えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ギユフレーヌ

patch 2.x
敏腕美容師らしき男
サブストーリークエストレターモーグリ

敏腕美容師の華麗なる妙技

Lv
50
patch2.38
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 9.1 , 13.5 ]
見てください、このマダムの麗しさを。
そばにいるだけで、幸福だと思いませんか……。

おや……私宛の手紙ですか?
……むむ、この手紙は私が書いたもの。
どうやら貴方は、私を美容師と間違えておられるようですね。
……ですが、それも無理からぬことです。
なぜなら私は、ジャンドゥレーヌの弟ですから。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
そのような馴れ初めだったのですね……。
これほど美しい方と夫婦になれるとは、旦那様は果報者ですよ。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
ギユフレーヌと申します、お見知り置きを。
我が一族は、イシュガルド四大名家のひとつ……
ゼーメル家の傍流にあたる、由緒正しき家柄です。
……この度、父が病に倒れてしまい、
至急、後継を立てねばならなくなりました。
愚兄ジャンドゥレーヌが、故郷イシュガルドを離れ、
髪いじりなどにうつつをぬかして、早5年……。
そろそろ家督を継ぐという使命を果たしてもらわねば!
貴方が、届けようとしてくださった手紙も、
愚兄に帰郷を促すために、私がしたためたもの……。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
なるほど、でしたらグリダニア……
木工師ギルドに現れる可能性が高そうですね。
早速、向かわねばなりませんが、その前に……。
この手紙は、配達士さんにお返しします。
連絡を付けるため、どうか兄に届けていただけますか。
……それでは、ごきげんよう。
グリダニア:新市街
[ 10.3 , 12.4 ]
ベアティヌさんから出てくる話は、兄の知らない面ばかり……。
家族には見せない顔があるのでしょうか。
グリダニア:新市街
兄上ときたら……
果たすべき使命を投げ出し、いつまで放蕩するつもりだ!
グリダニア:新市街
……放蕩の限りを尽くす兄では、
当主としての務めを果たせないとでも!?
兄は、出奔するまでの間、
父の仕事を見事に補佐していましたよ!
……兄は、私の永遠の目標なのです!
グリダニア:新市街
兄に相応しい環境……?
考えてみます……ありがとうございました。
ウルダハ:ザル回廊
[ 9.2 , 13.6 ]
……なんて頑固な男だ、私の言葉がまるで通じない。
スノークローク大氷壁よりも頭が固いのではないか……。
ウルダハ:ザル回廊
ですから、その目的地を教えてください!
……何度言ったら、わかってくれるんですか!?
配達士さんからも、頼んでください!
さっきから懇願しているのですが、埒があかないのです。
ウルダハ:ザル回廊
……私に、そのような手腕などありません!
私は、なにひとつ兄上の足元に及びませんから。
ウルダハ:ザル回廊
……唐突な心変わりの理由は理解に苦しみますが、
兄の居場所を教えていただき、感謝します。
それでは、私はこれにて……。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
[ 10.3 , 12.4 ]
今日こそは、イシュガルドへ連れ帰りますよ……!
病の父上に無理をさせるわけにはいきません。
兄上なくして、誰が父上を助けるのですか!?
リムサ・ロミンサ:上甲板層
配達士さん、ありがとうございます!
……私は今、改めて感動しました。
困難を乗り越えて、配達という使命を果たす人の姿に!
リムサ・ロミンサ:上甲板層
でしたら、兄上も使命を果たしてください!
床に伏した父上に、いつまで無理をさせるつもりですか!?
リムサ・ロミンサ:上甲板層
長い間、家を顧みることなく、
遊び呆けている貴方に、尽くす礼なぞありません!
引きずってでも、イシュガルドへ連れ帰りますよ!
リムサ・ロミンサ:上甲板層
……あ、兄上?
ちょ、ちょっと……ま、まさかっ!?
リムサ・ロミンサ:上甲板層
ぎやああああああああああ!!!
リムサ・ロミンサ:上甲板層
なんだ……この感覚は……?
私には、ありもしないと思っていた威厳と風格……
そして、自信が心の底からみなぎってくる……。
まるで、生まれ変わったかのような気分だ……。
兄を追い続けていた私が見えていなかった……
これが……本当の……私……。
リムサ・ロミンサ:上甲板層
……そうか、そういうことか。
ベアティヌさんとセヴェリアンさんの真意を……
私は今、ようやく理解しました……。
兄上……貴方はすごい人だ。
家のことは、私が責任を持ってみせます!
だから兄上は、これからも多くの人を切り刻んであげてください!
やはり、兄上……ジャンドゥレーヌは私の自慢で憧れです。
私も、自分で選んだ使命を、きっと果たしてみせます。
兄上や、配達士さんに負けないように!