えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

アイレス

patch 3.x
サブクエストクルザス

冷たい竜狩り

Lv
56
patch3.0
クルザス西部高地
[ 17.4 , 22.8 ]
あなた、何か用……?
今、取り込み中……。
クルザス西部高地
[ 17.4 , 22.8 ]
アイレスは、私……。
あなたは、誰?
理解した……。
ちょうど、人手を探していたところ。
さっき、偵察に出ていたほかの部隊が、
大物のドラゴン族に襲われて逃げ帰ってきた。
これは、私たちにとって大手柄を挙げる好機。
まずは、現地へ向かう。
露営地の南にあるレッドリムに、行く。
クルザス西部高地
[ 16.6 , 33.4 ]
このあたりが、ドラゴン族との遭遇地点。
近くにあるはずの、戦死した貴族の遺体を探して。
……もし敵が襲ってきたら、自分で、身を守って。
クルザス西部高地
[ 16.6 , 33.4 ]
貴族の遺体は、あった?
ドラゴン族が現れ、あなたが単独で撃退した……?
……その功績は、あなたのもの。
マーギットさんに報告すべき。
いつか私にも教えてほしい、ドラゴン族の倒し方。
私は強くなり、功績を積みたい。
そして、上にのしあがり、この狂った世界を……っ!
……なんでもない。
その「竜の牙」を、「マーギット」さんに届けて。
私は、ほかの遺体の捜索と、弔いの準備があるから……。
サブクエストクルザス

失われた竜狩り

Lv
56
patch3.0
クルザス西部高地
[ 32.7 , 38.3 ]
話は聞いている。
戦死者の遺品をちょうだい。

……確かに、受け取った。
手続きを取って、皇都の遺族に送っておくから。
このようなつまらないことを続けて、
いつになったら、私は功績をあげられるの?
…………いっそ、もう。
なんでもない……。
「マーギット」さんへの報告は任せる。
サブクエストクルザス

竜を待ちながら

Lv
56
patch3.0
クルザス西部高地
[ 19.4 , 35.9 ]
私は失敗した……私は失敗した……!
ここは危険…………早く……逃げ……。
クルザス西部高地
[ 19.4 , 35.9 ]
はあ……はあ……。
ドラゴン族を、目の前でやすやすと倒されるなんて……。
その力……嫉妬する……。
……私はひとりで戦おうとした。
あなたが、この前、倒したドラゴン族の死体を使って、
大物をおびき寄せて、倒してやろうって……。
だけど、私は……倒せなかった。
あなたの持つ力が、私にはない……。
なんで……なんで私には力がない?
この狂った国を変えるには、力が必要なのに……。
死んでいった人たちのためにも、力が……力が……っ!
……なんでも、ない。
「竜の牙」をちょうだい。
私から、マーギットさんへ届けておくから。
クルザス西部高地
[ 19.4 , 35.9 ]
「竜の牙」をちょうだい。
私から、マーギットさんへ届けておくから。

確かに、預かった。
私は先に露営地へ戻る……。
サブクエストクルザス

竜狩りの理由

Lv
56
patch3.0
クルザス西部高地
[ 32.4 , 5.3 ]
……竜の牙を持ち逃げした私を、追ってきた?
フフ……残念だけど、竜の牙はもう、ここにはない。
私は、ドミニアク様に無断で、ある貴族と取引しようとした。
竜の牙を代価に、私の身分を引き上げてほしいって……。
フフフ……でも、お笑い草。
結局、貴族に騙されて、竜の牙を奪われただけ。
理不尽な目に遭うのは、いつも平民……そう、あのときと同じ。
……愛する彼は、貴族に窃盗という無実の罪をかけられた。
当然、ろくな弁解も許されず、決闘裁判で殺された。
その貴族も、第七霊災による動乱の中、あっさり死んだ。
死体の山の中で静かに息絶える貴族を見て、私は気づいた。
こんな世界は、自分が「上」の身分になって変えるしかないって。
だから……だから、私は、功績を積み、上にいきたいのに。
いかなきゃ、いけないのに……。
クルザス西部高地
マーギットさん……。
戦っていたのは、私だけじゃ、なかった……?
私、国を変えなきゃって、焦って、周りが見えていなかった。
マーギットさん、お願い、します。
私も一緒に、戦いたい。
サブクエストクルザス

終わりなき戦い

Lv
56
patch3.0
クルザス西部高地
[ 12.0 , 19.2 ]
……これが、功を焦った者の末路。
クルザス西部高地
[ 12.0 , 19.2 ]
……そこに横たわってるのが、私を騙した貴族。
自分だけ助かろうと、敵に背中を見せた。
彼が持って逃げようとしたのが、そこにある「ワイバーンの骨」。
アヤッタラを誘いだすのに、きっと使える。
回収して、「ドミニアク」様へ報告、お願い。
クルザス西部高地
[ 17.4 , 22.8 ]
……指輪を見てた。
第七霊災のあと、雲霧街で看取った女性から、
息絶える前に託された指輪。
死を意識したときは、いつもこれを見る。
私はまだ死ねない、死にゆく者たちから託されたものが、
私にはたくさんある……そのことを、忘れないように。
クルザス西部高地
紋章……?
あなた、貴族なの?
クルザス西部高地
そんなことが……
でも、なぜあなたはここに……?
クルザス西部高地
……私もそう。
貧民上がりの私は、すべてを憎んでいた。
ねえ、あなたは、この国を変えられると思う?
貴族と平民は、仲良くなれる?
クルザス西部高地
[ 17.4 , 22.8 ]
仲間と一緒に、がんばる、か……。
仲間、たくさんできて、嬉しい。