えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

グ・ラハ・ティア

patch 5.x
ナレーション
水晶公
謎の声
食事に添えられたメモ
????

謎の声

シルクスの峡間
━━ 捉えた 今度こそ!

謎の声

シルクスの峡間
さあ すり抜けてくれるなよ……!

謎の声

シルクスの峡間
悠久の時を経て ここに時空を超えよ ━━

謎の声

シルクスの峡間
我に その門を開け ━━ !

????

レイクランド
ライナ、大丈夫か?
レイクランド
よかった。
しかし、念のため周辺の警戒を頼む。
レイクランド
それから、この者は私の客人だ。
このまま街に連れて行きたいのだが……いいだろうか?
レイクランド
……ともかく、ここを離れよう。
いろいろと質問はあるだろうが、人前では答えにくくてね。
レイクランド
さて……。
何よりもまず、召喚に応じてくれたことに、心から感謝しよう。
本来なら私の部屋に喚び出すはずが、
座標がずれてしまって、すまなかった……。
それでも、正しく渡って来られたようで何よりだ。
レイクランド
ここは、まぎれもなく、
13ある鏡像世界のひとつ「第一世界」。
……住民にその認識があるかどうかは別としてね。
そして私は、水晶公……そう呼ばれている。
この先にある、クリスタリウムという街の管理者にして、
あなた方を召喚した者でもある。
レイクランド
►「暁」のみんな
ああ……。
だが、事態はいささか複雑だ。
順を追って、説明させてほしい。

►お前が喚んだ
その点については、本当に申し訳がない……。
ただ、こちらにも差し引きならない事情があったのだ。
どうか、順を追って説明させて欲しい。
レイクランド
まずはひとつ、あなたに知ってもらいたいことがある。
レイクランド
ここ、第一世界は、
光によって滅びようとしている世界だ。
レイクランド
こちらの時間において100年前に、
「光の氾濫」という大災害が発生……。
世界は、9割以上の土地を失った。
わずかに生き残った人類も、
「光の氾濫」が造りだした化け物によって、
絶滅の危機にさらされ続けている……。
その化け物こそが「罪喰い」……
あなたが先ほど見たのも、そのうちの1体だ。
レイクランド
……私は、この地を「罪喰い」から救うべく、
世界と世界を繋ぐ術を習得し、最強の英雄を召喚したのだ。
そしてそれは、あなた方の世界……
原初世界を救うことにも繋がるのだが……
レイクランド
大切な客人を、こんな場所に立たせておくのも気が引ける。
話の続きは、クリスタリウムでしよう。
クリスタリウム
[ 7.7 , 11.2 ]
ようこそ、私たちの街……クリスタリウムへ。
あなたの来訪を、心から歓迎しよう。

第一世界の街

Lv
70
patch5.0
クリスタリウム
[ 7.7 , 11.2 ]
さて、さっそく私の執務室に移動してもいいのだが……ふむ。
クリスタリウム
込み入った話をするためにも、
あなたにはまず、我々の実情を知ってもらいたい。
いくつか街の主要な施設を紹介するので、
そこの顔役たちと話し、「この世界についての話題」を、
集めてきてはくれないか?
クリスタリウム
ここからまっすぐに進むと……
あなたならご存知だろう、エーテライトがある。
恐らくだが、正しい形で召喚されたあなたならば、
己の通ってきた道を辿り、
原初世界の地脈とも繋がれるかもしれない。
顔役たちを訪ねる前に、一度試してみるといいだろう。
クリスタリウム
エーテライトの左隣にある階段を上り、建物を出ると、
この街の職人たちが集う「ミーン工芸館」がある。
顔役は「カットリス」という女性だ。
階段を上らず、左側の通路を進むと、
つきあたりが「博物陳列館」……巨大な書庫だ。
顔役は「モーレン」という青年さ。
クリスタリウム
エーテライト・プラザの右側に進むと、市場に繋がっている。
流通を取りしきるのは、顔役の「ブラギ」だな。
クリスタリウム
以上が、あなたに回ってもらいたい場所だが……
行き方は、概ね伝わっただろうか?
クリスタリウム
►完全に理解
さすがだ。
拡張を重ねている街だから、どうにも構造が複雑なのだが……
あなたならば、心配ないだろう。

►複雑すぎる
すまない、拡張を重ねている街だから、
どうにも構造が複雑でね……。
それでも、実際に歩いてみれば慣れるはずだ。
クリスタリウム
……ああそうだ、ひとつだけ注意してもらいたいことがある。
クリスタリウム
さきほどの関所でもそうだったように、
この世界に生きる民は、普通、別世界の存在を知らない。
あなたの素性は、彼らには理解しがたいものだろう。
ゆえに、身元を問われた際には、
水晶公の同郷人だと答えるといい。
この街において、それは詮索無用を意味する言葉になる。
クリスタリウム
それでは、ひと回りしたら、
街中央にある大きな広場で落ち合おう。
……また後程。
クリスタリウム
[ 12.4 , 11.2 ]
無事、エーテライトと交感できただろうか?
その後、3つの施設を回ってきてほしい。
エーテライト付近の階段を上って、北側に出ると、
「ミーン工芸館」がある。
階段を上らずに、北側の通路を進むと「博物陳列館」だ。
エーテライト・プラザの南側の出口は、
街の市場「ムジカ・ユニバーサリス」に続いている。
回る順番は、もちろんあなたの自由だよ。
クリスタリウム
[ 12.4 , 11.2 ]
どうだろう、この世界のことについて、
皆の話は聞けただろうか……?
クリスタリウム
[ 12.4 , 11.2 ]
ああ、どれもそのとおりだ。
こちら側の状況を把握してもらえて、本当にありがたい……。
ちなみに、皆はクリスタルタワーがどこから来たか知らないが、
これはもちろん、そちらの……原初世界から喚んだものだ。
あなた方の召喚に先駆けた、最初の試みだったから、
どこの時代から喚んでしまったのかさえ、わからないがね……。
この塔が来たことで、運命が大きく動き出したのだ。

ノルヴラントを渡る者たち

Lv
70
patch5.0
クリスタリウム
[ 12.4 , 11.2 ]
こちらの事情を知ってもらったのだ、
次こそは、あなたの仲間についての話をすべきだろう。
まずは、場所の移動を。
私の執務室は、クリスタルタワーの内部にある。
「衛兵団の守衛」に声をかけて、中に入るとしよう。
クリスタリウム
[ 12.4 , 11.2 ]
►塔の扉が
ああ、もちろんだ。
呼び寄せた当初から、塔の扉は自由に開閉できている。
あなたの時代に、どうだったかは知らないが……
閉じ込められるようなことはないから、
安心してついてきてほしい。

►グ・ラハ・ティア
……知らない名前だな。
その人物が、どうかしたのだろうか?
なるほど……。
しかし、この塔の中にそれらしき者はいなかった。
申し訳ないが、今は互いの目的を優先させてもらおう。
星見の間
ようこそ、私の執務室……「星見の間」へ。
ここならば、周りを気にせず話ができるだろう。
星見の間
あなたに話さなければならないことは多いが、
そのどれもが、私以外の第一世界の民は知りえない秘密。
そこだけ、ご了承願いたい。
星見の間
では、さっそくだが……
「暁の血盟」の者たちの行方について、伝えよう。
星見の間
結論から言えば、彼らはこちらに来ている。
……が、最近来たというわけではない。
原初世界と鏡像世界では、時間の流れにズレがあるのだ。
原初世界の1時間が、第一世界の1年に相当するときもあるし、
その逆もありうる。
ズレ具合は不定で、予測さえできない。
もっとも、ここ最近はズレが少なくなる傾向にある。
当面は、この点について心配する必要もないだろう。
星見の間
しかし、あなたの仲間については……
サンクレッドはこちらに来て5年、
ヤ・シュトラとウリエンジェは3年。
直近のアルフィノとアリゼーですら、
もう1年近く、第一世界で過ごしているのだ。
星見の間
……私はもともと、あなただけを喚ぶつもりだったのだが、
世界をまたぐ召喚術はとても難しく、
あなたと近しい彼らを招いてしまった。
想定外の不完全な召喚によって、彼らは今、
「見えて触れられる幽霊」というような状態だ。
あなたは、ある程度自由にふたつの世界を行き来できるが、
彼らは自力で帰ることもできない……。
星見の間
►彼らをもとの►彼らは数年間
……当初は、私も含め、
彼らを帰還させる方法を最優先で探していたのだ。
しかし、それが難航したのに加え、
ウリエンジェが、召喚される際に通った次元の狭間で、
「ある光景」を視たと告白したことで、事情が変わった。
次元の狭間では、空間も時も、あらゆるものが混在する。
彼がそこで視たのは……未来だ。
それは、原初世界と、第一世界が統合されるという未来。
それと同時に原初世界で発生する「第八霊災」によって、
多くの犠牲者が出るということ。
そして……
その犠牲者の中に、「暁」の英雄……
あなたも含まれていたというのだ。
星見の間
事態を重く見た彼らは、第一世界側から、
世界の統合を防ぐことができないかと検討しはじめた。
……魂は原初世界にあらずとも、
彼らは、かの世界とあなたのために、戦い続けていたのだ。
星見の間
結果わかったのが、第一世界を脅かしている罪喰いの脅威……
これを打破することができれば、
世界の統合を……霊災を、防げるかもしれないということだ。
その原理については、私が今語ったとて、
到底信じられるものではないだろう。
星見の間
まずは、各地で活動している仲間と再会し、
彼らから話を聞いてみるといい。
当然、再会の手助けは惜しまないし、
ともに戦ってくれるかを決めるのも、そのあとで構わない。
彼らをもとの世界に帰還させる方法についても、
いつか必ず、私が突き止めよう。
だから今は……少しだけでいい、信じてみてはくれないか。
星見の間
►ひとまず►約束は►仕方がない
ありがとう……。
信用を裏切ることのないよう、全力を尽くすよ。
星見の間
さて、そうと決まれば……
仲間に会いにいくために、旅の支度を整えてもらわなければ。
星見の間
世界を移動したことで、体に負担もかかっているだろう。
あなたの部屋を用意させるから、休息もとるといい。
……案内しよう。
クリスタリウム
[ 12.4 , 11.2 ]
さて、あなたの部屋だが……
クリスタリウムにいくつかある居住地のうち、
「ペンダント居住館」に、ちょうどいい空きがあったはずだ。
そこへ案内するとなると、市場の近くを通ることになるから、
念のため、再度それも紹介しよう。
……こちらへ。
クリスタリウム
[ 11.1 , 14.0 ]
改めて……ここがクリスタリウムの商いの中心、
「ムジカ・ユニバーサリス」だ。
旅の支度をするときには、ぜひ利用してほしい。
クリスタリウム
……ああ、金銭については心配無用だ。
あなたが所持しているギル硬貨も、使うことができるだろう。
クリスタリウム
こちらでも「光の氾濫」以前は、
大国が発行する通貨が流通していたのだが……
氾濫以後は、混迷を極めてね。
結局、硬貨の金属としての価値を価格とする、
シンプルな方法に落ち着いたのだ。
クリスタリウム
この街では、クリスタルタワー内部から発見された、
アラグという文明の貨幣を参考にして、
価格の単位を「ギル」と定めた。
そしてその単位は、私たちの商いとともに、
各地へと広まっている。
クリスタリウム
ヤ・シュトラいわく、原初世界で使われている硬貨は、
こちらでもほぼ同価値のギルになるそうだ。
クリスタリウム
ほかにも、塔内部から発見された品は、
私たちの生活を大いに支えてくれている……。
あなたにも馴染のものが、あるかもしれないな。
クリスタリウム
しかし、すべてをこちらで調達しなおすのは手間か……。
原初世界と、モノのやりとりができた方が……ふむ……。
クリスタリウム
『私の友はそこにいるか』
クリスタリウム
やあ、フェオ=ウル。
お前をいちばん優れたピクシーと見込んで、頼みがある。
クリスタリウム
彼女は、遥か遠くからきた私の友人だ。
その故郷と、荷のやりとりをしたいと思っているのだが、
お前の力を借りることはできるだろうか?
クリスタリウム
それなら、向こうであなたを待っている者に、
ひとまずの無事と、状況を伝えてはどうだろうか?
クリスタリウム
あれはピクシー族という、魔法生物に近しい種族なんだ。
普通はなかなか人の街に現れないものだが、
中でも好奇心旺盛な彼女は、
クリスタリウムを気に入ってくれたようでね。
クリスタリウム
さて、次こそあなたの部屋に案内しよう。
クリスタリウム
[ 12.4 , 16.2 ]
ああ、ちょうど部屋の確認もできたところだ。
あなた用に一室確保できたので、
今後はそこを、私室として自由に使ってもらって構わない。
部屋までは、管理人の彼が連れて行ってくれる。
そこで休んで、旅支度を整えたのちに、
さきほどの「星見の間」でまた会おう。
それでは、私はこれで…………
…………[player]。
こちらへ来てくれて、本当にありがとう。
夜は来ずとも、あなたに安息があらんことを。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
部屋の具合はどうだった?
少しは休めただろうか……?
星見の間
►それなりには
それはよかった。
もし何か不備があったら、遠慮なく言ってくれ。

►幽霊が出た
えっ……?
それは、その……はじめて聞く話だが……
もし休息に支障が出るようだったら、また教えてくれ。
星見の間
さて……それではさっそく、
「暁」の仲間たちの現在地を説明しよう。
星見の間
これが、「光の氾濫」を逃れて残っている地域……
ノルヴラントの暫定地図だ。
星見の間
このあたりが、クリスタリウムのある、
「レイクランド」と呼ばれる一帯。
星見の間
北には、妖精郷「イル・メグ」。
ここには、ウリエンジェが滞在している。
星見の間
東には、古くに栄えた「ラケティカ大森林」。
ヤ・シュトラが拠点にしている場所だ。
星見の間
……しかし、これらの地域は、侵入に少々準備がいる。
星見の間
まずは、クリスタリウムから飛行獣で直行できる土地にいる、
アルフィノ、アリゼーと再会をすべきだろう。
星見の間
アルフィノがいるのは、西の海に浮かぶ「コルシア島」だ。
ここには、貴人や富豪が集う大都市「ユールモア」がある。
彼は、世界を救う足がかりとして、
まず人を知り、人脈を得ることを選んだのさ。
今は当地で、情報収集にあたっていると聞く。
星見の間
一方、アリゼーがいるのは、
南に広がる渇いた地「アム・アレーン」だ。
ここは、「光の氾濫」によって、
一切の無になってしまった大地との境目。
人が存在できる限界域であり、罪喰いとの戦いも多い。
アリゼーは兄と異なり、まず敵を知るべきだと言ってね。
己の鍛錬もかねて、かの地で用心棒をしているらしい。
星見の間
アルフィノのいる「コルシア島」と、
アリゼーのいる「アム・アレーン」。
訪ねるのは、どちらが先でも構わない。
行きたい方が決まり次第、声をかけてくれれば、
すぐに移動の手配をしよう。
星見の間
ああ、サンクレッドについては……
そうだな、ある人物とともに、
流しの罪喰いハンターをやっている……というところだ。
すぐに再会するのは難しいが、
ときが来れば、必ず巡り会えるだろう。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
まずは、アルフィノとアリゼー、両方と再会してほしい。
その過程で、ここノルヴラントの地が置かれている状況が、
きっと見えてくるだろう。
原初世界に用事があるときは、フェオ=ウルを頼るといいが、
あなたであれば、ふたつの世界を行き来することも可能だ。
そこにある魔器は、彼方と此方を繋ぐもの……
あなたが触れれば、原初世界の、
あの装置のもとへと転移できるはずだ。

アルフィノを探して

Lv
70
patch5.0
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
アルフィノに会いに行くのだな。
わかった、それでは案内をしよう。
現在、ここクリスタリウムから彼のいる「コルシア島」へは、
気軽に向かえるような情勢ではなくてね。
特別に飛行獣を用意してもらわなければならないのだ。
そのための紹介状をしたためておいた。
街の入口付近にある「テメノスルカリー牧場」に行って、
獣牧士長の「ゼム・ジェンマイ」に渡してほしい。
あとは彼が、うまくことを進めてくれるはずだ。
私も、つつがなくアルフィノと会えることを願っているよ。

樹葉に射す天光

Lv
70
patch5.0
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
アルフィノとともに、ユールモアを見てきたのだな。
感想は……あえて問うまでもないだろう。

アリゼーを探して

Lv
70
patch5.0
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
アリゼーに会いに行くのだな。
彼女はとくにあなたを案じていたから、再会を喜ぶだろう。
いや……もとはといえば、私が彼女を、
最悪のタイミングで喚んでしまったせいなのだが……。
それについては、もうたくさん怒られたので許してほしい……。
彼女のいる「アム・アレーン」に出入りしている隊商あてに、
紹介状をしたためておいた。
ミーン工芸館の近くにある「アマロ桟橋」に行って、
隊長の「カサード」に、それを渡すんだ。
きっとアリゼーの待つ地へと導いてくれるだろう。

空知らぬ雨

Lv
70
patch5.0
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
アリゼーと再会できたようで何よりだ。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
3人とも、よくぞ戻ってきてくれた。
星見の間
第一世界をとりまく状況について、
改めて、わかってもらえただろうか?
星見の間
ああ……。
あれらを退けるのは、途方もない話にも聞こえるだろう。
だが、人は多くの犠牲を払った結果、
ひとつの可能性を見出すに至った。
星見の間
罪喰いたちの集団を束ねる、上位の個体……
「大罪喰い」の数は、限られているとわかったのだ。
星見の間
蟻が女王なくして巣を作り得ないように、
「大罪喰い」さえ倒してしまえば、
有象無象のものは、一帯での活動を諦めるだろう。
星見の間
そのとおり。
つまり、場合によってはユールモアをけん制しつつ、
大罪喰いの討伐を目指さなくてはならないだろう。
それが私の……
そして、第八霊災を防がんとするあなた方の、
現在の目的ということになる。
星見の間
►それで本当に
<チェック漏れ>

►いまいちピンと
ふむ……。
それでは少しだけ時間を拝借して、
世界の統合や霊災とはいかなるものか、説明するとしよう。
星見の間
太古の昔……
たったひとつだった世界は、14の世界に分かたれた。
あなた方のいた「原初世界」。
そして、第一世界を含む、13の「鏡像世界」だ。
これらの世界は隔たれているものの、互いに干渉しあっている。
とくに、おおもとである原初世界とはね。
星見の間
……ここで、ある鏡像世界にて、
特定の属性の力が、異様に高まったとしよう。
すると、水が高いところから低いところに流れるように、
高まった属性の力が、原初世界に流れ込みはじめる。
星見の間
当然、原初世界にも、影響がでるだろう。
それが火属性ならば、大火や日照りに。
氷属性なら、過酷な寒波に……という具合だ。
異常はどんどん起きやすくなり、
何かのきっかけで、大規模な災害が発生……
世界を隔てる壁に、割れ目が生じたとしたら?
星見の間
原初世界に向けた、力の奔流が発生。
その勢いで、世界は統合される。
同時に、鏡像世界が有していた偏った属性がすべて流れ込み、
きっかけとなった災害を、一気に助長する。
星見の間
地震に土属性の力が加われば、それは地殻さえも砕くだろう。
津波に水属性ならば、大陸すら飲み込む規模になる。
それが「霊災」と呼ばれているものの正体だ。
星見の間
これまでに、7つの霊災を伴いながら、
7つの鏡像世界が統合されてきた……。
星見の間
今、光に偏っている第一世界もまた、
統合の条件を満たす可能性が、かぎりなく高いと言えるだろう。
そして、光に偏る一因を担っているのが、やはり罪喰いだ。
星見の間
さきほど話した「大罪喰い」は、
自らのテリトリーに強い光を振りまく。
「光の氾濫」自体を回避したはずのノルヴラントが、
夜を失うほど光で満たされているのも、それが原因だ。
したがって、「大罪喰い」の討伐は、
第一世界の属性バランスを正常に戻し、統合を防ぐためにも、
必要不可欠なんだ。
星見の間
ホルミンスターを襲った罪喰いが、
クリスタリウムに流れてくる可能性もある。
各門、警戒態勢をとるように命じてくれ。
お前自身は、現場の指示を頼む。
ただし、突入は私が行ってからだと、
アルフィノとアリゼーにも伝えてくれ。
星見の間
どうか、あなたの力も貸してほしい。
話の続きは、あるいはこの戦いで、自ずと知れよう。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
では、私たちも、早急に戦闘の準備を整えて出立しよう。
襲われている「ホルミンスター」の村は、
レイクランドの北方にある。
詳しい場所は、直接案内しよう。
クリスタリウムを出たら、まず西へと直進してほしい。
「従者の門」の先に分岐路があるから、そこで合流しよう。
レイクランド
[ 28.4 , 24.8 ]
よく来てくれた。
この街道に沿って北上すると、
「北の集結地」という衛兵団の拠点があるのだ。
目的の「ホルミンスター」には、そこから向かうことになる。
さあ、急ごう……!
レイクランド
[ 35.1 , 7.2 ]
この先に広がる森を抜けると、「ホルミンスター」だ。
クリスタリウムから少し距離はあるが、
同じ地域にある集落として、協力関係を結んでいる。
レイクランド
状況はどうなっている?
レイクランド
それについては、考えがある。
「大罪喰い」の相手は、私たちに任せてほしい。
レイクランド
衛兵団は、引き続き生存者の救出を。
ひとりでも多く、助けるんだ。
レイクランド
わかった。
それでは、大罪喰いのところへ向かうのは、
私、アルフィノ、アリゼー、ライナ、そして……
レイクランド
頼もしいよ。
……では、「ホルミンスター」に突入だ!
大罪喰いを発見したら、躊躇することはない、倒してくれ!
レイクランド
[ 35.1 , 7.2 ]
戦いでは、あなたに指示を委ねよう。
それなりに長生きしてきた結果、
器用貧乏ではあるが、ひととおりの役割はこなせる。
魔法を使った治癒や攻撃はもちろん、
魔力を剣と盾に変えて、守備に重点を置くようなこともね。
ホルミンスター
見ろ、罪喰いだ…
獲物を探しているのか?
ホルミンスター
野生生物を襲い
群れを増やすとは…
ホルミンスター
生存者はこのまま
クリスタリウムへ!
ホルミンスター
これほどの犠牲とは…
みな、戦闘準備を!
ホルミンスター
そうか…
その顔色で察したよ…
ホルミンスター
悪夢のような光景だ…
ホルミンスター
嫌な気配だ…
みな、警戒を!
ホルミンスター
間違いない…
あれは大罪喰いだ!
ホルミンスター
いいや、撤退は不要だ。
ホルミンスター
確かに、大罪喰いを殺せば、有していた膨大な光が放出される。
その光は新たな大罪喰いを生み出し……
人類はこの100年、まともに反撃すらできなかった。
ホルミンスター
しかし……
唯一、それを相殺できる力がある。
ホルミンスター
それこそが、「光の加護」と呼ばれし力。
ゆえに私は、彼女をここへと喚んだのだ……!
ホルミンスター
見よ!
大罪喰いが放っていた光、
それによって変じていた世界が、今、戻る!
ホルミンスター
彼方の英雄よ。
私は、長い長い年月、待ち続けていた。
光の加護を持ち、
罪喰いを討ち滅ぼすことのできる……あなたのことを。
ホルミンスター
今、あなたによってレイクランドに座した大罪喰いが討たれ、
この地に在るべき闇が戻り、正しき夜が訪れた。
力なき罪喰いはもはや、闇の戻りしこの地に、
根を下ろすことはできないだろう。
ホルミンスター
しかし……
取り戻せたのは、恐らくこの一帯のみ。
各地にはまだ大罪喰いが潜み、
光で覆った空のもと、生命を食い尽くさんとしている。
私は、この滅びの定めに、反逆したいんだ。
最大にして……最後の抗いを……!
ホルミンスター
それが、そちらの世界を救うことに繋がるとしても、
あなた方を強引に喚んだことは、私の身勝手にほかならない。
この非礼は、いずれ必ず……私の力、命を懸けて償おう。
だから、今は……!
ホルミンスター
私たちに、力を……!
罪喰いを倒し、世界に闇をとりもどしてほしい……!
ホルミンスター
►闇の戦士と
ああ……!
ありがとう…………!

►おもしろい戦い
<チェック漏れ>

►仕方ない
<チェック漏れ>
ホルミンスター
もちろん、この地に生きる人々のため……
クリスタリウムの民に、平和な明日をもたらすためだ。
ホルミンスター
……救われてほしい人がいるのだ。
ホルミンスター
その人の未来を繋げるならば……
私は、世界ひとつ、救ってみせる。
ホルミンスター
意外だろうか?
だが、これ以上の追及は、今は許してくれると嬉しい。
私はこれでいて、結構な老人なのだ。
己を語る言葉のひとつひとつが、
どうにも膨らみすぎていて、胸につかえてしまう。
ホルミンスター
それでは、保護した村人たちをつれて、戻るとしよう。
レイクランド
[ 35.1 , 7.2 ]
おつかれさま。
そして、ありがとう……[player]。
あなたのおかげで救われた命があり、こうして空も戻った。
たった一歩、されど大きな一歩だ。
……ああ、本当に!
レイクランド
[ 35.1 , 7.2 ]
さて、このあとのことについてだが……。
レイクランド
……是非もない。
レイクランド
[player]、ひとつ提案なのだが……
あなたがその「闇の戦士」だということは、
しばらく内密にさせてもらえないだろうか?
レイクランド
レイクランドの空から光が掃われたことは、
あまりに大きな変化だ。
人々の中には、興奮と戸惑いが渦巻いていることだろう。
そこに張本人の「闇の戦士」が現れたら……。
民を疑うわけではないが、
良くも悪くも、収拾がつかなくなる可能性がある。
レイクランド
すまないね……。
ただ、彼らの喜びは、間違いなくあなたの戦果だ。
いずれ名を明かすまで、それを忘れないでいてほしい。
レイクランド
ライナも、すまないが口外禁止で頼む。
皆には、「罪喰いに抗わんとする者が現れた。
その者は大罪喰いを倒して去っていった」と伝えるつもりだ。
レイクランド
では、私は一足先にクリスタリウムに戻り、
民に説明をしておくとしよう。
レイクランド
しばらくそれにかかりきりになるだろうから、
君たちは、戻ったら休息を取ってくれ。
……今夜は窓を覆わずとも、暗く穏やかな夜になるだろう。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
おや、わざわざ来てくれたのか。
大丈夫、民にはきちんと説明をしたよ。
あなたが案じるようなことは、何もないさ。
今日はもう……おやすみ、[player]。

招かれざる客

Lv
72
patch5.0
星見の間
いいところに来てくれた。
街で噂を聞いたかもしれないが、厄介な状況になっている。
星見の間
レイクランドの、ラクサン城だ。
先ほどここに、ユールモア軍の飛空艇が飛来した。
星見の間
彼らの目的は、大罪喰い討伐についての事情聴取らしい。
まもなくこちらへ使者をよこすと、連絡が届いている。
星見の間
ああ、だから遅かれ早かれとは思っていたのだが……
星見の間
ああ、少し待ってくれ。
星見の間
皆、こちらへ。
星見の間
切り札は、できるだけ隠しておくものだ。
多少窮屈かもしれないが、許しておくれ。
星見の間
……バニシュ!
星見の間
入ってくれ。
星見の間
……驚いた。
まさか、ユールモア軍の大将軍、
ランジート殿みずからおいでとは。
星見の間
ふむ……いささか性急だな。
なぜそれを問うのかくらい、聞かせてはもらえないか。
星見の間
そういうことであれば、
こちらも率直に答えねばならないな。
星見の間
大罪喰いを討った者との関係はともかくとして、
私たちは、取り戻した美しい空を歓迎している。
星見の間
もし、お前たちがそれを許さぬというのなら、進軍するがいい。
星見の間
ただし……。
罪なきクリスタリウムの民が、すべて討ち果たされたとて、
動き出した時代が止まりはしないだろう。
星見の間
さて……心当たりはないが。
星見の間
残念ながら、気のせいではないだろうな……。
星見の間
ユールモアは、今でこそ罪喰いとの融和政策をとっているが、
ヴァウスリーが元首になる前は、
むしろ罪喰い討伐の先陣をきっていたんだ。
ランジート将軍は、その時代から、
最強と謳われたユールモア軍を仕切ってきた武人だ。
何か、勘が働いたのかもしれない……。
星見の間
お心遣い、深く感謝する。
だが、それについては、私に一任してほしい。
星見の間
かねてより、全土を支配せんとしているユールモアのこと。
今「闇の戦士」を突き出したところで、
いくらでも理由をつけて、この街を押さえにくるだろう。
それがわからぬクリスタリウムの民ではないよ。
彼らはいかなる苦境においても、誇りを持って生きてきた。
此度も、選ぶべきを選ぶだろう。
星見の間
むしろ、ユールモア軍の力と、ヴァウスリーの性格を思えば、
この場で進軍を宣言されてもおかしくなかったが……。
星見の間
そうか……あなたはまず、
こちらのミンフィリアについて、知っておくべきだろう。
星見の間
博物陳列館のモーレンを訪ね、聞いてみるといい。
星見の間
アルフィノとアリゼーにも、同行を頼めるだろうか?
なにせ込み入った事情だ……
ふたりからも、補足をしてほしい。
星見の間
私はその間に、事の真相を調べておこう。
それから、今後の対策も……。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
あなたは、博物陳列館に向かうといい。
それにしても、本当にミンフィリアが捕まったというのなら、
「彼」が沈黙しているはずはないのだが……。

????

クリスタリウム
意志は固まったようだな。
クリスタリウム
ふむ……。
報告がひとつと、提案がひとつ。
あなた方に、いち早く伝えようと思ったのだ。
クリスタリウム
まず、報告だが……
偵察部隊によって、ラクサン城に駐留しているユールモア軍が、
ミンフィリアを捕縛しているという確証がとれた。
今はまだ城内に留め置かれているようだが、
いつ本国に移送されるかわからない状態だ。
そうなると、彼女を救出するのは非常に難しくなる。
クリスタリウム
そこで、提案の方だ。
クリスタリウム
ミンフィリアの救出は、私と、このクリスタリウムの街に、
任せてみてはくれないだろうか?

クリスタリウムの意気

Lv
72
patch5.0
クリスタリウム
[ 9.9 , 7.0 ]
あなた方ほど実力があれば、ユールモア軍が相手であれ、
ミンフィリアを救い出すことができるかもしれない。
しかし……さきほども言っただろう?
大切な切り札は、できるだけ隠しておきたいんだ。
クリスタリウム
あなたが見せてくれたのは、単なる夜空ではなかった。
ノルヴラントの未来……その一端だ。
クリスタリウム
私たちの手は、大罪喰いを屠れない。
だが、希望が胸を焦がすかぎり、立ち上がって歩いていける。
……それを、証明しよう。
クリスタリウム
急に呼び立ててすまない。
此度は、皆に問いたいことがある。
クリスタリウム
知っている者もいるだろうが、
さきほど、ユールモアの総代として、
ランジート将軍が私のもとを訪ねてきた。
彼らは、大罪喰いを討った者……「闇の戦士」の行いに、
クリスタリウムが賛同するならば、進軍も致し方なしと言った。
クリスタリウム
ユールモアと真っ向から戦うのは、容易なことではないだろう。
クリスタリウム
それでも、私は……信じたい。
100年ぶりに取り戻した空、それを見たときの気持ちを。
無論、己の立場は理解している。
私がこの意志をしめせば、もはや対立は避けられまい。
クリスタリウム
……それについて、お前たちはどう思う?
クリスタリウム
ならば今、我らの意志を示そう!
クリスタリウム
実は、ラクサン城に駐留しているユールモア軍が、
「光の巫女」を捕らえたとの報告を受けている。
罪喰いと渡り合うことのできる彼女を、
ユールモアは、恐らく再び監禁してしまうだろう。
ならば、「闇の戦士」を支持し、罪喰いを退けんとする我らは、
光の巫女を救い出し、仲間に迎えるべきではないか……。
それを以て、ユールモアへの返答としよう!
クリスタリウム
これで、街ごと反逆者だ。
……あなた方も、一員として、加わるかい?
クリスタリウム
わかった、その作戦でいこう。
各自、準備を進めてくれ。
クリスタリウム
……では、衛兵団に加わって行動を。
詳しい指示はライナから受けてくれ。
クリスタリウム
[ 9.9 , 7.0 ]
ミンフィリアについては、気に留めている住民も多かった。
必ずや、皆で彼女を救い出そう。
あなたは、ライナたち衛兵団とともに行動を。

ミンフィリア救出作戦

Lv
72
patch5.0
レイクランド
……ブレイク!
レイクランド
そちらは元よりそのつもりだっただろう?
なに、行動を起こした時点で、すべては覚悟の上だ。
レイクランド
いいや……。
転移装置は使い捨て、足止めの魔法も、先ほどのが精々だ。
お前が本気で彼らを追おうとするならば、
私には止める手立てがない。
レイクランド
だが……気をつけるがいい。
彼らの向かった先は、我らクリスタリウムも、
ユールモアでさえも不可侵の領域……。
レイクランド
妖精郷「イル・メグ」なのだから。

アクトラ・オルワ・イン

Lv
73
patch5.0
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
ああ、もしや街のことを気にかけて、
戻ってきてくれたのだろうか……?
大丈夫、こちらはこちらで、うまくやっているさ。
心配なのはむしろ、あなたの方だ。
イル・メグの妖精たちは、人と異なる感覚を持つ……
良き隣人が一転、無慈悲な脅威になることも少なくない。
どうか無事に目的を遂げ、戻ってきてほしい。
そのときには、あなたがちゃんと一息つけるように、
街をしっかり護っておこう。

運命はまた廻る

Lv
73
patch5.0
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
[player]……!?
ど、どうして急にここへ……!
ひとまず、この後の行動は、仲間たちと相談した方がいい。
私の方は、それに合わせて、よしなに進めよう。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
ふむ……せっかくあなたが戻って来たのに、
招かれざる客まで来てしまったか……。
ひとまず、皆から報告を受けておくよ。
その間だけでも……おやすみ、[player]。

食事に添えられたメモ

ペンダント居住館:居室
『強行軍にさせてしまって、すまなかった。
体には気をつけて、休養はしっかりとってほしい』

それぞれの行く先

Lv
74
patch5.0
星見の間
ならば、ここで仕切り直しだ。
……次なる罪喰い討伐について、話すとしよう。
星見の間
あなた方の活躍により、
イル・メグ周辺を支配していた大罪喰いを倒すことができた。
レイクランドのものと合わせて、これで2体目。
「光の氾濫」以降、最大の快進撃といえるだろう。
本当に……ありがとう。
星見の間
ああ……。
そして、それらを支配する大罪喰いの居場所は、
特定できていない。
そこで、今回は手分けをして調査と討伐にあたりたいのだが、
どうだろうか……?
星見の間
では、ほかの者には「ラケティカ大森林」に向かってもらおう。
かの地にいる、ヤ・シュトラと協力して、
大罪喰いの捜索と討伐を試みてほしい。
星見の間
彼女はどうも、私を信頼してくれなくてね……。
今回も、事前に連絡をすることができなかった。
星見の間
ウリエンジェ。
あなたは、何度かヤ・シュトラを訪ねているだろう。
道案内をお願いしても?
星見の間
ありがたい。
私もその間に、己の役目を果たしてくるとしよう。
星見の間
ドン・ヴァウスリーからの書状だ。
此度の衝突について質したいので、
ユールモアまで来られたし……とのことだ。
星見の間
こちらは、全面衝突のつもりで立ち上がったんだ。
話し合いをしてくれる余地があるなら、むしろ上等だろう。
星見の間
……だが、私はこの塔から大きく離れると、
少々、体の調子が悪くてね。
星見の間
アルフィノ、すまないがコルシア島の調査がてら、
補佐をしてもらえないだろうか?
星見の間
それでは、各自、出立の準備を。
……くれぐれも、無事に戻ってきてほしい。
星見の間
[ 6.1 , 6.2 ]
では、それぞれ支度が整い次第、出立するとしよう。
星見の間
[ 6.1 , 6.2 ]
[player]たちは、大森林に入る前に、
レイクランドの「ジョッブ砦」に立ち寄ってほしい。
そこには、光耀教会と呼ばれる、
「光の氾濫」以前に盛んに信仰されていた教会の、遺跡がある。
今はもう立ち入る者もいないが……
礼拝所の祭壇の中に、ある石板が置かれているはずだ。
それを回収して、ヤ・シュトラへの手土産にするといい。
星見の間
[ 6.1 , 6.2 ]
私たちも、じきここを発とう。
件の石板があるのは、ジョッブ砦にある教会跡の祭壇の中だ。
ヤ・シュトラが気に入ってくれることを祈っているよ。

問いと答え

Lv
74
patch5.0
ユールモア
久しいな。
こうして直接会うのは、お前の就任式以来か。
またずいぶんと大きくなったものだ。
ユールモア
意図を問いたいのはこちらだよ、ドン・ヴァウスリー。
大罪喰いの討伐は、世界の悲願だったはずだ。
実際、レイクランドの人々はもちろん、
あの妖精郷の住民までもが、
闇の帰還を喜びとともに迎えている。
ユールモア
人類がやっと手にした、反撃の兆し……
お前はなぜそれを潰そうとする?
ユールモア
……なるほど。
第八霊災が起きた未来では、お前のうつろわぬ王国は、
きっと完成していたのだろうよ。
ユールモア
いいや、こちらの話だ。
お前の主張は、よく理解したよ。
ユールモア
ドン・ヴァウスリー。
お前は力を持つがゆえに、いつも人を屈服させる側だった。
自分以下の者しか知らなければ、その結論にも至るだろう。
だが、人類は、お前が思うよりしぶとく、したたかだぞ。
ユールモア
足りないものを奪い合うのではなく、
足りるように作り出せばいい……
人の知恵や技術は、そういう夢で磨かれてきた。
時間はかかるだろうが、今回だって絶対に乗り越える。
そのためにも、まず罪喰いを倒すことが必要なのだ。
ユールモア
……それでも、私は見てきたよ。
自分ではもう届くことない希望に向かって、
涙も血も流しながら、誰かの背を押す人を。
託された重みに苦しみ、過ぎゆく別れに泣きながら、
その意味を失くしはしまいと、進んでいく人を。
世界は、そうして繋がれてきたと、私は知っている。
だからこそ、信じて……
眼前のしがらみを断つことに、この命を懸けられる。
ユールモア
ああ、私は楽しみにしているんだ。
未来への道が開いて、皆が……あの人が、踏み出す瞬間を。

彼方へと祈って

Lv
76
patch5.0
クリスタリウム
[player]も皆も、本当によくやってくれた。
ユールモア軍が各地に向かったと聞いたので、
私もアルフィノも、あなた方を案じていたのだ……。
クリスタリウム
ああ……念のため、幻影を用いたのが功を奏したよ。
実は、彼には…………
クリスタリウム
……っ…………。

秘めた覚悟

Lv
76
patch5.0
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
[player]か……。
あなたの活躍は、報告で聞いている。
誰よりも多くの罪喰いを倒し、民を救ってくれたと……。
改めて、御礼を申し上げる。
あとのことは、私が、すべての責任を持って引き受けよう。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
……兵が、私にそんなことを?
そうか……それは…………。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
……いいや、いい。
皆のためを思うなら、私に必要なのは、
揺らがずに立ち、前を見据え続けることだけだ。
悼みはしても、嘆いてはならない。
悔いたとしても、うつむいてはならない。
恐れも、苦悩も……ただ、この道を選んだ私の内にあればいい。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
それまでは、弱音を吐いても聞かれない……とでも?
参ったな……この英雄には、本当に恐れ入る……。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
だが、私なら大丈夫だ、このまま皆を待つとしよう。
…………ありがとう、[player]。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
応とも。
私が弱って見えたなら、それは、
防壁を展開するのに消耗しただけのこと……。
皆を待って、すぐに作戦会議といこう。
……ありがとう、[player]。
星見の間
皆、よくそろってくれた。
まず、此度の罪喰いによる襲撃についてだが……
星見の間
此度の襲撃だが、あなた方には本当に助けられた。
この街を預かる者として、感謝にたえない。
星見の間
……ありがとう。
その言葉だけでも、民がどれだけ励まされることか。
星見の間
ヴァウスリーは、これを天罰と言った。
しかし、本能のまま襲撃をおこなう罪喰いが、
意図的に罰を与えにきたとは考えにくい。
ましてや、レイクランドはすでに光が掃われた場所。
大罪喰いならばともかく、下級のものは避けたがるはずだ。
星見の間
ああ……。
ゆえに、クリスタリウムはここで屈するわけにはいかない。
それこそ彼の思う壺なのだから。
星見の間
残念ながら、実りのある話し合いにはならなかった。
だが、収穫がなかったわけではない。
ヴァウスリーは、どうやら魅了に類する術を使うようなのだ。
それによって私を傀儡にしようという魂胆で、召致したらしい。
星見の間
私は幻影をもちいることで回避したが、
今後、彼と直接対峙することになれば厄介だろう。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
あなた方が納得して進めるのなら、私に異論はない。
戦いのあとゆえ、兵を援助に出すようなことは難しいが……。
せめて、あなた方の拠点として十全であれるよう、
復旧や治療を、迅速に進めるとしよう。
……どうか気をつけて。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
……サンクレッドがこちらに召喚されてきたときのことだ。
彼はここが第一世界だとわかると、最初にこう言った……
「ミンフィリアを知っているか」とね。
その名前は、彼にとっての標(しるべ)なのだろう。
私ごときが口を出せる話でもなし、見守ることしかできないが、
今回の旅の結末が、悪くないものであることを願っているよ。

生きるに足る理由

Lv
77
patch5.0
星見の間
今回は、彼らについていかなかったのか。
星見の間
……彼女という英雄は、兵器ではないからだ。
相手の事情を知ろうともせず戦うことを、良しとはしまい。
星見の間
……そうか。
お前は、アラグにも……。
星見の間
ならば、こう答えよう。
私は、お前たちが翻弄してきたもの……
人の歴史、人の執念によって導かれた代行者だ。
星見の間
クリスタルタワー……時の翼……
彼方より来たりし者による、次元を超えた事象観測。
そして、それらを目にした天才たちが、
生涯をかけて遺した閃き……。
星見の間
私は、すべての想いと奇跡を託されてここに立つ。
運命に反逆せんとするために。
星見の間
ああ、まったくだ。

君を救う痛み

Lv
77
patch5.0
ペンダント居住館:居室
ああ、ええと、急にすまない……!
ミンフィリア……でなくて、リーンたちから、
あなたの具合がよくないと聞いた。
ペンダント居住館:居室
それで……その……大丈夫だろうか!?
ペンダント居住館:居室
また異変があったのか……!?
それで、今は!? まだ痛いとか、苦しいとか……!
ペンダント居住館:居室
よかった……。
ひとまず治まってはいるのだな。
ペンダント居住館:居室
……いや、よくない……何もよくない。
度重なる罪喰い討伐を、あなたに頼っているのは事実。
負担をかけているのは、間違いない……。
すべては、私があなたに願ったことだ。
だから本当は、案じる資格すらないのかもしれないが……。
ペンダント居住館:居室
どうか、これからも無事でいてほしい。
ペンダント居住館:居室
あなたはこの戦いを終え、あなたを待つ人のもとへ戻る。
そして、第八霊災の起こらない世界で、冒険を続けるんだ。
ペンダント居住館:居室
そのためにも、あと1体……どうにか勝利を収めてほしい。
体の異変については、私も対処を考えておこう。
ペンダント居住館:居室
……ああ、叶うさ。
この世界から光を掃えれば、私の大事な民が助かる。
もちろん、私が特別に助けたかった人も。
ペンダント居住館:居室
では……急に邪魔をして悪かった。
のちほど、また会おう。
イシュガルド
━━ やはり ここまでは問題ないようだ
イシュガルド
となると 時間転移の支点とするのは もう少し先
アラミゴ奪還のころが適当だろうか ━━
イシュガルド
わかった
でも どこへ行く?
イシュガルド
━━ できることは ないのだろうか
イシュガルド
━━ 運命を変えなければ
それを以って 伝えたいことがあるのだ
イシュガルド
その名を しるべに
必ず 道を見つけてみせる ━━

コルシア島の決戦

Lv
77
patch5.0
星見の間
あなたも来てくれたか。
戦いの準備は万全だととっても?
星見の間
大いに結構。
それでは、全員そろったことだ、今後についての話をしよう。
星見の間
あなた方が討伐した大罪喰いは4体……
これによって、ノルヴラントの大半の地域から、
過剰な光が掃われた。
星見の間
残すは、コルシア島付近のみ。
そこを領する大罪喰いの居場所も、
リーンが現地に向かうことで特定できるだろう。
星見の間
構わない、皆に伝えてくれ。
星見の間
都市の護りに重点を置いたか。
まず市民の安全を優先したという見方もできるが……。
星見の間
では、皆、準備を整えてコルシア島へ。
ユールモアの状況を探るところから、行動を開始してほしい。
星見の間
これが最後の大罪喰い討伐になるだろう……
必ず無事にやり遂げるんだ。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
その後は変わりないだろうか?
あなたの状態についての対策は、私の方でも考えておく。
だからどうか……最後の勝利まで、無事でいてくれ。
星見の間
[ 6.1 , 6.0 ]
ユールモアの状況は、魔器と協力者を頼りにして、
こちらも適宜把握している。
いざとなったら救援を出すが、ともかく気をつけてくれ……。

クイックウェイを遡って

Lv
78
patch5.0
コルシア島
最終決戦くらいは、自分の目で見届けたいと思ってね。
コルシア島
先発のあなた方は去ったあとだったが、
大昇降機の下で、ウリエンジェたちと合流したのだ。
コルシア島
それよりも……ご覧。
コルシア島
それがわかってよかった。
あの兵器は塔内から持ち出した貴重な遺物……
収穫もなく潰されたのでは、面目ない。
コルシア島
[ 12.6 , 20.3 ]
……クリスタリウムを離れて平気なのかって?
なに、老人とて、最後くらいは不調を押して張り切るものさ。
街の方は、ライナたちに任せてきたよ。

難題を穿つ理想

Lv
78
patch5.0
コルシア島
ああ、もちろんだ。
アマロやチョコボも、自由に活用してくれ。
コルシア島
さて、そうなると私たちは、
設計の補佐ということになりそうだが……。
コルシア島
[ 12.6 , 20.3 ]
……とりあえず、声をかけてみようか。
コルシア島
……チャイ・ヌズ。
お前が不安に思うのは、これからやろうとしていることが、
どのようなことなのか、きちんと思い描けている証だよ。
コルシア島
そしてこれは、私の古い友人たちの言い分なのだがね……
人が思い描けること、「あり得る」と認識できることは、
必ず実現できるものなのだそうだ。
それがたとえ、神にも等しい存在の所業であれ……
誰かが、何かが「やった」ことなのであれば、
それは、自分たちの力でも起こせる事象である……とね。
コルシア島
そうだとも。
……しかしそうやって遥か頭上に描くものを、
人は、「夢」や「理想」と呼ぶのだよ。
それを追い求めるのは、無論、簡単なことではないさ。
彼らは何度でも、現実の壁にぶつかった。
コルシア島
それでも、精一杯もがき続けて……その果てに、掴んだよ。
遥か彼方にあったはずの、人には過ぎたるとされた、
偉大なる事象の数々を。
夢に向かって、一段ずつ、
必死に……今度こそ真っ当に、上っていった階段の先で。
コルシア島
お前もまた、そうした技術の徒であるならば……
不安で蓋をした心に、挑みたいという想いが、
隠れているのではないかね?
コルシア島
伝わってよかった。
……さあ、私たちも遅れずについていこう。
コルシア島
……何か問題でも?
コルシア島
[ 19.0 , 17.5 ]
心核探しの冒険……か。
思いがけない機会が湧いて出たものだ……。

トルだせ大作戦!

Lv
78
patch5.0
コルシア島
[ 19.0 , 17.5 ]
[player]、私も同行しよう。
今のところはまだ体も動いているし、
多少なり、力にはなれるはずだ。
コルシア島
[ 12.9 , 9.7 ]
ここが「トメラの村」か……。
コルシア島
おお、本当にドワーフ族ばかりだ。
彼らはクリスタリウムでも滅多に見かけないから、
こうも集まっていると……不思議な感覚になるな……。
……普段は何かと周りを見上げてばかりの私だが、
ここならば……うん……視界が新鮮だ……!
コルシア島
アミティーの人々から紹介を受けて、
トルー一家のドワーフ族に、力を貸してもらいに来た。
最長老の「ザモット」はいるだろうか?
コルシア島
「あの方法」とは……?
コルシア島
[ 12.0 , 8.5 ]
伝統の腕試し……いったいどんな方法だろう?
コルシア島
[ 12.0 , 8.5 ]
存外に穏便な方法でよかった。
……いや、スリングショットでドワーフを撃つのが、
穏便と言えるのかは、議論の余地があるだろうがね……。
コルシア島
[ 12.0 , 8.5 ]
[player]、すまないが参加を頼めるだろうか?
あなたの方が適任なのは言わずもがなだが、
その雄姿を、せっかくだから見ていたいのだ。
コルシア島
イテッ……!?ど、どうして私を狙うんだ……!
コルシア島
[ 12.0 , 8.5 ]
ああ、今のは練習だったのか。
次の本番も、成功を祈っているよ。
コルシア島
ッ!? どさくさに紛れて狙わないでくれ!外れない、フードは外れないから……っ!
コルシア島
[ 12.0 , 8.5 ]
おかえり、[player]。
この程度は褒めるまでもないのかもしれないが、
本当に、うまくやるものだと感心したよ。

採掘と破砕

Lv
78
patch5.0
コルシア島
ああ、なにせ「反逆者ども」と称された身だ、
大変遺憾ながら、鮮やかにやり遂げてみせよう。
コルシア島
道中、罪喰いの襲撃を受ける可能性は高い……。
戦いの支度を整えてから、出発するとしよう。
コルシア島
……大丈夫、[player]とならば、
なんだって蹴散らせるさ。
コルシア島
[ 12.0 , 8.5 ]
「ドヴェルグの煙突」まで、コルットに案内してもらおう。
戦いの支度は、忘れずに整えてくれ。
コルシア島
それなりに距離があるようだ。
罪喰いの襲撃に気をつけながら進もう。
コルシア島
さっそく見つかったか……。
[player]は、左の罪喰いを頼む!
コルシア島
敵の攻撃が、コルットに当たらないようにするんだ!
コルシア島
私はともかく、彼女はもっと強い相手とも、
勇敢に戦ってきた人だからね。
コルシア島
驚きの連続になると、保証するよ。
落ち着いたら、聞かせてもらうといい。
コルシア島
コルットは、私たちのうしろに。
いこう、[player]!
コルシア島
[player]は、攻撃に集中を。
その間、コルットは私が護る……!
コルシア島
彼女が巧いだけさ。
あるいは、その戦いをずっと見てきたからか……。
コルシア島
…………!
と、ともかく先に進むとしよう……。
コルシア島
さて……お前が褒めるものだから、
年甲斐もなく、浮かれているのかもしれない。
コルシア島
それは…………。
コルシア島
この近くに留まらない方がよさそうだ。
片づけたら、すぐに進もう!
コルシア島
コルットを狙っている奴を、優先して倒してくれ!
ほかは任された!
コルシア島
コルット、目的の洞窟までは、あとどれくらいだ?
コルシア島
見えたぞ、あれだな……!
コルシア島
また増えたな……囲まれたか……。
コルシア島
ここは、大技で一気に殲滅した方がよさそうだ……!
コルシア島
[player]!
指示した場所に、敵を集めてくれ!
コルシア島
よし……!
さあ、一気に駆け抜けてしまおう!
コルシア島
……もう一度、格好いい活躍を、お見せ願えるかな?
コルシア島
コルットは私が「かばう」!
その間は、思う存分に攻撃を!
コルシア島
[player]、コルットのそばへ!
攻撃を受け止める……ッ!
コルシア島
あの動き……!
まずい、お互いから離れろ!
コルシア島
騒ぎに気づいて、大物登場か……。
蹴散らそう、[player]!
コルシア島
くっ、体が……!
コルシア島
あなたは、こんなところじゃ終わらない!
そうだろう、英雄!
コルシア島
[ 28.5 , 13.9 ]
ふぅ……最後は間一髪だったな。
無事でよかった、護衛おつかれさまだ。

ドヴェルグの煙突

Lv
78
patch5.0
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
ここが、目的地らしいが……。
コルシア島
まあまあ、落ち着いてくれ。
彼らとどんな因縁があるのかは知らないが、
できることなら無益な被害は出したくない。
私がお前に、姿を消す魔法をかけてあげよう。
エーテルに引き寄せられてくる罪喰いには効果が薄いが、
人の目であれば、欺けるはずだ。
それが効いているうちに、「大地の種」を掘ってこられるかい?
コルシア島
頼りにしているよ。
では…………バニシュ!
コルシア島
[player]、私たちでコルットの補佐をしよう。
コルシア島
コルットの姿は消せるが、音で気づかれる可能性も考えると、
コグー一家には、できるだけこの場から退いてもらいたい。
そこで……これだ。
コルシア島
かつてミンフィリアを救出するときに使った、
眠り薬「ドリームパウダー」だよ。
ミーン工芸館の職人たちが、持たせてくれたのさ。
コルシア島
さては、あいつら……
張り切って作りすぎて、余らせてたな……?
コルシア島
ま、まあ、役に立つならばよしとしよう。
コルシア島
あなたにも透明になる魔法をかけるから、
コグー一家のドワーフたちに近づいて、
そっとそれを振り撒いてほしい。
耐え難い眠気を感じれば、彼らも残って作業は続けまいよ。
コルシア島
では、透明になる準備ができたら、声をかけてくれ。
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
それでは、あなたにも魔法をかけよう。
姿が透明になっているうちに、「ドリームパウダー」を、
コグー一家のドワーフたちに使うんだ。
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
魔法が切れそうになったら、ここに戻ってきてほしい。
すぐに掛けなおすとしよう。
では……!
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
もう一度、透明になる魔法をかけよう。
……バニシュ!
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
隠れて見ていたが、
ここで採掘していたコグー一家のドワーフ族たちは、
皆、外へ退散していったようだ。
おつかれさま、我々にできる仕事はここまでだ。
あとはコルットが鉱石を掘り出してきてくれることを信じて、
待っているとしよう。
コルシア島
よくやってくれた。
それほどの量があるのなら、チャイ・ヌズは必ずや、
心核としてうまく活用してくれるだろう。
さあ、早く運び出してしまうとしよう…………
コルシア島
……ああ、すまない。
クリスタリウムを離れて、しばらく経ったからな……。
それに、少しばかり、はりきりすぎたらしい。
せっかくの機会なのに……ままならないものだ……。
コルシア島
……なるほど、両者は犬猿の仲というわけか。
これは、放っておくと決着がつかなさそうだ。
コルシア島
ところで、[player]……
ここにまだ、ドリームパウダーの余りがあるのだが?
コルシア島
では、今は先を急がせてもらうとしよう。
……あなたはいつか、彼らのイザコザに、
また改めて巻き込まれるような気もするがね。
コルシア島
優しい人だな、あなたは……。
だが、私たちには先を急がねばならない理由がある。
この場は少し強引に収めさせてもらおう。
コルシア島
なに、あなたがそう思っているのなら、
いつかまた改めて、彼らのドタバタに巻き込まれる日も来よう。
しかし今は、この場を収めさせてもらうぞ。
コルシア島
コルットも……
私に免じて、今は怒りを鎮めてほしい。
コルシア島
いや、謝ることはないさ。
お前は、そういった事情を押してまで、この場所に来てくれた。
おかげで私たちは目的を果たせたのだ。
コルシア島
さあ、タロースの心核にする鉱石は、十分に揃った。
ノルヴラントの平和にむけて、計画をさらに進めよう……!

萌芽のとき

Lv
78
patch5.0
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
[player]、提案があるんだ。
ここから先は、手分けをして迅速に進めよう。
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
私は、コルットの掘り出した「大地の種」を集め、
チャイ・ヌズのところへと運んでおく。
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
あなたには、コルットを村まで送り届けてほしい。
行きに道中の罪喰いを掃討してあるとはいえ、
ひとりで帰らせるのは心配だ……。
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
よし、それでは任せた。
……短い時間だったが、ともに冒険できて光栄だったよ。
またのちほど、アミティーで。
コルシア島
[ 33.7 , 11.2 ]
コルットが掘りだした石は、集めてアミティーに運んでおこう。
あなたは「トメラの村」に戻り、「ザモット」に報告を……。

目覚めたら

Lv
78
patch5.0
コルシア島
[ 21.3 , 25.2 ]
あれ……あんた、どうして…………。
コルシア島
すまない、寝ぼけていたようだ。
コルシア島
どうも身体に力が入らなくなってね。
少し風にあたって休もうとしたのだが、眠ってしまったらしい。
……申し訳ない。
コルシア島
前にも話したことがあったと思うが、
私はクリスタルタワーから離れると体調を崩すのだ。
いや、これは体調と言っていいものか……
私はすでに、人の身ではないのだから。
コルシア島
まだ、クリスタリウムの街もなかったころ……
この世界を救う方法を考えていた私は、
どうあれ長い時間がかかると結論づけた。
コルシア島
そこで、自身を塔の一部にすることで、果てない命を得たのだ。
コルシア島
今の私は、塔の端末でしかない。
だから、遠く離れていると不調をきたすというわけだ。
コルシア島
……ここまで、とても長かった。
だが、あなた方のおかげで、終わりは近い。
やっと、願いが叶う……。
コルシア島
タロースの準備は、つつがなく進んでいるだろうか?
コルシア島
そうか、最後の休憩なのだな。
それなら……よければ少し、話さないか。
コルシア島
あなたは、この戦いが終わったらどうする?
何かやりたいことは?
コルシア島
確かに、第八霊災の可能性を排除しても、
その戦争自体が止まるわけではないからな……。
コルシア島
しかし、まったく淀みなく断言するとは。
こういう人を英雄と呼ぶのだと、何度でも思うよ。
コルシア島
きっと、どんな未来を選んでも、あなたなら平気だろう。
道を拓くだけの強さを持っているし、それに……
あなたに助けられた人たちが、大勢いる。
彼らは決して、そのことを忘れない。
コルシア島
あなたが困難を前にして、己の行いを無価値に感じたときには、
彼らが声を上げるだろう。
嬉しかった、優しさに救われた、今でも感謝していると。
それらはいつか繋がって、あなたの歩んだ道を肯定する。
だから……大丈夫だ。
コルシア島
これが終わったら……そうだな……。
コルシア島
……以前、私には救いたい人がいると言っただろう?
あの人は、今も生きている……が、
とても特別な事情があって、私は彼女と正面から向き合えない。
コルシア島
それは仕方がないことだと、理解しているがね。
あの人は私にとって、いちばん憧れの英雄なんだ……
叶うならば、気兼ねなく話がしたい。
あちらが旅の話をしてくれたら、
私も、ノルヴラントを救うまでの話をしよう。
コルシア島
私もそれなりに尽力したつもりだが、
なんといっても、最終的に活躍したのはあなただ。
格好はつかないかもしれないな。
コルシア島
そして……あの人に、次の旅についての計画を聞く。
そこに私も加わることになっていたら、どれほど嬉しいだろう。
コルシア島
大地を駆けて、海を渡り、ときには悠久の風に乗って空へ。
なんて眩しい、遥かな夢だ……。
コルシア島
さて、何はともあれ、最後の決戦に勝たなくては。
コルシア島
必ず、すべてを成し遂げて見せる。
この手に託されてきた、人々の願いを叶えるために。
コルシア島
……希望を抱いて私を目覚めさせた、彼らのためにも。
コルシア島
ありがとう、話せて楽しかった。
アミティーに戻るとしよう。
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
あなたと話をしているうちに、気分も大分よくなった。
さて……罪喰いとの最後の決戦を、はじめよう!
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
私の方は、もう心配ない。
チャイ・ヌズに、タロースの状況を聞いてみよう。

光をもたらす者

Lv
79
patch5.0
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
[player]、タロースがたちあがれば、
さすがにヴァウスリーも動くだろう。
そうなってはもう、中断は利かない……。
ゆえに、あなたの戦支度がすべてすんだら、
私に声をかけてくれ。
あなたの号令を、待機中の仲間たちに届けよう。
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
さて、どうする……?
準備ができているのなら、タロース起動の号令をかけよう。
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
ああ、焦る必要はない。
支度がすべて整ったら、また声をかけてくれ。
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
承知した……!
では、皆に号令を伝えよう!
コルシア島
……罪喰いにしては、いつになく利口な動きをする。
ヴァウスリーの指示だとしたら、脅威だな。
コルシア島
仕方ない、動ける仲間に連絡して、
罪喰いを地上に引きつけるとしよう。
どこまで効果があるかはわからないが……
コルシア島
あれは……!
コルシア島
予想外ではあるが、妖精王が力を貸してくれるならありがたい。
これでタロースも、しばらくの間は、
山に取りついていられるだろう。
コルシア島
ヤ・シュトラたちにも、すぐ連絡をする。
ここより北、グルグ火山のふもとで合流し、
突入を開始してくれ!
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
タロースの起動にあたった人々は、
私が危なくない場所に誘導しておく。
あなたは、北にある火山のふもとで、皆と合流してくれ。
コルシア島
[ 18.6 , 17.6 ]
……必ず勝とう、この戦いに!
イマキュレートクラウン
時は、来たれり。
すべての大罪喰いの力が、ひとところに集まった。
イマキュレートクラウン
その力……私がいただくぞ。
イマキュレートクラウン
っ……お前がたくわえた膨大な力をクリスタルタワーに送り、
私ごと、別の世界へ転移するのだ……!
イマキュレートクラウン
ほかにも世界があると知ったときから、
私はずっと、この瞬間を夢見てきた……。
こんな壊れかけの世界に留まるより、
新天地で楽しく生きたい……当たり前だろう?
そのために、お前を利用させてもらったのさ!
イマキュレートクラウン
……冒険の終わりに、英雄が集めてきたものを、
小悪党が少しばかりちょろまかす。
それだけのこと、ありきたりなオチのひとつさ。
イマキュレートクラウン
あんたの物語はまだまだ続き、
いずれこれも、取るに足らない笑い話になるだろう。
イマキュレートクラウン
名も知れぬ水晶公は、どこかの世界で、
明日も楽しく暮らしている。
だから……!
イマキュレートクラウン
……信じて この世界を救おうとしてくてれありがとう
イマキュレートクラウン
さようなら オレのいちばん憧れの英雄

消えることなき希望の唄

Lv
79
patch5.0
深慮の間
ああ……。
唐突な話で、信じがたいだろうが……。
深慮の間
もちろんだ。
深慮の間
はじまりは……そうだな、第八霊災で多くの犠牲者が出る中、
シド・ガーロンドとその仲間たちが、生き延びたことだろう。
彼らは終わりのない戦乱を鎮めようと、
さまざまな手段を模索していった。
そのうちのひとつが、かの英雄との冒険から着想を得、
彼らが生涯をかけて追及した理論……
深慮の間
時間の流れを渡り、次元の狭間を超えて世界を跳躍する方法だ。
深慮の間
だが、彼らがそれを確立したのは晩年……
実践するかどうかは、次の世代の判断に任された。
深慮の間
その頃になっても、戦火はまだ、燃え広がり続けていた。
人は奪い、殺し、あらゆる希望が焼き払われた。
皆、うなだれて言っていた。
この世界はもうだめだ、人は道を間違えたのだ……と。
深慮の間
……そんな中で、誰かが言った。
深慮の間
私たちがもうだめだとしても、
こうして生まれたことを、無意味にしてなるものか。
別の未来への可能性を、この手で拓くのだ。
天才たちの遺した知恵で、第八霊災の発生を阻止しよう。
深慮の間
……それに賛同した人々は、戦争の続く中で、
長い長い時間をかけて、シドたちの理論を実現させていった。
そうして、霊災発生から約200年。
計画に必要だったクリスタルタワーの再起動に成功し、
その管理者たる私も、同時に目覚めたというわけだ。
深慮の間
それまでの研究で、霊災のおおまかな仕組みや、
第八霊災のときに統合されたのが第一世界だったことは、
明らかになっていた。
深慮の間
あとはシドたちの理論に基づいて、この塔を改造。
転移に際して必要なエネルギーも、こいつなら集積できる。
深慮の間
統合よりも少しだけ前に到着するつもりが、
100年近くも早くなってしまったがね。
目印を用いてなお、両世界の時の差異は測りがたい……。
とはいえ、結果的にはそれで正解だった。
罪喰いという、光の加護なしには倒せない相手がいた以上、
彼女を喚ぶための時間が必要だったのだから。
深慮の間
ああ、よくわかっていたさ。
だからこそシドたちも、可能性を遺しておきながら、
「やれ」とは言わなかったんだろう。
深慮の間
自分には何の見返りもないと知りながら、
他人の幸せのために心血を注ぐのは、簡単なことじゃない。
ましてや、誰もが明日をも知れぬ身の、
混沌とした世においては……。
こんな計画が形になったのにも、偶然ではない、理由がある。
深慮の間
……彼女だよ。
あの英雄の冒険譚が、人々を繋いでいたんだ。
深慮の間
どんな絶望の底にいても、立ち上がった人がいた。
終わりないはずの戦いに、終止符を打った人がいた……。
嘘みたいにまっすぐと、あの英雄は進んでいく。
その歩みは、語れば勇気に、聞けば希望になる物語として、
絶望の時代のそこかしこで輝いていた。
深慮の間
ときには、亡国の歴史に、
かけがえのない盟友として刻まれていた。
深慮の間
またあるときは、ぼろぼろになった手記の写しに、
その冒険が綴られていた。
深慮の間
つらい夜を越えるために、
その物語を語り継いできた人々もいた。
深慮の間
第八霊災の阻止に賛同した人の多くが、言っていた。
あの英雄のために、自分ができることがあるなんて上等だ、と。
遠くの星だったはずの彼女に、想いが届けられるなら、
みんなでこう言ってやろうじゃないかと。
深慮の間
あなたという英雄の遺した足跡は、
死してなお、人の希望であったのだ……と。
深慮の間
だから、私はただの代理人さ。
この計画の成功をもって、あの人に命を届けにきた。
深慮の間
すまない、そこは打算的な動機なんだ。
……あなたに、協力者になってほしくてね。
深慮の間
あなたは教えてくれただろう。
以前、第一世界が「光の氾濫」の危機に瀕していると知って、
ミンフィリアを送り込む手引きをしたのは、自分だったのだと。
深慮の間
それは恐らく、あなたにとって苦渋の決断で……
だからこそ、彼女の護ったこの世界を救わねばと覚悟している。
深慮の間
そのために必要な対価があったとしても……
あなたなら、進むことを選んでくれると思ったのだ。
深慮の間
この計画の終わり、すべての大罪喰いを倒したときに、
私は光を引き受けて死ぬ。
深慮の間
あなたの仲間や、いつか来るあの人が、それに気づいたら……
彼らのことだ、計画を止めようとするかもしれない。
……だが、それでは誰も救われないのだ。
深慮の間
だから、計画の全容を悟られないためにも、
私の正体を隠す手伝いをしてほしい。
ウリエンジェ……
どうか協力して、私が話した第八霊災の危機を、
あなたが次元の狭間で視たことにしてもらえないだろうか?
深慮の間
あの人の名は、ちゃんと未来で待っていた。
なら、それを助けに行くのは、
誰にも譲れない……オレの役目だ。
深慮の間
何があったって、悲しい結末になんて、させるものか。

漆黒のヴィランズ

Lv
80
patch5.0

????

アーモロート
いいや、独りにはさせないさ……!
アーモロート
逆だよ……。
このままじゃ死にきれないから、這い出してきたんだ。
アーモロート
さあ……時空を超えて来たれ……!
ひとたび我らに力を貸したまえ……!
アーモロート
彼方の勇士、稀なるつわものたちよ……ッ!
終末のアーモロート
ええと……その…………
終末のアーモロート
申し訳ないことをした……みんなにも……あなたにも……。
終末のアーモロート
ああ……おはよう……!
星見の間
[ 6.1 , 5.9 ]
改めて……
あなたたちのおかげで、第一世界から罪喰いの脅威が去り、
この地を覆う光もまた、消え去った。
これですべてがもとどおり……とはいかないものの、
ここから少しずつ、この世界は浄化されていくだろう。
星見の間
つまり、第一世界は統合から遠ざかり、
原初世界における第八霊災も、防げたと言っていい。
星見の間
どうやらそうらしい。
歴史から切り離されてなお、あの未来が存続しているのか……
あるいは私という存在が、こちらの歴史に刻まれたからなのか。
星見の間
しかし……私が残ったことによって、
困った事態にもなっている……。
本来なら、あなた方の魂は、
召喚者である私の死をもって、原初世界に返されるはずだった。
星見の間
だが、私がここにいるばかりに、
あなた方もまた、第一世界に留まってしまっている。
星見の間
そういうことであれば、すぐにでもここから送ろう。
星見の間
だ、大丈夫だ!
ズレたりしないし、ほかの奴も巻き込まないさ!
星見の間
では、魔器を起動しよう。
少し待っていてくれ。
星見の間
やはり、簡単なことではないか……。
それでも、目指して歩かなければ、永遠に届きはしない。
そのための勇気だって、もう十分にもらったじゃないか。
星見の間
だから……
眠っている場合じゃないぞ、グ・ラハ・ティア。
星見の間
[ 6.1 , 5.9 ]
なっ、原初世界に戻ったのでは!?
まさか、私の転移術がまた失敗……
星見の間
[ 6.1 , 5.9 ]
したわけではないのだな……よかった……。
星見の間
[ 6.1 , 5.9 ]
ああ、[player]。
あちらの世界での用事は済んだのか?
それとも……こっちに、新たな冒険が?
星見の間
[ 6.1 , 5.9 ]
おかげさまで、ノルヴラントはあるべき姿を取り戻した。
変化にあたって多少の混乱こそあるものの、
人々は夜の闇を受け入れて、たくましく暮らしはじめたようだ。
仲間の皆は、各地に散って、
変わりゆく人々に添っているようだ。
アルフィノは、ユールモアへ……
アリゼーは、旅立ちの宿へ……。
そしてヤ・シュトラは、魔女として「夜の民」のもとへ。
リーンたちについては、何やら気になることがあるとかで、
しばらくこの街に出たり入ったりしているらしい。
あなたが戻ったら連絡をするように言われているが……
あの様子では、本格的に招集をかけるのは、
もう少しあとでもいいだろう。
無論、その間にも、彼らを帰還させるための術について、
調べは進めておくつもりだよ。
だからあなたは、しばしの休息と、自由な旅を楽しむといい。
星見の間
……待て、待ってくれ。
そのマメットはいったい……何がどうしてそうなった……?
星見の間
タタルから渡された……?
「シルクスの峡間」の探索費用を稼ぐために作ったもので……?
さる賢人をモデルにしている……と?
い、いやおかしいだろ……
私はタタルとは面識がなかったし……
誰がそんなの発案したんだ?
星見の間
ガラフさんとこのクルルか?
それとも……そうだ……あいつだろ、ラムブルース!
ああ、絶対に間違いない……!
あいつのことだ、あわよくばそのマメットが未来に残って、
いつか目覚めた私が得も言われぬ気持ちで拾ったらおもしろい、
くらいに考えててもおかしくないぞ……!
星見の間
まったく……たまの冗談が冗談にならないんだよあいつ……。
まあ、「こっちはたくましく生きてるぞ」という伝言は、
これ以上ないくらいに、伝わってくるがね。
星見の間
[ 6.1 , 5.9 ]
…………!
……前にも言ったが、私はこれでいて、結構な老人なのだ。
「水晶公」として生きてきた時間は長く、
それについて、無理に己を偽っているとも思っていない。
ただ、それでも……
あなたがそうして昔のままに語り掛けてくると、
時折どうしようもなく、あの日の自分に返りそうになるんだ。
「ノア」だった日の、あんたとオレと……
ドーガにウネ、シドたちも一緒に、
この塔にまつわる真実を求めて走り回ってた……。
あのときのあんたも、すごい奴だなって思ってたけどさ……
今回は、もっとカッコよかったぞ、[player]!