えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

アイメリク

patch 3.x
蒼剣のアイメリク
メインクエスト蒼天のイシュガルド

蒼天の騎士

Lv
50
patch3.0
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
久しいな、[player]殿。
だが、悠長に挨拶している場合ではないな。
アルフィノ殿とタタル嬢の件で来たのだろう?
イシュガルド:下層
私としても、彼らの潔白は信じている。
だが、やっかいなのは、お二方を告発したのが、
蒼天騎士のグリノー卿という点だ。
「蒼天騎士」とは、教皇猊下をお護りする十二名の騎士。
簡単にいえば、親衛隊のような存在でな。
彼らに命令できるのは、教皇猊下ただおひとりなのだ。
イシュガルド:下層
卿の怒りもわかるが、今はそれを言っても始まるまい。
……こうなったら、「決闘裁判」を要求するまでだ。
イシュガルド:下層
今回の場合、アルフィノ殿とタタル嬢が、
告発人であるグリノー卿ら二名の闘士と戦うことになる。
そして、勝利できれば、無事に無罪が認められるというわけだ。
イシュガルド:下層
魔法の使い手であるアルフィノ殿は、
己の腕で潔白の証を立てる必要があるだろう……
だが、戦う術なきタタル嬢は、代理闘士の選出が認められるはず。
私やオルシュファン卿も、一角の騎士のつもりだが、
やはり、この中では君がいちばんの猛者だ。
代理闘士として戦ってくれるか?
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
私も、すぐに後を追おう。
君は「神聖裁判所」に向かい、
「オルシュファン」卿と合流してくれたまえ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

教皇トールダン7世

Lv
50
patch3.0
イシュガルド:上層
教皇猊下……
光の戦士殿がいらっしゃいました。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

アルフィノの策

Lv
51
patch3.0
イシュガルド:下層
第三区の防備を固めろ。
対竜バリスタの整備を怠るなよ。
イシュガルド:下層
あぁ、君たちか……。
知ってのとおり、ドラゴン族が皇都再攻撃に備え、
集結しているとの情報があってね。
イシュガルド:下層
侵攻の阻止が本当に可能であるのなら、ぜひにと思うが……。
その手法を話してはもらえないのかね?
イシュガルド:下層
確かに、私自身としても先制攻撃には反対だ。
今はとにかく、少しでも皇都の防備を固めるべきだとね。
蒼の竜騎士と光の戦士殿が、
邪竜「ニーズヘッグ」の足止めに出陣するというのなら、
説得材料にはなるか……。
……よかろう、君たちが私のことを案じてくれているのは、
それとなくわかっているつもりだ。
教皇庁との交渉は引き受けるが、くれぐれも無茶はするなよ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

血戦を前に

Lv
55
patch3.0
神殿騎士団総長室
そうか……。
では、いよいよ実行するのだな?
神殿騎士団総長室
まったく無茶をしてくれる……。
帰還したエスティニアンから事の次第を聞いたときは、
耳を疑ったぞ。
神殿騎士団総長室
時間を稼いでくれて、感謝している。
しかし、対竜バリスタや魔法障壁の復旧率は、
まだまだ万全とは言いがたい水準だ。
神殿騎士団総長室
私も出よう。
件のマナカッターには、予備もあるのだろう?
神殿騎士団総長室
異邦人である英雄殿が命を懸けるというのに、
イシュガルド人の私が、座して待つ訳にはいかん。
私は、皇都を守ると誓った騎士なのだ!
神殿騎士団総長室
だが、それではあまりに……。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

アイメリクの決意

Lv
56
patch3.0
フォルタン伯爵邸
異端審問官は、良い顔をしないだろうが、
被害を最小限に留めることはできた。
感謝するよ。
フォルタン伯爵邸
そういうことだ。
フォルタン伯爵邸
かつて人と竜とが、ともに生きた時代があり、
人の欲と裏切りが、争いを引き起こした……か。
フォルタン伯爵邸
この真実を、歴代の教皇猊下はご存じだったのだろうか?
だとすれば、その罪はあまりにも重い……。
やはり、このままにしておくわけにはいかないな。
フォルタン伯爵邸
そうなれば、事実を認めたということにほかならない。
長きに渡るこの戦争を真に終結させるには、
「真実」を白日の下にさらさねばならぬ。
見たであろう、先ほどの光景を。
多くの民が戦いに疲れ、信じるものを見失っている様を。
……次は、人同士の争いで血が流れるぞ。
ドラゴン族という共通の敵を失えば、
支配する者と、される者の間での戦いが起こるだろう。
イゼルが「真実」を知った今、
どんなに正教が否定しようとも、噂の流布は止められない。
そして、噂は不満を持つ者たちを束ねる力になる……。
イシュガルドは、今こそ変革しなければならないのだ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

ただ盟友のため

Lv
57
patch3.0
イシュガルド教皇庁
父上……!
イシュガルド教皇庁
何故なのです、父上ッ!
宿敵であったニーズヘッグが討たれた今こそ、
嘘で塗り固められた歴史を正し、竜との対話を試み、
イシュガルドは新たな未来へ進むべきときなのです!
イシュガルド教皇庁
オルシュファン卿ッ!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

真の変革

Lv
57
patch3.0
神殿騎士団総長室
[ 6.1 , 5.9 ]
……世話をかけたな、ご両人。
神殿騎士団総長室
オルシュファン卿を失ったことを想えば、
怪我の痛みなど……。
イシュガルド:上層
トールダン王の裏切りこそが、すべての発端であり、
正教はその真実を隠し、偽りの建国神話を作った……
それを千年もの間、民にひた隠しにしてきた!
いや、その民ですらも、
すべては十二騎士の血に連なる者だったのだ……。
そうなのですね、父上!
イシュガルド:上層
七日七晩に渡る激しい戦いの末、王は死に、
十二騎士の半数ほどもまた、討ち死にした。
イシュガルド:上層
一方、トールダン王の息子であり、
十二騎士のひとりであったハルドラスは、
邪竜の眼から力を引き出し、戦う術を編み出し対抗した……。
イシュガルド:上層
……なにが言いたいのです?
イシュガルド:上層
いいえ、それは違う、断じて違う!
なぜ、自らの世代で遺恨を断ち切ろうとせぬのです?
なぜ、未来にその枷を背負わせ続けるのです?
父上のおっしゃりようは、支配する側の詭弁だ。
子を守ると言いながら、その子らにこそ、
血を流せと命じているにすぎないッ!
イシュガルド:上層
……グッ。
神殿騎士団総長室
これが「超える力」……その能力……。
星の光が、君に宿した力なのだな……。
今、君が語ったことが、すべてだ。
私は、父上の……いや、トールダン7世の言葉に、
これ以上、切り結ぶ刃を持たなかった。
神殿騎士団総長室
その点については、私も考えてみた。
教皇庁でまみえた蒼天騎士たちは、
人知を超えた力を見せた。
神殿騎士団総長室
建国の神話に謳われる、トールダン王の円卓に集う、
十二人の騎士たち……ナイツ・オブ・ラウンド。
彼らは、聖なる力を帯びていたという……。
神殿騎士団総長室
「氷の巫女」が、その身体にシヴァを宿したように、
彼らもまた、己の身に、伝説の存在を降臨させたとすれば?
神殿騎士団総長室
飛空艇で逃げ去る際、教皇はこう言い残した。
「魔大陸」と……。
それが何を示すのかはわからない。
しかし、蛮神の力に手を染めた者たちを、
放置することもできない、そうだろう?
彼らを追わねばならん……。
教皇……いや、蛮神「ナイツ・オブ・ラウンド」を……。
神殿騎士団総長室
[player]殿、アルフィノ殿……
「暁の血盟」に依頼したいことがある。
神殿騎士団総長室
そのとおりだ。
これがイシュガルドの内政問題に端を発していることは、
重々承知のうえ……当然、断る権利はある。
神殿騎士団総長室
►「トールダン7世」を追う
ありがとう、[player]殿……。
蛮神問題と口にすれば断れぬと知りながらも、
君の力に頼らねばならぬ、私の非力さを許してほしい……。

►オルシュファンの仇
そうか……君はオルシュファン卿を……。
いや、すまない……立ち入った事を聞くつもりはないのだ。
申し出を受けてくれて、助かるよ……ありがとう。

►答えない
……心に葛藤があることは、わかっているつもりだ。
蛮神問題と口にすれば断れぬと知りながらも、
君の力に頼らねばならぬ、私の非力さを許してほしい……。
神殿騎士団総長室
ありがとう、アルフィノ殿。
悔しいが、教皇が去った今、私は皇都を動くことができない。
教皇不在の政治的空白を、埋めなくてはならないのだ。
生まれた時より、正教の教えを受けてきた民にとって、
「教皇」とは「父」も同然の存在……。
その教皇が消えたとなれば、動揺は大きいだろう。
私は、フォルタン伯爵をはじめとする有力な大貴族に加え、
平民の実力者たちにも協力を要請し、国をまとめるつもりだ。
邪竜「ニーズヘッグ」が堕ちたとはいえ、
眷属の竜たちすべてが死した訳ではなく、情勢は危うい。
エスティニアン、ルキア……私に力を貸してくれ。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

機工師の見解

Lv
57
patch3.0
神殿騎士団総長室
[ 6.1 , 5.9 ]
なるほど、状況は理解した。
神殿騎士団総長室
シド殿、機工師としての知識を見込んで問いたい……
強行突破の可能性は、いかほどだろうか?
神殿騎士団総長室
……それは?
メインクエスト蒼天のイシュガルド

エーテルラムを造れ

Lv
59
patch3.0
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
無事に戻ってくれたか!
イシュガルド:下層
こちらこそ、よろしく頼む。
……それで、相談というのは?
イシュガルド:下層
ふむ……マトーヤ老が考案された理論を用い、
「エーテルラム」を造ることは、技術的には可能……。
しかし、問題はエーテルの供給源ということか。
イシュガルド:下層
……事情は理解した。
エスティニアンには、私から協力を求めよう。
イシュガルド:下層
礼をしたいのは、こちらの方だよ。
イシュガルドが招いた問題を解決するために、
危険を顧みず取り組んでもらっているのだから。
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
君たちの尽力には、本当に感謝しているよ。
エスティニアンへの協力要請の件は任せてくれ。
イシュガルド:上層
待たせたな。
イシュガルド:上層
[ 14.6 , 12.0 ]
エンタープライズの改装に関わる費用は、
神殿騎士団側で負担させてもらった。
そんなことでは到底、返せる恩ではないがね。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

灯されし希望

Lv
59
patch3.0
イシュガルド:上層
[ 14.6 , 12.0 ]
いよいよ出発か……。
ともに行きたいが、怪我が完治していない私では、
君たちの足手まといになるだけだ……すまない。
父……いや、教皇「トールダン7世」は、
アシエンを受け入れ、蛮神の力に手を染めた……。
覚悟はできている……必要とあれば、討ってくれ……。
すまない……本当にすまない……。
何から何まで、君に押しつけなければならないとは……。
いかんな……笑顔で送らねばならぬというのに。
君たちの旅路に、戦神「ハルオーネ」の加護あらんことを。
私は、私にあたえられた皇都という戦場で、
成すべきことを成そう。
メインクエスト蒼天のイシュガルド

その翼、エクセルシオ

Lv
59
patch3.0
イシュガルド:上層
[ 14.6 , 12.0 ]
君たちの旅路に、戦神「ハルオーネ」の加護あらんことを。
私は、私にあたえられた皇都という戦場で、
成すべきことを成そう。
イシュガルド:上層
帰って来るのだぞ、必ず……!
メインクエスト蒼天のイシュガルド

蒼天のイシュガルド

Lv
60
patch3.0
イシュガルド:上層
イシュガルド建国史上において、
竜の背に乗って皇都に凱旋した者は、君が初めてだろうな。
……これもまた千年の後、伝説として語り継がれるのだろう。
イシュガルド:上層
貴方は……。
イシュガルド:上層
人の戦いを導いてきた虚構は崩れ去りました。
そして、竜を率いてきたニーズヘッグもまた……。
人は竜に対し、そして同じ人に対して、
幾たびも同じ過ちを繰り返してきました。
むろん、それを水に流してほしいとは申しません。
それでも私は、この先のイシュガルドが、
人と竜が手を携える土地となれることを信じています。
……それでは、足りぬでしょうか?
イシュガルド:上層
まさか……エスティニアンが!?
イシュガルド:上層
それでも……。
未来を信じて散っていった者たち……
そして、我が友らの魂に誓って、
私も、人も、諦めはしません。
イシュガルド:上層
すべてはエオルゼアのために!
メインクエスト竜詩戦争 完結編

蒼天の未来

Lv
60
patch3.1
イシュガルド:下層
わざわざ、出向いてもらう形になってすまない。
ご両人に、内密に頼みたいことがあってね。
イシュガルド:下層
……ここ最近のイシュガルドは、
国家元首である教皇が不在なこともあり、不安定な情勢にある。
現在は、教皇崩御時の対応を記した「正教法」に則り、
神殿騎士団総長である私が職務を代行しているものの、
これも暫定的な措置にすぎない。
通常であれば、ただちに次期教皇選定のために、
選挙権を持つ高位聖職者と、名門貴族が集まるのだが……。
私が公表した一連の「真実」によって正教の権威が揺らぎ、
選定会議開催どころではなくなっているのだ。
イシュガルド:下層
むろん悩みはしたさ。
だが、すでに噂も立ち始めていたし、何より多くの市民が、
竜の背に乗り凱旋する君の姿を目撃していた。
教皇不在の理由を説明しなければならない以上、
下手に隠して誤った情報が流布したり、
誰かに「真実」が利用されることがあってはならない。
ある程度のリスクを覚悟してでも、
包み隠さず公表すべきと思ったまでだ。
だが「真実」は多くの者を動揺させ、想像以上の混乱を招いた。
それに、教皇……父の計画を止めるためとはいえ、
乱暴に事を運んだことによる、内部の反発もある。
イシュガルド:下層
皇都が不安定ながらも平穏であるうちに、
「竜詩戦争」の完全なる終結を実現したい。
そのために、ふたたび君たちの力を借りたいのだ。
イシュガルド:下層
彼らを皇都に招き、人と竜との交流の再開を宣言したい。
ルキアには、そのための特使となってもらう。
彼女が交渉できるよう仲介を頼みたい。
竜との接点を持っていた氷の巫女……イゼル亡き今、
それができるのは、君たちだけなのだ。
イシュガルド:下層
ありがとう、君たちの献身的な協力に感謝する。
それでは、ルキア……後は任せたぞ。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

光と闇の境界

Lv
60
patch3.1
イシュガルド:下層
……心当たりがありすぎて、頭が痛いな。
イシュガルド:下層
大丈夫だ、傷は塞がったよ。
今は、事件への対応の方が重要だ。
実行犯が捕縛されたことが伝われば、
焦った黒幕が、何をしでかすかわからない。
皇都に火を放たせた輩だ。
このまま素直に、手を引くとも思えん。
イシュガルド:下層
クソッ、遅かったか……。
状況を詳しく報告してくれ。
イシュガルド:下層
……連中の要求は?
イシュガルド:下層
……ごもっともです。
よし、これより、人質救出作戦を開始する!
ルキアは、神殿騎士を率いて現場周辺を封鎖せよ!
イシュガルド:下層
ヒルダ女史、君と自警団には下層の警備を任せたい。
雲霧街には、正教に反発していた者たちが多くいるだろう。
彼らが、別動隊に狙われる可能性がある。
突入部隊の指揮は、直接、私が執る!
……「暁」の方々も、協力願えるだろうか?
イシュガルド:下層
度重なる協力……心の底より感謝する。
イシュガルド:下層
それでは、よろしく頼む、アルトアレール卿。
よし、作戦開始だ!
イシュガルド:上層
[ 7.5 , 9.8 ]
この先にある資材搬入口を利用し、教皇庁内に突入する。
報告によれば、人質は全部で7名。
「豪胆将の精兵」を名乗る反抗グループの正確な規模は不明だ。
イシュガルド:上層
[ 7.5 , 9.8 ]
私の命を狙っている点からも、
現体制を快く思わぬ守旧派であることは確実だろう。
だが、犯行の動機を考えるのは後だ。
今は、人質救出に全力を尽くす!
心の準備はいいな、アルトアレール卿!
イシュガルド:上層
[ 7.5 , 9.8 ]
その心意気だ!
よし、突入するぞ!
イシュガルド教皇庁
まずは正面入口を確保するぞ!
盾にすべく人質が配置されている可能性があるからな!

敵の動きに注意し、人質を狙う者を優先して排除するのだ!
よし、行動を開始するッ!
イシュガルド教皇庁
敵兵は、我らが受け持つ!
[player]殿、人質の護衛は任せるぞ!
イシュガルド教皇庁
感謝する! よし、[player]殿と、
アルトアレール卿は私に続いてくれ!
イシュガルド教皇庁
ここまでだ!
直ちに武装を解除し、人質を解放しろ!
イシュガルド教皇庁
乱心したか!
[player]殿、アルトアレール卿、
人質の救出を頼む! ヤツの相手は私が!
イシュガルド教皇庁
シメオナールは、私が引き受ける!
ふたりは、早く人質をッ!
イシュガルド教皇庁
焦りが……隙を生んだというの……か……。
イシュガルド教皇庁
やってくれたか、信じていたぞ!
さあ、一気に決着を付けるぞ!
イシュガルド教皇庁
坊や、安心するんだ。
君の友だちは、必ず助け出してみせる!
イシュガルド教皇庁
どこだ、どこにいる……!
イシュガルド教皇庁
もう、逃げ場はないぞ!
人質を放して、抵抗をやめるんだ!
イシュガルド教皇庁
幼い少女に刃を向けることが、
貴様らの説く、戦神の教えだとでもいうつもりかッ!
イシュガルド教皇庁
一時はどうなることかと思ったが、
まさか、この様な形で竜に救われるとは……。
イシュガルド教皇庁
聖竜「フレースヴェルグ」の!?
イシュガルド教皇庁
えぇ、驚くべき展開でした。
しかし、これを良き前例とすることで、
人と竜との新たな関係を築くことができましょう。
イシュガルド教皇庁
伯爵……。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

哀しみを抱いて

Lv
60
patch3.2
神殿騎士団総長室
ああ、君か。
さては、「式典」への招待を受けてくれたのだな。
神殿騎士団総長室
ありがたい、心から歓迎しよう。
君には、ぜひ立ち会ってもらいたくてね。
神殿騎士団総長室
……先日の、守旧派「豪胆将の精兵」による、
教皇庁立てこもり事件は覚えているな。
結果として、人質の少女をヴィゾーヴニルが助けることで、
人々にドラゴン族との融和の可能性を見せることができた……。
その可能性を確固たるものにすべく、
改めて、ヴィゾーヴニルら聖竜の眷属と、
和平の契りを交わす「式典」を開くことになったのだ。
君や「暁」の協力によって拓かれた可能性を、
こうして次に繋げられて、私も大変嬉しいよ。
神殿騎士団総長室
……無論、聖竜の眷属と和平の契りを結んだところで、
邪竜の一派が動けば、戦わざるを得ないだろう。
だが、少しでも多くの国力を、
皇都復興と混乱の収束にあてることこそ、
「真の変革」になるのだと確信している……!
神殿騎士団総長室
すまない、大丈夫だ……。
「怪我も治りきっていないのに張り切りすぎるな」と、
ルキアから釘を刺されてはいるのだがな……。
神殿騎士団総長室
立てこもり事件以来、同じ過ちを繰り返さぬよう、
私は多くの民の意見を聞いてきた……。
不安を汲み、できる限り最善の施策を提案してきたつもりだ。
その甲斐あってか、最近では、守旧派の声も収まっている。
だからこそ、やっと「式典」に漕ぎ着けることができた……!
イシュガルド:下層
……ありがとう。
君は主賓に等しい存在なのだ、
くれぐれも遅れないで来てくれよ。
「式典」の開催場所は、人の領地と、竜の領地の狭間……
クルザス西部高地の「ファルコンネスト」と決まっている。
現地では、ルキアが準備を仕切っているはずだ。
到着したら、声をかけてやってくれ。
イシュガルド:下層
すまない、最後にもうひとつ!
……「式典」が無事に済んで落ち着いたら、
ぜひ、君と杯を交わしたい。
諸々の礼もかねてな。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

その者の選択

Lv
60
patch3.2
神殿騎士団総長室
[ 6.1 , 5.9 ]
待っていたぞ。
ファルコンネストでの暴動について、概略は聞いている。
君たちを巻き込んでしまったこと、本当に申し訳ない……。
神殿騎士団総長室
……そうはさせない。
復讐のみが生きる道だなどと、
もう誰にも言わせるものか……!
確かに……強く変革を求めることは、
これまでの過去を否定するのと同じこと。
傷ついた民ならば、やりきれない思いも抱こう……。
だが、イシュガルドの千年の戦いの歴史や、
そこに散った数々の命は、決して無意味になりはしない!
戦いはつらく、悲しいものだったが、
そこで培った強さがあるからこそ、我々は明日を生きられる。
過去を背負っているからこそ、前に進むのだ……!
神殿騎士団総長室
……私は、それぞれの民が失ったものの代わりにはなれない。
だからこそ、新生イシュガルドらしい方法で、
継いできた命や強さを誇れるよう模索し続けたいのだ。
神殿騎士団総長室
ひとつ、提案がある。
先日、我が国の「エオルゼア都市軍事同盟」復帰を記念して、
四国で「合同演習」……模擬戦をしないかと打診があった。
先にヴィゾーヴニルとの式典をと思い、保留にしていたが……
式典をしばし延期し、この「合同演習」を行ってはどうか?
無論、ただ騎士の力を見せつけようというわけではない。
神殿騎士団のみならず、平民の自警団にも参戦を要請し、
新たな「イシュガルド軍」たる混成軍を結成するのだ。
この混成軍が、三国グランドカンパニーに勝利すれば……
建国以来、貴族主導で竜と戦い続けてきた我が国にとって、
まったく新しい未来を象徴する快挙となるだろう。
神殿騎士団総長室
わかった……。
もし本人に強い意志があるのならば、提案を受け入れよう。
神殿騎士団総長室
[player]殿。
すまないが、階下のルキアに事情を話し、
混成軍の編成を進めるよう伝えてもらえないだろうか。
私は急ぎ、各国の盟主に連絡をとり、
「合同演習」開催の段取りを整えるとしよう。
神殿騎士団総長室
何だろうか。
神殿騎士団総長室
竜詩戦争が続く限り、新たな悲しみが生まれ続け、
この国はいつまでも、悲劇の連鎖に囚われたままだ。
連鎖を断ち切るためには、変革の一歩を踏み出さねばならない。
その点においては、前教皇……私の父に共感している。
だが、父は国を愛せど、民を信じなかった。
ゆえに己の力のみで変革を行わんとし、道を誤ったのだ。
神殿騎士団総長室
エマネラン卿……。
私は、イシュガルドに生きる民を信じている。
変革の嵐を、皆の力で超えていけると信じている……!
だからこそ、真の変革のため、いかなる痛みも受ける覚悟だ。
かつて友であったものの屍を踏み越えることになろうとも……
決して、立ち止まりはしない!
神殿騎士団総長室
その心意気、しかと胸に刻ませてもらった。
「合同演習」への参戦、こちらからもよろしく頼むぞ……!
神殿騎士団総長室
私が直接参戦し、指揮を執ろう。
教皇代行である以前に、私は神殿騎士団総長だ。
この任を、ほかの誰かに譲るつもりはない!
神殿騎士団総長室
いや……。
あとひとり、欠かすことのできない盟友がいる。
神殿騎士団総長室
君は、自由の翼をもつ冒険者だ。
それでも今日まで、我々とともに苦難に立ち向かい、
誰よりも痛みをわかちあってきてくれた。
私が君を、唯一無二の盟友だと思っているように、
君が、もし我々を友だと思ってくれているのなら……
どうか、ともに戦ってはくれないだろうか。
君が他国のグランドカンパニーに属しているのは、承知の上だ。
盟主殿には、私から義理を通そう。
だから……もう一度、私と戦場を駆けてほしい。
神殿騎士団総長室
ありがとう、これほど頼もしいことはない。
必ずや勝利して、その先に見える希望を、ともにわかちあおう。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

四国合同演習

Lv
60
patch3.2
クルザス中央高地
[ 18.6 , 15.2 ]
伝令に続き、各国の盟主殿が精鋭を率いてくるはずだ。
一筋縄ではいかない戦いになるだろうが、必ずや勝利し、
民に誇りと希望を思い出させるのだ……!
クルザス中央高地
よし……。
今回の模擬戦について、ルールを確認しておこう。
クルザス中央高地
……ということだ。
勝つぞ、必ず!
クルザス中央高地
開戦だ、行くぞッ!

「戦術目標」が選出されたか……!

[player]、エマネランとともに遊撃を!
味方を守りつつ、敵の「戦術目標」を狙ってくれ!

「戦術目標」撃破だ!
いいぞ、次もその調子でいこう!
クルザス中央高地
三国同盟軍も懸命だ……!
[player]、戦術目標の「ルキア」を護ってくれ!
クルザス中央高地
<失敗時>
くっ、ルキアがやられたか……。
だが終わりではない、勝つぞ!

<成功時>
よし、よく凌いでくれた!
イシュガルドの勝利まで、あと少しだ!
クルザス中央高地
戦術目標が変わった!
[player]と、ラウバーン殿だと……!?
クルザス中央高地
さあ、たたみかけるぞ!
[player]を守り、
ラウバーン殿を討ち取れッ!
クルザス中央高地
[player]……ッ!
クルザス中央高地
クッ、[player]は無事か!?
正念場だ……全軍、徹底抗戦せよ!

イシュガルドの誇りも強さも、失われてなどいないッ!
クルザス中央高地
ああ!
我々の……イシュガルドの勝利だ!
クルザス中央高地
本当に、よくやってくれた!
君は、最高で最強の盟友だ……ッ!
クルザス中央高地
お褒めの言葉、ありがたく頂戴いたします。
クルザス中央高地
あの者は、友として、
我々の願いに添うてくれただけのこと。
お咎めになるのなら、どうか私を……。
クルザス中央高地
竜詩戦争が終焉を迎えれば、
イシュガルドはさらなる蒼天へと羽ばたくでしょう。
……今度こそ、民自身の力で。
クルザス中央高地
[ 18.6 , 15.2 ]
[player]……!
君の背中を、ただ信じていた。
本当にありがとう!
メインクエスト竜詩戦争 完結編

光さす明日へ

Lv
60
patch3.2
クルザス中央高地
[ 18.6 , 15.2 ]
[player]、改めて君に感謝をしたい。
おかげで、合同演習を最良の結果で終えることができた。
ともかく、まずは皇都に戻るとしよう。
この勝利の喜びを、誰より民とわかちあわなくては!
イシュガルド:下層
至急、ヴィゾーヴニルに使者を。
ファルコンネストの式典準備も、再開してくれ。
竜詩戦争の終焉に向けて、
今こそ、聖竜の眷属と、和平の契りを結ぼう!
イシュガルド:下層
君には、いくら感謝をしても足りないほどだ。
まずは式典の成功をもって、その功績に応えよう。
クルザス西部高地
そうだな……。
クルザス西部高地
…………ルキア。
この式典で、私が用意された原稿と違う言葉を述べても、
驚かずに聞き届けてくれないか。
クルザス西部高地
ヴィゾーヴニル、よくぞ来てくださった。
まずは我々の申し出に賛同してくれたことに対し、
最大限の感謝を贈りたい。
クルザス西部高地
その言葉が、どれほどの救いとなることか……。
我らの思いを、今ここに、契りとして刻みましょう。
クルザス西部高地
誓いの証人となる皆よ、聞いてほしい!
……人と竜を繋ぐ絆が、人の裏切りによって絶たれて以来、
双方は長らく争いの日々を続けてきた。
長い歴史の中で、互いに失った同胞は数知れず、
幾多の悲しみが、我々をまた戦へと駆り立てた。
その傷は深く、決して癒えはしないだろう。
だが、嘆く者よ……
今ひとたび、己を焦がす怒りを鎮め、
戦いの手を止めてはくれまいか。
先逝く者が戦いの末に遺したのは、
ほかでもない、貴方の命だ。
私は貴方と明日に歩むことで、彼らの行いに報いたい。
クルザス西部高地
ああ、望むとも。
そして、この願いが再び歴史に曲げられぬよう、
すべての証人の心と石に刻んで、和平の誓いと成さん……!
クルザス西部高地
貸せっ!
メインクエスト竜詩戦争 完結編

決戦に備えて

Lv
60
patch3.3
イシュガルド:下層
来てくれたか、ご両人!
イシュガルド:下層
いや……例の式典からというもの、
総力を挙げて捜索を行っているのだが、音沙汰なしだ。
イシュガルド:下層
だが、邪竜自身が敵地に乗り込んでまで、
宣戦布告をした以上、近々動くつもりなのは間違いあるまい。
我々としては、邪竜が動きを見せていない今こそ、
決戦に備えて準備を進めるだけだ。
イシュガルド:下層
むろんだ。
四大名家を筆頭とする貴族たちの戦力に加え、
ヒルダたち平民の自警団も交えて、防衛計画を策定している。
だが、君たちを呼んだのは、その件ではない。
イシュガルド:下層
いかに守りを固めようと、
両眼を取り戻した邪竜の力には及ぶまい。
対抗するには、同等の力が必要なのだ……。
イシュガルド:下層
そうだ、聖竜「フレースヴェルグ」の力を借りたい。
イシュガルド:下層
わかっている……。
静寂を望む聖竜に、助力の意思がないということは、
エスティニアンからの報告でも聞いていたからな。
だが、たとえ僅かな可能性であっても、
何もせぬまま、諦めるわけにはいかないのだ。
どんな犠牲を払ってでも、民を守ると決意したのだから……。
イシュガルド:下層
ご両人、私は邪竜との決戦を、
教皇代行としての最後の務めであると考えている。
ゆえにどうか……不甲斐ない私に力を貸してくれ……。
イシュガルド:下層
ありがとう、ご両人。
イシュガルド:下層
ルキア、留守を頼むぞ。
イシュガルド:下層
[ 13.4 , 11.1 ]
立て続けの案内と仲介の依頼となり、すまなく思う。
しかし、皇都の未来が懸かっているのだ。
改めてよろしく頼む……。
イシュガルド:下層
アルフィノ殿……[player]殿……。
本当に、ありがとう……。
イシュガルド:下層
そうだな……。
タタル嬢には、部下に事情を伝えるよう命じてあるが……
まずは、どちらに向かうつもりだ?
イシュガルド:下層
ほう……。
アルフィノ殿には、何か考えがあるようだな?
イシュガルド:下層
なるほど、名案だ。
では、さっそくだが高地ドラヴァニアに出発しよう。
高地ドラヴァニア
それを聞いて安心しました……。
式典に招いておきながら守ることもできず、
負傷させてしまったこと、改めて謝罪させていただきたい。
高地ドラヴァニア
そのような時代があったのですね……。
ならば、今は戦い合う人と竜であっても、いつしか互いを守ると、
誓えるような関係になれるはず……。
高地ドラヴァニア
やはり聖竜の意思は変わってはいないのですね……。
ですが、おっしゃる通り、それでも我々は行きます。
希望を探し求めるために……。
高地ドラヴァニア
[ 16.6 , 23.2 ]
ルキアからも報告を受けていたが、
ドラゴン族の棲処を訪れるというのは何とも不思議な気分だ。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

聖竜の試練

Lv
60
patch3.3
高地ドラヴァニア
[ 16.6 , 23.2 ]
了解だ。
先導を頼むよ。
ドラヴァニア雲海
[ 27.2 , 34.8 ]
……なんと雄大な景色なのだ。
百聞は一見にしかずとは、まさにこのことだな。
この感動は、とても言葉で言い尽くせるものではない……。
ドラヴァニア雲海
[ 7.4 , 26.7 ]
いよいよだな……。
この交渉に、皇都の未来が懸かっているのだ。
ドラヴァニア雲海
偉大なる聖竜よ……。
私の名は、アイメリク・ド・ボーレル。
イシュガルドの教皇代行の立場にある者です。
皇都の民を代表して、
貴方に伝えたい言葉があり、こうしてやって来ました。
ドラヴァニア雲海
それは……。
ドラヴァニア雲海
血のつながりを理由に、罪を見逃すことは正しいことでしょうか?
取り返しの付かぬ罪を成そうとしているのであれば、
たとえ血を分けた肉親であろうと、止めてやらねばなりません。
かつて私は、ここにいる光の戦士殿に対し、
蛮神の力に手を染めた父を倒してくれと、そう頼みました。
父殺しの罪を犯したのも同然なのです……。
己が手を汚していないぶん、より卑怯とさえ言えましょう。
ですが、それを成さねば多くの民が魂を焼かれ、
聖戦に投じられていた……。
そして、今度は民の前に、邪竜の影が迫っています。
ニーズヘッグは、我が友、エスティニアンの身体を奪いました。
影を払うことは友の死を意味しましょう。それでも私は……!
ドラヴァニア雲海
[ 7.4 , 26.7 ]
どうやら、この下で待っている飛竜が、
聖竜がいっていた案内役らしいな……。
[player]殿、アルフィノ殿、
さっそく試練の地に赴くとしよう。
ドラヴァニア雲海
[ 7.8 , 27.9 ]
どんなに厳しい試練だったとしても、
皇都の未来のためには、耐え抜かねばならない。
[player]殿、互いに力を尽くそう。
ドラヴァニア雲海
こちらはこちらで、手荒い歓迎を受けたよ。
ヴェズルフェルニル殿の容赦のなさときたら……。
ドラヴァニア雲海
[ 7.4 , 26.7 ]
剣を交えてみて感じたのだが、
ヴェズルフェルニル殿は、武人のような人となりのようだな。
……いや、この場合は「竜となり」と言うべきなのか?
ドラヴァニア雲海
なんと……よくもそのような試練を乗り越えられたものだ。
こちらは、ヴェズルフェルニル殿との戦いになったが、
猛攻を凌ぎながら反撃するだけで、精一杯だったよ。
もっとも、相手は本気ではなく、
どこか教え導くかのような戦い方ではあったがね。
おかげで飛竜の死角や、攻撃の特徴を把握することができた。
ドラヴァニア雲海
厳しい戦いだったが……ありがとう。
聖竜から協力の約束を取り付けることができたのは、
ご両人の協力あればこそだ。
ドラヴァニア雲海
特に君の信念と強さが、聖竜の心を動かした。
何と礼を言ったらいいのかすらわからない。
ドラヴァニア雲海
くっ……ついに進軍を開始するというのか!
すぐに皇都へ戻らねば!
メインクエスト竜詩戦争 完結編

ただ盟友とともに

Lv
60
patch3.3
ドラヴァニア雲海
[ 7.4 , 26.7 ]
いよいよ来るべき時が来た、ということか……。
[player]殿! 急ぎ皇都に戻るぞ!
ドラヴァニア雲海
ハッ……我々は、
ただちに皇都「イシュガルド」に戻り、防備を固めます!
雲廊
さあ、竜の眼を雲海の底へ!
雲廊
……息は……ある……。
あぁ、エスティニアン……我が友よ……。
雲廊
ルキア、ただちに治療師に準備をさせろ!
雲廊
これくらいは、させてくれ……。
雲廊
ご助力に感謝します、偉大なる聖竜よ。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

フォルタン家の人々

Lv
60
patch3.3
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
あぁ、君か……。
アルフィノ殿を探している、だと?
彼なら、私と交替でエスティニアンの看病をしているところだ。
せめて側にいるだけでもと迫られては、
断るわけにもいくまいよ。
聖竜の試練を受けてから、取って返してのこの激戦……
アルフィノ殿も疲れているだろうに、ありがたいことだ。
エスティニアンは……いい友を持ったな。
メインクエスト竜詩戦争 完結編

最期の咆哮

Lv
60
patch3.3
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
私がエスティニアンと友人になったのは、
かれこれ10年前のことになる……。
ヤツと私は、神殿騎士団の同期でね。
私は入団当時から、エスティニアンの名前程度は覚えていたが、
孤高の存在だった彼にとって、私など眼中になかった。
ある哨戒任務の最中に、大型ドラゴンの奇襲を受け、
たったふたりの生還者になるという経験をしていなければ、
果たして友になっていたかどうか……。
イシュガルド:下層
とにかく、当時のエスティニアンにとって、
故郷を壊滅させた邪竜への復讐だけが、すべてだったのだ。
両親と弟を殺した報復だけがね……。
その弟に、どこか面影でも似ていたのだろうな。
アルフィノ殿には、特別な期待を寄せていたように思う。
イシュガルド:下層
アルフィノ殿にとっても、常に本音を口にするエスティニアンは、
兄のように映ったのではないだろうか。
イシュガルド:下層
フフ……かく言う私も、
ヤツの不器用さに救われたことがあるので、わかるのだよ。
だからこそ、私はエスティニアンには……
イシュガルド:下層
ま……まさか!?
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
[player]殿、
エスティニアンの病室に急ごう!
イシュガルド:下層
憎まれ口もほどほどにしろよ、エスティニアン。
アルフィノ殿と英雄殿が、お前の帰還を信じて、
行動してくれなければ、この状況にはなっていなかったのだから。
イシュガルド:下層
許してくれ、エスティニアン……。
私は、私自身の判断で、友であるお前に弓を引きさえした。
何と詫びればいいか……。
イシュガルド:下層
エスティニアン……。
イシュガルド:下層
私もケジメをつけなければな……。
イシュガルド:上層
[ 14.6 , 11.9 ]
雲海をぼんやり眺めて、物思いにふけっていたところに、
竜の背に乗る君の姿が見えてね……。
勝手に出迎えさせてもらった。
イシュガルド:上層
いや、深刻な悩みではないよ。
教皇代理という重すぎる肩書きを、ようやく外せたと思ったのに、
貴族院議長に押し挙げられた我が身を、嘆いていただけさ。
英雄と持てはやされ、難題の解決を迫られてきた君の気持ちが、
少しだけわかったような気がするよ……。
イシュガルド:上層
根幹となる神話が崩壊したにもかかわらず、
貴族制度を維持して、二院制を採用した私を軽蔑するかい?
しかも、その頭目として、ふたたび政権に参加するなんて……。
イシュガルド:上層
いや……こんなことを君に聞くのは卑怯だな……。
だが、人はすぐには変われない。
そのことを学んだからこそ、私はこの道を選んだのだ。
人と竜との関係同様、皇都も少しずつ変えていく必要がある。
子や孫たちの世代が、より良い選択肢を選ぶことができるよう、
私たちが道筋を作らなければ……。
散っていった者たちに、恥じることがないようにな。
イシュガルド:上層
……エーベル卿から話を聞いたのだが、
エスティニアンが病室から姿を消したそうだ……。
好き勝手に動くのは、相変わらずといったところか……。
いつか君の旅路の中で、ヤツとふたたび出会うことがあれば、
こう伝えてはもらえないだろうか……。
お前の故郷、イシュガルドを守りながら待っている……とな。
イシュガルド:上層
ありがとう、我が盟友、[player]。
アルフィノ殿にも、よろしく伝えておいてくれ……。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

戦う者たちの休息

Lv
60
patch3.4
ボーレル子爵邸
……それで、雲海のモーグリ族にこき使われたのか!
なるほど、あのラッパは、君の苦労の結晶だったわけだ。
ボーレル子爵邸
ふふ、君の旅の話は飽きないな。
報告として聞いたときとは違う発見がある。
ずっとこの地で生きてきたというのに、
君の目を通して見ると、まるで別世界のようだ。
……いいものだな、旅というのは。
ボーレル子爵邸
►長い旅だった
ああ、そうだろうとも。
イシュガルドが千年も為せなかった偉業……
我々をそこへと導いた君の旅は、長く険しかったと思う。

►旅してみる?
まさか、誘ってくれるのか……!?
実は私も、先にドラヴァニア雲海で見た風景を思い出しては、
まだ見ぬ地を目指してみたいものだと思っていてな?
喜んで、君の誘いを受けたい……
と思うのだが、今はまだ議長を引き受けたばかりの身。
それは、いつかの夢にとっておくことにしよう。

►いいことばかりでもない
おっと……すまない、軽んじるつもりはないんだ。
その旅路に困難や苦悩があったからこそ、
君はそれほど強いのだろう。
ボーレル子爵邸
……君に助けられて、今やっと、
この国は真の変革を迎えることができた。
だが、共和制への移行ですら、変革のたった一歩に過ぎない。
これからのイシュガルドは、制度の面のみならず、
民ひとりひとりが変わらねばならない時期を迎えるはずだ。
私の生きているうちに、果たして安定するものか……
先が見えない道だが、戦いに散った者のためにも進んでいこう。
何より、この目には今も、
邪竜に向かって進む君の背中が、しかと焼き付いているのだ。
それを追わずに立ち止まることなど、できるはずがないだろう?
ボーレル子爵邸
今、新設された議会では、
他国とどのように協力関係を築くべきか、
議論が進められている。
無論、当面は国内の平定が最優先ではあるが、
先の合同演習についての恩もある……
できることから、協力をしていきたい。
ボーレル子爵邸
他ならぬ君にもだ。
君に報いることが、「暁」だけでなく、
三国、ひいてはエオルゼアへの恩返しになるだろう。
この地の民の誰もが、そう信じて疑わないほどのことを、
君はやりとげてくれたということだ。
本当に……ありがとう。
ボーレル子爵邸
……ところで。
これは、議長としてではなく、ごく個人的な興味なのだが。
君は、これからどうするつもりだ?
「暁」としての目的というより……
君自身の想いを聞かせてくれないか。
ボーレル子爵邸
フォルタン家の……?
何かあったのか?
ボーレル子爵邸
私も行こう。
手を貸せることがあるかもしれない。
フォルタン伯爵邸
これは、いったい……。
フォルタン伯爵邸
こちらは構わない。
しかし、妹君の容態は……?
フォルタン伯爵邸
断る理由があるものか。
治癒師を手配し、最善を尽くさせよう。
フォルタン伯爵邸
彼女を、神殿騎士団病院へ。
院長のエーベル殿に事情を説明し、治療にあたってくれ。
責任は私が負うと伝えてくれていい。
フォルタン伯爵邸
サンクレッド殿、
病室まで、アリゼー殿に付き添っていただけるだろうか?
毒を特定するために、証言をお願いしたい。
フォルタン伯爵邸
[ 6.1 , 6.1 ]
お互い、どうにも落ち着けない宿命にあるようだ。
食後の紅茶は、日を改めて楽しむとして……
今は、対策を考えねばな。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

天険の谷へ

Lv
60
patch3.4
フォルタン伯爵邸
ゼルファトル……
イシュガルド領より東に位置する山岳地。
そして、イクサル族の本拠点となっている地域だ。
イクサル族が、無断でクルザスへの入植を進めている以上、
彼らの蛮神召喚は、イシュガルドを脅かすものになりかねない。
私の一存で動かせる力には限度があるが……
ゼルファトルまで飛空艇を出すくらいであれば、
すぐに協力ができるだろう。
フォルタン伯爵邸
君も、くれぐれも気を付けてくれ。
こちらでも、アリゼー殿の治療を進めると同時に、
闇の戦士にまつわる情報がないか探っておこう。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

ルヴェユールの双子

Lv
60
patch3.4
イシュガルド:下層
[ 13.7 , 11.2 ]
[player]殿、帰還したのか!
では、作戦は無事に……?
……そうか、よかった。
蛮神「ガルーダ」の再召喚を阻止してくれたこと、
イシュガルドの一員としても、深く感謝しよう。
こちらではその間に、
タタル嬢の要請を受けた、ヤ・シュトラ殿が面会にきた。
今は、皆でアリゼー殿を看ているよ。
治療の合間に、君たちが以前、
闇の戦士と相対したときの話を聞かせてもらった。
残念ながら、それを活かした情報収集には至っていないが……。
何にせよ、まずはアリゼー殿の病室に行こう。
……大丈夫、彼女はとても強かった。
さすがはアルフィノ殿の妹君、といったところかな。
イシュガルド:下層
しかし、彼らが霊災を引き起こすために動いているとして、
蛮神を召喚させ、あえて倒すという行為に、どんな意味が……?
イシュガルド:下層
力が力を渇望させる、恐怖と憎悪の連鎖……
「竜詩戦争」と同じだな。
イシュガルド:下層
こちらも、最近召喚が行われたという、
グナースの塚付近を調査し、流通を洗おう。
イシュガルド:下層
アシエンとは、父の件で浅からぬ因縁があるからな。
……何より、今や我が国はエオルゼア同盟軍の一員なのだ。
この地に降りかかる脅威と、ともに戦う責務がある。
ただ……我々は、蛮神召喚に関する知識に乏しい。
可能であれば、賢人殿の知恵を借りたいのだが……。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

ギラバニアからの報せ

Lv
60
patch3.5
イシュガルド:下層
久しいな、[player]。
事情はルキアから聞いている……。
どうやら、悠長に話し込んでいる場合ではなさそうだな。
結論から言うが、グリダニアでの緊急会合の件、
よろこんでイシュガルド代表を派遣させてもらおう。
だが、私はすでに「教皇代行」ではない。
貴族院の議長を兼務するとはいえ、その一存だけで、
代表者の人選を行うわけにはいかないのだ。
緊急事態ゆえ、議会の決定を待つわけにはいかぬが、
せめて庶民院の議長とだけは協議させてもらいたい。
すまないが、その時間をくれるだろうか?
イシュガルド:下層
ありがたい。
イシュガルド:下層
誰が代表になるかはわからんが、ルキアにその護衛を頼みたい。
皇都防衛の任をアンドゥルーに任せ、出立の準備を整えてくれ。
イシュガルド:下層
それでは私は、このまま庶民院議長の下に向かう。
[player]、君はルキアと共に、
大審門に向かい、出立に備えていてくれ……それではな。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

イシュガルド代表使節団

Lv
60
patch3.5
クルザス中央高地
待たせたな、ふたりとも。
庶民院議長に相談してきたのだが、結局のところ、
私がイシュガルドを代表して会合に出席することになったよ。
軍事や国防に関する案件については、
神殿騎士団総長でもある私に、一任してくれるとのことだ。
回りくどいことと思うかもしれないが、
これも共和制に移行した証といったところさ。
さて、さっそくグリダニアに出発といきたいところなのだが、
途中でキャンプ・ドラゴンヘッドに立ち寄らせてくれないか?
有事に備えて、国境周辺を固めるよう指示しておきたいのでね。
クルザス中央高地
[ 26.1 , 17.7 ]
では、指揮官に一言かけるとしよう。
そうだ、[player]、ぜひ君もいっしょに来てくれ。
君にとっても、馴染みの顔がいるはずだからな。
クルザス中央高地
気持ちはありがたいが長居はできない……配慮は無用だ。
ルキア、事情を説明してやってくれ。
クルザス中央高地
あぁ、そうしてくれ。
では、我々はグリダニアへ急ぐ……後は頼んだぞ。
グリダニア:新市街
[ 11.4 , 11.5 ]
森都「グリダニア」……。
かつて外交上の任務で、何度か訪れたことがあるが、
黒衣森の美しさには、いつも心を奪われてしまう。
だが、いかに素晴らしい場所と言えど、
此度の来訪では、森の木々を楽しむことはできそうにない。
招かれた理由が理由だけにな……。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

四国会合

Lv
60
patch3.5
グリダニア:新市街
[ 11.4 , 11.5 ]
さて、会合の件だな……。
双蛇党が派遣してくれた出迎えの儀仗兵によれば、
「不語仙の座卓」なる場所で行われるそうだが……。
なるほど、「物静かな道士」の案内に従えばいいと……。
了解だ、では向かうとしようか。
グリダニア:旧市街
こちらこそ、メルウィブ提督……。
不語仙の座卓
カルテノーの折、我らイシュガルドは、
援軍の派遣要請を断り、門戸を閉ざし続けた。
その件について、あらためてこの場で謝罪の意を示したい。
だからこそ、此度の危機に対しては、
グリダニアの許可さえもらえるのであれば、
防衛戦力を、黒衣森に派遣したいと考えますが……。
グリダニア:旧市街
あぁ、間に合ったようだな。
もう帰ってしまったのかと心配していたのだ。
グリダニア:旧市街
アルフィノ殿……それにアリゼー殿も復調されたようで。
案内役を務めてくれた[player]に、
一言、礼を言っておきたくてね。
それから……そちらのドマの方にも感謝を……。
グリダニア:旧市街
フフッ……さすがは忍びの者だな。
ともかく、我らがグリダニアに援軍の派兵を申し出たとき、
貴公がすかさず同調してくれて助かった。
我々には、長らくエオルゼア同盟からの協力要請を、
無視し続けてきたという負い目がある。
だが、諸国の領袖たちにとっても、
イシュガルド代表による公式の謝罪は想定外だったのだろう。
扱いあぐねている様子が伝わってきたよ。
そんなとき、貴公が口火を切ってくれたおかげで、
カヌ・エ殿としても、我らの援軍派遣を受け入れやすくなった。
あらためて、礼を言わせてもらいたい……。
グリダニア:旧市街
もちろんだ、頼りにさせてもらおう。
「暁」のみなも、賢人方によろしく伝えておいてもらいたい。
……それでは、失礼させてもらうよ。
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

想定外の協力者

Lv
60
patch3.56
不語仙の座卓
何者だ!?
メインクエスト竜詩戦争 戦後編

宿命の果て

Lv
60
patch3.56
不語仙の座卓
[ 6.2 , 6.1 ]
「竜の眼」が悪用されたと聞いて、責任を感じている次第だ。
未だかつて、雲海の底に降りて生きて帰った者はいない。
まさか、それをなし得る者がいようとは……。
不語仙の座卓
蛮神の攻撃は、天候にすら影響を及ぼすもので、
天変地異の如き幻想を具現化し、オメガを呑み込まんとしたのだ。
おそらく環境エーテルを用いた一種の魔法攻撃だとは思うが……。
すさまじい攻撃の応酬が繰り返された後、
巨大な閃光を放ち、アラミゴ方面へと落下していった。
ひとまず「両者相打ち」といった様相ではあったが……。
不語仙の座卓
ええ、なるべく早期にギラバニアの反帝国勢力と接触……
連帯の道筋を模索しておきたいところです。
それでこそ、アラミゴ解放への道筋も見えてきましょう。
不語仙の座卓
[ 6.2 , 6.1 ]
長城制圧は、イシュガルド参加後のエオルゼア同盟軍にとって、
初の本格的な実戦の場となろう。
試練ではあるが、絆を深める機会としたいものだな。