えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

ピピン

patch 4.x
鋼心のピピン

親書を届けて

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
たった今、バエサルの長城の調査から戻ったところでね。
残念ながらパパリモ殿の遺品は、未だに見つかっていないが、
何か発見したら、すぐに「暁」には報せよう。
ギラバニア辺境地帯
ならば義父上、その希望を見せましょう。
まずは我々の手で……。
今の反帝国活動に必要なのは、成功体験です。
小さな作戦でいい……まず同盟軍と解放軍が協力し、
帝国軍の部隊を打ち破ったという実績を作るのです。
たとえ小さくとも、勝利という事実が、
希望の灯火を灯すための火種となるでしょう。
ギラバニア辺境地帯
私に考えがあります……。
ギラバニア辺境地帯
ベロジナ大橋の上に建てられた帝国軍の拠点、
「カステッルム・ベロジナ」を部下に探らせていたのですが……
見たことのない新型魔導兵器が運び込まれたそうでしてね。
大方、我らエオルゼア同盟軍に対してぶつけて、
実戦テストでもしようという腹づもりでしょう……。
ギラバニア辺境地帯
警戒は必要ですが、過度に悲観的になる必要はありません。
手を取り合った同盟軍と解放軍が、最初に戦う相手としては、
これ以上ない存在とすら言えましょう。
ギラバニア辺境地帯
狙いがエオルゼア同盟軍だということも好都合です。
同盟軍本隊をエサに、新兵器をイーストエンド混交林に誘き寄せ、
その背後を、アラミゴ解放軍に突いてもらうことができますから。
ギラバニア辺境地帯
頼みます。
作戦の詳細は、追って連絡兵を派遣しますので……。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
こうしてギラバニアの地で、
轡(くつわ)を並べて戦うことになろうとは……。
人生、何があるかわからぬな。

新型魔導兵器を撃破せよ

Lv
60
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
今回の作戦では、我ら不滅隊とグリダニアの双蛇党が、
前衛部隊を務めることになった。
黒渦団と神殿騎士団には、拠点の防衛に回ってもらっている。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
よくぞ作戦を成功させてくれた。
感謝するぞ……!
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
よくぞ作戦を成功させてくれた。
感謝するぞ……!

ラウバーンの決断

Lv
61
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
先の勝利で、アラミゴ解放軍との共同作戦も、
問題なく可能であることが証明された。
これは、大きな収穫と言えるだろう。
ギラバニア辺境地帯
ベロジナ大橋は、交通の要衝……。
アラミゴ解放のためには、いずれ攻略する必要があります。
解放軍の準備が整ったのであれば……。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
作戦の成功には、正確な情報が欠かせない。
偵察を地味な任務と侮ってはいけないぞ?
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
協力の申し出に感謝する。
今回の偵察の目的は、先にも述べたとおり、敵防衛戦力の把握だ。
混交林を抜けた先に、
カステッルム・ベロジナを一望できる絶好のポイントがある。
まずは、そこまで行こう。
ギラバニア辺境地帯
[ 19.1 , 20.7 ]
偵察ポイントはこの先だが、
敵拠点からも、見通しがいい場所なのでね……。
夜陰に紛れて前進し、望遠鏡を使って敵情を探るつもりだ。
それでも、いつ敵兵に見つかって戦闘になるとも限らない。
常に武器を構えられるようしておいてくれよ。
ギラバニア辺境地帯
帝国軍の様子に、変わったところは見られない……。
敵戦力は、想定の範囲内と考えてよさそうだ。
よし、義父上に連絡を……。
ギラバニア辺境地帯
砲声!?
いったい、どこから……。
ギラバニア辺境地帯
不測の事態が発生したと見て間違いなさそうだな。
ひとまず作戦は中止……このままラールガーズリーチに向かい、
現状の確認に努めよう!
ギラバニア辺境地帯
まずいな……ここでアラミゴ解放軍に崩壊されては、
帝国に対する反抗作戦どころではない。
ギラバニア辺境地帯
そうだな……この騒ぎには同盟軍本隊も気付いているだろう。
じきに義父上も救援部隊を寄こしてくれるはずだ。
我々だけでも時間が稼げれば、チャンスはある。

鋼心のピピン

ラールガーズリーチ
負傷者を逃がすために、我々が前に出るぞ!

鋼心のピピン

ラールガーズリーチ
ガハッ……な、なんという一撃……
こ、こんなところで……。
ラールガーズリーチ
[ 8.4 , 9.6 ]
三人がかりで仕留められなかったとは……。
敵将ゼノス……恐るべし……。

生存者と犠牲者と

Lv
61
patch4.0
ラールガーズリーチ
[ 8.4 , 9.6 ]
三人がかりで仕留められなかったとは……。
敵将ゼノス……恐るべし……。
ラールガーズリーチ
[ 8.4 , 9.6 ]
先ほどの戦いでは、無様なところを見せてしまったな。
[player]殿を援護するどころか、
敵の注意を引き付けることさえできなかった……。
だが、アルフィノ殿の言葉ではないが、
今は後悔するよりも、生き残った者たちを救うことが先決だ。
帝国軍は撤退してくれたが、襲撃があった以上、
もはや「ラールガーズリーチ」は安全とは言えない。
せめて重傷者だけでも、チョコボ・キャリッジを使って、
同盟軍の本陣、カストルム・オリエンスに移送させるべきだろう。
すまないが、手伝ってくれるか?
それでは、私は出発の準備を急がせてくる。
その間、治療師の「オレラ」女史から錬金薬をもらい、
「不滅隊の輸送兵」に渡してくれ……移送中の容態急変に備えてな。
ラールガーズリーチ
了解です。
では、さっそくですが出発しましょう。
時間をかけて、負傷者たちに負担を強いたくはありませんから。
ラールガーズリーチ
出発だ!

その声に押されて

Lv
61
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
厳しい戦いの旅になるだろうが、気を付けてな……。
再会したときに、より強くなっていられるよう、
私も精進しておくつもりさ。

船主との取引

Lv
61
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
厳しい戦いの旅になるだろうが、気を付けてな……。
再会したときに、より強くなっていられるよう、
私も精進しておくつもりさ。

待っていた者、いない者

Lv
67
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
よく来てくれた。
だが、我々への報告の前に、まずはサンクレッド殿のところへ。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
関係者が集まるのを待ってから、軍議を開かせてくれ。
ギラバニア辺境地帯
[ 9.3 , 11.3 ]
[player]殿……
サンクレッド殿から話は聞いたようだな。
クルル嬢のことは、心配だとは思うが……
関係者にドマ遠征の報告をしてもらってもいいだろうか?
すまないが、よろしく頼むよ。

ラールガーの軍星

Lv
67
patch4.0
ギラバニア辺境地帯
まずは「暁」の帰還を、心から歓迎したい。
東方遠征の成果について、報告をお願いしても?
ギラバニア辺境地帯
諜報部隊からの報告によれば、
アラミゴ総督府と本国との通信量が急激に増えているようです。
おそらく、ドマ陥落の件で対応に追われているのでしょう。
ギラバニア辺境地帯
帝国軍に拉致された「暁」のクルル嬢についても、
一刻も早く探し出し、奪還したいところ……。
そのためにも早期の進軍が望ましい。
ギラバニア辺境地帯
[ 22.6 , 27.1 ]
施設内の安全は確保できた。
次は、山岳地帯の街道沿いを押さえるつもりだ。
そのあたりの雑務は、我々に任せてくれて構わんよ。
ギラバニア辺境地帯
[ 30.0 , 25.9 ]
蛮神が召喚されたと聞き、
不審人物の捜索をアレンヴァルドたちに任せ、
駆けつけたところだ。
ギラバニア辺境地帯
しかし、蛮族による神降ろしと言えば、
好戦的な性向を持つ、強硬派によるものばかりだったが、
まさか、非好戦的な宗派が、これを行うとは驚いた……。
ギラバニア辺境地帯
了解だ……アラミゴ解放軍やメ族の方々と協力しつつ、
カリヤナ派を監視する体制の構築を検討してみよう。
ギラバニア辺境地帯
不気味なほど静かでね。
髑髏連隊をはじめ、カステッルム・ベロジナ防衛隊の残余は、
大人しく山岳地帯へと後退し、再攻撃の気配はない。
義父上……ラウバーン局長は、
このまま山岳地帯へ進軍することを決心された。
ギラバニア辺境地帯
いや、気持ちはありがたいが、君たちは休んでいてくれ。
何より[player]は、蛮神と戦ったばかりだ。
そんな彼女に、連戦を強いるわけにはいくまい。
我々とて、正規の軍人だ。
蛮神ではなく、帝国軍が相手なら後れを取るつもりはない。

いざ山岳地帯へ

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
これまでのところ、作戦は順調に推移しているよ。

アラギリでの軍議

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
これまでのところ、作戦は順調に推移しているよ。
ギラバニア山岳地帯
つまり、我々は、素早くスペキュラに肉薄し、
敵の監視塔を、砲撃への盾とする必要があるということだ。

与えられた支援任務

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
ご冗談を……
私に斬らせるつもりで、隙を見せて誘い込んだのでしょう?
ギラバニア山岳地帯
メインタワーの制圧に向かっています。
例のアラミゴ人部隊、髑髏連隊が激しく抵抗しているようですが、
武装解除するよう説得してみると……。
ギラバニア山岳地帯
長距離砲撃が行われたようですが……!
ギラバニア山岳地帯
了解です!
ギラバニア山岳地帯
総員退避、総員退避ーッ!

混乱のスペキュラ

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 19.9 , 24.6 ]
了解であります。
輸送部隊のキャリッジを回すよう、直ちに手配します!
ギラバニア山岳地帯
[ 19.9 , 24.6 ]
彼らは、メインタワーを攻略中だった。
負傷者たちが、続々と塔内から退避しているところだが……
いかんせん混乱していて、被害の全容が把握できていないのだ。

悲しみの退路

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
メインタワーの制圧に向かった部隊に、
大きな犠牲が出てしまった。
私の部下にも、かなりの損害が出ている……。

悲しみと痛み噛みしめて

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
その点に関しては、気になることがある。
帝国軍が、カストルム・アバニアのカノン砲を使い、
続けざまに砲撃を行っていれば、被害はさらに甚大だった。
いや……むしろ、味方を巻き込んでまで砲撃を強行したのは、
それこそが目的だったはずだ。
ギラバニア山岳地帯
もしくは味方殺しに耐えかねた兵による造反か、
あるいは、我々以外の反帝国勢力による妨害か……。
可能性はいろいろと考えられるが、
連続した砲撃がなかったことには、何らかの原因があるはずだ。
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
味方を攻撃したことは、帝国軍の兵に、
少なからず動揺を与えるだろう。

箱船からの眺め

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
味方を攻撃したことは、帝国軍の兵に、
少なからず動揺を与えるだろう。

次なる一手は……

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
カストルム・アバニアを突破しないことには、
アラミゴの奪還は叶わない。
なんとしても、この難局を打破しなければ……!
ギラバニア山岳地帯
では、万全を期すため、からめ手を使いましょう。
少人数の兵を潜入させ、カノン砲の管制室を押さえるのです。
敵がカノン砲の修復に注力している隙を突いてね。
仮に黒煙が欺瞞工作だとしても、
管制室さえ押さえれば、カノン砲を封じることができる。
後は一気に本隊が接近し、敵拠点を制圧するという流れです。
ギラバニア山岳地帯
スペキュラ・インペラトリスとカストルム・アバニアの間に、
それらの施設で働く者のための「ラジアタ」という集落がある。
ラジアタには、私が極秘作戦でアラミゴに潜入していた頃から、
幾人か諜報員を残してあってな……。
彼らに接触し、侵入ルートを確保するのだ。
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
戦勝祝賀会の夜、初めて会ったときのことを覚えているか?
あのとき、まさしくアラミゴ方面での極秘作戦を終えて、
帰還したところだったのだよ。

魂を売った村

Lv
68
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
戦勝祝賀会の夜、初めて会ったときのことを覚えているか?
あのとき、まさしくアラミゴ方面での極秘作戦を終えて、
帰還したところだったのだよ。
ギラバニア山岳地帯
[ 15.4 , 36.8 ]
戦勝祝賀会の夜、初めて会ったときのことを覚えているか?
あのとき、まさしくアラミゴ方面での極秘作戦を終えて、
帰還したところだったのだよ。

塩の湖畔地帯

Lv
69
patch4.0
ギラバニア山岳地帯
[ 32.8 , 29.9 ]
おぉ、戻られたか。
妹君の搬送は、終わったので?
ギラバニア山岳地帯
カストルム・アバニアの制圧は完了した。
施設内の一角に立て籠もっていた帝国兵の排除も終わり、
残された資料や兵器の分析作業も開始されていてな。
その過程で、フォルドラの髑髏連隊が、
捕虜一名を総督府に連行したとの記述が確認されたのだ。
おそらく、クルル嬢のことだと思われる。
ギラバニア山岳地帯
ああ、我々もそう考えている。
そして、城塞都市「アラミゴ」のお膝元、
ギラバニア湖畔地帯へと通じる坑道の確保も完了してね。
ギラバニア山岳地帯
同盟参加国からの増援も続々と集結しており、
湖畔地帯側では、すでに攻城戦に備えた陣の設営が進んでいる。
アラミゴ解放軍を率いるリセ殿が到着次第、
軍議の席に案内しよう。
ギラバニア湖畔地帯
どちらにせよ、我々としては、
なるべく短期間の決着を目指すほかありませんね。
ギラバニア湖畔地帯
[ 7.9 , 21.7 ]
義父上、悲願の成就まであと一歩ですよ。

アラミゴ正門の攻防

Lv
70
patch4.0
ギラバニア湖畔地帯
[ 28.2 , 22.3 ]
[player]殿、アルフィノ殿、来てくれたか。
む……その重そうな包みを、義父上が私に……?
ギラバニア湖畔地帯
こ、これは……ティソーナではないか!
ギラバニア湖畔地帯
そうだ、かつて義父上がコロセウムでの戦いで、
宿敵より譲り受けた、炎の魔力を宿した呪剣だ。
その片方を私に……。
失った腕に代わる使い手として、見込んでくれたということか……
義父上の信頼に、必ずや応えて見せようぞ!
ギラバニア湖畔地帯
さて、お二方、いよいよ正門の突破に取りかかることになるが、
覚悟はよろしいか?
ギラバニア湖畔地帯
どうやら、準備は万全、気合も充分のようだな。
よし、では始めるとしよう。
ギラバニア湖畔地帯
砲列を攻撃するつもりか!
敵部隊の数は!?
ギラバニア湖畔地帯
チッ……少数精鋭の部隊を送り込んで、
こちらを揺さぶるつもりか……だが、させるものか!
こちらも精鋭のブラッドソーン隊を送り込んで撃滅せよ!
ギラバニア湖畔地帯
……確かに、ここで主力の損耗は避けたい。
アルフィノ殿と[player]殿に、
人狼部隊への対応を一任しよう。
ギラバニア湖畔地帯
[ 28.2 , 22.3 ]
人狼部隊は、アラミゴ城壁の北方より進軍して来る。
アルフィノ殿と共に、彼らを説得してくれ。
頼んだぞ、[player]殿!
ギラバニア湖畔地帯
おぉ、戻られたか。
して、説得交渉の結果は?
ギラバニア湖畔地帯
それは朗報だ。
これで正面に立ち塞がる障害に集中できるぞ。
ギラバニア湖畔地帯
よし、魔道士部隊前へ……!
ギラバニア湖畔地帯
火炎魔法投射! 城門を赤熱させよ!
ギラバニア湖畔地帯
続いて急速冷却!
ありったけの氷結魔法を叩き込め!
ギラバニア湖畔地帯
全砲門開け! 城門を粉砕しろ!
ギラバニア湖畔地帯
クッ……飛行型魔導アーマーか!?
今少しで、城門を破れるというのに……!
ギラバニア湖畔地帯
よし、砲撃続行!
なんとしても、城門を打ち破れ!
ギラバニア湖畔地帯
[ 32.6 , 22.9 ]
ここに来て、ドマの民の助けが入るとは!
しかし、おかげで突破口を開くことができた……。
いよいよ、アラミゴ奪還作戦「ラールガーの軍星」も大詰めだぞ!

紅蓮のリベレーター

Lv
70
patch4.0
ギラバニア湖畔地帯
[ 32.6 , 22.9 ]
すべての準備は完了した!
これより、アラミゴ都市内へと突入を開始する!
[player]殿も冒険者部隊を率いて、攻め入ってくれ。
目標は、アラミゴ王宮内に立て籠もっていると思しき、
敵将ゼノス・イェー・ガルヴァスだ!
ギラバニア湖畔地帯
[ 7.9 , 21.7 ]
厳しい戦いだったが、ティソーナが私を支えてくれた。
この剣を貸し与えてくれた義父上に、感謝しているよ。
ギラバニア湖畔地帯
[ 7.9 , 21.7 ]
確かに、これは始まりに過ぎないでしょうね、義父上……。
それも限りなく、険しい道のりへの第一歩だと感じます。

超越者の影

Lv
70
patch4.1
ギラバニア湖畔地帯
[player]、ここにいたか!
ギラバニア湖畔地帯
支援物資を受け取るため、一時的にウルダハに帰国していたのだが、
その際、ナナモ女王陛下から、君への伝言を頼まれてね。
ギラバニア湖畔地帯
折り入って相談したいことがあるそうだ。
近衛騎士バーソロミューに言えば、取り次いでくれる。
ウルダハを訪れることがあれば、ぜひ立ち寄っていただきたい。
ギラバニア湖畔地帯
確かに伝えたぞ。
それでは、失礼するよ。

波乱の徴候

Lv
70
patch4.1
ギラバニア湖畔地帯
当初は、その軍装から帝国兵と思われていたが、
取り調べの過程で、正体が判明した。
ギラバニア湖畔地帯
ユユハセとローレンティス……。
そう、イルベルドに従って逃亡していた、
クリスタルブレイブの残党だ。
どうやら奴らは、バエサルの長城にて、
神龍召喚の贄とするため、解放軍の闘士たちを、
虐殺するのに一役買ったらしい……。
ギラバニア湖畔地帯
義父上……。
ギラバニア湖畔地帯
……義父上、それは真なる心の声なのですか?
ギラバニア湖畔地帯
[ 31.9 , 32.9 ]
ところで、慌てた様子で彼が駆けつけて来たのだが、
いったいどうしたというのだ?
ギラバニア湖畔地帯
[ 31.9 , 32.9 ]
確かに代表者会議には、獣人種族も招かれている……。
人との接触を嫌うカリヤナ派は、出席しないものとばかり、
思い込んでいたが……。

英雄の帰還

Lv
70
patch4.1
ギラバニア湖畔地帯
義父上の職務は、私が代行として引き継ぐ。
背負った呪剣が、さらに重みを増した気がするがね。
ギラバニア湖畔地帯
幾分、歳がいっておりますが、
世に名高い千勝の剣闘士ともなれば、
受け入れ先も見つかりましょう。
ギラバニア湖畔地帯
[ 36.3 , 32.0 ]
他国はもちろん、ウルダハ国内の共和派に対しても、
義父上の帰還を隙と取られぬよう、努力するつもりだ。
背負った呪剣に恥じぬ男になってみせるさ。

境界の地ギムリト

Lv
70
patch4.5
エオルゼア同盟軍本陣
[ 6.4 , 5.9 ]
不滅隊局長としての初陣が、帝国との全面戦争になるとはな。
いささか緊張してはいるが、義父上に恥じぬよう、
全身全霊で戦うつもりだ!

開戦のとき

Lv
70
patch4.5

鋼心のピピン

ギムリトダーク
クッ…増援かッ!?

[player]は先へ!
呪剣の名誉にかけて、ここは支えてみせるッ!

鋼心のピピン

ギムリトダーク
助力に来たぞ!