えおろーぐ

えおまっぷ
せりふ分室
PERSON :

アルバート

patch 5.x
????

ノルヴラントを渡る者たち

Lv
70
patch5.0

????

ペンダント居住館:居室
……オマエ……ハ…………。

????

ペンダント居住館:居室
お前は、原初世界の光の戦士……!?
どうして、ここに……!

????

ペンダント居住館:居室
►闇の戦士►誰だ
なっ……!
俺の声が、聞こえてるのか!?
嘘だろ……こんなことって……。

????

ペンダント居住館:居室
闇の戦士……
確かに、そっちの世界ではそう名乗っていたな。
ペンダント居住館:居室
俺の正しい名前は、アルバート。
原初世界で使っていた偽名とも、発音はほぼ同じだ。

????

ペンダント居住館:居室
俺が誰か、か……。
お前にとっては、記憶するほどの相手じゃなかったらしいな。
ペンダント居住館:居室
名は、アルバート。
第一世界の光の戦士だった者……
そして、闇の戦士としてお前に倒された男だ。
ペンダント居住館:居室
……かつて、俺と仲間たちは、
この世界に「光の氾濫」が起きる原因を作ってしまった。
ペンダント居住館:居室
このまますべて無にされるくらいなら……
そう思って、アシエンに導かれて原初世界に渡り、
世界統合を後押ししようとしたんだ。
そして、お前たちに敗れた。
だが、光の巫女……ミンフィリアとの出会いがあって、
俺たちの魂は、こちらの世界に帰還したんだ。
ペンダント居住館:居室
戻ったのは、「光の氾濫」が、
ちょうどノルヴラントを飲み込まんとしたときだ。
ミンフィリアと、仲間たちの魂は、
それを防ぐために力を使い……消えたよ。
俺だけを遺してな……。
ペンダント居住館:居室
なあ、今はいつだ……?
「光の氾濫」からどれだけ時が経った?
ペンダント居住館:居室
100年……。
そうか……そんなにも……。
ペンダント居住館:居室
俺はもう、何に触れることもできない。
この姿は誰にも見えず、
どれだけ叫ぼうと、声が届くことはない。
たださまようことしかできない、亡霊なんだよ。
ペンダント居住館:居室
長い間、歩き続けた気もするが……
いつしか自分の形も見失って、意識も曖昧になっていた。
それが、さっき急に、目が冴えはじめたんだ。
何かに引かれる感覚があって、気が付けば、ここにいた。
お前は、なぜ俺が見える?
そもそも、どうしてここにいるんだ……?
ペンダント居住館:居室
第一世界を救うために、お前が喚ばれたわけか……。
馬鹿だな……。
世界は決して救われないし、
世界を救おうとする奴は、もっと救われない。
ペンダント居住館:居室
少なくとも、俺はもう……。
さまよっているうちに、戦っていた理由さえ忘れたよ……。
ペンダント居住館:居室
だが、こうしてお前と巡り会ったのも、
お前にだけ俺が見えるのも、
理屈はわからないが……意味のあることかもしれない。
俺は、俺が遺された意味を知りたい……
今度こそ、旅を終わりにしたいんだ。
ペンダント居住館:居室
お前の戦いを、しばらく見物させてもらう。
ペンダント居住館:居室
せいぜい、気をつけろよ。
……この世界はもう、英雄の居場所じゃないんだ。
クリスタリウム
今度はお前たちが「闇の戦士」か……。
皮肉なもんだな。
クリスタリウム
今度はお前たちが「闇の戦士」か……。
皮肉なもんだな。
クリスタリウム
►ついて来てた
<チェック漏れ>

►自分の部屋
うん……?
だから話しやすいんだろ?
やっぱり、ほかの奴には俺が見えていないらしい。
そんな状況で話をしたら、
周りから怪しく思われるのはそっちだぞ。
クリスタリウム
あの白い双子……。
確か、原初世界で俺と戦ったときにもいたな。
あいつらとは、もう組んで長いのか?
クリスタリウム
そうか……。
クリスタリウム
だとしたら、しっかり護っておくんだな。
誰かを救おうと突き進むほど、
自分にとって大事な何かを失うものだ。
……お前だって、散々そういう経験をしただろう?
今回は、何を救って、何を失うやらだ。
クリスタリウム
俺はいつ、嘆くことすら諦めたんだっけな……。
クリスタリウム
さまよいながら、うんざりしたんだ。
仲間を失うのも……あいつらが最期に遺した想いさえ、
悪と踏みにじられるのも。

????

イル・メグ
…………おい…………目を開けろ……!
イル・メグ
生きて……はいるな。
お前、水の中でも平気なのか……。
イル・メグ
妖精に招かれて、気がつけば水の底……。
フーア族に、してやられたな。
イル・メグ
連中は、溺れ死んだ奴の魂から生まれると聞いたことがある。
お前じゃなかったら、もれなく仲間にされてただろうよ。
もっとも、ほかの奴は、ちゃんと地上に返されたらしい。
今頃、お前のことを探してるんじゃないか?
イル・メグ
……ここは、俺の生きてたころ、
フッブートって国の王都だったんだ。
何かとしきたりにうるさくて、頑固な奴も多かった……。
でも、打ち解けてみれば、あれほど居心地いい街もなかったさ。
山間だから、冬は恐ろしく冷え込んでな。
名物のラム肉のシチューを食いながら、いろんな話を聞いたよ。
街の灯は絶えることなく、赤々と燃え続けていた……。
イル・メグ
……今ではもう、昔の話だ。
その時代を知るものは、人も、場所も、残っちゃいない。
本当に、俺たちは……
何のために戦ったんだろうな……。
イル・メグ
お前なら救えるのか?
災厄から、誰かの未来を……護りたかった、何もかもを……。

運命はまた廻る

Lv
73
patch5.0
ペンダント居住館
水晶公からみたいだな……。
あの鏡みたいな魔器で、動きはおおむね把握してるんだろ。
ペンダント居住館
……手厚いなぁ。
ペンダント居住館
街の連中があれだけ信頼してるところを見ても、
水晶公は、悪い奴じゃないと思う。
だが、いかんせん謎が多い。
少なくとも、俺が生きていた時代にはいなかった人間だが……。
ペンダント居住館
氾濫後は、俺も半端な状態で放浪してたからな……。
この街の成り立ちや、公の素性について、
持ってる知識はお前と変わりないんだ。
ペンダント居住館
……なんにせよ、今気にするべきは、
エメトセルクの方か。
ペンダント居住館
「光の氾濫」で、この世界が無になろうとしているとき……
生きた証を遺すには、世界を統合するしかないと、
白法衣のアシエンに持ち掛けられた。
ペンダント居住館
俺たちはその手をとった……が、
もとはと言えば、氾濫のきっかけ自体が、
アシエンたちの手引きで作られたものだったのさ。
ペンダント居住館
真実を見抜けず、乗せられたのが、俺たちの甘さだとしても。
アシエンは、到底信用ならない。
だが、エメトセルクの主張……
何も知らずに戦い続けるべきじゃないってのは、
もっともだとも思う。
ペンダント居住館
ただひたすらに進み続けた結果、何もかも失った奴が、
ここにこうしているんだからな……。
ペンダント居住館
……セトのことか?
それは、まあ……そうかもしれないが……。
ペンダント居住館
あいつ、ずいぶん大きく育ってて、びっくりした。
一緒に旅してたころは、もう少し小さかったんだ。
それに、まさか先祖返りだったなんて……。
メダルも、あんな大事に……。
ペンダント居住館
お、お前だって連れてるだろ、チョコボとか!
どんななんだよ……名前は?

過日との対話

Lv
74
patch5.0
ラケティカ大森林
異なる時代の、英雄の肖像だそうだ。
神話の時代と、ロンカ時代と……あとは……。
ラケティカ大森林
昔、俺の生きてたころ……
この洞窟には、壁画の研究をしてるって奴が入り浸っててな。
いくつか仕事を依頼されたんだ。
獣の討伐とか、食料の調達とか……
変わった奴だったけど、そのうちに仲良くなった。
そいつ曰く、名も知れぬ古い時代に、誰かが最初の絵を描いた。
自分たちを導く、英雄の絵だ。
長い時が経って、ロンカの時代に、誰かがそれを見つけた。
そして隣に、自分たちの英雄の絵を描いた。
ラケティカ大森林
「だから、君たちがいつか、
世界に名だたる英雄になったときには、
その雄姿を、隣に描かなくてはね!」
ラケティカ大森林
そう言って笑ってたよ。
雑用を頼みながら言うんだから、ひどい冗談だ。
ラケティカ大森林
あれは……多分、俺たちの絵だ。
あいつ、本当に描いたんだな……。
ラケティカ大森林
「光の氾濫」の前だったのか……後だったのか……。
いっそ、削り取ったのも本人だったらいい。
その方が、まだ……。
ラケティカ大森林
お前の戦いは、未来にどう伝わると思う?

ナイルベルトの後悔

Lv
76
patch5.0
ナバース家の鉱山
だ、そうだ……。
ナバース家の鉱山
……絶対に譲らないぞ、って目つきでよく言うぜ。
まあ、居残り組に、賞金を持ち帰ってみせると約束した以上、
俺たちも、みすみす譲ってやることはできないがな。
ナバース家の鉱山
ぶっそうなことを言うなよ。
あくまで目標は、鉱山に住み着いた魔物だけ……。
地脈から魔力を吸い上げているソイツを倒せれば万事解決だろ?
ナバース家の鉱山
なら、とっとと魔物を倒して、
地震を止めてやらないと…………
ナバース家の鉱山
……って、おい! 抜け駆けか?
ナバース家の鉱山
棘のある言い方をするじゃないか。
それに、ひとりで魔物退治だなんて、よっぽど自信があるんだな。
もしくは、賞金を独り占めしたい理由でも?
ナバース家の鉱山
おっ、初めて意見が合ったな!
なら、ついでにひとつ提案したいんだが……
ここは共闘といかないか?
さっきお前が言ったとおり、この鉱山は崩壊が迫っている。
退路の断たれた狭い坑道で手柄を争ったって、
お互いに、なにも良いことはないだろう?
ナバース家の鉱山
さっさと目的のボヴァインを倒して、脱出路を探すとしよう。
それまで、よろしく頼むぜ、ナイルベルト!
ナバース家の鉱山
来やがったな……!
ナイルベルト、敵は俺たちが引き付ける!
ナバース家の鉱山
坑道に棲んでいた魔物か……。
どうやら、一緒に閉じ込められたようだな。
ナバース家の鉱山
左のヤツは引き受けた、シルヴァは右を……!
ナバース家の鉱山
依頼主に、坑道内の地図でももらっときゃよかったな……。
まあ、この崩落で使い物にならなかった可能性もあるが。
ナバース家の鉱山
よし、さっさと倒しちまおう。
行くぜ、ラミット、シルヴァ! それに……ナイルベルト!
ナバース家の鉱山
ああ、一気に蹴散らすぞ!
ナバース家の鉱山
おっと……こいつは放置したらマズそうだぜ!?
ナバース家の鉱山
シルヴァ、雑魚は片付けた!
ナバース家の鉱山
マズいな、ここも崩落が始まってきたか……?
ナバース家の鉱山
岩陰に避難しろ! まともに喰らうとヤバそうだ!
ナバース家の鉱山
クソッ! 一度、後退するぞ!
ナバース家の鉱山
シルヴァ、まだ戦えるか!?
これ以上の長期戦はまずい……一気に畳み掛けるぞ!
ナバース家の鉱山
おい、やったな!
あとは、脱出路を探して……。
ナバース家の鉱山
何故、崩落が止まらないんだ?
地脈から魔力を吸い上げていた「ボヴァイン」を倒せば、
その魔力が還元されて、地震も収まるはずじゃ……。
ナバース家の鉱山
お前、まさか初めからその石を狙って……?
ナバース家の鉱山
時間がない……どうする?
ナバース家の鉱山
地震が、止まった……。
ナバース家の鉱山
お前の選択に、感謝する……。
集落の人たちを救うための決断に、俺たちも報いたい。
良ければ……友を救う方法を探すのに協力させてくれないか?
ナバース家の鉱山
俺たちは、各地を旅してまわってるんだ。
気がついたら、色んな事件や厄介事に首を突っ込んでいることも、
多々あるんだが……。
そうした事件を解決していく中で、
奇妙な出来事や、不思議な存在に出会うこともあってね。
お前が救いたがっている相手に有効な手段も見つかるかもしれない。