えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

アシエン・エリディブス

patch 4.x
????
殿下と呼ばれた男
ゼノスの顔を持つ男
ゼノス・イェー・ガルヴァス
メインクエスト紅蓮のリベレーター

紅蓮のリベレーター

Lv
70
patch4.0
????
皇帝陛下も、息子の死には感傷的になるといったところか……。
????
ほぅ……非情な方だ。
世界を制覇せんとする強国の皇帝ともなれば、
実の息子を贄とし実験台に乗せることすら、造作もないと?
????
黒法衣どもとやり合おうというのなら、止めはせんさ。
私の望みは救済であり、この星に真の姿を取り戻させることだけ。
その点で、目的は一致していると思うのだが……。
????
もちろんだ……。
こちらとて、すぐに信頼してもらえるとも思ってもいない。
なれば…………。
メインクエスト解放戦争 戦後編

暁光の刻

Lv
70
patch4.2
帝都医療施設
…………問題はない。
下がれ。
メインクエスト解放戦争 戦後編

十六夜の月

Lv
70
patch4.3
カストルム・フルーミニス
アサヒよ、貴様はドマ出身だったな。
カストルム・フルーミニス
うむ。
貴様を皇帝陛下の代理人たる全権大使に任命する。
ドマへ赴き、和平交渉を取りまとめよ。
カストルム・フルーミニス
そうだ。
ただし、その傍らで当地にて代理総督ヨツユを見つけ出せ。
カストルム・フルーミニス
これより貴様には、神降ろしの秘儀を授ける。
ヨツユを見つけたならば、その手法を手ほどきせよ。
奴には、信仰心など露ほどもなかろうが、
八百万の神が息づく東方の生まれならば、依り代にはなる。
紅甲羅の神器と成すべき願いがあらば、神のひとつも降ろせよう。
カストルム・フルーミニス
むろん才なき女は、自ら身に宿した蛮神の虜となり、
願いに囚われた生ける亡者と、なりはてるだろうがな。
カストルム・フルーミニス
ふむ……嘆かわしいことに、
この帝都にも、民衆派なる軟弱者たちが蔓延りつつあるという。
奴らに今一度、蛮神の脅威を認識させねばならん。
カストルム・フルーミニス
貴様が我が手となり、警鐘を鳴らすのだ。
世界を真の意味で救済するために……やってくれるな?
メインクエスト解放戦争 戦後編

月下の華

Lv
70
patch4.3
帝都魔導城
もちろん、覚えているとも……。
件の蛮神は、ほどなく彼の英雄によって処理された。
召喚者は死に、再召喚の可能性もない。
すべては計画の内……
事態は完全に掌握できている、問題はない。
帝都魔導城
案ずるな……。
私の望みは星の救済なのだから……。
メインクエスト解放戦争 戦後編

狂乱の前奏曲

Lv
70
patch4.4
帝都魔導城
策が功を奏し、民衆派は息を潜めるばかり……
ならば今こそ、帝国の力を見せつけてやるときではないか?
帝都魔導城
皇帝陛下が一声、号令をかけるだけでいい。
それだけで軍は、飢えた狼のようにアラミゴへと殺到し、
あのような小国など、またたく間に喰らい尽くすことだろう。
帝都魔導城
……だんまりか。
帝都魔導城
わざわざ手間を掛けてまで「調停者」たる私が、
道化を演じているのだぞ?
帝都魔導城
お前に初めて、この顔を晒したときに誓ったろう?
私が持つ力と知恵のすべてを、帝国のために振るおうと……。
その言葉に偽りなしと、証明してきたはずだ。
あの神殺しの英雄すら、
この身体を得た私ならば、安々と始末できるだろう。
いったい、何を迷う?
帝都魔導城
あまり決断を遅らせると、確定した勝利さえ揺るぎかねないぞ?
悩みの渦を抜け出せたなら、また呼びたまえよ。
父上殿……。
メインクエスト解放戦争 戦後編

英雄への鎮魂歌

Lv
70
patch4.56
ギムリトダーク
この「ゼノス」を前にして、
逃げず抗う者たちが、まだ残っていたか……。
ギムリトダーク
ほう……貴様らに、それができるとでも……?
ならばよし、この肉体の肩慣らしとゆこうではないか……。
ギムリトダーク
さて、不完全なヒト風情が、どこまで耐えるか……
見ものだな……。
ギムリトダーク
さあ、次だ……足掻いてみせろ……。
ギムリトダーク
まだ啖呵を切る余裕があるか……
ならば、さらなる闇を見せてくれようではないか……。

妖刀と呼ばれし、その力……示してみせよ!
ギムリトダーク
牙を剥け、アメノハバキリ……!
ギムリトダーク
ほう……まだ生きているとは……。
ギムリトダーク
この肉体も馴染んできた、か……。
ならば、そろそろ幕引きとさせてもらおう。
ギムリトダーク
久しいな、光の使徒よ……。
ギムリトダーク
もはや、語り合うこともなし……か。
ギムリトダーク
よかろう、光と闇の均衡を正すため……消えてもらうぞ!
ギムリトダーク
来たな、エオルゼアの英雄……
今こそ、その忌々しき光を消してくれよう……!

すべての根源たる闇の力よ……!
大義のために、我が魂の底より湧き上がれ!

この肉体が持つ力、引き出させてもらおう……!

さすがは、光の使徒……
が、その強き光さえも、真なる闇は呑み込むと知れ……!

この星の未来のため、命散らせて星海に還るがよい!

耐えてみせた、だと……!?
これほどまでに、魂の強度を高めていたか!

ラハブレアをも翻弄してみせただけはある、か……!
だが、調停者をみくびるなよ……!
ギムリトダーク
ふむ、さすがは、ハイデリンが入れ込んできた、
英雄というわけか……。
だが、この肉体と我が魂の前では、
わずかに力が足りなかったようだな……。
ギムリトダーク
ほう……何者かの意思を感じるぞ……。
しかし……間の悪いことだな……
帝都魔導城
……なぜ戦場から去った?
帝都魔導城
想定外の介入があっただけのこと……
次の機会があれば、逃しはしない。
帝都魔導城
ところで……君の祖父がどこにも見当たらぬが?
帝都魔導城
なるほど……。
彼は、あれでいて職務に忠実な男だ。
動いたということは、この状況に利用価値を見出したのだろう。