えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ウデキキ

patch 3.x
ナナシ
グナース族ストーリークエスト

名なしのグナース族

Lv
50
高地ドラヴァニア
[ 31.5 , 24.7 ]
シシシシシ……そうだよ、オイラが「ナナシ」だ。
ほかの同胞と違って、「やりたいこと」がないから、
名前も付けられず「ナナシ」だなんて呼ばれているのさ。
ストーリーテラーに頼まれて、仕方なく来たんだろ?
もう、オイラのことなんか放っておいてくれよ……。
高地ドラヴァニア
どうせ、狩りもまともにできない、厄介者のオイラなんか、
生きていても仕方がないんだ……シシシシシ。
煮るなり焼くなり好きにするがいいさ。
高地ドラヴァニア
待って、待って、
せめて、命だけは勘弁してくれ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……わ、わかった。
……言うとおりにするよ。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……助かった。
先に「スモーキングウェイスト」へ向かっとくよ。
高地ドラヴァニア
[ 26.8 , 17.9 ]
シシシシシ……ありがとよ。
さあ、ヴァスの塚へ帰るとするか……。

►約束は守れ►逃げるつもりか?
シシシシシ……わかったよ。
やればいいんだろ、やれば……。

鈍いメリアエを狩るのはチョロいけど、
オイラが食った野菜分くらい、枝を取らないとな。
すまないが、アンタも1匹だけ狩ってくれないか?
オイラは2匹狩るから、3匹分あれば充分だろう。
若木のメリアエは、この先によく出るはずだ。
高地ドラヴァニア
[ 26.8 , 17.9 ]
シシシシシ……すまないが、アンタも1匹だけ狩ってくれないか?
オイラは2匹狩るから、3匹分あれば充分だろう。
若木のメリアエは、この先によく出るはずだ。
高地ドラヴァニア
[ 26.8 , 17.9 ]
シシシシシ……狩ってきてくれたのか?

シシシシシ……ありがとよ。
それにしても、こんなもんウマいのかな?
まあいいや、「テイルフェザー」へ向かうとするか。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……そういうことか。
もしかして……オイラ……役に立ったのか?
高地ドラヴァニア
実を言うと、オイラ、逃げようとしていたし、
このヒトに、少し手伝ってもらったんだ。
それでも、役に立ったっていうのか?
高地ドラヴァニア
シシシシシ……本当か!?
あのウマい野菜なら、きっと塚の同胞も気に入るはずだ!
依頼を聞いて役に立てて、報酬をもらえるって……いいな!
オイラ、塚では「やりたいこと」が見つからなかったけど、
こんなふうに、もっと外の集落の依頼をこなしてみたいぞ!
高地ドラヴァニア
そうか、色んな集落の依頼を引き受ける者を、
冒険者って言うのか……なんだか、かっこいいな!
よし、決めた、オイラは「腕利きの冒険者」になるぞ!
たくさん枝を集めてくるから、また野菜と交換しよう。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……これはすごいぞ!
食いモノに飢えているヴァスの塚には、もってこいの取引じゃないか!
このことを、早くストーリーテラーに伝えないと。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……オイラはもう、厄介者なんかじゃないぜ。
あっと驚く、とっておきの収穫があったんだぞ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……そうだろう?
冒険者となって、テイルフェザーの依頼をこなせば、
この野菜や肉が手に入るから、食糧不足が解決できるんだ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……それならばオイラが、
足りない物資を調達できそうな、新たな集落を訪ねよう。
そして、取引につながるような依頼を取ってくるよ。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……そのとおり!
なんてったって、オイラは腕利きの冒険者になるんだ!
もっと、広い世界へ出ていかないとな!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……このオイラが頭領か。
よし、アンタに「部下」を紹介したい、こっちへ来てくれ。
高地ドラヴァニア
[ 23.7 , 19.1 ]
シシシシシ……コイツが部下の「アキンド」だ。
その名のとおり、ヒトのように「商売」がしたいらしい。
……あれ、サーチャーはどこだ?
高地ドラヴァニア
[ 23.7 , 19.1 ]
仕方ないヤツだな……。
すまないが、オイラはサーチャーを探してくるから、
アンタに、帰路にいるドラゴン族を追っ払ってもらいたい。
オイラたちグナース族は、ドラゴン族が大の苦手なんだ。
だからアンタに頼めないかな?
もしかしてアイツ、すごく獰猛なドラゴン族に絡まれてるかも……。
シシシシシ……でも、ドラゴン族を倒す必要はないぞ。
同胞が育てた「コンガマトー」に乗って、南西の橋に向かってくれ。
そこで、竜避けの香を撒いてくれればいい。
もし、コンガマトーから降りてしまったら、
「アキンド」に話しかければ、また乗れるさ。
それじゃあ、よろしくな……シシシシシ。
高地ドラヴァニア
[ 23.7 , 19.1 ]
シシシシシ……ありがとよ。
コイツが「サーチャー」だ。
何かと探求するのが好きな、変わり者だよ。
高地ドラヴァニア
[ 23.7 , 19.1 ]
よーし、これで、冒険者ギルドの面子は揃ったな。
とはいっても、頭領のオイラ自身が、冒険者としては新米だ。
そこで、腕利きの冒険者のアンタに頼みがある。
オイラを、弟子にしてくれないか?
冒険者の師としてオイラを導いてほしいんだ!
高地ドラヴァニア
[ 23.7 , 19.1 ]
►断る
シシシシシ……そうか。
ダメなら、仕方ないよな……。
そりゃ、アンタにも「やりたいこと」があるもんな。

►よかろう
シシシシシ……やったぜ、ありがとう!
これからはアンタのこと、「師匠」と呼ばせてくれ!
よし、この後ろにある倉庫を、冒険者ギルドの拠点にするぞ!
「サーチャー」は、テイルフェザーからの依頼を同胞に斡旋し、
分配してみてくれ!
さあ、「ヴァスの冒険者ギルド」の立ち上げだ!
だからもうオイラは、「やりたいこと」がないナナシじゃない!
腕利きの冒険者を目指す……「ウデキキ」と名乗るぞ!
シシシシシ……師匠も、ぜひ「サーチャー」から、
依頼を受けて、同胞に冒険者の手本を示してくれ!
ストーリーテラーから、これまでの師匠の活躍も聞いてる。
オイラたち「分かたれし者たち」とは、もう「友好」関係だな!
これからも仲良くして、このギルドを発展させていこうぜ!
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠、見てくれよ。
この襟巻、似合ってると思わないか?
頭領の証として、ストーリーテラーがくれたんだ。
でも、「ウデキキ」という名前は、まだ早いって、
マルスシャンに言われちまったよ……。
オイラ、名前に追いつくようがんばるぜ!
グナース族ストーリークエスト

初めての冒険

Lv
50
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠、「やりたいこと」がなくて、
「ナナシ」だなんて呼ばれていたオイラだけど、
今や、冒険者ギルドに舞い込む依頼で大忙しだ!
師匠も、たくさんギルドの依頼をこなしてくれてありがとう!
塚の同胞は、依頼を斡旋されることに慣れてなかったけど、
師匠をお手本にして、徐々に馴染んできているよ。
だけど、問題もある。
同胞が依頼をこなすために火砲を使うもんだから、
火薬が尽きかけているんだ。
それも、「繋がりし者たち」が、
材料となる、この土地の硫黄を独占し始めたからさ……。
今こそ、足りない物資を得るため、新たな取引先を探すときだ!
マルスシャンに相談してみたら、
どうやら、「聖フィネア連隊の露営地」という集落では、
ヒトが大きな火砲を使って、ドラゴン族を狩るそうなんだ……。
火砲を使うってことは、当然、火薬も持ってるはず……。
だから師匠……いっしょに「クルザス西部高地」に行って、
そこの偉いヒトを紹介してくれないかい?
シシシシシ……ありがとう、師匠!
それじゃあ、オイラはさっそく出発するよ。
「チョコボの森」の南あたりで合流しような!
高地ドラヴァニア
[ 39.4 , 29.3 ]
シシシシシ……オイラ、ここから南へは行ったこともないよ。
いよいよ、本当の冒険の始まりだね。
……うう……ま、まずいぞ……。
「繋がりし者」が来た!
高地ドラヴァニア
[ 39.4 , 29.3 ]
シシシシシ……ゴメンよ。
オイラ、「繋がりし者たち」が怖くて、どうしても戦えないんだ。
それにしても、なんて嫌なヤツらなんだろう。
いつもオイラたち「分かたれし者たち」を邪魔してくる。
わざわざ、こんなところまで追いかけてきてまでね……。
でも、冒険には障害が付きものだと思うことにするよ。
……さあ、出発しよう!
このトンネルを抜けた先……「クルザス西部高地」に向けてね!
クルザス西部高地
[ 6.7 , 10.0 ]
シシシシシ……すごい!
こんな、真っ白に凍りついた土地があるなんて!
……ヤバいな、オイラも凍りつきそうだ。
オイラたちグナース族は、
ヒトに比べて寒さに弱いんだ……。
凍え死にしないうちに「聖フィネア連隊の露営地」へ急ごう!
クルザス西部高地
シシシシシ……カニ?
オイラは、グナース初の冒険者、ウデキキだよ。
なんでもするから、報酬として火薬がほしいんだ。
クルザス西部高地
邪竜の眷属だって!?
ドラゴン族はオイラたちの天敵!
しかも、群れを追い払うなんてムリだ……シシシシシ。
クルザス西部高地
ま、待って、待って、
矢に最適なメリアエの若枝を取ってこようか?
ドラゴン族以外の魔物を討伐してこようか?
クルザス西部高地
オイラは、師匠ほど強くないから、ドラゴン族も、
「繋がりし者たち」も倒せない……シシシシシ。
そもそも、冒険者に向いてないのかな?
クルザス西部高地
►そんなことない►甘ったれるな
シシシシシ……わかったよ、オイラ、諦めないよ。
でも、オイラの力じゃ、ドラゴンの眷属は…………まてよ?
クルザス西部高地
そうだ……!
要は眷属どもを寄せ付けなければ済むんだから、
竜避けの香を焚けばいいんだ……シシシシシ!
オイラひとっ走りして、竜避けの香になる「銀露草」を採ってくる!
師匠には、その間に集落の前で焚火を起こしてもらいたい!
それじゃあ、行ってくるよ!
クルザス西部高地
シシシシシ……ハァ……ハァ……ま、待たせたな。
オイラは「ナントカ」じゃなくて、
冒険者のウデキキってんだ、よく覚えとけ……!
クルザス西部高地
銀露草を採ってきたぞ。
これを焚いたときに立ち上る煙には、
ドラゴン族や、その眷属の魔物を追っ払う効果があるんだ。
クルザス西部高地
まあ見てろって……シシシシシ。
クルザス西部高地
やったね……シシシシシ。
ドラゴン族を狩るなんてことはムリだけど、
ほかにもできることがあったら、なんでも任せてくれ!
クルザス西部高地
[ 17.0 , 21.6 ]
シシシシシ……諦めなくてよかったよ。
オイラ、銀露草を採りにいく途中で、
凍え死にしそうになったけど、がんばったんだぜ。
さあ、早く帰って、
「ストーリーテラー」に報告しよう。
高地ドラヴァニア
[ 24.6 , 18.8 ]
シシシシシ……ああ、遅れてゴメン……。
ちょっと……道に迷っちまったんだ。
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……ストーリーテラーにも報告したよ。
これで、火薬に困ることはなくなったってな。
でも、新たな取引先ができたから忙しくなるぞ!
それにしても、世界って広いんだな……。
腕利きの冒険者になるには、オイラは、まだまだ未熟だ。
師匠、これからもオイラを導いてくれるよう、よろしく頼むぜ!
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠、聞いてくれよ。
ジャントゥローが、オイラのことを、
「骨なし蟹野郎」だなんて言って、からかうんだ。
こうなったら、ヤツに言い返してやるよ……。
この「殻なし猿野郎」ってね!
グナース族ストーリークエスト

需要と供給

Lv
50
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠、聞いてくれ!
おかげさまで「ヴァスの冒険者ギルド」は、順調に発展しているぞ。
こりゃ、オイラが本物の腕利きの冒険者になる日も、近そうだな!
それはそうと……師匠、「ゴブリン族」って知ってるかい?
火砲の話をしているときに、ジャントゥローから聞いたんだけど、
金属加工が得意な種族らしいね。
ここ「ヴァスの塚」には、グナースの塚にあるような、
立派な設備がないから、火砲や槍といった金属製品が作れない。
だから、ゴブリン族から依頼を受けて、
報酬として金属製品を作ってもらおうと思うんだけど……
どこへ行けば、ゴブリン族がいるんだろう?
シシシシシ……「イディルシャイア」か……。
「低地ドラヴァニア」という場所にあるんだね?
師匠ならきっと、ゴブリン族の偉いヤツと知り合いだろう?
その偉いヤツを、オイラに紹介してくれよ!
ゴブリン族の依頼を受けられれば、ヴァスの塚は大助かりだ!
じゃあ、「アヴァロニア・フォールン」の西で待っているからな!
高地ドラヴァニア
[ 7.6 , 34.0 ]
シシシシシ……ゴブリン族か。
いったいどんなヤツらなんだろう?
オイラ、ヒトやグナース以外の種族と話をするのは初めてだ。
……ううう……ま、まただ……!
「繋がりし者たち」が来た!
高地ドラヴァニア
[ 7.6 , 34.0 ]
シシシシシ……ありがとう。
また、「繋がりし者たち」が現れるなんて、
まるで、オイラたちをこの土地から出したくないみたいだ……。
さあ、この先が「低地ドラヴァニア」なんだね?
オイラ、早くゴブリン族に会ってみたいよ。
さあ、行くぞ!
低地ドラヴァニア
[ 32.7 , 24.9 ]
シシシシシ……なんか、コイツに急に襲われたんだけど……
ゴブリン族っていうのは、こんなに凶暴なのかい?
「青の手」のゴブリン族?
なんだ、ここはイディルシャイアじゃないのか。
ゴブリン族にも「繋がりし者たち」みたいな、乱暴者がいるんだね。
シシシシシ……
それにしても、ゴブリン族ってさ…………まあいいや。
さあ、今度こそ「イディルシャイア」へ向かおう!
イディルシャイア
[ 7.5 , 6.5 ]
シシシシシ……なんだか、さっきのヤツと違う?
それでも、やっぱり……。
イディルシャイア
[ 7.5 , 6.5 ]
シシシシシ……「ドライドクス」?
変わった名前だな、「やりたいこと」は何なのだろう?
……まあいいや、行こうか。
イディルシャイア
シシシシシ……そうだよ。
オイラは冒険者のウデキキだ。
アンタたちゴブリン族は、グナース族を知っているのか?
イディルシャイア
それは、きっと「繋がりし者たち」だ。
ゴブリン族でいう、「青の手」みたいな連中さ。
オイラは、見境なく襲ったりしないから安心してくれ。
シシシシシ……
それにしても、ゴブリン族って……
みんな、面白い顔しているんだね。
イディルシャイア
ふーん、そうなんだ……。
ところで、依頼の報酬なんだけど、
オイラたちの、火砲や槍といった金属製品を作ってほしいんだよ。
イディルシャイア
へー、そうかい……それはよかった。
オイラのこの火砲で、「青の手」の銃使いなんか、
イチコロだったけどな……じゃあ、何か依頼してくれるかい?
イディルシャイア
シシシシシ……断る。
冒険者は、そんな地味な依頼は受けないよ。
魔物退治とか、物資の収集なんかを頼んでくれ。
イディルシャイア
►依頼を選ぶな►調子にのるな
シシシシシ……わかったよ。
冒険者が引き受けるのは、派手な依頼だけじゃないんだね。
イディルシャイア
いつも助けてもらってばかりだから、
ここはオイラの力だけで、やらせてくれ。
低地ドラヴァニア
[ 20.8 , 16.0 ]
シシシシシ……なんだよ?
しっかり働いてるよ、邪魔しないでくれ。
低地ドラヴァニア
シシシシシ……ふう……疲れた。
ゴブリン族は、グナース使いが荒いな……。
ちょっと腹ごしらえさせてもらうよ。
低地ドラヴァニア
……こいつは、ナンカの卵だよ。
すんごいブヨブヨ、ビリビリしてウマいぞ?
ひとつ食べてみるかい?
低地ドラヴァニア
シシシシシ……ナンカの卵の味がわかるなんてね。
ゴブリン族とは味覚が合うのかもしれないな。
任せてくれ、また持ってくるよ!
低地ドラヴァニア
ああ、よかった……
毎回、ここまで来て、雑用させられるところだった。
よし、帰って、「ストーリーテラー」に報告だ。
高地ドラヴァニア
[ 28.2 , 31.0 ]
シシシシシ……ここはどこ?
オイラは……だれ?
高地ドラヴァニア
[ 28.2 , 31.0 ]
シシシシシ……ウデキキ?
……そうだ、オイラはウデキキ!
腕利きの冒険者になるんだ!
シシシシシ……なんでこんなところに?
師匠まで、どうしたんだ?
早く、「ヴァスの塚」に帰らないと……。
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……さっきはありがとう。
記憶に混乱があるけど、話はストーリーテラーから聞いたよ。
自我を失いかけていたところを、助けてくれたんだね。
師匠、黙っていてゴメンよ。
オイラ、今も「繋ぎ止めし者」の「意思の囁き」が聴こえるんだ。
……しかも、その声はどんどん大きくなっている。
シシシシシ……せっかく「やりたいこと」を見つけたのに、
自我が消えちまうなんて絶対に嫌だよ……。
オイラは、腕利きの冒険者になるんだ!
「意思の囁き」なんか聴こえなくなるくらい、
ギルドの依頼をがんばって、そんなもん乗り越えてやるんだ!
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠、驚くなよ。
オイラ、ドライドクスの素顔を見ちまったんだ!
あの可笑しなマスクより、ずっと可愛い顔してたぞ!
……もし、自我を失ったら、
こんなことも、忘れちまうんだろうな……。
グナース族ストーリークエスト

天敵からの試練

Lv
50
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……ここはどこ?
オイラは……だれ?
な~んてね……冗談だよ、師匠!
もう自分が誰だかわからなくなったりしないぜ。
それより、聞いてくれ、一大決心をしたんだよ!
オイラたちの建物は「ドラヴァニア粘土」って材料で作るんだ。
これまでは、グナースの塚から盗んでたんだけど……
実は「不浄の三塔」の近くでも取れることがわかってる。
でも、不浄の三塔に棲むドラゴン族は、
オイラたちの天敵だから、最初から諦めていたのさ。
師匠は、不浄の三塔のドラゴン族と交流があるんだろ?
怖いけれど、オイラもドラヴァニア粘土を得るために、
ドラゴン族と接触してみることにしたんだ!
今や「ヴァスの塚」は、食糧も、火薬も、金属製品も、
冒険者稼業で得ることができるようになった。
ただドラヴァニア粘土だけは、グナースの塚から盗むしかなかった。
これさえ自分たちで調達できれば、オイラたちは、
本当の意味で「繋がりし者たち」から解き放たれることになる!
ヴァスの塚が「繋がりし者たち」から、
真に「分かたれ」るかどうかが、この交渉にかかってるのさ!
だから「不浄の三塔」の長に、オイラを紹介してくれよ!
高地ドラヴァニア
[ 18.3 , 27.0 ]
シシシシシ……やっぱり怖いな。
でも、オイラは腕利きの冒険者になるんだ、
……勇気を出して行くよ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……オイラはグナース族だけど、
蛮神を召喚するような、悪いグナース族じゃないよ。
アンタたちも、グナース族やヒトを、
見境なく襲うような、乱暴なドラゴン族じゃないんだろ?
オイラは言葉を使う「分かたれし者」、今日は話をしにきたんだ。
高地ドラヴァニア
この塔の近くで取れる粘土は、
オイラたちグナース族の、建物の材料となるんだ。
その粘土は、悪いグナース族の土地か、ここでしか取れない。
オイラたち「分かたれし者たち」は、なんでも依頼をこなす!
だから、粘土を採取することを許してくれないか?
高地ドラヴァニア
ええっ!?
つ、「繋がりし者たち」をっ、グナース族をっ……?
高地ドラヴァニア
シシシシシ……わ、わかったよ……!
追い払ってくるよ……。
高地ドラヴァニア
[ 18.8 , 21.1 ]
シシシシシ……ゴメンよ……
オイラ、やっぱり「繋がりし者たち」とは怖くて戦えない。
高地ドラヴァニア
[ 18.8 , 21.1 ]
►乗り越えるんだ►見守っている
シシシシシシ……こればっかりはムリだ!
「繋がりし者たち」を前にすると「意思の囁き」が大きく響いて、
身体が言うことを聞かなくなって……暗闇に飲まれそうになるんだ!
高地ドラヴァニア
[ 18.8 , 21.1 ]
ヒトの師匠に、グナース族の気持ちなんかわからないんだよ!
師匠なら倒せるんだから、倒してくれてもいいじゃないか!
高地ドラヴァニア
[ 18.8 , 21.1 ]
シシシシシ……師匠なら倒せるんだから、
倒してくれてもいいじゃないか……。
高地ドラヴァニア
[ 18.8 , 21.1 ]
シシシシシ……
し、師匠……ゴメンよ……オイラ……。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……負けるもんか……負けるもんか……
オイラは……冒険者のウデキキだ……
「意思の囁き」になんか……負けるもんか……。
オイラには……やりたいことがある……
塚のために……同胞のために……やるべきことがあるんだっ!
高地ドラヴァニア
うるさい黙れっ!
オイラの頭から出ていけーっ!
高地ドラヴァニア
……あれ?
「意思の囁き」が……聴こえない……?
高地ドラヴァニア
全く聴こえなくなったぞ!
やった、やったぞ……シシシシシ!
オイラも、ついに完全に「分かたれ」ることができたんだ!
高地ドラヴァニア
[ 18.8 , 21.1 ]
シシシシシ……オイラ、師匠や同胞のことを思いながら、
必死で「意思の囁き」に抵抗したんだ。
そしたら、乗り越えることができたのさ!
さあ、「ヴィゾーヴニル」に報せにいこう。
仕事はしっかりこなしたぞってね……シシシシシ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……言われたとおり、斥候を倒してきたよ!
……結構、師匠に手伝ってもらっちまったけどね。
高地ドラヴァニア
ありがとう!
オイラたちは、ここの近くのヴァスの塚を棲処にしている。
何か依頼したい仕事があったら、いつでも任せてくれよ!
高地ドラヴァニア
そうだな、オイラたちはご近所同士だ。
これからも仲良くしていこうぜ!
……シシシシシ。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……ついにやったぞ!
不浄の三塔のドラゴン族との接触に成功して、
「ドラヴァニア粘土」を得ることができるようになったんだ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……オイラだけの手柄じゃないよ。
みんなが、ギルドの仕事をしてくれたおかげさ。
そして、なにより……導いてくれた師匠のおかげだ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……そうなんだ!
オイラも、やっと「意思の囁き」を乗り越え……
高地ドラヴァニア
シシシシシ……く、くそう!
オイラの身体を勝手に使いやがって!
ヴァスの塚の誰ひとり、自我を捨てるもんか!
高地ドラヴァニア
……せっかくだけど、塚を捨てて逃げるしかない。
オイラたちはもう、冒険者として外でも生きていけるはずだ!
高地ドラヴァニア
ど、どうしてだよっ?
ストーリーテラーも、一緒に逃げようぜ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……確かにオイラも救われた。
……また別の誰かが「分かたれ」たとき、知らないふりはできない。
高地ドラヴァニア
そうなのか、オイラたちは、もう戦うしかないのか……?
ほかに、何か方法はないのかな……?
オイラ、「その時」が来るまで考えてみるよ……シシシシシ。
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠、わからないよ。
オイラ、どうしたらいいのかな……?
やっぱり、「繋がりし者たち」と戦うしかないのか……?
グナース族ストーリークエスト

繋がれざる者

Lv
50
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠!
オイラ、みんなが戦わなくて済む方法がわかったよ!
それは、オイラが「繋ぎ止めし者」を倒せばいいのさ。
「繋がりし者たち」は、「繋ぎ止めし者」の、
「意思の囁き」がなければ、何をしていいのかわからない。
ヤツさえ倒せば、攻め込まれるのを止められるんだ。
ただ「繋ぎ止めし者」は慎重で、滅多に姿を現さない。
だからオイラがオトリになって、おびき出してやるんだ!
改心したフリをして「自我」を消してくれと言えば、絶対出てくる!
シシシシシ……オイラ、気がついたんだ。
結局、オイラの「やりたいこと」って、
ヴァスの塚の役に立つことだったんだよ。
自我を得たのに、「やりたいこと」がなくて、
フラフラしていたオイラでも、この塚は養ってくれた。
そんな塚への恩返しこそ、オイラの「やりたいこと」だったのさ。
冒険者ギルドを作ったのも……
怖いドラゴン族や、「繋がりし者たち」に立ち向かえたのも……
全部、塚の役に立ちたいという想いからだったんだ!
シシシシシ……まぁ、そのおかげで、遠い土地に出て、
「繋ぎ止めし者」の怒りを買ってしまったんだけどね。
これはオイラの責任だから、オイラがやらなくちゃいけないんだ。
本当は、師匠にいっしょについてきてほしいくらい怖いよ……。
でも、師匠にはヴァスの塚に残っててもらいたい。
「ストーリーテラー」と話して、戦う準備をしておいてほしいんだ。
オイラが失敗したとき……ここは戦場になるから……。
それじゃあ、行ってくる……シシシシシ。
高地ドラヴァニア
[ 27.1 , 34.3 ]
……………………。
高地ドラヴァニア
►やめるんだ►思い出せ
シシシシシ…………ウデキキ……?
高地ドラヴァニア
……シシシシシ……ウデキキ……
ウデキキ……ウデキキ……ウデキキ……。
高地ドラヴァニア
し、師匠……ストーリーテラー……
マルスシャンにジャントゥロー、それにドライドクスまで……?
高地ドラヴァニア
……そうだ……オイラは……腕利きの……冒険者になる……
オイラは…………ウデキキだ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……自我を取り戻す直前、
「繋ぎ止めし者」の大いなる「恐怖」を感じたよ。
もう、ヴァスの塚に、ちょっかいを出すことはないだろうさ。
高地ドラヴァニア
みんな、ありがとう。
オイラ、真っ暗闇の中で心が消えちまいそうになってた。
そんなとき、師匠とみんなが呼ぶ声が聞こえたんだ。
おかげで、自我を取り戻すことができたよ。
……さあ、帰ろう……オイラたちの冒険者ギルドへ!
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……改めてみんな、
オイラのために、わざわざ来てくれて、本当にありがとよ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……
みんな、繋がっている「友」なのに、素直じゃないな~。
まあ、そこが「分かたれ」てるってことなのかもね。
高地ドラヴァニア
シシシシシ……そうだ、確かにそうだ。
こんなにも多くの心強い仲間がいれば、
ヴァスの塚は、どんな困難だって、乗り越えられるはずだよ!
高地ドラヴァニア
すべては、師匠のおかげさ。
でも、いい加減、師匠の手は煩わせないことにする。
師匠にも、「やりたいこと」があるはずだもんな。
みんなに助けられた、未熟なオイラだけど、
これからは、自分の力だけで、腕利きの冒険者を目指すよ!
高地ドラヴァニア
シシシシシ……師匠、今まで、本当にありがとう!
オイラが、腕利きの冒険者になったら……
そのときは、一緒に冒険しようぜ!
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠、元気してるか?
オイラは腕利きの冒険者になるため、日々精進してるぜ!
師匠の「やりたいこと」は順調かい?
もし、時間があったら、ギルドの依頼も手伝ってくれよな!
グナース族ストーリークエスト

分かたれし物語

Lv
50
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……師匠。
師匠にも「やりたいこと」があるはずなのに、
冒険者ギルドの依頼をたくさんこなしてくれて、ありがとう!
塚の同胞も、師匠の働きに感化されて、
舞い込む依頼を我先にと、こなしてくれてるんだ。
オイラは、新たに「分かたれ」た同胞の指導に追われているよ!
塚の長からも、師匠にお礼を言いたいみたいだから、
「ストーリーテラー」に声をかけてやってくれ。
サブストーリークエスト蛮族エクストラストーリー 蒼天編

導かれし盟友たち

Lv
60
patch3.5
高地ドラヴァニア
[ 23.6 , 19.1 ]
シシシシシ……[player]、調子はどうだい?
なんてね……師匠のことを名前で呼ぶなんて、
やっぱり変な感じがするな。
あれから、塚ではバヌバヌ族の踊りが大流行してるんだ。
オイラは、モーグリ族のイタズラを勉強中さ……。
も、もちろん、ギルドの仕事もがんばってるからな!