えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

イロアズ

patch 3.x
サブクエストドラヴァニア

イシュガルドのモブハント(上級)

Lv
59
patch3.0
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
このアタシを、空き巣みたいな、
トレジャーハンターと一緒にしないどくれ。
これでも、アタシはモブハンターなんだからね。
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
お前さんが、[player]かい。
なかなか活きのいい冒険者がおると、方々で噂を聞いとるよ。
どうだい、そろそろ「上級」のモブに手を出してみるかね?
お前さんの腕なら、後れをとらんだろうて。
ふふふ、進むも引くも自由……。
興味があるなら、忘れられた騎士亭の「アルドラン」に、
話を聞いてみなさいな。
サブクエストイシュガルド

イシュガルドのリスキーモブ

Lv
60
patch3.0
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
おやまぁ、このイディルシャイアで、
クランの仲間と会えるのは嬉しいもんだね。
リスキーモブの情報でも、教えてやろうかい?
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
低地ドラヴァニアにとって「サリャク河」は、
シンボルであり、水の恵みをもたらす母でもある。
その母なる大河を支配しているのが、
大型の甲殻類「プテリゴトゥス」さね。
動く物なら見境なしに、尾っぽの鋏で細切れにして、
瞬く間に平らげちまう大食らいの化け物さ。
尾の動きには、注意するんだね。
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
イディルシャイアの住人が、
猿人に襲われるという事件が頻発していてねぇ。
でも、猿人「サスカッチ」が棲息するのは、
シェルダレー諸島なんかの暖かい密林と相場が決まってる。
古い記録を調べてみて、ようやく事の真相がわかったよ。
なんでも、かつてシャーレアン人の博物学者が、
生態調査の一環として、温室で飼育していたようなのさ。
大撤収の際に解き放ったんだろうが、迷惑な話さね。
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
ゴブリン族の科学者集団「青の手」が、
ここらで、怪しげな研究をしているのは知ってるね?
その中に、手配中の「スリップキンクス」というヤツがいる。
自ら開発した兵器の性能を試すため、
無辜の市民を惨殺したっていう、札付きの悪党さ。
コイツは、カラクリ仕掛けの甲冑を着込んでいて、
常人にはおおよそ出せないような、怪力を発揮するそうだよ。
まったく科学者ってのは、手に負えないねぇ。
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
「ストラス」の討伐を依頼してきたのは、
驚くなかれ、北洋在住のシャーレアン人の占星術師さ。
彼は、フクロウに魔法をかけて使い魔にしてたそうだが、
どんな偶然が作用したのか、天才的な頭脳を獲得したそうでね。
主に占星術の助言さえしていたそうだよ。
ところが、15年前の「大撤収」の際に、
主が持つ禁書を奪い、逃げ出しちまったそうだ。
禁断の知識を手にした使い魔を駆除しろってことだね。
イディルシャイア
[ 6.4 , 6.8 ]
これまた、北洋のシャーレアン人からの討伐依頼だよ。
古の預言詩を研究した結果、世に終末が訪れるとき、
恐るべき騎士が蘇ると記されていたそうでねぇ。
件の依頼者は、終末とは「第七霊災」を示していて、
すでに「黙示の騎士」が蘇っていると考えているのさ。
正直、アタシは眉唾モンの内容だと思ってるよ。
でも、あるトレジャーハンターが見たというのさ。
預言詩に記された「首なしの亡霊騎士」の姿をねぇ……。