ文明が築いた人工浮遊大陸らしいってことだ。
教皇たちも、そこに向かったとみて間違いないだろう。
神殿騎士団総長室
問題は「魔大陸」を覆う高密度のエーテル帯だ。
無理に接近しようものなら、真っ逆さまだぜ。
詳しい仕組みはわからんが、
恐らくは、周辺のエーテルを雷属性に変換し、
防御フィールドに転用しているんだろう。
神殿騎士団総長室
まぁ、持ち去られちまったモンのことを、
あれこれ考えても仕方がないさ。
神殿騎士団総長室
そうだな……。
真っ先に思いつくのは、これまで何度かやったことがある、
「属性変換機構」で雷属性を変換し、打ち消すって方法だ。
しかし、今回はあまりにも規模がデカい。
「エンタープライズ」の積載量では……。
神殿騎士団総長室
手がないわけじゃない。
打ち消すのが無理なら、一点突破だ。
神殿騎士団総長室
高密度のエーテルの刃を作り、向こうのフィールドを切り裂く。
エーテルで作られた衝角……いわば「エーテルラム」だ。
だが、これにはエーテル学の知識が必要不可欠になる。
神殿騎士団総長室
へへっ、諦めなきゃ運は回ってくるぜ。
お前たちは賢人探しの方を頼む。
俺たちは、「エンタープライズ」の改修を進めておこう。
船体の強度を増やすのも当然だが、
「エーテルラム」の搭載に備えて、拡張も必要だからな。
……待ってろよ相棒、見違えるようにしてやるぜ!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

エーテルラムを造れ

Lv
59
patch3.0
イシュガルド:上層
[ 14.5 , 12.2 ]
どうだ、解決策は見つかったか?
こっちは、あらかた準備が終わったぞ。
イシュガルド:上層
こいつを待ってたぜ。
理論さえわかれば、でっちあげてみせるさ!
……しかし、エーテルの供給源はどうするんだ?
イシュガルド:上層
よし、後は、俺たち技術屋の出番だな。
ビッグス、ウェッジ……!!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

その翼、エクセルシオ

Lv
59
patch3.0
イシュガルド:上層
来たな……ついに完成したぜ。
新たに生まれ変わった「エンタープライズ」……
……いや、「エンタープライズ・エクセルシオ」だ!
俺たちの新たな翼で、
お前たちを、決戦の地に送り届けてやるぜ。
イシュガルド:上層
「エンタープライズ・エクセルシオ」、発進!
アジス・ラー
いよいよだ、準備はいいな!
アジス・ラー
クソッ!
奴らめ、俺たちがフィールドを突破するのを、
待っていたってわけか!
振り切るぞ、みんな掴まれ!
アジス・ラー
[ 5.3 , 9.3 ]
アグリウス級に、後ろに張り付かれたときは、
どうなるかと思ったが……。
ともかく、無事に「魔大陸」に立つことができたわけだ。
犠牲になってくれた「氷の巫女」のためにも、
教皇とアシエンの野望を阻止せんとな。
アジス・ラー
……奴さんは、お前さんたちを信じたからこそ、
命を賭してまで、道を切り拓いてくれた……そうだろ?
だったら、気持ちを切り替えて、己の使命を果たすんだ。
……奥に、ドーム状の施設が見える。
まずは、そこまで行こう。
アジス・ラー
[ 9.5 , 11.2 ]
見たところ周囲に可動している防衛兵器もいないようだし、
ひとまず、ここら一帯は安全と考えていいだろう。
よし、作戦会議と行こうじゃないか。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

アラグの遺産

Lv
59
patch3.0
アジス・ラー
[ 9.5 , 11.2 ]
まずは、ここをベースキャンプとして、
教皇ご一行様の行方を捜すのがいいと思うんだが、どうだ?
闇雲に歩いても、効率的じゃないだろう?
アジス・ラー
おそらく、ここは古代の飛空艇発着場だ。
これだけの規模の施設となれば、魔大陸の中枢施設と繋がる、
情報端末があるはずだ……そいつを探す。
みんな、手分けして辺りを探し、
人が操作できそうな装置がないか見て回ってくれ。
アジス・ラー
[ 9.7 , 10.9 ]
そいつは機能を停止しているようでな。
皆といっしょに、ほかに情報端末がないか探してくれ。
アジス・ラー
[ 9.7 , 10.9 ]
そうか、何も見つからなかったか。
こっちは一応、見つけたものの……どうにも起動しなくてな。
機工師としての俺の勘も、いよいよ鈍ってきたか?
……ところで、ウェッジの姿を見なかったか?
ついさっきまで、俺の側にいたと思ったんだが……。
すまない、[player]。
ウェッジの奴、施設の外まで行ったのかもしれない。
周辺を探してきてくれないか?
アジス・ラー
どうした!? 何があった!
アジス・ラー
馬鹿野郎、遊びでやってんじゃないんだぞ!
アラグの防衛兵器が、ウロウロしているような場所まで、
ひとりで出てくるなんて、何を考えてやがるんだ!
アジス・ラー
……なんだ、防衛兵器の残骸か?
アジス・ラー
[ 9.7 , 10.9 ]
まったく、野良犬じゃないんだぞ?
……だが、案外使えるかもしれないな。
ウェッジ、その玉っころを、こっちに連れてきてくれ。
試してみたいことがあるんだ。
アジス・ラー
おい、玉っころ!
この施設のシステムを解析できるか!
アジス・ラー
なになに……人工浮遊大陸「アジス・ラー」……
ポート・ヘリックス……再稼働フェーズを実行中?
アジス・ラー
おそらく、教皇が「鍵」を使った影響だろうな。
アジス・ラー
おい、玉っころ!
俺たち以外に「人」がいる施設はどこだ。
アジス・ラー
アジス・ラー旗艦島の「魔科学研究所」……
および「博物戦艦」が職員の制御下にあり……
ガンマ管区に不法侵入者の存在を確認。
迎撃システムが対応中……ね。
アジス・ラー
稼働中の施設のうち、もっともエネルギー量が多いのはどこだ?
おそらく、そこに教皇はいる。
アジス・ラー
……魔科学研究所内……「三闘神制御区」だと?
アジス・ラー
最重要軍事機密に該当。
情報開示には、執政官級の機密コードが必要……だとさ。
アジス・ラー
アルテマウェポンをはじめとする対蛮神兵器を生みだし、
蛮神「バハムート」を衛星内にとらえた古代アラグ文明……
その研究施設に、教皇が求める何かがあるはずだ。
アジス・ラー
[ 9.7 , 10.9 ]
どうやら使えそうな玉っころじゃないか。
いい拾い物をしたもんだ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

誘導を信じて

Lv
59
patch3.0
アジス・ラー
[ 9.7 , 10.9 ]
さて、こっからは、お前さんたちの出番だな。
皇都に戻りたいなら、例によって社旗から連絡をしてくれれば、
飛空艇を手配するぜ。
「イシュガルド・ランディング」側にも、
うちの社員を待機させているからな。
「魔大陸」に渡りたい時は、声をかけてやってくれ。
アジス・ラー
[ 9.7 , 10.9 ]
ああ、了解だ……さっきの空戦での被弾も修理しないとな。
何かあったらリンクパール通信で報せてくれ。
すぐに駆けつけられるよう、準備を整えておくぜ!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

蒼天のイシュガルド

Lv
60
patch3.0
アジス・ラー
ヘヘッ……。
毎度のことながら、ヒヤヒヤさせやがるぜ!
低地ドラヴァニア
やれやれ……
一難去って、また一難とはこのことだぜ。
低地ドラヴァニア
馬鹿野郎が、あんなもんを動かしやがって……。
アイツは玩具なんかじゃねぇ……蛮神なんだぞ……!!
クロニクルクエスト古の神々

極まりし雲神ビスマルク

Lv
60
patch3.0
アバラシア雲海
[ 6.3 , 25.7 ]
よう、[player]。
「暁」の使いだとかいうガキが来て、手を貸すように頼まれてな。
聞けば、また雲神「ビスマルク」が現れたそうじゃないか。
……よし、浮島を貸してもらったようだな。
こっちの準備はできてるぜ。
あとは、雲神が纏っているという乱雲を晴らすだけだ。
作戦は前回と同じ。
浮島をエサに、奴さんを一本釣りだ!
雲神さまを、雲海の底に沈めてやろうぜ!
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

想定外の協力者

Lv
60
patch3.56
不語仙の座卓
とはいえ、討滅を急ごうにも、
不用意に近づこうものなら、飛空戦艦を墜とすという、
強烈な一撃がお出迎えときたもんだ……。
不語仙の座卓
お、お前は……!?
不語仙の座卓
ふざけやがって!
不語仙の座卓
手を貸すだと……ふざけるな、信用できるはずもない!
帝国軍を率いてエオルゼアを侵略してきた、
お前の言葉など……!
不語仙の座卓
手を貸すだと……ふざけるな、信用できるはずもない!
クリスタルタワーの一件では確かに共闘したが、
それでも、お前は……!
不語仙の座卓
言葉が過ぎるぞ、ネロ!
たとえオメガを制御し得たとして、それを使うのは人だ。
だからこそ、アラグと同じ過ちを踏みかねないと言っている!
不語仙の座卓
クッ……減らず口を……。
不語仙の座卓
……ネロの言葉、信用できると思うか?
不語仙の座卓
►信用しよう
……ったく、お前ってヤツは、どこまでも純粋だな。
よし、わかった、こうなったら俺も全力を尽くす。

►もしもの場合は
……ったく、お前ってヤツは、いつも俺の背中を押しやがる。
よし、わかった、こうなったら俺も全力を尽くす。
不語仙の座卓
なぁ、俺とこいつに任せちゃくれないか?
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

珍客来る

Lv
60
patch3.56
グリダニア:新市街
[ 12.0 , 13.0 ]
よう、来たな。
他の連中は、エンタープライズを見に発着場に行ってるぜ。
ネロの奴が、どうしても見せろとうるさいもんでな……。
グリダニア:新市街
わかっているさ。
お嬢さん方がふたりで監視してくれている。
っと、噂をすれば戻ってきたようだぞ……。
グリダニア:新市街
よし、これで全員そろったわけだが……
このまま「カルテノー平原」に直行するか?
グリダニア:新市街
よし、それじゃあ、
俺は「エンタープライズ」をモードゥナに回しておく。
「石の家」で改めて合流しよう。
グリダニア:新市街
よし、モードゥナに直行する連中は乗せてってやる。
ランディングの係員、「ヒダ」に話しかけて、
エンタープライズに搭乗してくれや。
モードゥナ
[ 23.9 , 12.8 ]
さすがにレヴナンツトールの街中に、
着陸させるわけにもいかんからな……。
ここに降ろさせてもらったぜ。
さて、さっそくだが「石の家」に向かうとするか!
石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
蛮神に対抗するため、古代アラグの兵器を用いる。
ガイウスも同じ事をやったが、ヤツはその武器を人にも向けた。
そうならないよう、俺たちが手綱を握るしかないな……。
石の家
[ 6.0 , 6.0 ]
どうしてお前の下には、こうも特徴的なヤツが集まるんだ?
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

オメガ起動

Lv
60
patch3.56
石の家
よし、これで面子は決まったな。
俺とネロがオメガの確保と起動準備を担当する。
イダ、[player]、ドマのふたりが護衛役だ。
そうとなれば、すぐに出発といこう。
銀泪湖のほとりに「エンタープライズ」を停めている。
準備を整えたら、集まってくれ。
モードゥナ
[ 24.0 , 13.0 ]
ここからカルテノーは、そう遠くない。
エンタープライズの足なら、ひとっ飛びといったところだ。
かつて不滅隊の内部に密偵が潜り込んでいたことを考えれば、
帝国軍も当然、オメガの存在には気付いているはず。
ネロの言葉通り、連中と出くわす危険性はあるだろう。
到着したと同時に、戦闘ってことも考えられるからな。
装備の確認をしてから、エンタープライズに乗り込んでくれよ。
カルテノー平原:外縁遺跡群
その慣れた手つき……
お前、前にもここに来たことがあるな?
カルテノー平原:外縁遺跡群
油断できんヤツめ……。
だが、相変わらずの純粋な知識欲……それだけは認めてやるぜ。
カルテノー平原:外縁遺跡群
クソッ、ヤツをひとりで先に行かせるわけには……!
俺はネロを追う……連中の相手は任せたぞ!
オメガ管制室
こっちも終わった……!
目覚めるぞ!
オメガ管制室
だが、こいつは完全な自律型無人兵器だ。
アルテマウェポンと違って、
人が乗って直接、操縦するわけにはいかない。
起動後、オメガは繭の蛮神を捕らえようとするだろう。
その後にできることは、時間凍結システムを使って、
活動を停止させることだけだぞ。
オメガ管制室
あ、あぁ……。
オメガ管制室
オメガ起動シーケンス確認!
発進するぞ!
オメガ管制室
オメガの反応消失……。
時間凍結システムは、まだ起動していないぞ!?
オメガ管制室
あぁ、ひとまず時間凍結システムは起動しておいた。
これで暴走のリスクはなくなったはずだ。
……さあ、グリダニアに戻るぞ!
モードゥナ
[ 24.0 , 13.0 ]
どうした、「オメガ管制室」に向かうのか?
オメガ管制室
[ 6.1 , 6.3 ]
オメガからの通信が途絶した理由はわからない。
ともかく、急いでエンタープライズに乗ってくれ。
グリダニアに戻って、状況を確認するんだ。
グリダニア:新市街
[ 12.0 , 13.0 ]
オメガの起動までは完璧だったんだが……。
ええい、ともかく確認を急ごう。
グリダニア:新市街
[ 12.0 , 13.0 ]
どうやら、アルフィノが出迎えにきてくれたようだな。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

宿命の果て

Lv
60
patch3.56
不語仙の座卓
自分が言い出したことです。
……それより、実際どのような展開になったのですか?
起動の確認後、しばらくしてオメガからの通信が途絶しましてね。
我々がいた管制室からは、状況の把握ができなかったのです。
不語仙の座卓
状況は理解した。
おそらくオメガが通信を途絶したのは、
その「閃光」とやらが確認された頃だろう……。
管制室から時間凍結システムを起動しておいたから、
帝国領内に墜落しても、化石同然の存在になっているはずだ。
不語仙の座卓
[ 6.2 , 6.1 ]
「神龍」とやらを捕獲した状態で、
オメガが時間凍結状態になっているのであれば、
当面の危機は回避されたと言えるんだろうが……。
クロニクルクエストアレキサンダー

破滅への胎動

Lv
60
patch3.01
低地ドラヴァニア
さすが「記録屋」だな、たいした情報網だ。
たしかに、「青の手」の連中が噛んでやがった。
低地ドラヴァニア
よう、[player]。
ちょうどよかったぜ。
ヤ・シュトラとは会ったんだろ、なんて言ってた?
低地ドラヴァニア
……そうか、大地のエーテルの枯渇は、時間の問題か。
多少荒っぽい手を使っても、あのデカブツを潰すしかないな。
低地ドラヴァニア
あの「機械仕掛けの巨人」を召喚したのは、
「青の手」という、ゴブリン族の科学者集団……。
「科学万能」の思想を持つ、きわめて危険な連中だ。
ヤツらは徹底した秘密主義で、有用な技術の寡占を狙っている。
その上、邪魔者は、まず暴力で排除しようとする、
どうしようもない連中だ。
どうやら、シャーレアンの民が遺した防衛施設の廃墟に、
無理やり蛮神を降ろしたようでな……。
……連中は、「巨人」の内部を拠点として使ってるらしい。
低地ドラヴァニア
あのデカブツを止めるには、どうにかして内部に進入し、
内側から動力源を潰すしかないだろうが……
周囲は「魔法障壁」に覆われ、近づくこともままならない。
低地ドラヴァニア
……ラウンドロクスってのは、いったい誰だ?
低地ドラヴァニア
彼女がそうか……。
お嬢さん、ちょっと聞いていいか!
3年前に地震があって、廃墟が浮上したっていうんだな?
低地ドラヴァニア
地震じゃなくて、機械の巨人が立ち上がっただと?
……お嬢さん、3年前にもあのデカブツを見たのか!?
低地ドラヴァニア
なるほど……3年前にも召喚が試みられ、未遂に終わったんだ。
やはり、「青の手」の動向を、もっと掘り下げる必要があるか。
……さて、そろそろ、やって来てもいい頃合いだが……。
低地ドラヴァニア
おっ、いいところに来たな。
お前さんが、スローフィクスが言ってた、事情通だな?
低地ドラヴァニア
[player]、俺はこれから、
彼女に「青の手」の内情を聞いてくる。
お前さんは、「シャーレアン工匠街」、サリャク河の河畔で、
ビッグスとウェッジに合流してくれ。
なんとかして、「巨人」の内部に進入する方法を突き止めるんだ!
低地ドラヴァニア
……なるほど。
「青の手」の通信は、仲間に開錠方法を伝えるものだったか。
低地ドラヴァニア
……残念ながら、俺のほうでは特に収穫ナシだ。
ブレイフロクスは「青の手」や、
「巨人」の情報を持ってないらしい。
……ま、そう悲観したものでもないぞ!
相手があのデカブツだけに、途方にくれそうになるだろうが、
要は、バカでかい魔法人形だと思えばいいのさ。
内部に精鋭が突入して、支柱や配管の構造を報告してくれれば、
あのデカブツの動力源がどこにあるのか、見当がつく。
最後は、その場所を突き止めて、ブッ潰すだけだ!
そこで、お前さんの出番ってわけだ。
これから精強な冒険者を率いて、内部へ乗り込んでもらいたい。
目標は内部構造の調査……最終目標は、動力源の破壊だ!
低地ドラヴァニア
[player]の邪魔をしないなら、
かまわんさ……。
低地ドラヴァニア
俺自身も、可能なかぎり顔を出すつもりだが、
ほかに、やるべきことが山積みでな……。
その間、ビッグスとウェッジをコキ使ってくれ……頼んだぜ!