えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ウェイ・アフ

patch 3.x
モーグリ族ストーリークエスト

竜を動かす修復団!

Lv
50
ドラヴァニア雲海
[ 7.6 , 30.0 ]
……貴方たちが、私の力を求める者たちですね。
不肖の弟とはいえ、血族の頼みとあっては仕方ありません。
話だけでも、聞いてみるとしましょう。
ドラヴァニア雲海
[ 7.6 , 30.0 ]
しばらく前から、モーグリ族がヒトの真似事を始めたことは、
眷属の竜たちから伝え聞いています。
モーグリ族が、どこでどのように遊ぼうとも構いません。
しかし、私にその遊びに付き合えと言われても、
承服しかねます。
ドラヴァニア雲海
[ 7.6 , 30.0 ]
……なるほど、そこまで言うなら、
自らの言葉を証明するための機会を……
いうなれば、試練を貴方たちに与えましょう。
「形ある、形なきもの」を作りなさい。
それができれば、貴方たちの行いが遊びではないと認め、
修復計画とやらにも、力を貸すことにしましょう。
ドラヴァニア雲海
[ 7.6 , 30.0 ]
「形ある、形なきもの」を作りなさい。
それができれば、広場の修復に協力しましょう。
竜の誇りにかけて、お約束します。
ドラヴァニア雲海
[ 7.6 , 30.0 ]
いいえ、我が弟よ……見誤ってはなりません。
この美しい楽器こそが「形ある、形なきもの」なのです。
モグジンよ、これは貴方が製作したものですか?
ドラヴァニア雲海
形ある楽器と形なき音、
ヒトとモーグリの技と知恵……見事。
貴方たちの計画を遊びと侮ったこと、深く謝罪します。
ドラヴァニア雲海
ドラゴン族は、文字や言葉ではなく、
感情と魔力を乗せた咆哮、すなわち「竜詩」を重んじます。
しかし、ヒトやモーグリに「竜詩」を操ることはできません。
ゆえに、かつて我が父祖たる聖竜は、親しきヒトやモーグリ族に、
楽器の音色に想いを乗せる術を、伝えたのだといいます。
聖竜を呼ぶのに「ラッパ」が用いられるのも、そのため。
我が助けを借りたいならば、
私を呼ぶに相応しい、美しい音色を奏でる楽器が必要……。
貴方がたが作った「ラッパ」には、その価値があるようです。
ドラヴァニア雲海
[ 15.7 , 29.0 ]
試練を果たした以上、協力を惜しみはしません。
私にできることであれば、なんでもいたしましょう。
ドラヴァニア雲海
[ 15.7 , 29.0 ]
そう言われると、千年前を知らぬ若輩者の私でも、
感慨深いものがありますね。
ふふっ……ヒトの職人よ、改めてよろしく頼みます。
モーグリ族ストーリークエスト

泉を造る修復団!

Lv
50
ドラヴァニア雲海
[ 7.6 , 30.0 ]
よく来ましたね、ヒトの職人よ。
オル・ディーから聞きましたが、
なんでも私の力を必要としているとか?
ドラヴァニア雲海
なるほど、「咆哮」でクリスタルを活性化させたいと……。
わかりました、私の力を貸しましょう。
ドラヴァニア雲海
では、私の背に乗りなさい、ヒトの職人よ。
どのクリスタルに「咆哮」するか、指示をお願いします。
オル・ディーは念のための連絡役として、ここに残りなさい。
ドラヴァニア雲海
咆哮による活性化は、上手くいったようですね。
魔力を乗せすぎて、属性の力を暴走させないかと、
少しばかり心配しましたが……。
モーグリ族デイリークエスト

恐怖の咆哮

Lv
50
ドラヴァニア雲海
無事に助けだせたようですね。
別のモーグリの救出に向かいましょう。
ドラヴァニア雲海
襲われる前に助けることができて、なによりです。
さあ、別のモーグリを助けにいきましょう。
ドラヴァニア雲海
……ほかに、助けを求めるモーグリはいないようですね。
モグエクに報告して、安心させてあげるとしましょうか……。
モーグリ族デイリークエスト

不思議な咆哮

Lv
50
ドラヴァニア雲海
……成功したようです。
なにぶん古いものですし、私の魔力に耐えられるか不安でしたが、
この様子でしたら問題はないでしょう。
ドラヴァニア雲海
……魔力を溜めることができたようです。
次の場所へ向かいましょう。
ドラヴァニア雲海
これで最後ですね。
魔力を溜めたので、これでしばらくは、
施設を動かすことができるでしょう。
モーグリ族デイリークエスト

施設を再稼働せよ

Lv
50
ドラヴァニア雲海
……彫像自体に異常はないようです。
問題なく、魔力を込めることができました。
次へ参りましょう。
ドラヴァニア雲海
この彫像にも、魔力を込めることができました。
残る彫像はふたつですね。
ドラヴァニア雲海
これで、この彫像にも魔力を込めることができました。
残る彫像はあとひとつ。
さあ、行きましょう。
ドラヴァニア雲海
ヒトの職人よ、助かりました。
私にも道理はわかりませんが、ヒトを背に乗せないと、
いくら咆哮しても、彫像に魔力を込めることができないのです。
まったく、古のヒトと竜は、不思議な彫像を作ったものです。
……さて、我らの仕事はこれで終わり。
帰るといたしましょう。
モーグリ族デイリークエスト

サカナ、ご期待ください

Lv
50
ドラヴァニア雲海
こ、これはなんともおいしそうな雲海魚ですね!
いったい、どうしたというのです?
ドラヴァニア雲海
……モーグリたちが、日頃のお礼にと?
ふふっ、そういうことでしたら、いただきましょう。
彼らにはよろしくお伝えください。
モーグリ族デイリークエスト

クリスタルの活性化

Lv
50
ドラヴァニア雲海
問題なく、クリスタルを活性化させることができました。
次へ参りましょう。
ドラヴァニア雲海
これで、目的のクリスタルを活性化させることができたようですね。
さて、帰るといたしましょう。